ミュゼプラチナムの予約・解約の方法を解説!気を付けたいポイントも紹介

調査員:まゆ
このページでは、ミュゼの予約方法や、予約を取りやすくする方法を紹介します。
また、ミュゼを途中で解約する方法や注意点などについても解説します。
ミュゼでの脱毛を検討している人は、この記事を参考にして不安や疑問を解消していってくださいね。

日本能率協会総合研究所の調査で「美容脱毛サロンの総合的な満足度 No.1」に輝いたミュゼプラチナム。
とても人気のあるサロンなので、これからミュゼで脱毛をしてみたいという人も多いと思います。

ただ、それだけ人気だと予約がちゃんと取れるのかどうか不安ですよね。

では実際はどうなのか、チェックしていきましょう!

目次

ミュゼプラチナムのカウンセリングの予約方法

ミュゼに初めて行く際には、無料カウンセリングの予約が必須です。
いきなりミュゼの店舗に行って施術してもらうことは出来ませんので注意しましょう。
ミュゼのカウンセリングの予約方法には以下の2つがあります。
・ 公式サイトから予約
・ 電話で予約
それぞれの予約方法について見ていきましょう。

公式サイトから予約

ミュゼの公式サイトには「無料カウンセリング予約フォーム」があります。
ミュゼに初めて行く際は、こちらから予約を入れましょう。
パソコンからも、スマホからも予約可能です。
公式サイトの予約フォームは24時間予約を受け付けています。

思い立った時にすぐ予約できるのが便利ですね

予約の流れは以下のとおりです。
まず、ミュゼの公式サイトを開きます。

ページをスクロールすると「無料カウンセリング予約」ボタンがありますので、クリック(タップ)しましょう。

ミュゼプラチナムのカウンセリング予約開始

店舗選択画面が出てくるので、カウンセリングを受けたい店舗を選択します。
行きたい店舗のある地域のプルダウンから選べます。

ミュゼプラチナムの店舗選択

行きたい店舗を選んだら、次は希望日時を選択しましょう。
日時選択ページでは、カレンダーで空き状況を確認できます。

「◎」と「△」が予約できる箇所です。
「×」はすでに満席のため予約はできません。

ミュゼプラチナムの来店日時選択

日時を選んだら、名前や連絡先などの「お客様情報」を入力します。

ミュゼプラチナムの個人情報記入

「お客様情報」入力欄の下には「希望部位」と「申し込みのきっかけ」にアンケートがありますので回答しましょう。

ミュゼプラチナムのアンケ―ト

アンケート下部には、個人情報の取り扱いについての確認欄があります。
「上記に同意する」にチェックを入れると、入力内容の確認ページに進めます。

ミュゼプラチナムの規約の同意

入力内容を確認し、誤りがあれば該当ページに戻って修正します。
内容に間違いがなければ、入力内容を送信し、予約完了です。

予約後は、登録したメールアドレスにミュゼから確認のメールが届きます。

目安として、予約から24時間経っても確認メールが届かない場合は入力したメールアドレスに誤りがある可能性があります。その場合はミュゼの問い合わせフォームか電話で連絡してみてください。

電話で予約

ミュゼのカウンセリングは電話で直接予約することもできます。
その場合は、カウンセリング予約専用ダイヤル(0120-489450)に電話をしましょう。
電話予約の受付時間は10:00~18:00になります。
電話予約では、希望の店舗、日時、名前と連絡先を聞かれるのであらかじめ準備しておくとスムーズですよ。
また、電話なら予約に関する疑問点を直接スタッフに聞きながら予約できる点がメリットです。

脱毛に関する質問はカウンセリングの時に聞いてくださいね

ミュゼプラチナムのカウンセリングの流れなどはこちらの記事で紹介しています。
持ち物なども紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください。

ミュゼプラチナムの2回目以降の施術予約方法は3つ

初回の無料カウンセリングを終え、施術の契約をした場合、以降の予約方法は無料カウンセリング時とは少し異なります。
ミュゼの2回目以降の予約方法は以下のとおりです。
・ 公式アプリ「ミュゼパスポート」から予約
・ 公式サイトから予約
・ 電話で予約
それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

公式アプリ「ミュゼパスポート」から予約

ミュゼには「ミュゼパスポート」という予約専用アプリがあります。

最大のメリットはスマホから24時間いつでも好きな時に予約を入れられるという点。

予約の入れ方は次のとおりです。
・ スマホでアプリを起動
・ 会員番号(メールアドレス)とパスワードを入力してログイン
・ 予約ページを開き、希望の店舗、日時を選択
「ミュゼパスポート」では店舗ごとの空き状況も確認できます。

公式サイトから予約

公式サイトの「会員サイト」から予約することもできます。
会員サイトから予約する流れは以下のとおりです。
・ パソコンまたはスマホからミュゼの会員サイトにアクセス
・ 会員番号(メールアドレス)とパスワードを入力してログイン
・ 「現在の予約一覧」から予約を入れたい施術を選び、希望の店舗、日時を選択
アプリと同じく、公式サイトからも24時間予約が可能です。

電話で予約

電話で予約する場合は、ミュゼの会員専用ダイヤル(0570-007830)に電話しましょう。
初回カウンセリング予約を入れた時の電話番号や、店舗の電話番号にかけても2回目以降の予約はできません。
会員専用ダイヤルの受付時間は9:00~18:00です。
回線が混雑してなかなかつながらない場合は、アプリか会員サイトで予約したほうがよいでしょう。

「0570」で始まる番号はナビダイヤルのため、別途通話料金がかかるので注意してね!

ミュゼプラチナムの予約に関する口コミ

ミュゼの予約について、実際に通っている人はどのように感じているのでしょうか。
実際にミュゼで予約を取っている人の口コミを見てみましょう。

口コミを見てみると、ミュゼは予約が取りづらいと感じている人が多いようです。
もっとも、予約が取りづらいということは、それだけ人気があり多くの人がミュゼを気に入って通っている証拠。

あまりにもお店が空いていると、かえって「このお店は人気ないのかな?」って心配になってしまうかも…

ミュゼは工夫次第で予約を取りやすくすることもできるわ。次の見出しで詳しく説明するわね

ミュゼプラチナムは予約取れない?予約が取りやすくなる4つの方法

口コミからも分かるとおり、ミュゼは人気サロンのため予約が取りづらいことがあります。
ですが、予約が取りづらいという口コミがあるからといってマイナスの印象を持つ必要はありません。
ミュゼの予約は、工夫次第で取りやすくすることができます。
ミュゼの予約を取りやすくする方法として、主に以下の4つがあります。

・ 「ミュゼパスポート」でキャンセル待ち登録をする
・ 契約店以外の店舗で予約する
・ 平日の日中など空いている時間帯を狙う
・ 繁忙期(6~9月)の予約は避ける

それぞれの方法について詳しく説明するので、ミュゼで予約を取る際の参考にしてみてくださいね。

「ミュゼパスポート」でキャンセル待ち登録をする

公式アプリ「ミュゼパスポート」なら、キャンセル待ち登録ができます。
キャンセル待ち登録をしておくと、空きが出た時点で自動的に連絡が来るシステムです。

キャンセル待ちといっても、そんなに上手く空きが出るものなの?

施術日の2日前までに予約する場合と比べて、当日の予約の取りやすさは3倍にもなるよ!

アプリの通知をオンにしてキャンセル空きの連絡を待ちましょう。

契約店以外の店舗で予約する

ミュゼは、契約した店舗以外の店舗でも施術を受けることができます。
契約店舗が予約で埋まっている場合は、他の店舗の空きを探して予約するとよいでしょう。
また、店舗を移動するのに手続きや手数料は必要ないので、自由に店舗を行き来できます。
各店舗の空き状況は、公式アプリか電話で確認できますよ。

平日の日中など空いている時間帯を狙う

ミュゼで予約を取りやすくするには、平日の日中など空いている時間帯を狙って予約するのもよいでしょう。
土日祝日は、多くの社会人や学生が休日のため終日混みやすいです。
また、平日の夕方以降は仕事や学校帰りの人の予約で混雑します。
一方、仕事や学校のある平日の日中なら、比較的利用者が減るため予約が空く傾向にあります。
土日や平日夜になかなか予約が取れない場合は、なるべく平日日中の時間帯を狙って予約してみましょう。
どうしても平日日中の時間帯に通えない場合は、土日祝日の午前中の早い時間帯や、日曜の遅めの時間であれば空いていることもあります。
社会人の人であれば、有給休暇を使って平日に脱毛に通う方法も考えてみてくださいね。

繁忙期(6~9月)の予約は避ける

脱毛サロンの繁忙期は6~9月です。
予約を取りやすくするためには、この繁忙期は避けることをおすすめします。
夏はどうしても肌の露出が多くなるため、この時期に「脱毛しよう!」と考える人が増えます。
そうすると、6~9月に施術の契約をする人が増え、結果としてサロンの予約が混み合うのです。
なので、予約を取りやすくしたいなら6~9月は避け、秋から冬にかけてサロンに通うほうがよいでしょう。

夏に肌見せしたいなら、脱毛は夏に始めるよりも秋冬から施術を受け始めたほうが効果は出やすいわよ

ミュゼプラチナムの予約を変更・キャンセルする方法

施術当日になって「急な予定が入った」「体調が良くない」「電車が大幅に遅れている」などの理由で、店舗に行けなくなってしまうこともありますよね。

ミュゼでは、予約の変更・キャンセルを簡単にすることができます。
ペナルティーなども含め、予約を変更・キャンセルする方法について見ていきましょう。

でも、当日にいきなり予約を変更・キャンセルしたら何かペナルティーがあるんじゃないか心配

不安な人のために、予約を変更・キャンセルした場合のミュゼの対応についても説明するわね

予約を変更・キャンセルする方法は3つ

ミュゼで予約を変更・キャンセルする方法は次の3つです。
・ 公式アプリ「ミュゼパスポート」から変更・キャンセル
・ 公式サイトから変更・キャンセル
・ 電話で変更・キャンセル
基本的な流れは、2回目以降の施術の予約方法と同じです。
アプリやサイトで変更・キャンセルする場合は、予約ページを開いて該当する施術を選択します。
電話で予約を変更・キャンセルする場合は会員専用ダイヤル(0570-082489)にかけるようにしましょう。

当日キャンセルでもキャンセル料は発生しない

ミュゼでは、当日にキャンセルしてもキャンセル料などのペナルティーは発生しません。
また、当日キャンセルしてもその分の施術回数が消化されてしまうこともありません。

新たに予約を取り直すことで、キャンセルした分の施術を受けられます。
ただし、途中でコースを解約する場合は、当日キャンセル分は返金対象にならないので注意しましょう。
ちなみに、ミュゼで当日キャンセルにならないのは「施術開始の24時間前まで」です。

たとえば、火曜日の17時に施術予約している場合、当日キャンセルにならないのは月曜日の16時59分までに連絡を入れた場合です。
それ以降に連絡を入れた場合は、前日であっても当日キャンセル扱いになります。
勘違いしやすいのですが、施術日の前日23時59分までではないので気を付けましょう。

無断キャンセルした場合はどうなる?

施術の予約時間になっても店舗に連絡を入れず、そのまま無断キャンセルした場合はどうなるのでしょうか。
ミュゼの場合、無断キャンセルをしても施術回数が減るといったペナルティーはありません。

しかし、だからといって無断キャンセルをしてもよいというわけではありません。
無断キャンセルをすること自体、常識を疑われる行為です。
また、1度無断キャンセルをしてしまうと、心理的にも次からお店に行きづらくなってしまいます。
当日、急に「具合が悪い」「予定が入った」「電車が遅れた」などの理由で予約時間に間に合わなそうな場合は、必ず店舗に連絡を入れるようにしましょう。

無断キャンセルはスタッフの迷惑にもなるから、必ず連絡してね

遅刻した場合の対応について

ミュゼでは「予約時間を10分以上過ぎても来店しない」場合に遅刻扱いとなります。
この場合は「当日キャンセル」扱いとなり、施術は受けられません。

キャンセルとなった場合は、都合の良い日に予約を取り直すことになります。
10分以内の遅刻であれば、その日の施術を受けることは可能です。
ただし、遅刻した時間分は施術時間が短縮されることになります。

店舗スタッフは、各予約時間に沿って施術の準備を進めているので、たとえ数分であっても遅刻はとても迷惑がかかる行為です。
もし、電車が遅れているなど何らかの理由で遅れそうな時は、必ず店舗に連絡を入れるようにしましょう。

ミュゼプラチナムで中途解約したい時は?手続きの流れを紹介

ミュゼでは、契約を途中で解約することもできます。
解約の理由は「忙しくなったから」「施術に満足がいかないから」など何でもかまいません。
理由によって解約ができないということはないので、安心してください。
ここからは、ミュゼで解約する場合の流れを説明します。

解約の基本フローは3つ

ミュゼで解約する時の基本フローは以下のとおりです。
・ 会員専用ダイヤル(0570-007830)に電話して解約手続きの予約を入れる
・ 契約した店舗で解約手続きをする
・ 口座に返金される
解約したいと思ったら、まずは電話で手続きの予約をとる必要があります。
予約なしで直接店舗に行っても解約はできないので気を付けましょう。
解約した場合、返金は契約解除月の末締め、翌月末払いとなります。
末日が土日祝日の場合は、翌営業日に返金となります。

解約手続きの際に必要な物

ミュゼで解約手続きをする際に必要な物は次のとおりです。
・ 会員カードもしくはスマホの公式アプリ画面
・ 返金先の金融機関の口座情報がわかるもの
・ クレジットカード(クレジット払いを選択している場合)
・ 印鑑
解約手続き時に必要な持ち物については、電話の際にオペレーターが案内してくれます。
なお、解約金や解約手数料は必要ありません。

解約を引きとめられたらどうする?

ミュゼでは無理な勧誘を禁止しているため、解約時に無理やり引きとめられる心配はありません。
ただ、解約の理由は聞かれます。
理由のせいで解約を断られることはないので、正直に答えて大丈夫です。

「お金に余裕がない」というような理由をだと、分割払いをすすめられるケースもあるかもしれません。
その際は、「通い続ける時間がない」「他の用途にお金が必要になった」などと言うことをおすすめします。

ミュゼの解約手続きにかかる時間は約30分です。
万が一、30分を過ぎても解約を引きとめるようなことがあれば「この後予定があるので」「公式HPには所要時間約30分と書いてありました」とはっきり言いましょう。

契約から8日以内ならクーリングオフの対象に

ミュゼで初回カウンセリングを受けた後、なんとなくその場の雰囲気に流されて契約してしまったけれど、家に帰ってからやっぱり契約しなければよかったと思った場合はどうすればいいですか?

そういった場合は「クーリングオフ」を利用するのがおすすめよ!

カウンセリング時は何となくその気になってコースを契約したけれど、後からよく考えて「やはり自分には必要ない」「解約したい」となることもあるでしょう。

そのような場合は、契約から8日以内であればクーリングオフ制度を利用して解約ができます。
クーリングオフについて詳しくみていきましょう。

クーリングオフとはどんな制度?

クーリングオフとは、いったん契約をした場合でも、契約日を含めた8日間以内であれば契約を解除できる制度です。
たとえば、月曜日に契約した場合は、次の週の月曜日までであれば契約を解除できます。
これは、ミュゼに限らず法律で決められている制度です。

クーリングオフをすれば、契約金が全額戻ってきますよ

クーリングオフの手続き方法

クーリングオフは、書面または電磁的記録で手続きします。
書面(ハガキでも可)でする場合は以下の内容を記載し、契約した店舗宛てに郵送しましょう。

・ 契約年月日
・ 契約者名
・ ミュゼで購入したコース名
・ 契約金額
・ 書面を発送した日

クレジット払いを選択している場合は、ミュゼだけでなくクレジット会社にも同じ書面を送ります。
送付する際は、郵便局の「特定記録郵便」や「簡易書留」など、記録が残る郵送方法を選択しましょう。
また、書面(ハガキ)は必ずコピーをとっておいてください。

一方、クーリングオフを電磁的記録でする場合というのは、メールやWebで通知するということです。
ミュゼからもらった契約書面に具体的な通知方法が書いてあるので、それに沿って手続きをします。

メールやWebでクーリングオフを通知した場合は、画面のスクリーンショットを保存するのも忘れないようにしましょう。

ミュゼプラチナムで解約する際はここに気を付けよう!

クーリングオフの期間を過ぎても、ミュゼの契約を解約することは可能です。
ですが、クーリングオフ期間を過ぎてから解約した場合、支払った金額のすべてが返ってくることはありません。
また、場合によっては解約によって損してしまうこともあります。
解約をする場合は、金額がどれくらい戻ってくるのか、損することにならないかについて考える必要があるのです。
そこで、ミュゼで解約をする際に気を付けたほうがいいポイントについて解説します。
解約で損をしないためにも、以下の注意点に気を付けるようにしてください。

返金対象にならないケース

クーリングオフの期間内に解約した場合は全額返金対象となりますが、期間を過ぎてから解約した場合については、返金対象とならないケースがあるので注意しましょう。
返金対象とならないものは以下のとおりです。

・ 当日キャンセル分の施術
・ 契約と同時に購入した商品

ミュゼでは、施術予約時間の24時間以内に予約を変更・キャンセルした場合は当日キャンセル扱いになります。
この場合、その施術分は返金対象外です。

ただし、契約期間内であれば新たに予約を取り直すことでキャンセルした分の施術は可能です。

生理や体調不良などの理由があっても、当日休んだ分は返金の対象外とされます。
そのまま解約してしまった場合、休んだ分の施術をすることはできません。

再度契約すると料金が高くなる可能性も

ミュゼでは、1度解約しても、後から再度同じ契約をすることは可能です。
ですがその場合、最初の契約の際に適用された特典チケットやキャンペーンが適用できなくなり、結果として最初よりも金額が高くなってしまう可能性があるので気を付けましょう。

ミュゼでは、期間によってさまざまなキャンペーンを展開していて、通常料金よりもお得に脱毛を始められるようになっています。

このようなキャンペーンは初めての方限定の場合が多いので、に再度契約し直そうとしても「〇回分無料」などのキャンペーンや特典チケットは使えなくなってしまいます。

そのため、再度契約した場合は解約前よりも料金が高くなる可能性があるのです。

解約を検討する際は、後で再契約した場合に金額がどれくらいになるかも考慮に入れておきましょう

特典コースも解約の対象になる

ミュゼの契約コースには特典コースが付いているものもあります。
解約した場合、この特典コースも解約の対象になります。

ただ、特典コースは契約コースの回数の最後に受けられるものです。
そのため、回数が残っている状態で解約してしまうと、特典コースも受けられなくなります。

先に特典コースを利用してから解約することはできないので注意してくださいね

ショッピングクレジット(信販会社)を利用している場合の支払い

ミュゼでは信販会社を通してコースの支払いをすることもできます。
ただし、信販会社を利用している場合の解約については請求金額に注意が必要です。
解約の段階での支払い金額が施術消化分、商品購入分の金額に満たない場合は、不足分が一括で請求されます。

たとえば、ミュゼで以下の契約をした場合で考えてみましょう。

施術プランVIO美容脱毛(レギュラープラン)
回数6回
総額243,000円
1回辺り40,500円

この契約を信販会社を利用して36回払いを選択したとすると、月々6,750円の支払いとなります。

そして、契約期間中に施術を2回受けたところで解約するとします。
この時、信販会社からの引き落としが4カ月分(27,000円)終わっていたとすると、施術2回分との差額54,000円をまだ支払っていないことになります。

81,000円(施術2回分)-27,000円(引き落とし4か月分)=54,000円(不足分)

つまり、この場合だと解約時に54,000円が一括請求されることになるのです。

ミュゼプラチナムの返金システムって?返金額シミュレーションも紹介

ミュゼでは、途中で解約すると契約期間内のコースの未消化分の料金が返金されます。

契約期間内に解約した場合、どのくらい金額が返ってくるのか、条件はあるのか気になりますよね。
そこで、ミュゼの返金システムについて詳しく説明します。
実際の返金額シミュレーションも紹介するので参考にしてみてください。

返金される金額の確認方法

正確な返金額については、解約手続き時にスタッフと共に確認することになります。
もっとも、大まかな返金額については次の計算方法で事前に求めることができます。

①施術1回分の料金×(これまで受けた施術回数+当日キャンセルした回数)
②支払い総額から①を差し引く
具体的な計算シミュレーションについては以下で紹介します。

返金額シミュレーション

たとえば、ミュゼで以下の契約をしたとします。

全身美容脱毛(顔・VIO含む)
6回コース 総額:143,130円
1回:23,855円(レギュラープラン)

この契約で、これまで2回施術を受け、1回当日キャンセルした後に途中解約した場合の返金額は以下のとおりです。

143,130円-(23,855円×3)=返金額71,565円

上の例はあくまで大まかな計算です。
実際の金額はその時に実施されているキャンペーンなどによって変わってきます。

解約までに施術回数が残っていたとしても、当日キャンセルが多い場合には返金額もその分少なくなるので気を付けましょう

返金の期限

ミュゼでは、回数が残っている契約期間内のコースのみが返金の対象です。
2016年6月1日以降に契約した場合、契約期間は3年です。
また、契約期間満了日からさかのぼって1年以内に施術を受けると、契約期間が1年延長されます。

万が一、契約期間を過ぎてから解約しようとしても返金には応じてもらえないので注意が必要です。

契約期間については自分で管理する必要があります。自分の契約期間がいつまでかは、会員サイトやアプリ「ミュゼパスポート」内でいつでも確認できますよ

返金される日はいつ?

ミュゼから指定口座への振込を希望する場合は、解約月の末締め、翌月末が振込日です。
末日が土日祝日に当たる場合は、翌営業日に振り込まれます。

クレジットカードまたは信販会社を利用していた場合は、各クレジットカード会社、信販会社から返金されることになります。

そのため、返金日は会社ごとに少し異なるので注意しましょう。

ミュゼプラチナムの予約・解約に関するよくあるQ&A

ミュゼの予約や解約について、よくある質問と回答をまとめました。
疑問点があればこちらの回答を参考にしてみてくださいね。

LINEでも予約できますか?

ミュゼでは、現在LINEでの予約はおこなっていません。

予約の確認はできるの?

公式アプリ「ミュゼパスポート」、会員用サイト、会員専用ダイヤルにて確認できます。

電話がつながらない時はどうすればいいですか?

しばらく時間をおいてからかけ直すか、公式サイトの「お問い合わせ」フォームから連絡してください。
すでに会員の場合は、会員用サイトから問い合わせましょう。

問い合わせはどこからやればいいの?

初めてミュゼを利用する場合は、ミュゼの公式サイトの「お問い合わせ」フォームか、カウンセリング予約専用ダイヤル(0120-489450)から問い合わせましょう。

すでに会員の人は、会員用サイトか会員専用ダイヤル(0570-007830)から問い合わせしてください。

プラン変更はできますか?

ミュゼでは、原則として契約途中でのプラン変更はできません。
ただし、「フリーセレクト美容脱毛コース」であれば、脱毛箇所をいつでも変更することができます。

プランの詳細などはこちらで解説しているので、こちらも読んでみてください。

店舗変更することはできますか?

特別な書類も必要なく好きな時に変更できます。

同じエリアでも予約の差があるので、予約状況を確認しながらうまく活用しましょう。

年末年始やゴールデンウイークが休みですか?

ミュゼでは、12月31日から年始までの3~5日間、すべての窓口が休業となります。
具体的な休業日は、年末近くに公式サイトからお知らせが出るのでそちらを確認しましょう。

店舗の営業については各店舗により異なりますが、年末年始は原則としてお休みと考えておいたほうがよいです。

初回の無料カウンセリングの後にすぐ施術してもらえますか?

初回はカウンセリングのみになります。
施術は、契約後にあらためて予約を入れる形になります。

未成年でも予約できますか?

予約できます。
契約をする場合は親権者の同意書が必要です。
また、契約時に店舗から親権者に確認の電話があります。

妊娠中でも施術はできますか?

原則、妊娠中の施術はできません。

解約手数料や違約金はかかりますか?

ミュゼでは、解約手数料や違約金は一切かかりません。

解約ではなく休会はできますか?

ミュゼには休会制度があるので、一定期間施術をお休みできます。

会員サイトのログイン情報を忘れてしまいました

会員番号を忘れた場合は、メールアドレスとパスワードでログインできます。
パスワードを忘れた場合は再設定をすることで新たにログインできますよ。

会員サイトを退会したい

公式サイトの「お問い合わせ」ページから簡単に手続きできます。

ミュゼプラチナムは予約も取りやすく解約も良心的なので安心!

ミュゼは人気が高いぶん、アプリのキャンセル待ち機能や店舗移動など、予約を取りやすくするためのシステムが用意されています。
また、当日キャンセルに対するペナルティーもないので安心して通えます。
解約の際も、無理に引きとめられるようなことはなく、解約金や解約手数料もかからないためとても良心的です。
「人気店に通いたいけれど予約が取れるか心配」「突然の体調不良で休んでもキャンセル料を取られたくない」という人には、ミュゼでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンセルのペナルティーがないのは魅力ね!
早速カウンセリング予約してみます

カウンセリングは無料なので、気になった方は1度受けてみてくださいね!

この記事を書いた人

某脱毛サロンで3年ほどエステティシャンとして勤務していました。

カウンセリングも担当したいたのですが、多くの方が脱毛に関する基本的なことを知らないことに驚き、しかも説明をすると、それが普通だと思っていることに危機感を感じるようになりました。

脱毛はまとまった金額をかけてするため、せめてお店選びをしっかりして欲しくて、転職をきっかけこちらのサイトで様々な情報を発信しています。

業界内の噂話にも詳しいので、元エステティシャンという目線から他とは違った記事を書いていきます!

目次