ヒゲ脱毛で医療費控除は受けられる?保険の適用についても解説

ヒゲ脱毛で医療費控除は受けられる?保険の適用についても解説
ヒゲ脱毛を本格的に始めようとしたらかなりの出費になるけれど、医療費控除は適用されるのかな?
残念ながら基本的にヒゲ脱毛を行う場合には医療費控除は受けられないと考えておいたほうが良いよ。

ヒゲ脱毛は場合によっては数十万円~数百万円もの予算が掛かってしまうことがありますが、特殊な例を除いて、基本的には医療費控除を受けることは出来ません。
今回は医療費控除についてと、ヒゲ脱毛で医療費控除が受けられない理由、また受けられるケースなどをまとめてご紹介していきたいと思います。

目次

医療費控除とは?ヒゲ脱毛に適用される?

まずは医療費控除や医療保険の適用について詳しく説明していくね。
病院にかかるならどんな場合でも適用されるんじゃないの?
ポイントは「なぜ病院にかかるのか」というところだよ。

医療保険も医療費控除も、「治療に必要な費用を国が負担することで、治療を受けやすくする」というものです。そのため、どちらも基本的には「治療」を目的としています。
治療とは、病気や怪我などで損なわれた健康を修復するという行為です。
ヒゲ脱毛の場合、病気でも怪我でもない「美容目的での医療行為」になるので、治療とは認められないのです。

そもそもヒゲ脱毛に保険は適用される?

ヒゲ脱毛だけでなく、脱毛全般はサロンでもクリニックでも「治療」とは認められず、いわゆる「自由診療」という認識されます。
そのため、医療保険の適用もされず、費用は全て負担することになります。
これはどの施術方法を選んでも同じことで、治療として認められることはなく、「美容目的としての施術」となるためです。
ヒゲ脱毛の場合、出力の高い機器を利用するので医療機関で施術することがほとんどですが、最初から保険適用外となるので、保険証の提示も求められないことが多くなっています。
一部の病院では身分証明やカルテの作成、トラブル発生時のために前もって保険証の情報を求められることがありますが、保険証を出したからといって保険が適用されているということではないので注意しましょう。

医療保険が適用されないという説明は事前のカウンセリングでも言われるからきちんと説明を聞いておこうね。
メモを取りながら聞くのが良いね。

医療費控除とは?

医療費控除制度を簡単に言えば、一年間に支払った医療費が一定額を超すとその分の納税額を一定金額差し引いてもらえるという制度です。
医療費控除は確定申告の際に申請することができ、治療費、薬代、交通費、その他治療に関する経費なども対象になります。
大きな病気や怪我をして治療を行っている人、家族の介護が必要になった人など、本人だけでなく、その人が扶養している家族の分も計算に入れることができます。

注意しておきたいのは、医療費控除は医療費が全額差し引かれたり、戻ってくると思われがちですが、これは間違いで、実際は支払った医療費の分を差し引いて、支払うべき税金を再計算するというのが本当です。

この医療費控除というのは、

  • 治療目的
  • 予防目的

に対して適用されるものです。
治療に必要な治療費、入院費、投薬代はもちろんですが、リハビリ費、介護費用、治療に必要な器具(松葉杖など)の費用も含まれています。
一方で、特殊なケースの保険適用外となる薬や器具も存在し、これらは医療費控除の対象外になります。
どれが対象で、どれが対象外なのかは税務署の判断基準がありますので、詳しくは税理士などに相談することをおすすめします。

ヒゲ脱毛をする場合には適用されるのか

医療費控除も医療保険と同じく、ヒゲ脱毛では基本的に適用されることはありません。
医療費控除の対象とならないものの一つに、「美容目的の医療行為」というものがありますが、ヒゲ脱毛はこれに該当します。
ヒゲが生えているだけで人体になんらかの害を与えている場合はともかく、「自分がきれいになりたい」という理由でヒゲ脱毛を行うわけですので、それは治療とは認められないのです。
そのため、その施術に使われる麻酔や肌トラブル防止の化粧品なども同じく治療目的の出費だとは認められません。
診察費も同じく、自分の都合で治療を希望するだけですので、必要に迫られた出費とは認められず、医療費控除を申請しても棄却されるでしょう。

ヒゲ脱毛は完全に自己負担なんだね。
だからヒゲ脱毛をする時は計画的にね。

ヒゲ脱毛はなぜ医療費控除が認められない?

ヒゲ脱毛は治療目的ではないから医療費控除が受けられないことはわかったけど、あまり納得できないなぁ。
どうして?
ヒゲもムダ毛も人によっては強いコンプレックスを抱くほどの悩みになっていることがあって、脱毛することで心の治療になるかもしれないじゃない。
うーん、言いたいことはわかるけど、それを証明するのが難しいからね。

ヒゲ脱毛が医療費控除を受けられないのは、美容目的であるということが大きな理由ですが、さらに医療費控除とヒゲ脱毛について深堀りしていきましょう。

治療目的の医療行為だと認められたら適用される

ヒゲ脱毛の施術費を医療費控除に入れられるケースはごくまれで、「治療目的の施術」だと認められなければいけません。
つまり、「病気や怪我を治療するために、ヒゲを脱毛しなければいけなくなった」という理由で脱毛した人であれば、控除を受けられるでしょう。
しかし、一般的にこういったケースはまれですし、さらに脱毛を行うのが美容クリニックである場合は美容目的として判断されることが多いので、受理されないどころか不正を疑われる可能性もあります。
医療機関の診断書があり、「脱毛が必要」ときちんと証明されていなければ、ヒゲ脱毛を治療目的の施術として認めさせるのは難しいと言えます。

基本的にヒゲ脱毛は認められない

「脱毛サロンではなく、美容クリニックや外科と書かれている医療機関で脱毛をすればいいのでは?」と考える人も多いようですが、病院であっても保険適用外の治療は多数存在します。脱毛もその一つです。
大切なのは、「その医療行為によってどのような結果がもたらされるか」です。美容目的のヒゲ脱毛であれば、ヒゲ脱毛を行った結果は、「ヒゲのない肌になる」というもので、それによって病気や怪我を予防する効果は認められません。
つまり、どんな理由があったとしても、ヒゲ脱毛は美容目的とだけ認識され、治療という枠組みに入ることは難しいと言えるのです。
もちろん、病院側もそのことについて説明しますし、それを納得した上で契約を結ぶ必要があるのです。

ヒゲ脱毛以外の脱毛は適用される?

医療費控除や医療保険の適用は、ヒゲ脱毛に限らず、全ての脱毛施術において治療行為とは認められていません。
もちろんそこに男女の差や施術範囲の差などは関係ありません。ヒゲ脱毛を行っても、全身脱毛を行っても同じことです。
「女性の脱毛は適用されている」というのはウソで、女性も脱毛の際は全額負担で施術を受けているのです。
女性のほうが脱毛にかかる金額が少ないと言われていますが、

  • 脱毛需要が女性の方が圧倒的に多い
  • 女性のムダ毛は細いので施術が比較的簡単
  • 費用の安いフラッシュ脱毛が増えている

などの理由でそもそもの価格が抑えられるようになっているのです。
男性の脱毛ももっと一般化して需要が高まれば、同じく価格も下がっていくでしょう。

医療費控除はどのケースなら受けられる?

ヒゲ脱毛ではどうやっても医療費控除を受けることはできないんだね。
基本的には、だね。目的や状況によっては医療費控除の対象となるけれど、特殊なケースだと考えておいたほうがいいよ。

ヒゲ脱毛は基本的に美容目的での医療行為となりますが、医師が治療目的と認めた場合は医療費控除を申請して適用されることがあります。その一部をご紹介しますが、この内容に該当したとしても、必ず受けられるというわけではないので注意しましょう。

ワキガや多汗症の治療

適用が期待できる理由の一つが、多汗症やワキガの治療目的での脱毛です。
ホルモンバランスによって症状が出る多汗症やワキガは、治療の対象となりますので、治療の一環として脱毛を行えば、医療費控除を受けることができる可能性があります。
これはあくまでも例外的なもので、全ての人がこれに適用されるわけではありません
特にヒゲ脱毛は、これらの症状に対して治療が必要な範囲と認められにくいので、適用は難しいでしょう。
ワキガや多汗症の場合、適用と判断されるのは脇のムダ毛がほとんどです。
さらに脱毛によってワキガや多汗症が完治することに繋がりませんので、脱毛をしたとしても治療行為と認められない可能性もあります。
そもそも、ワキガや多汗症の治療に脱毛を利用する医師でなければ脱毛を行うこともありません。

どうしても医療費控除を受けて治療を行いたいという場合は、医療行為として脱毛を推奨している医院を探して相談することが必要になります。

多毛症などの治療

ホルモンバランスの影響で、体毛が異常なまでに濃くなってしまう多毛症というものがありますが、この治療のための脱毛は、医療費控除の対象になることがあります。
多毛症は血液中の成分を解析することで、その診断が下され、通常ではない量の体毛が生えていると判断されて脱毛治療という運びになります。
もちろん、これは治療目的ですので、ワキガや多汗症の治療よりも比較的審査が通りやすくなっています。

しかし多毛症は基本的に女性にだけ起こる疾患ですので、男性が多毛症と診断されてヒゲ脱毛を行うことはまずないと言えます。
男性にも体毛が濃い人は多く居ますが、多毛症と診断されることはほとんどありません。そのため、「剛毛だから治療目的で脱毛したい」というのは却下されてしまうでしょう。
特にヒゲは男性ならば生えて当たり前という認識ですので、生えすぎているからと異常だと認められることはないでしょう。

ジェンダー治療

ヒゲ脱毛の目的が、トランスジェンダーや性同一性障害により外見と性の一致を目的とするものであれば、医療費控除が認められる場合があります。
簡単に言えば、心が女性で身体が男性という人が、外見を女性に近づけるためにヒゲ脱毛を行うことは、治療の一環として認められるということです。
医療行為として行う必要があるので、治療は医療レーザー脱毛に限定されてしまいますが、ヒゲ脱毛に医療費控除を申請することができます。
ヒゲ以外の部分の脱毛は、医師が許可をすれば申請の範囲内になりますが、外見的な治療としてということなので、隠せる部分は適用外になることもあります。
近年ではジェンダー治療としての医療も確立し始め、診察や治療を受けやすくなっていますし、税理士なども専門家が増えているので気軽に相談することができるでしょう。
ジェンダー治療においてヒゲ脱毛は、外見を整えるために最も必要だと思われるひとつです。

医療費控除は本当に特殊なケースでないと受けられないんだね。
ヒゲの形を整えたいとか、キレイになりたい、というのは治療の理由にならないから気をつけようね。

ヒゲ脱毛にかかってしまう金額は?

そもそもヒゲ脱毛をきちんとしようと思ったらどのくらいお金が掛かってしまうものなの?
施術範囲や方法などによって大きく変わるけど、平均的な金額を紹介するね。

ヒゲ脱毛は、

  • どの方法で脱毛するか
  • どのくらい脱毛するか
  • どのクリニックを選ぶか

で必要な費用が大きく変わります。ここでは簡単に費用の平均などをご紹介していきますが、クリニックやサロンによっては金額が上下しますので、事前にサイトなどを確認して置くことをおすすめします。

脱毛方法によってこんなに変わる必要金額

まずはそれぞれの脱毛方法別にヒゲ脱毛を行った場合、どれが一番安いのか、また効果はどのくらいなのかを簡単にまとめてみました。

/施術費用効果
光脱毛数万円~低い
レーザー脱毛数十万円~高い
ニードル脱毛数十万円~非常に高い

具体的な値段は各サロンやクリニックによって変化しますが、最も安い値段で施術が受けられるのは光脱毛です。しかしその分施術効果は低く、数ヶ月でまた生えてきてしまうことがほとんどです。
レーザー脱毛やニードル脱毛も数十万円からとありますが、ここも大きな差があります。
ニードル脱毛の方が費用は高くなりますが、その分効果は高く、永久脱毛に近い効果を得られるでしょう。
レーザー脱毛は、ヒゲ脱毛の方法としては最も一般的で、施術を受けられるクリニックも揃っていますので、安定したヒゲ脱毛を行いたい場合は、レーザー脱毛がおすすめだと言えます。

脱毛する場所や範囲、量でも変わる

ヒゲ脱毛をするからといって、全てのヒゲを除去したいわけではないという人もいるでしょう。
デザインを施したヒゲにしたい、気になる部分だけを脱毛したいという人は、施術範囲が狭くなる分費用も抑えられます
特にニードル脱毛でヒゲ脱毛を行う場合は、施術するヒゲの本数で値段が上がっていくので、少なければ少ないほど値段を抑えられる仕組みです。
また、ニードル脱毛はピンポイントにヒゲを脱毛出来ますので、「ここだけ脱毛したい」というニーズに沿ってくれるのも嬉しいポイントでしょう。
その点で言うと、レーザー脱毛や光脱毛は、ある一定の範囲を施術することになりますので、ピンポイントでの脱毛は向いていないと言えます。
自分がどのような脱毛をしたいかを考えると、費用を安く抑える施術ができるでしょう。

長期的に見て安くするならレーザー脱毛

ヒゲ脱毛は基本的にレーザー脱毛かニードル脱毛を選んだほうが良いと言われます。光脱毛は費用が安いのが大きな魅力ではありますが、その分脱毛に使用する出力が弱いのでまたヒゲが生えてきてしまいやすい施術方法でもあるのです。
そのため、長期間の脱毛状態を保つ、もしくは半永久的にヒゲを脱毛しておきたいという場合には、レーザー脱毛やニードル脱毛がおすすめなのです

この2種類でも更におすすめなのはレーザー脱毛です。ニードル脱毛と比べても効果は遜色ありませんし、長期的な脱毛状態を保つことが出来ます。その上、最近では痛みを極力減らす工夫も向上しており、より通いやすい脱毛方法となっています。
費用の面でも、安い光脱毛を利用して一時的に費用を抑えたとしても、また施術を受けることを考えると最終的にはレーザー脱毛のほうが安上がりになるのです
そのため、広い範囲のヒゲ脱毛を希望する際は、レーザー脱毛をおすすめします。

自分の予算と目的に合ったクリニックを探すことが重要だね。

ヒゲ脱毛は計画的に行おう

ヒゲ脱毛は高額の出費が必要になるだけでなく、時間も必要になります。また、自分自身が痛みや手間に耐えきれるかという点も大きな問題になります。
ヒゲ脱毛を計画している場合は、まず脱毛のためのスケジュールを立てて、無理のない範囲で施術を開始するようにしましょう。
具体的な計画を立てるためにはまずカウンセリングなどを受けてみることもおすすめします。

この記事を書いた人

会社員として働いていた際、女子社員に青髯を噂されていることを知ったことをきっかけに、ヒゲ脱毛に強い興味を持つようになりました。

ただ、田舎だっためメンズ脱毛の店が少なく、家庭用脱毛器なども含めて色々と試したところ、最終的には医療脱毛クリニックで青髯感もなくなり結果には大満足。

その時に調べた情報が友達や同僚の間で好評で、それがうれしくてメンズ脱毛についてさらに調査を重ねていました。

自分でもブログを書いていたのですが、メンズ脱毛をする際の注意点や選び方などをより多くの方に知ってほしいので、このサイトのライターとして活動しています。

目次