脱毛

脱毛施術に行く前日・当日に気をつけたいこと

脱毛施術に行く前日・当日に気をつけたいこと
調査員:のぞみ 秋冬は脱毛するのにおすすめの季節です。 なぜなら腕や足など服で覆われる部分が多くなり、日焼けのリスクが少なくなるからです。 これから脱毛の施術を検討している人は、少しくらいならムダ毛が生えていても気にしなくても良い季節に脱毛の施術をして、薄着になる季節に備えていきたいですよね! そこで、今回はいざ脱毛に行こう!となった時の注意点や施術の前後で気をつけておきたいことをまとめてみました。 これから脱毛を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

脱毛施術に行く前日に確認しておきたいこと

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、施術ができないケースや時間をおいてから再度来店してください、と言われるケースがあります。 脱毛をしてキレイになりたい意識が高まっている時や、一刻も早く脱毛を始めたい時にはガッカリしますよね。 そうならないためにも、前日に準備して行くことや、やってはいけないことなどは事前にしっかり確認しましょう。

皮膚トラブルや服用薬がないか

脱毛施術で施術ができないケースとして多いのが皮膚トラブルです。 服を着ているとわからない部位でも、お肌の状態によっては施術ができない場合があるので数日前から対応できる部分はスキンケアやお肌の保護保湿をしっかりしておくようにしましょう。 施術ができるのか不安な部分は事前に予約しているサロンやクリニックに相談してから行くとスムーズです。

服用中の薬がないか

薬を服用している人や常用薬がある人は脱毛の施術ができない場合があります。 理由は薬の成分によって光に反応を起こす成分が含まれている場合があるからです。 服用している薬の種類によるので、心当たりがある人は脱毛施術に行く前に確認しておきましょう。 脱毛サロンやクリニックではどの薬のどの成分に反応するか不明なこともあるので、服用している薬を処方している医師に確認してから脱毛に行った方が確実です。

ピルを服用している場合は種類を確認しておく

生理不順や生理の不調、避妊の目的でピルを服用している人もいらっしゃいますが、事前に脱毛の施術が可能かどうかを処方している医師に確認しておくと確実です。 ピルはホルモンバランスに影響するので、脱毛施術の結果にも影響する場合があります。 種類も豊富なので、確認しておくに越したことはありません。

日光過敏症や光アレルギーについて

今現在、脱毛施術の多くはフラッシュ脱毛が主流と言えます。 脱毛の機械も進化しているので痛みや熱さは強くないですが、少なからず光や熱が加わっています。 熱い、痛いという実感は少ない分ダメージも少なく思われがちですが、光や紫外線に反応するアレルギーを持っている人は反応が出てしまうケースもあります。 今現在、症状が出ていない場合や、施術したい部位に症状が出ていなければ施術は可能なことが多いですが、場合によっては施術ができないケースもあるので、不安な場合は事前に確認しておきましょう。

寒冷蕁麻疹について

フラッシュ脱毛の施術を行うサロンやクリニックでは、光の熱の刺激を和らげて保湿効果を高める為に冷却ジェルを使用する場合があります。 寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)のある体質の人は、施術する脱毛機の熱ではなく、冷却ジェルの冷たさに反応してしまうケースがあります。 一時的に反応が出るので時間がたてばおさまることが多いですが、寒冷蕁麻疹を持っていることを自覚していて心配な人は、皮膚トラブルに対応してくれるクリニックや医療機関と提携している脱毛サロンを選ぶのがおすすめです。

てんかんや持病について

フラッシュ脱毛を行う場合、ピカピカ光る脱毛機を使用します。 定期的に光りを見たり感じることに反応する持病がある人は脱毛の施術ができない場合があります。 事前に主治医に相談してから行くようにしましょう。 光りに反応し、体調を崩してしまう場合は脱毛施術は難しいことが多いです。 持病があったり薬を服用中でも脱毛施術が行えることもあります。自己判断せずに必ず医師の診断のもと行うようにしましょう。

いよいよ念願の脱毛施術に行くんだけど、色々気をつけることがあるのね。 体調バッチリ!お肌のコンディションも大丈夫! 他には気をつけることはないかしら?

事前の準備で確認しておくことは、あとはシェービングくらいかな? どこの部位を施術するかで事前処理が変わるのよ。 どこの脱毛をする予定なの?

そうなのね! 全身脱毛を希望する場合は、全身のシェービングしていくべき?

全身の場合、手の届かない部分はやってもらえることがあるわ。 でも場所によるかな… VIOはそのままで行っても良いところが多いのよ!

それは聞いておいてよかったわ。 顔の脱毛の時のメイクとかはどうしたらいいの?

メイクはして行っても大丈夫よ! でも帰りは絶対に日焼け止めは塗って帰宅してね!!

そうよね、顔は日焼けしやすいし、ヤケドは嫌だもん!気をつけます!

自己処理・シェービングについて

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの場合、ほとんどが事前にシェービングをしてきて下さいと言われます。 ただし、背中やうなじ、デリケートゾーンは、施術者が行ってくれることが多いので安心してください。 腕や足などは剃り残しがあったり施術できないほどのムダ毛が残っていると、シェービング代金として追加で料金がかかる場合があるので注意しましょう。

VIOのシェービングについて

デリケートゾーンの施術の場合は、事前に自己処理をしなくても良いサロンやクリニックもあるので、事前の処理が必要かどうかを確認してから行くようにしましょう。

体調について

脱毛の施術で使用する機械は、自覚しているよりもお肌や体に負担がかかっている場合があります。 体調がすぐれない場合は、無理に行かずに予約の変更が可能かどうかを確認しましょう。 体調が悪い時には施術中にふらつきやめまいなどに繋がるケースもあります。 やむを得ない当日キャンセルには対応してくれるサロンやクリニックも多いので、万が一の時には早めに連絡をしておきましょう。

日焼けについて

日焼けしたお肌への施術は、脱毛サロン、クリニック共にNGです。 特に、焼けたてのお肌は施術ができません。 日焼け肌でも施術が可能というサロンやクリニックもありますが、余りにも黒いお肌や焼けたてで赤みが残るお肌には施術はできません。 日焼け肌への施術はヤケドのリスクが高くなるので日焼けをしてしまった時には施術前にその旨しっかりと伝えるようにしましょう。

顔脱毛の注意点

顔の脱毛に関しての注意点も事前にシェービングはしてから行きましょう。 細かい部分は自分ではやりにくいこともありますが、顔の脱毛もフラッシュ脱毛で行うサロンやクリニックがほとんどです。 そのため、ムダ毛は処理してから行くのが基本になります。 顔用の電気シェーバーなら細かい部分まで事前処理ができるので、顔の脱毛に通う場合は1本所持しておくと便利です。

メイクについて

顔脱毛の施術当日はメイクはしていっても大丈夫です。 しかし施術の際にはメイクを落とすことになるので、普段使用しているクレンジングは持参していった方が良いです。 サロンやクリニックではメイクを落とすことができるものが用意されていることが多いですが、普段使い慣れていない化粧品でお肌に合わなかったり反応が出てしまう場合もあるので、使い慣れているものを使用した方が負担が少なくすみます。 顔の脱毛の施術の日は日焼け止めのみなどの薄いメイクで行くのがおすすめです。

施術後のメイクについて

施術後はすっぴんで帰宅するよりは日焼け止めだけは必ず塗って帰宅するようにしましょう。 施術直後のメイクも可能です。 しかし、脱毛の施術でお肌に負担がかかっていることもあるのでメイクをする場合はなるべく薄いメイクで負担をかけないようにしましょう。 マスクやメガネで顔を覆って直射日光からお肌を守るのも有効です。 当日は帰宅後も、摩擦を避けて優しくメイクを落とすように意識しましょう。

その他の注意点

メイク以外に気をつけることは、当日の服装です。 腕や足の施術をする場合はなるべく施術後に露出が少ない服装で行くようにしましょう。 施術後に紫外線の刺激を少なくした方が良いです。 手や足の甲、指の施術の場合ネイルはしていても大丈夫です。

初回で契約する場合

ほとんどの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、初回カウンセリングが無料です。 最初に無料カウンセリングに行って、
  • 施術部位
  • コース
  • 毛質・肌質
などを相談します。 その際にカウンセリングだけでなく、契約申し込みをしたい場合に必要なものをご紹介しておきます。 カウンセリング当日に申し込みをすると、その日に次の予約を入れることもできてスムーズです。

契約したら当日の施術が可能かどうか

無料カウンセリングの予約は通常の予約で問題ないですが、カウンセリングに行った当日に施術をそのまま行いたい場合は、カウンセリング当日に契約と施術が可能かどうかを予約の際に伝えておくとスムーズです。 1日も早く脱毛を始めたい場合、実際の施術予約が数週間後になってしまうこともありますし二度手間になります。 体験やカウンセリングに行って様子をみてから始めたい場合は時間をおいた方が良いですが、早く始めたい場合は当日の施術が可能かどうかも確認してみましょう。 カウンセリングや契約について詳しくはこちら 非公開: 解約方法が分かれば脱毛契約も安心!脱毛のカウンセリング~契約~解約について

持っていくとスムーズなもの

脱毛施術を申し込みする際に必要な物は身分証明書です。
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
などを持参していくと良いでしょう。 最近ではマイナンバーカードも使えます。 学生なら学割を使えるコースなどもあるので、学生証の提示が必要な場合もあります。 コース契約時に、口座引き落としの支払い方法にしたい場合は、通帳や銀行印もあるとスムーズです。 これは契約内容や契約金額、支払い方法にもよるので、必須ではありません。

未成年者の場合

未成年者の脱毛施術の場合、親権者の同意書が必要になります。 事前にHPなどからダウンロードして記入し、持参できる場合が多いので確認してから行きましょう。

当日こんな時はどうしたらいい?

脱毛の予約をしてから日数がたち、予約の時点では問題なかった事が起きる場合があります。 そんな時どうしたら良いかをお伝えしていきます。

当日生理似なってしまった場合

VIOの施術予約当日に予想外に生理になってしまうこともあります。 生理の時には施術ができないサロンやクリニックがほとんどなので、早めに連絡をしましょう。 稀に生理の時でも、タンポン使用なら施術可能というところも。 あなたが生理中の施術に抵抗がないなら、変更せずに済むケースもあります。 予約のキャンセルや変更をする場合は、ペナルティにならないかの確認も忘れずにしておきましょう。

肌荒れが治らなかった場合

肌荒れは突然起きる事もあります。 化粧品で反応したり、アレルギーが出てしまうケースもありますよね。 脱毛の施術を行う部位以外の肌荒れであれば、予約通り施術可能なことが多いです。 しかし、施術部位の肌荒れは施術ができないので注意。 予約してあるサロンやクリニックに連絡をして、予約変更か予定と違う部位の施術に変更してもらいましょう。 脱毛の施術はムダ毛だけでなくお肌への負担が大きいので、心配な時は延期した方が安心です。

薬やピルを服用することになった場合

予約時には服用していなかった薬やピルを服用することなった場合は、脱毛の施術が可能かどうかを確認してから行くようにしましょう。 脱毛施術をする時に控えた方が良い薬やピルを服用することになった場合は、一度キャンセルをするか予約延期かを脱毛サロンや医療脱毛クリニックに相談してください。

妊娠が発覚した場合

脱毛施術を予約した後に妊娠が発覚した場合は脱毛の施術はできません。 予約をしているサロンやクリニックに連絡して予約をキャンセルしましょう。 出産して授乳が終わったら再度予約しましょう。

脱毛に行く前には気をつけた方が良いことや確認してから行ったほうが良いことがあることがわかったわ。施術後にも気をつけた方が良いことってあるの?

色々あるわよ!脱毛は思っているよりもお肌に負担がかかるから、それはわかっておいてね!脱毛後にも気をつけることもたくさんあるのよ!

脱それは知らなかった!施術して終わりではないのね。どんなことに気を付ければ良いのか教えて!

脱毛の施術後の注意点はこれよ!お肌のケアや運動、飲酒とかついやってしまいそうなこともあるから、頭に入れてから行くのよ!

わかったわ!これは教えてくれてよかった!ちゃんと頭に入れてから行くわね!

脱毛施術後の注意点

次は脱毛施術後の注意点です。 自己管理が必要なところでもあるので、しっかり確認しておきましょう。

保湿について

脱毛施術後は、水分が奪われやすく乾燥しやすい状態です。 お風呂上がりなどは特に意識して、保湿しましょう。 脱毛機の光や熱は水分を奪いやすいため、アフターケアが疎かになってしまうと乾燥から痒みや皮膚トラブルなどに繋がる可能性があります。 脱毛でムダ毛を処理しても、皮膚のコンディションが悪いと美意識は低下しますよね。 乾燥予防のためにも、しっかり保湿はしておきましょう。 水分量が多い方が、皮膚の生まれ変わりが早くなります。

脱毛施術後にやってはいけないこと

施術後にやってはいけないことです。 運動や入浴などは特に注意しましょう。

日焼けについて

脱毛施術後の日焼けは、サロンとクリニックに共通してNG行為です。 施術後のお肌は実感がなくても、熱がこもっている状態。 直後に日焼けをしてしまうと、ヤケドのリスクが高くなってしまいます。 施術の前はもちろんですが、施術後の日焼けも気をつけましょう。 直射日光が当たらない部位は心配ありませんが、
  • うなじ
  • 背中
などは特に注意してください。

飲酒

脱毛施術後は飲酒も控えましょう。 理由は、脱毛施術後はお肌の水分が失われている状態で、飲酒によって回復が遅れてしまうからです。 光の熱が吸収されているお肌は、水分が多い方が回復が早くなります。 アルコールは水分排泄を促してしまうので、皮膚のダメージ回復を遅くします。 そのため、数日間はアルコールは控えましょう。

運動について

脱毛の施術後は、基本的に体温が上がることは控えた方が良いとされています。 施術によりお肌の中に熱がこもっている状態なので、体温が上がることで赤みや発心、痒みに繋がってしまう可能性があるからです。 あなたが普段から運動や筋トレをする習慣がある場合は、脱毛施術当日は控えめにしましょう。

サウナ・温泉・入浴について

脱毛施術後は、熱が皮膚にこもっている状態です。 そのため、体温が上がる
  • サウナ
  • 温泉
  • 入浴
などはなるべく控えめに。 絶対NGではないので、通常のシャワーや入浴程度は問題ありません。 でも半身浴など過度な入浴や発汗を促すのは、皮膚の痒みや赤みにつながる可能性あります。 施術当日は避けるようにしましょう。

施術後にお肌に反応が出たら

万が一、施術後に赤みや発疹、かゆみが出たら冷やしておきましょう。 施術後のお肌は熱がこもっているため、赤みや痒みが何かしらの熱に反応して出てきてしまいます。 そのため、違和感を感じたら、冷タオルやアイスノンなどでその部分を鎮静することが大切です。 施術を行ったサロンやクリニックに連絡をしましょう。 痒みがある場合などは、掻きむしってしまわないように気をつけましょう。 ワキの施術後は、制汗剤に反応して痒みや赤みが出る場合もあるので、直後の使用は控えてください。

コース契約中の注意点

脱毛の施術を契約する場合、事前に確認しておいた方が良い事があります。 サロンやクリニックによっては、都合が悪い部分は説明が簡素になる事も稀にあります。 特に初めての脱毛だとわからない事も多いですよね。 いざという時に「きいてなかった」「知らなかった」ということにならないように、
  • 不安な点
  • わからない点
  • 曖昧な点
などが無いようにしっかり確認しておきましょう。

予約のキャンセルペナルティについて

予約に関しては、当日キャンセルや前日キャンセルをするとキャンセル料金が発生することがあります。 キャンセルや変更は無料のところもあるので事前に確認し、キャンセル料が発生しないサロンを選ぶようにしましょう。 遅刻に関しても、
  • 時間内にできる部位は施術
  • 間に合わない場合はキャンセル扱い
  • 施術ができなくても1回分の回数は消化扱い
になるなど様々です。 仕事の都合や、生理、公共交通機関の関係など自分の都合ではなく、やむを得ない理由で行けないことも。 柔軟な対応をしてくれる脱毛サロンや医療脱毛クリニックがおすすめです。

妊娠・授乳中の施術について

脱毛施術は、妊娠中と授乳中はできません。 しかし、妊娠初期だと気づかずに施術を受けてしまっている可能性もあります。 妊娠中に知らずに施術をうけた場合でも、胎児に影響はありません。 ただ、妊娠中と授乳中はホルモンバランスが不安定になっています。 非妊娠時と比べて、脱毛効果が出にくくなる可能性があるんです。 通常と同じようにホルモンバランスが安定するまで、脱毛施術はお休みするようにしましょう。

産休制度があるか確認を

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、妊娠中や授乳中は施術をしないところがほとんどです。 だから産休制度があるかどうかも確認しておきましょう。 特にあなたがブライダルエステや結婚を機に脱毛を始めようというなら、妊娠や出産の可能性が高くなるので気にしておきましょう。 産休制度を設けているサロンやクリニックでも、
  • 期間が決められている
  • 有効期限を越えたら施術の継続に追加料金がかかる
  • 余りにも契約から時間が経ちすぎると継続不可能
などのケースもあるので事前に確認しておきましょう。

転勤や引っ越しに対応できるか

脱毛施術の契約は、早くても1、2年はかかることが多いです。 その契約途中で引っ越しや転勤がある場合もあります。 全国展開しているサロンやクリニックなら、移動が可能なことが多いので安心です。 だけど店舗がない他県に引っ越す場合などもあります。 その時に通えなくなったらどうするのかも、事前に確認しておいてください。 定期的に施術に通えなくても契約を継続するのか、施術の継続が難しい場合は途中解約可能かどうかも確認しておけば安心です。

途中解約が可能かどうか

万が一、コース契約の継続が難しい場合には、途中解約ができます。 脱毛サロンでもクリニックでも途中解約する場合は、施術回数や支払い金額により解約手数料がかかります。 場合によっては、残りの施術金額を支払うよりも解約手数料のほうが高額になるケースも。 途中解約する場合は解約が可能かどうかと、解約手数料がどのくらいかかるのかを確認しましょう。

コースの変更や施術部位の変更は可能か

思ったよりも早く脱毛効果が出た場合、コース契約回数が余ってしまうケースもあります。 施術し放題などで回数が決まっていない場合は、気にする必要はありませんよね。 ですが回数が決まっている場合は、残りの回数を他の部位に変更したり、返金してもらえる場合があります。 途中解約ももちろんですが、コース変更や返金についても事前に知っておくと安心です。

施術ができる状況を確認して無駄なく通う

脱毛施術は体調やお肌の状態などにより、できない場合があります。 事前に知って行くのか、知らずに行くのかで、できるかどうかが変わってきます。 コース契約に関しても気をつけることがあるので、最初のカウンセリング時に確認しておきましょう。

脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!

家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
  • この記事を書いた人

のぞみ

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。
他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。
セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。
頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。
初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

-脱毛