顔脱毛とほくろの深〜い関係<実は気になる>

顔脱毛とほくろの深〜い関係<実は気になる>

顔の脱毛をやってみたい!ほくろがあるけど大丈夫?顔脱毛でほくろが消えるって本当?など、顔脱毛とほくろにまつわる噂話を徹底検証。顔脱毛に挑戦される方、顔のほくろでお悩みの方に必見の内容です。

目次

顔脱毛がほくろに与える影響

ねえマユ、私こんど顔の脱毛してみようと思ってるんだあ

そうなの!いいな〜私もしたいんだけど、私、口元にほくろがあるから無理かと思ってて…

え?ほくろがあったら脱毛できないの?

そもそも顔脱毛とは

ほくろがあると脱毛ができないと思われがちですが、本当でしょうか。ではまずはサロンやクリニックで行われる、「顔脱毛」の仕組みを確認してみましょう。

サロンでできる脱毛と、クリニックでできる脱毛があるんだよね。

一般的に顔脱毛とは、サロンで受けられる「光脱毛」と、クリニックで受けられる「医療レーザー脱毛」の2種類があります。いずれも光やレーザー光線を体毛に当てることで、毛根にダメージを与え、脱毛させる仕組みです。

光脱毛はフラッシュ脱毛とも言い、黒い色素に反応する特殊な光を毛根に照射することで脱毛効果を得ることができます。皮膚への直接のダメージが少なく、痛みも少ないため、安全性の高い脱毛方法として人気があります。
一方、レーザー脱毛はクリニックで行われる脱毛方法で、これは医療行為に分類されるため医師・看護師が施術を担当します。こちらも黒色・茶色に吸収されるレーザー光を照射し、毛根にダメージを与えます。レーザー脱毛はより強力な光を使用するため、痛みは強いですが一度で高い脱毛効果を得られます。料金も光脱毛より高額になる場合がほとんどです。

現在、上記2種類が顔に限らず脱毛の主流となっていますが、他にニードル脱毛という方法もあります。これは針脱毛とも呼ばれ、毛穴のひとつひとつに針を刺し、電流を流す方法です。流された電流により毛根が破壊されるため、毛を生えなくさせることが可能です。

なるほど〜。それで、この方法はほくろがある人でも大丈夫なの?それが知りたいんだけど!!

そうだよね、でもそもそもほくろって何なの?光とか電流を当てたらどうなっちゃうのかな?

そもそもほくろとは

脱毛のほくろへの影響を理解するには、ほくろそのものの成り立ちを理解することが必要でしょう。
ほくろは医学用語では「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」と言います。メラニン色素をうむメラニン細胞が「母斑細胞」に変化し、増殖することによってできた腫瘍の一種です。メラニン色素という言葉は耳にしたことがある人も多いと思いますが、黒い色素で肌の老廃物などから主に生成されます。日焼けは紫外線を浴びてしまうとメラニンが多く生成される現象のことです。ほくろは、このメラニン色素を作り出すメラニン細胞のできそこない、と考えれば良いでしょう。

ほくろはメラニン細胞のできそこない。シミを作り出すような性質を持ってるってことだね。

そうか!シミとか日焼けとか、肌が黒くなるのはこのメラニンのせいだもんね。ほくろもその仲間ってことかな?

シミも日焼けもほくろも、全て黒い色素を持っていることが共通しています。そしてこれらは全てメラニン色素によるものです。つまり、ほくろには他の肌の部分より多くのメラニンが含まれているという点を理解しておく必要があるでしょう。

ほくろに脱毛がリスクになる理由

それでは、ほくろのある肌に脱毛をすることでどのような現象が起こるのか、考えてみましょう。
ほくろにダメージを与える脱毛方法は、先に紹介した3つのうち、「光脱毛」と「レーザー脱毛」です。どちらも「黒色(メラニン色素)」に反応する光・レーザーを当てることで、黒い色をした体毛を抜けさせるという仕組みです。黒い色をしたほくろはこの光・レーザーに反応をするため、大きなダメージを負ってしまいます。特にレーザー脱毛の場合、医師が専門的に見て判断しますが、一般的には直径が5mm以上、形が左右非対称だったり色がまだらだったりする不整形なほくろには照射を避けることが多いようです。そうしたほくろに刺激を与えると、やけどを負ってしまったり悪性黒色腫に発展してしまったりといった恐れがあるためです。そばかすのある肌、日焼けをした肌には施術を避けているのも同様の理由からです。

やっぱりほくろには脱毛の光を当てられないんだね。

ニードル脱毛なら問題なくできるみたいだけど。

そうか〜、このほくろのせいで選択肢が減っちゃうなんて、嫌だなあ。

ほくろがある場合の顔脱毛の方法とは

ほくろがあるから光脱毛・フラッシュ脱毛は絶対に受けられないということはありません。ほくろがあっても問題なく脱毛をされている方も多くいますので安心してくださいね。大切なのは正しい対処法で脱毛を行うことです。

ほくろがある場合の脱毛の方法

ほくろに光・レーザーを照射するとダメージを与えてしまうことは前節で説明しました。そのため、ほくろがあっても、ほくろを避けて照射することができれば問題はありません。

方法1:白い保護シールを貼る

多くのサロン・クリニックが実践している方法で、ほくろの黒さをカバーするため白いシールを貼った上で光・レーザーを当てます。こうすることでほくろそのものが反応することがなくなるため、火傷のリスクはほぼないと言えます。また。シールを使わず、白いペンでほくろを塗るというところもあります。

方法2:ほくろを除去する

ほくろは皮膚科や美容皮膚科、形成外科などで除去することができます。先にほくろ除去の治療を受けてから、その脱毛したい部位を脱毛するという方法があります。しかし、ほくろを残したい場合にはこの方法を取るわけにはいきませんので、他の方法を考える必要があります。

方法3:医療レーザー脱毛ではなく光脱毛を選ぶ

レーザー脱毛はレーザーの威力が強力なためダメージも大きいですが、光脱毛のパワーならメラニンの多い肌でも脱毛ができる場合もあります。光脱毛はもともと数回の照射では脱毛効果が得られないほど、威力が弱いものです。サロンによっては、光脱毛をパワーを下げて照射すれば、ほくろのある肌でも施術が可能とするところもあるので、きちんと相談し納得の上で施術を行ってください。

方法4:ニードル脱毛を検討する

先述の通り、ニードル脱毛(針脱毛)はほくろにダメージを与える心配がありません。肌の色や肌質を問わずに施術できるのは大きなメリットです。ただ、毛穴に針を1本1本差し込んで電流を流すこの方法は痛みが強いともいわれているため、しっかりと相談・納得をした上で施術を受けましょう。

ほくろから生えている毛は脱毛できるのか

ほくろから毛が生えている場合はどうなの?という声もよく聞かれますが、残念ながらその毛は脱毛ができません。先述の通り、ほくろそのものにはシールを貼るなどして光を当てないようにするパターンがほとんどなので、ほくろから生えた毛も一緒にカバーせざるを得ないのです。この毛をどうしてもなんとかしたい!という場合は、自らセルフカットするか、ニードル脱毛を選ぶしかないようです。セルフカットの場合も、毛を引っ張って抜くのは刺激が強いため、ほくろを傷つけないよう注意して切ってくださいんw。

正しく処理すればほくろがあっても脱毛できる

ということは、レーザーじゃなくて光脱毛にして、ほくろにシールを貼れば大丈夫なのかな。そうだよね、ユイ?

そうみたい、良かったね、マユ!でもしっかりサロンの先生に相談した方が良いよ。

うん、そうする!それが一番安心だよね!

光脱毛やレーザー脱毛の場合でもほくろ周辺のムダ毛を脱毛する方法はあります。ほくろがあるからといってあきらめず、サロンのカウンセリングで相談してみること一番です。専門のスタッフは経験も豊富なので、当日のお肌の状態も含めて最善の方法を見極めてくれますよ。必ず、自身が納得できた状態で施術を受けるようにしましょう。

顔脱毛によってほくろが消える?増える?

ほくろが消えることもあるのは本当

脱毛の光やレーザーによって、ほくろにダメージを与えてしまう可能性がある一方で、ほくろが薄くなったり消えたりすることもあります。

え!逆にほくろが消えるなんてこともあるんだ!

すごい!ほくろを取りたい人って多いらしいし、一石二鳥かもしれないね。

うん、私は結構チャームポイントとしても気に入っているんだけど…本当に消えたりするのかなあ。

もともとほくろ除去の手術でレーザーが使われることもあり、クリニックでの医療レーザー脱毛を実施した場合、ほくろの見た目に変化があることは実証されています。医療レーザーには、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」などの様々な種類がありますが、このうちほくろを薄くする効果が期待できるのは、「アレキサンドライトレーザー」のみですので、クリニックでの脱毛を選ぶ場合にはそのレーザーの種類も確認しておきましょう。
もともとほくろの黒色は肌の奥のメラニン色素が原因です。これは奥にたまっているメラニン色素の塊が薄く透けて見えている現象なのですが、実はその奥にはもっと多くのメラニンがたまっています。脱毛によりレーザー照射をすることで、この奥のメラニンに反応することがあり、徐々に色が薄くなることがあるようです。小さなほくろであれば消えることもあるそうですし、シミにも同様の反応があることもあります。

ただ、このようにほくろやシミが薄くなるという効果はあくまでも副次的なもので効果は保証されていません。そのような目的をお持ちの方は、顔脱毛ではなくフォトフェイシャルなど、専用の施術を行ってください。

ほくろが増えたように見えることもある

なるほど〜。私、どっちかというと光を当てたらほくろが大きくなっちゃうのかと思ってたよ

そうそう。消えるならまだ良いけど、増えたりとかしたら嫌だよね。

それは嫌だ…でも光を当てるんだからシミとかほくろとかできるリスクも覚悟しないといけないのかもね。

一般的に、顔脱毛によって、「ほくろが増えた」といわれることもありますが、これは増えたように「見える」だけだと言われています。もともと肌の奥にひそんでいたシミや「ほくろ予備軍」が光・レーザー照射によって肌表面に浮き出てくるためです。これはほくろが増えたと勘違いされがちですが、一時的な症状なので、時間が経過すると表皮の生まれ変わるタイミングにあわせて薄くなっていきますので、心配ありません。

また、顔脱毛をしていなかったとしても、年月の経過と共にほくろができることはよくありますが、それを脱毛による影響だと感じてしまうことも多いとのこと。脱毛をするとどうしてもいつも以上に肌を見るようになるため、自身の肌の変化に気づきやすくなる、といった点もあるようです。

直接的にほくろが増えるわけではないんだね!よかった〜!

たしかに、気にして顔を見ちゃいすぎてちょっとした変化でも気にしてしまうっていうのはあるのかもね。

うん。でもこれを知ってたら、不安にならずに済みそう。

ほくろが焦げる・濃くなることもある

顔脱毛の副作用として、ほくろが薄くなったり、消えたりすることがあります。また、一時的にほくろが増えたように感じることもあります。加えて、ほくろが焦げてしまった、濃くなってしまった、という事例も嘘ではありません。
焦げるというのは、脱毛時の照射に反応してしまったほくろが炎症を起こし、かさぶたができてしまった状態を指し、照射のパワーの強い医療レーザー脱毛の場合に起こる可能性が高い現象です。少し時間が経てば元に戻ることが多いですが、様子を見て心配な場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

正しい知識でリスクの少ない顔脱毛を

ほくろと顔脱毛のこと、いろいろ勉強になったね!

うん。勝手にいろんな想像しちゃっていたけど、思い切って私も顔脱毛やってみようかな!

ほくろがない人でも、自分にはどの脱毛方法が良いか調べると思うし、それはほくろがあってもなくても一緒だね

調べてみてよかった〜。2人で綺麗な顔を手に入れよう!

顔脱毛に限らず、脱毛を考えるときはほくろが気になりますよね。特に顔はほくろが目立ちやすく、失敗できないと思うあまりに脱毛に躊躇してしまう人も多かったのではないでしょうか。本記事では、そのようなほくろと顔脱毛に関する嘘?本当?を確認してきました。正しい方法を行えば、ほくろがあっても顔脱毛は可能です。そして副次的にほくろが薄くなるような場合もあるようです。
ほくろや肌状態、脱毛の種類によって適切な方法は異なってきますので、ぜひ一度、ご自身でサロンやクリニックへ足を運ぶところから始めてみてください。

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。

他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。

セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。

頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。

初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次