ハイパースキン脱毛の効果や特徴は?その他の脱毛方法との違いを徹底解説!

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって使用する脱毛機の種類が様々ありますが、その種類によって熱さ、痛さ、赤みなどリスクがついてくることもあります。
そんな中、今熱さや痛みを気にしなくても良いという「ハイパースキン脱毛」の人気が高まってきています。
脱毛の種類が多いと何が良いのか、どんな効果が期待できるのかが気になるところです。
そこで今回は「ハイパースキン脱毛」がどんな脱毛なのか、どんな効果があるのか、他の脱毛機との違いなどを詳しくご紹介していきます。

目次

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛とは、光脱毛に分類される脱毛です。
脱毛サロンで使用されている脱毛機は大きく分けると蓄熱式脱毛と単発式脱毛の2種類に分けられます。
ハイパースキン脱毛は蓄熱式脱毛に分類される脱毛機で、IPL脱毛、SSC脱毛と違い、毛周期や日焼けなどを気にせずに脱毛効果が期待でき、熱さや痛みがほとんどないので、脱毛はしたいけど痛みや熱さは嫌だという人には特におすすめの脱毛です。

ハイパースキン脱毛の特徴と効果

ハイパースキン脱毛の特徴は、「蓄熱式脱毛」と言われる、脱毛で、バルジ領域と言われる発毛因子に働きかける脱毛です。
メラニン色素に反応し、毛周期に合わせて照射していく単発式脱毛と違い、休止期の3ヶ月の間に照射することでこれから生えてくる毛に光を照射して生えるのを遅くする脱毛です。
通常よりも弱い光でも効果があるので痛みを我慢しなくても良いのが人気の理由ともえます。
また、ハイパースキン脱毛は色素が薄い産毛にも効果的なので、蓄熱式脱毛で産毛に効果が見えなかった人も効果が期待できます。

ハイパースキン脱毛って初めて聞いた脱毛だわ〜!脱毛が色々ありすぎて、どれが良いかわからない、、、

ほんとよね〜どんどん新しい脱毛機が出てきて脱毛が進化しているわ!

ハイパースキン脱毛って痛みと熱さがないって本当?!VIOとか顔は痛くない方がありがたいや〜

ハイパースキン脱毛の一番のメリットは痛みと熱さがないことなのよ!
痛くても薄い毛に効果が弱かったら何のために我慢してるのかわからなくなるわよね。

そうなのよ。
痛くても熱くても効果が目に見えてわかれば我慢できる!
他にはハイパースキン脱毛ってどんな特徴があるの?

他の脱毛とは色々違うところがあるから、それを今から説明するわね!

ハイパースキン脱毛と毛周期

ハイパースキン脱毛で気をつけるのが毛周期です。
通常脱毛は、生えている成長期の毛のメラニン色素に光を照射し、その後抜け落ちてくるのですが、ハイパースキン脱毛は休止期の状態の毛に照射します。
単発式の脱毛機と比べると全く反対のサイクルになるので照射のタイミングには注意が必要です。
成長期に合わせる単発式の脱毛機は2、3ヶ月に1回の照射で効果を発揮しますが、休止期の毛に照射するので1ヶ月に1回の照射が可能です。

施術の流れ

次は施術の流れをお伝えしていきます。
基本的には他の脱毛と同じ流れで行いますが、ジェルの温度などは通常と異なります。

1.消毒

施術する部位は全て最初に消毒してから開始します。
施術部位を消毒コットンで拭き取ります。
顔の脱毛はメイクを落とした状態から開始します。

2.シェービング

照射前に生えている状態のムダ毛はシェービングをします。
サロンによって自宅でシェービングをしてきてくださいというところと、サロンで手が届かない部位はお手伝いします、というところがこるので、カウンセリングのときに確認しておきましょう。

3.ジェル塗布

ハイパースキン脱毛は、照射の際の熱が36度程度と熱さがほとんどない脱毛機です。
そのため、照射の前に塗布するジェルも冷やす目的ではないので温かいジェルを使用します。

4.照射

施術部位の照射をしていきます。
熱さや痛みはほとんど感じないので、安心して施術ができます。

5.ジェルの拭き取り

照射前に塗布したジェルを拭き取ります。

6.保湿ローションでアフターケア

最後に保湿効果と美肌効果のあるローションを塗布して終了です。
痛みや違和感がある場合はこの時に施術者に伝えましょう。

ハイパースキン脱毛に必要な回数と期間は?

ハイパースキン脱毛は痛みや熱さがほとんどない脱毛ですが、その分、脱毛の即効性は弱いと言われてます。
通常の単発式脱毛の場合、照射してから1週間前後で抜け落ちてくるのを実感できますが、ハイパースキン脱毛は抜け落ちるのを確認しにくく、確認できたとしても時間がかかります。
最低でも10回前後は定期的に照射して効果が実感できるようになります。
VIOなどの痛みや熱さを感じやすい部位でも痛みや熱さがほとんどないので、その点は安心して脱毛ができますが、効果を時間するまでには半年以上、1年前後の期間が必要になります。
早く効果を実感したい人や、忙しくて定期的に通えない人はあまり向きません。

SHR脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛との違い

次に脱毛サロンで使われていることが多い3種類の脱毛機と違いを比較していきます。
それぞれの特徴があるので自分に合った脱毛を選ぶようにしましょう。

SHR脱毛との違い

SHR脱毛はハイパースキン脱毛と同じ「蓄熱式」の脱毛機です。
バルジ領域に照射することで発毛を抑制するので、産毛や色素が薄い毛にも効果が期待できます。
多少の日焼け肌なら照射が可能で、ほくろやニキビが合っても照射できます。
ハイパースキン脱毛に比べて美肌効果が劣ります。
照射の温度は低温なので痛みや熱さに弱い人でも安心して照射ができます。

IPL脱毛との違い

IPL脱毛はハイパースキン脱毛とは違う「単発式脱毛」です。
生えている成長期のムダ毛に反応して脱毛するので、熱さや痛みが伴います。
毛のメラニン色素に反応して抜け落ちるので色素の薄い産毛や白髪には効果がありません。
濃い毛にはとても効果的ですが、色素が濃いと痛みや熱さも感じやすくなります。
日焼け肌には照射はできません。

SSC脱毛との違い

SSC脱毛は、IPL脱毛と同じ「単発式脱毛」です。
抑制効果のあるジェルに光が反応して脱毛されるしくみなので、IPL脱毛と同じく痛みや熱さは強く感じます。
ジェルを塗ることで照射の痛みや熱さがマイルドになりますが、全く感じないわけではありません。
産毛や白髪、色素の薄い毛には反応しないので効果がありません。
日焼け肌にも照射はできません。

ハイパースキン脱毛と他の脱毛方式との特徴比較
ハイパースキン脱毛SHR脱毛IPL脱毛SSC脱毛
仕組み蓄熱式蓄熱式単発式単発式
痛み・熱さなしなしあり強め
産毛・薄い毛効果あり効果あり効果なし効果なし
日焼け肌照射可能照射可能照射不可照射不可
効果即効性なし即効なし抜けやすい抜けやすい
美肌効果あり少しあり少し

ハイパースキン脱毛のメリットデメリット

次にハイパースキン脱毛のメリット。
デメリットをご紹介していきます。
メリットも多くありますが、デメリットもあるのでハイパースキン脱毛を検討している人はデメリットもしっかり確認しておきましょう。

ハイパースキン脱毛のメリット

最初にメリットからお伝えしていきます。
蓄熱式の脱毛は単発式とは違うメリットがあるのでご紹介していきます。

メリット① 産毛・白髪・色素の薄い毛にも効果的

ハイパースキン脱毛は蓄熱式脱毛なので、色素の濃い薄いに関係なく脱毛が可能です。
単発式脱毛の効果が発揮する生えている色素の濃い毛に反応するのではなく、これから生えてくる毛の発毛因子に反応するので色素に関係なく効果が実感できます。

メリット②痛み・熱さがない

脱毛する時に悩みの人るとなるのが痛みや熱さです。
脱毛が初めての人は痛みや熱さに対して不安はあると思いますが、以前脱毛サロンや医療脱毛をしたことがある人も痛みや熱さが我慢できなかったという人もいます。
痛みや熱さを我慢しても産毛や色素の薄い毛には効果が見えにくいこともあので、痛みや熱さが少なく効果が実感できるのは嬉しいですよね。
子供でも安心して照射できる体温に近い36度なので、顔やVIOも安心です。

メリット③日焼けや肌質にも左右されない

ハイパースキン脱毛は肌質にも左右されません。
従来脱毛照射を控えた方が良いとされていたアトピー肌や敏感肌、ニキビ肌、乾燥肌でも安心して照射ができます。
これから日焼けをする予定がある時も照射はできませんでしたが、日焼けや色素沈着、シミ、ほくろがあるお肌にも照射が可能です。

メリット④短いスパンの照射が可能

ハイパースキン脱毛は、通常よりも短いスパンでの照射が可能です。
従来の成長期に合わせた照射サイクルではなく、休止期の毛に照射ができるので2,3ヶ月だった照射サイクルが2〜4週間での照射が可能です。

メリット⑤ジェルが温かく、美肌効果もある

脱毛をする時に冷却ジェルの冷たさが我慢できないという人もいます。
脱毛で使用する冷却ジェルはとても冷やされているので塗布する時のひんやりする感じが嫌だと言う人は多いです。
しかしハイパースキン脱毛は照射の温度も高温ではないので、使用するジェルも温かいものを使用していきます。
照射の光もフォトフェイシャルと同じでターンオーバーを促進し、美肌効果も期待できます。

ハイパースキン脱毛のデメリット

次はハイパースキン脱毛のデメリットをご紹介していきます。
ここは重要なので、メリット同様にしっかり確認しておきましょう。

デメリット①効果を実感するまでに時間がかかる

ハイパースキン脱毛は単発式脱毛よりも痛みや熱さがマイルドです。
照射の時には痛みや熱さは実感しにくいので良いですが、その分照射後毛が抜けるのがあまり実感できません。
照射回数を重ねれば効果は実感でいますが、最初は特に抜け落ちるのが確認しにくく、不安になってしまう可能性もあります。

デメリット②導入しているサロンが少なく、費用が高めの設定

ハイパースキン脱毛は従来の脱毛と比較して金額が少し高めの設定になっています。
まだ導入しているサロンも少ないのがその理由です。
今後ハイパースキン脱毛が浸透してくれば安くなって来る可能性もありますが、できるだけリーズナブルな脱毛をしたい人には向きません。
お肌に負担が少ないので値段が高くても肌質に不安がある人はにはおすすめです。

ハイパースキン脱毛はデメリットよりもメリットの方が多いのね。
ますます興味がわいてきたわ!

そうね!まだこれから浸透していく脱毛といったところかしら。
でも比較的メリットの方が多いわよよね⁉︎

メリット、デメリットも人により様々よね!向いている人と向いていない人がいそう

そうそう!脱毛に対しての感覚も人それぞれだしね!次はハイパースキン脱毛が向いている人と向いていない人を紹介するわね

ハイパースキン脱毛はどんな人に向いている?

ハイパースキン脱毛のメリット、デメリットをご紹介してきましたが、これを踏まえたうえで、ハイパースキン脱毛が向いている人、向いていない人をお伝えしていきます。

ハイパースキン脱毛に向いている人

ハイパースキン脱毛が向いている人はこちらです。

  • 脱毛の痛みや熱さが嫌な人
  • 産毛や色素の薄い毛も減らしたい人
  • 美肌効果が欲しい人
  • 敏感肌や肌トラブルが起きやすい人
  • 脱毛照射で肌荒れしてことがある人
  • 冷却ジェルの冷たさが嫌なな人

先程メリットでお伝えしたように、熱さや痛みがマイルドなのでできるだけ熱さを実感せずに産毛や色素の薄い毛の脱毛をしたい人にはおすすめです。
脱毛は毛質はもちろnですが,肌質も結果を左右するのでお肌が弱くトラブルが起きやすい人はハイパースキン脱毛に向いています。

ハイパースキン脱毛に向いていない人

ハイパースキン脱毛に向いていない人はこちらです。

  • 早く効果を実感したい人
  • 抜け落ちるのがわかりやすい方が良い人
  • リーズナブルな金額の脱毛が良い人

痛みや熱さがほとんどないいのはメリットですが、脱毛を始めたらできるだけ早く効果を実感したいという人にはおすすめできません。
まだこれから流通が増えて来る可能性が高い脱毛機なのでまだ値段も高めです。

施術ができない人・注意点

次はハイパースキン脱毛の施術ができない場合についてお伝えしていきます。
以下に当てはまる人や部位は照射ができない場合があるので、事前にカウンセリングで相談しておきましょう。
今は完治していても既往歴がある場合は、事前に主治医に確認しておくとスムーズです。

  • 妊娠中・授乳中の人
  • 過度な日焼けをしているとき
  • お肌にトラブルがある人・部位
  • お薬を服用中の人(内服・外用薬)
  • 既往歴・持病がある人

ハイパースキン脱毛を採用するサロン

次は気になるハイパースキン脱毛を採用しているサロンをご紹介していきます。
ハイパースキン脱毛を試してみたい人は無料カウンセリングがあるのでお試しできます。

脱毛サロンDione(ディオーネ)

脱毛サロンディオーネ
全国120店舗を展開する、脱毛フェイシャルサロンです。
脱毛は顔を含むVIOの全身コースもあるので痛みが気になる部分も安心して照射できます。

ディオーネの特徴

  • 全国100店舗位以上、営業10年以上で信頼の実績
  • ハイパースキン脱毛法を採用
  • 丁寧な施術
  • アトピー肌など敏感肌で施術が不安な方むけ
  • 子供、未成年の方OK(最年少は3歳)

エステサロンKAREN(カレン)

脱毛サロンカレン
カレンは九州地方を中心に全16店舗を展開するサロンです。
東京に1店舗がありますが主に九州、沖縄などにあるサロンなので、都心にないのが残念なポイントです。

カレンの特徴

  • 大人から子供まで通えるサロン
  • 九州地方を中心に東京も併せ16店舗
  • ハイパースキン脱毛法を採用
  • ハイパースキン脱毛機メーカーの直営エステサロン
  • サロンで使用する脱毛機がレンタルでき、自宅で使える

まとめ

今回は「ハイパースキン脱毛」についてお伝えしてきましたが、痛みや熱さが少なく産毛など色素の薄い毛にも効果が期待できるのは嬉しいですね。
即効性は実感できないものの、回数を重ねて照射していけば生えてくる毛が薄いことを実感できます。
まだ導入しているサロンは少ないようですが、今後増えることが期待される脱毛なので、気になっている人はぜひ検討してみてください!

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。

他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。

セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。

頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。

初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次