VIO脱毛おすすめ人気ランキング その他

VIO脱毛のやり方は?恥ずかしい体勢も2回目で慣れます

VIO脱毛の施術は恥ずかしい…体勢や服装はどうなるの?イラストでわかりやすく解説

VIO脱毛は良いことずくめで興味はあるけれど、すご~く恥ずかしいイメージがありませんか?
全部丸見えの格好をさせられて、大事なところを触られて…?!」
と、あなたも妄想を膨らませているかも。

まさに私自身がそうでした。
「実際どんなことが行われているの?」とわからないから、かなり不安で。

でも、実際に体験してみると、
「は、恥ずかしい…!」
と赤面した場面もあったんですが、意外と
「これくらいなら余裕かも?」
と思えた部分も。
実際に体験してみないと、ホントわからないですよね…
粘膜部分まで脱毛できるのか、見られるのかも疑問に思いますよ。

そこでVIO脱毛ってどんな格好でどんなことをするのか、実際の経験から施術の流れを解説。
更に事前処理もやって貰うと恥ずかしい思いをするので、

  • VIO脱毛の施術の流れ・姿勢
  • 本当に恥ずかしかったこと
  • 恥ずかしさへの対策方法
  • 粘膜部分も脱毛できるのか
  • 事前処理のやり方

などの疑問を分かりやすく解説します。

VIOの粘膜部分は非常にデリケートな部分です。
恥ずかしい思いをするなら、粘膜のキワまで全て脱毛できるかどうかも大事。
しっかりと施術の流れなどの知識を身につけて、VIO脱毛を成功させましょう!
そして妄想は、今日で終わりにしましょう!笑

VIO脱毛の施術中の格好・体勢・流れ

あなたはVIO脱毛を始めたいけど、施術中の格好や体勢が恥ずかしそうで躊躇っているかも。

心配しないで。
医療脱毛クリニックと脱毛サロンでは、脱毛を受ける人が極力恥ずかしい思いをしない様に細心の配慮がされているわ。

施術中の服装

施術中の服装ですが、一般的に紙ショーツを穿き、その上にタオルガウンやワンピースを羽織るというスタイルが多いです。
施術していない上半身や足元などはタオルをかけてくれ、寒くならない配慮もされています。

手術中の体勢

VIOのそれぞれの箇所によって施術中の体勢が異なります。
それぞれ見て見ましょう。

Vライン

基本的に上ショーツを履いたままですが、照射される場所によっては部分的にショーツをずらします。
体勢は仰向けで、両脚を肩幅に開いたくらいに広げます。

Iライン

照射される場所によっては部分的にショーツをずらし、必要な場合にはショーツを脱ぐ事もあります。

体勢は仰向けになり、片脚を立て開きます。
それを左右交互に繰り返していきます。

Oライン

基本的にショーツは脱いだ状態になりますが、施術を行わない場所にはタオルをかけてくれます。

体勢は四つん這いの場合もありますが、うつ伏せで脚を少し開いた体勢で施術を行うクリニックも多い様です。

なるほど、極力恥ずかしさを無くすための配慮がされているわね。

VIO脱毛の流れ

VIO脱毛の流れは基本的に以下のような流れになるわ。

  1. 用意された施術着に着替える
  2. 施術ベッドの上に横たわる
  3. 上からタオルを重ねてもらい、目はレーザーの光が眩しくないようにタオルやゴーグルなどを着用し保護する
  4. 紙ショーツをずらしながらレーザーで照射を行う
  5. 照射終了後は、施術した部位を冷やし保湿ケアを行う
  6. タオルを被せてデリケート部分を隠し、施術終了

施術中の服装&体勢は?図解イラストまとめ

「そもそもVIO脱毛中ってどんな格好してるのよ?」
って疑問の人もいますよね。

ここからはイラスト付きで服装と施術中の姿勢を解説していきますね。

まず下半身はスッポンポンになる

カーテンなどで仕切られた施術ルームに案内されたら、ボトムス・ストッキング・下着(ショーツ)など、自分が着てきた衣類を脱いで、ひとまず下半身はスッポンポンになります。
(ボトムスが、フワッとしたスカートやワンピースで、簡単にめくれる場合は、着たままでOKの場合もありますよ)

VIOのみの脱毛なら、上半身は着てきた服を脱がず、そのままで大丈夫。
スッポンポンになった下半身は、用意されているエステガウンやラップタオルで隠します。

VIO脱毛施術時の服装

これだけの場合もあれば、この下に履くための紙パンツが用意されていることもあります。
紙パンツのあり・なしはサロンやクリニックによって違いますよ。

私の経験だと、ミュゼは紙パンツありで、湘南美容クリニックは紙パンツなしでした!
紙パンツは、小さめTバックタイプとショーツタイプがあります。
ミュゼはTバック風の紐パンツでした。

VIO脱毛施術時の下着

紙ショーツありでも、照射するときはずらすので、恥ずかしさは、そんなに変わらなかったかな…

脱毛中はポーズを変えながら照射していく

次に、脱毛するときの体勢です。
VIOのラインごとに、ポーズを変えながら照射していきます。

VラインとIラインを照射するときは、簡易ベッドの上に仰向けです。
「仰向けって、スタッフさんと目が合いそう!」
…と思いますが、それは心配なし!
なぜなら、光が目に入らないように、目もとに目隠しのアイマスクをするからです。

アイマスクで視界が遮られると、恥ずかしさはかなり軽減されたので助かりました!

VIO脱毛施術時のアイマスク

Vラインを照射するときのポーズは、両脚を軽くハの字に開きます。
紙パンツは、照射する箇所に合わせてずらして照射します。

Vラインを施術するときの姿勢

Iラインを照射するときのポーズは、片脚ずつ膝を立てて、外側に開くようにします。

Iラインを施術するときの姿勢

Oラインを照射するときは、うつぶせまたは横向きなります。

Oラインを施術するときの姿勢

体勢を少しずつ変えながら、必要な回数の照射が終わったら、施術完了です。

VIO脱毛の施術を男性スタッフが対応することもあるの?

友だちにVIO脱毛したよって伝えたら、
「男の人にやられることあるの?」
と聞かれたことがあったので、それもお答えしておきますね。

脱毛する施術者は女性スタッフのみ

脱毛を行う施術者は、脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも女性スタッフのみです。
「いきなり男性スタッフが出てきてデリケートゾーン周りを触られる」なんてことは絶対ないので、そこは安心してくださいね。

医療脱毛は診察担当の医師が男性のこともある

医療機関で行う「医療レーザー脱毛」の場合、医師によるスキンチェックがあります。
医療レーザー脱毛は医療行為なので、医師が肌の状態を診察してOKが出ないと、施術できない決まりなんですね。
その担当医師が、男性の可能性はあるんです。

私も1回、男性医師のスキンチェックありました!

でも、事前に女性スタッフの方から、
「女性看護師が必ず一緒に入るので、男性医師と2人きりにはならない」
と説明があって、安心できましたよ。

診察は本当に一瞬で終わり。
「そんなに一瞬で診察できる?」と思うくらい。笑
それに男性といっても、お医者様なので、それほど抵抗感はありませんでした!

VIO脱毛の施術で恥ずかしい山場ベスト4発表!

VIO脱毛は、最初から最後までずっと恥ずかしいわけではありません。

でも、すっごく恥ずかしい山場があったことも事実です 汗

そこで「ここは特に恥ずかしかったぞ!」という場面をベスト4にして発表!

①スタッフと一緒にVラインを見るデザイン確認

VIOラインを脱毛する初回って、施術担当のスタッフと「どこを脱毛するか?」を確認するんです。
間違えた場所を抜いてしまったら大変ですからね、この確認は大事ですよ。

ただ、ここが私にとっては第一関門でした。
ハイジニーナ(パイパン)にする人なら、「全処理で」の一言で済むんですが、Vラインに毛を残す場合、
「ココからココまでは抜いて、ソコは残してください」
という感じで、実際にVゾーンを見ながら、希望の形や毛量を伝えないといけないんですよね。

自分のアンダーヘアを見ながら説明するのは正直キツい…

デザイン選びなどVIO脱毛の注意点について詳しくはこちら
【VIO脱毛の注意点】ツルツルは後悔する?あるある体験談などを元に対策方法を解説

Vラインを指さしながら細かく説明しなくちゃいけなくて、話しながら顔がカーッと熱くなってしまいました。

脱毛するときって、レーザーを照射する部分(=脱毛したい部分)を剃る必要があります。
この事前のシェービングを自宅でやってきた場合は、
「剃ってきた部分を脱毛してください」
と、簡単に説明できます。
だからあなたがデザイン確認の時間を短くしたいなら、自分で希望のデザインに剃っておくのがおすすめです。

▶VIOデザイン一覧はコチラ

私が初回のときは、シェービングから全部スタッフにお願いしたんですよね。
だから、イチから説明しないといけなかったんです。
「Vゾーンの形だけでも、自分で剃ってくれば良かったかも」と思ったことを覚えています。

②大陰唇まで細かく触られるシェービング

シェービングを施術スタッフにやってもらうときは、
「ええっ、そんなところまで、触られるの?!」
と、びっくりするかもです。

女性のデリケートゾーンって、入り組んだ複雑なカタチをしていますよね。
そこに生えている毛をキレイに剃るために、大陰唇あたりの肌を引っ張ったり、伸ばしたりしながらシェービングするんです。

そ、そんな触られ方、誰にもされたことないのに…!

と一人で焦ってました。
リアルな話、ヒダヒダをつままれたりするんですよ。
事前に体験記事とか読んで知ってたら驚かなかったと思いますが、全然知らなかった私は、ここでも赤面してました…

③痛みや刺激で濡れやすいIライン

Iラインを施術するときも、山場でした。
Iラインの肌に脱毛機のヘッドが当たっている感覚って、ちょっと変な感じがするんです。
感じるとかではないんですけど…
照射する瞬間は痛みもあるので、刺激で「もし濡れたらどうしよう」と心配になっちゃって。

体が反応してるって思われたら恥ずかしすぎる…

実際、濡れはしなかったですが、ジワッと出そうになることはありました。
そのときは、思わずギュッ!と力を入れてしまいました。

④うつぶせでお尻を左右に開かれるOライン

最後にOラインの施術方法ですね。
人によっては「屈辱?!」なんて感じるかもしれません。

うつぶせになって、足を軽くハの字に開くんですが、それだけでは十分に照射できません。
なので、施術スタッフが手でお尻を左右に開いて、ヒップ奥に光を照射していくんですよね。

こんなこと、親にも彼氏にも、されたことない!

左右に広げるときの力加減は、「ぐいっ!」と強いスタッフさんもいれば、「そ~っと」やさしいスタッフさんもいました。
あらかじめ心の準備をしておけば、「こんなもんか」安心できると思います。
私も今では慣れちゃいましたが、初めてのときは心の準備がなかったから衝撃でした。

VIO脱毛スタッフにどう思われるか気になる?

「脱毛スタッフに大事なところ見られて、どう思われるか気になる!」って声も多いみたいですね。
特に毛量が多い「剛毛」と、肌の色が濃い「黒ずみ」がコンプレックスって多いみたいで。

剛毛すぎる人は自分でシェービングすれば目立たない

「ビキニラインからボーボーにハミ出る剛毛を他人に見られるのは嫌!」
って悩みは、シェービングを自分で行うことで解決できます。
もし、スタッフにシェービングをお願いするときも、軽くはさみでカットしていけば、毛を少なく見せることができますよ。

でも!ホントは剛毛を気にする必要って、全然ないんですけどね。

VIO脱毛する人たちって、そもそも剛毛で悩んでた人が多いです。
スタッフさんからすれば、剛毛がデフォになってるから、むしろ安心して見せて大丈夫。笑

黒ずみ肌に悩んでいる人こそVIO脱毛向き

次に「肌の黒ずみが見られるのが嫌!」って人。
これ私もすごいわかる。
ずっとデリケートゾーンの色素沈着に悩んでいたからです。

そういう人は、恥ずかしさを乗り越えて、VIO脱毛をやってみて欲しいです。
私もびっくりしたんですが、医療レーザー脱毛を1回当てた後、肌の黒ずみが明るくなってたんですよね…

看護師さんに聞いたら、脱毛レーザーのメカニズムはシミ取りレーザーと同じなので、よくある話だそうです!

コンプレックス自体が解消できるかもって思えば、がんばれるんじゃないかな。

実際に私が試した恥ずかしさ解決策の経験談

ここからは、VIO脱毛の恥ずかしさを軽減するために、
「これやっておいたらいいよ!」
って解決策を紹介します。
私の体験談を元にしているので、これからVIO脱毛を経験する人の役に立てたらうれしいです!

デリケートゾーンの汚れはキッチリ洗浄

VIO脱毛をするときは、デリケートゾーンの清潔感って大切。
やってしまうと最悪なのが、「デリケートゾーンに汚れが付いたまま」という失敗です。

程度によっては、その日の施術がキャンセルになることも。
「汚れが付いているのでキャンセルです」
なんて言われたら、想像するだけで顔から火が出ます。
施術してもらえたとしても、あそこのニオイが臭かったら?なんて不安になるのは嫌です…

脱毛サロンや医療脱毛クリニックのトイレは、基本ウォシュレット付き。
抵抗なければビデで丁寧に洗浄しておきましょう!

さらに、私はウェットティッシュも持参して、施術前にキレイに拭き取るようにしていましたよ。
ウェットティッシュは、ドラッグストアで買ったデリケートゾーン専用シートを使ってました。

シェービングはできる範囲を自分でやる

私は最初のシェービングが恥ずかしかったんですが、だからといって「絶対にシェービングは自分でした方がいい!」とは言えません。
特にOラインのシェービングは、自分でやるのが難しいので。

無理して皮膚を傷つけてしまったら、意味ないですからね。
自分でシェービングしておいた方が恥ずかしくないのは事実ですが、できる範囲でいきましょう!

私は、Vライン&Iラインの剃りやすい部分だけ自分で剃って、それ以外はスタッフにおまかせする方法に落ち着きました。
これだけでも、恥ずかしい感じは減りましたよ!

施術の際にジェルを使用するエステサロンなら濡れても気付かれない

施術中に濡れるのは、恥ずかしいことではないです。
痛みや刺激から膣を守るために、分泌液を出す体のメカニズムがあるので、濡れるのは生理現象。
「濡れる=感じてる」ってことにはならないんです。

とはいえ、普段から濡れやすくて心配な人は、施術中にジェルを使用する脱毛サロンを選ぶ手がありますよ!
ジェルを使用するサロンなら、最初から濡れているので、もし濡れちゃってもバレません。

マスクをしていくと表情がバレない

誰でもできて結構おすすめなのが、「マスク」です。
私は恥ずかしいとき、顔がすぐ赤くなります。
赤くなったのが相手にバレると思うと、もっと赤くなったり。
なので、VIO脱毛には、いつもマスクをして行ってました。
顔の半分が隠れて表情がバレないと思うだけで、気分がすごくラクでした!

カウンセリングで恥ずかしさを伝えると対応してもらえる

どうしても緊張して恥ずかしい人は、最初の無料カウンセリングのときに、サロンスタッフに言っちゃうといいです。
お客様がたくさん来ている人気サロン店なら、そういう人への対応もしっかりしています。
リラックスできるように、より一層、気遣ってもらえますよ。

言うのさえ恥ずかしかったら、最初にカウンセリングシートを書くときに、コメント欄に書いておくのもおすすめ。
料金を支払う前に、無料体験とかキャンペーンがあれば、試すのもおすすめですよ。

恥ずかしいからとVIOの自己処理を続けるのは問題アリ

友だちの中には、除毛クリームやカミソリなどの処理方法で、VIO部分のムダ毛ケアをやり続けている子もいます。
でも、自己処理を長期間やっていると、肌荒れや埋没毛などトラブルの理由になることがあるから要注意です。

自己処理方法やメリット・デメリットについて詳しくはこちら
脱毛クリーム・ワックス・脱毛石鹸・シェーバーなどムダ毛自己処理アイテムのメリット・デメリット

VIOラインの自己処理はトラブルに気を付けて

「女性のデリケートゾーンは、内臓がそのまま露出している」なんて言われるくらい、大事に扱わないといけないところ。
それなのに頻繁に自己処理していては、肌トラブルのリスクが高くなってしまいます。

デリケートゾーンのトラブルは甘く見ちゃダメ、絶対。

デリケートな場所だからこそ、刺激を与えないように、大事にしてあげてくださいね。

家庭用脱毛器はやけどの危険&永久脱毛はできない

「VIO自己処理は危ないから、家庭用脱毛器でムダ毛の永久脱毛を目指す!」
なんて人もいるようなんですが…、これは逆にもっと危険かも。

家庭用脱毛器は「デリケートゾーンへの使用不可」が多いです。
肌がやけどする危険性があるので、禁止しているんですよね。
禁止を無視してVIOラインに使ったとしても、ツルツルに脱毛できる可能性は低いです。

脱毛クリニックの看護師さんに聞いたら、
「家庭用として販売できる脱毛器レベルのレーザー出力では、永久脱毛の効果はないですよ」
と情報をもらいました。
VIO施術は、専門の脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、プロにお手入れしてもらうのが安心です。

家庭用脱毛器の注意点について詳しくはこちら
家庭用脱毛器の注意点:トラブルを避けて脱毛効果を実感する方法

最初の1回さえ乗り越えれば恥ずかしい気持ちは減る!

何でも、初めてのときはドキドキします…
VIO脱毛なんて未体験の謎が多すぎて、私も最初は緊張しました!
でも「VIO脱毛を始めたら、恥ずかしさが減った人たちが多い」というデータがあるんですよ。

「VIO脱毛は恥ずかしい」のアンケート

感じ方には個人差あると思いますが、私が体験者として思うのは、勇気が必要なのは最初の1回だけだったってこと。
1回やってみたら、その後は毛周期に合わせて通う度に、恥ずかしさは消えていました。

それより、生理の不快感が減ったり、夏や温泉を思いっきり楽しめたり、“VIO脱毛のメリットを感じる気持ち”の方が、ずっと大きくなりました。

やってみないと何も始まらないから、恥ずかしくても、チャレンジするのは大事だなって思います!

VIOの粘膜脱毛はどこでできるの?気になる疑問を徹底解説!

VIOの粘膜脱毛はどこでできるの? なかなか聞けない 気になる疑問を徹底解説!

恥ずかしい思いをしてまでVIO脱毛するなら、粘膜部分まで脱毛したい!
でも粘膜部分って脱毛できるの?と、あなたは疑問かも。

そこでここからは、

  • VIOの粘膜部分って脱毛できるの?
  • 粘膜脱毛のメリットとデメリットは?

など気になる疑問を解説していきます。

おすすめの医療脱毛クリニックも紹介するので、参考にしてください。

そもそもVIOって?

VIO脱毛のVIOって一体どこの部分のことを言うの?

VIOとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)をあわせた言葉だよ。

Vライン(ビキニライン)は、ちょうど正面から見える三角形の部分のデリケートゾーンの上部を指します。

Iライン(陰部の両側)はちょうどVラインの下の、足の付け根の部分に位置する部分で、お尻の手前までを指す部分です。

Oライン(肛門周辺)はお尻の穴の周りを指す部分で、その名の通り見た目がOの形をしている事から付けられています。

IラインとOラインは自分では見えにくいという事もあり、自己処理がとても難しい箇所です。
また、清潔に保つのが難しいため臭いが気になる場所でもあります。

VIOの粘膜部分とは?

VIOの粘膜部分は、Iラインの中心にある小陰唇と呼ばれるピンク色で少し湿った箇所です。

粘膜部分はVIOラインの中でもあまり毛が生えていない箇所なので「脱毛しなくても大丈夫なんじゃないの?」とあなたは思うかも。
だけど粘膜部分の毛だけが残ると、バランスが悪く変な仕上がりになることが多いです。

粘膜部分の毛も脱毛できるの?

VIOは女性が受けたい脱毛の中でも人気の箇所ですが、粘膜部分は脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって対応が異なります。

Iラインの中の粘膜部分は、脱毛範囲の中でも最もデリケートな部分なので特に慎重になります。
その為、脱毛サロンでは万が一の肌トラブルに対応できないので、あらかじめ粘膜の照射を受け付けていないことが一般的です。

Iラインの粘膜脱毛をするなら医療脱毛クリニックへ行こう!

こんな方におすすめ

  • Tバックなどの際どい下着、水着を履きこなしたい人
  • 完璧なハイジーナ(VIOラインの無毛)を目指したい人
  • Iラインの清潔感を保ちたい人
  • 生理中の不快を無くしたい人

あまりおすすめしない人

  • 肌があまり強くない人
  • とても痛みに弱い人
  • 費用を抑えたい人(粘膜まで照射できる医療クリニックは、脱毛サロンよりも少し割高です)

医療脱毛なら、国家資格を持つ医師や看護師が施術してくれます。
痛みが激しい場合は麻酔もしてくれるし、アフターケアもしっかりしてくれるので安心よ。

粘膜脱毛するなら医療脱毛クリニックがおすすめ

医療脱毛クリニックでは、脱毛サロンではできない痛みの少ない脱毛機器や適切な医療対応が可能です。
具体的にはどんなことが可能なのか見ていきましょう。

少しでも安くVIO脱毛する方法について詳しくはこちら
VIO脱毛で安いのはどこ?!脱毛サロン・クリニックごとの効果・料金を徹底比較!

肌への刺激の少ない医療機器を使用している

VIO脱毛は、皮膚に強い光を照射。
毛穴にダメージを与えることによって、毛が生えにくい状態にします。

医療脱毛クリニックでは、弱い光でも高い脱毛効果が得る事ができて、比較的肌に優しい、脱毛サロンでは扱えないレベルの高い機械を導入しているところが多いです。

医師がしっかりと対応してくれる

医療脱毛クリニックでは、国家資格を持つ医師や看護師が施術をしてくれるので、VIOの粘膜のキワへの照射が可能です。

痛みが激しい場合は麻酔での対応ができる

粘膜部分の皮膚はとても薄くて敏感です。
また、陰毛は他の毛よりも太くてレーザーの照射レベルを強くしないといけないので、痛みも強くなってしまいます。

医療脱毛クリックであれば、万が一痛みに耐えられない場合は、麻酔を使って施術することも可能です。

一般的に脱毛サロンでは粘膜脱毛ができない

脱毛施術では、刺激が強い光を肌に照射して行います。
その為、どんなに技術力の高い脱毛サロンや医療脱毛クリニックであっても、施術中に痛みや肌ダメージを受けます。

特にVIOの粘膜部分はデリケートな箇所です。

  • 皮膚が薄い
  • 色素沈着(黒ずみ)が濃い
  • 濡れていて雑菌が繁殖しやすい

など、脱毛によって受けるダメージが大きくなりがちです。

場合によっては、施術後の痛み炎症を起こす原因になることも。
だから一般的に脱毛サロンでは、粘膜部分に対して施術を行なっていません。

なるほど!粘膜部の脱毛には施術中や施術後の痛みや炎症など、それなりのリスクがあるってことですね。

そうね。万が一の事態に備えて、専門知識と資格を持った方が適正なケアを行なってくれる医療脱毛クリニックをオススメするわ。

脱毛期間はどれくらい?

脱毛期間について見ていきましょう。
脱毛を行うには一定期間、通う必要があります。
また、サロンと医療クリニックとでは期間や回数が異なってきます。

どれくらいの頻度で通うの?

医療脱毛に通う際、大体2~3ヶ月の間隔を空けて通わなくてはいけないわ。
粘膜脱毛で効果が出るのにかかる回数は、おおよそ5回程度と言われているのよ。

脱毛で間隔を空けるのは、毛には「毛周期」という毛の生え替わりのサイクルがあるためです。
毛周期を無視して通っても効果はなく、たくさん通えば早く終わるわけではありません。
また、効果が現れる回数も人によっても変わってきます。

  • 次の脱毛まで開けなくてはいけない期間…約2~3ヶ月
  • 粘膜脱毛で効果を実感できる回数…約5回

脱毛サロンと医療脱毛クリニックでは期間が異なる

脱毛サロンでは、基本的に粘膜脱毛はできません。
ですがIライン脱毛における脱毛サロンと医療脱毛クリニックの通院期間をまとめてみました。

脱毛が完了する回数(期間)
医療脱毛8~10回(約2年)
サロン脱毛20回以上(約3年以上)

粘膜脱毛にオススメの医療脱毛クリニック3選

医療脱毛クリニックでは、それぞれ受けられるサービスや特徴が異なってきます。
ここではおすすめのクリニック3選を紹介。

表参道メディカルクリニック

  • 最先端の医療レーザー脱毛機を使用したスピーディーな脱毛
  • ニーズに合わせて選べる幅広い脱毛メニュー
  • お得なキャンペーンあり
表参道メディカルクリニックの料金
プラン・回数金額
VIO脱毛(5回)94,600円

表参道メディカルクリニックは、最先端の医療レーザー脱毛機「Thunder(サンダー) MT」を使用して、スピーディーかつ肌への刺激が少ない施術を受けられるところが特徴です。

  • 乗り換え割
  • 学割
  • ペア割

などの様々なキャンペーンも実施しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

リゼクリニック

  • 途中でやめたくなっても解約金0円!返金保証あり
  • 急な生理でも当日キャンセル無料
  • 脱毛後のトラブルに無料で医師が対応してくれる
レジーナクリニックの料金
プラン・回数金額
VIO脱毛セット(5回)93,500円

返金保証トラブル相談が無料でできるのは、VIO脱毛初心者にも安心です。
値段は少し高めですが、あなたが初めてのVIO脱毛で何かと不安が多いならリゼクリニックはおすすめです。

フレイアクリニック

  • 肌に優しく低刺激な「蓄熱式脱毛」
  • 明るく落ち着いた雰囲気で高級感のある店内でリラックス
  • 比較的やすい施術料で経済的にも安心、予約も取りやすい
フレイアクリニックの料金
プラン・回数金額
VIO脱毛セット(5回)93,500円

フレイアクリニックの特徴はなんといっても安さ予約の取りやすさです。

また、「蓄熱式脱毛」でほかのクリニックより痛みが少ない配慮もされています。

店内も高級感あふれる落ち着いた雰囲気で、リラックスして施術を受ける事ができますよ。

なるほど、各クリニックでそれぞれ特徴が違いますね。

他にも様々な特徴を持った医療脱毛クリニックが沢山あるから、一度調べてみるといいわよ。

粘膜脱毛のメリットとデメリット

粘膜脱毛にもメリットデメリットがあります。
しっかりと確認してから脱毛に通いましょう。

粘膜脱毛のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

生理中も衛生的に過ごせる

生理中に経血が毛についたりムレたりすることがなくなり、つねに清潔な状態をキープ
快適な状態で過ごせるのは、かなり嬉しいメリットですね!

自己処理の肌トラブルから解放される

自己処理において肌トラブルはつきもの。
埋没毛や色素沈着なども気にならなくなり、手触りの良い肌を手に入れることができます!

水着や下着からムダ毛がはみ出ない

急にプールや海に行く予定ができても、焦って処理する必要がなくなります!
水着や下着になっても自信を持てますよ。

粘膜脱毛のデメリット

次にデメリットもいくつかお伝えします。

粘膜脱毛は他の部分より痛みが強い

VIOの粘膜部分は他の部位と比べてデリケートな部分です。
そのため、レーザー照射時の痛みが強く、痛みに弱い人は我慢できない場合もあります。

医療クリニックの脱毛であれば麻酔クリームなどが使用でき、痛みを抑えることが可能です。

脱毛後の肌トラブルが起こりやすい

VIOの粘膜部分はデリケートで敏感なため、施術後の肌トラブルが起こりやすいことに注意が必要です。

医療クリニックでは、炎症を抑える薬を無料で処方してくれるところも。
肌トラブルが起きたら、すぐに相談しましょう。

粘膜脱毛の注意点

粘膜脱毛における注意点について見ていきましょう。
自分の思い描いていた粘膜脱毛とは違っていた…
なんてこともあるかもしれません。

予定回数で終わらない事も

Iラインはデリケートな場所で、毛が多い部位です。
個人差はありますが、毛の量や濃さによっては予定通りの回数で脱毛が完了しないケースもあります。

脱毛部分がまばらに

Iラインは施術しにくい部位であるから、細かい箇所で照射漏れが出てしまう可能性があります。

店舗によっては照射漏れと判断された部分は無料でやってくれるところも。
自分でIラインの状態を確認して、照射が足りていないと思う部分を伝えるなどの対策がおすすめです。

思ったような脱毛効果が出なかった

自身が思い描いていた脱毛後の状態と、現実の状態が違う事も。
施術料は決して安くなく、またある一定の長い期間を施術に費やすのでしっかりと考えてから脱毛を行いましょう。

このようなトラブルをなくす為にも、必ず事前のカウンセリングで確認しておいたほうがいいわよ。
担当医に施術予定回数、目指したいVIOラインの形、料金等を相談しておきましょう。

VIO・粘膜脱毛に関するQ&A

生理中にIライン脱毛はできる?
生理中の肌は敏感で痛みが強くなる傾向にあるので、基本的に脱毛はできない事が多いです。

施設によっては「タンポンを使用すれば施術可能」なクリニックもあるので、気になる場合は事前に確認を取ってみましょう。
ただ、なるべく生理中の施術は控えるのがおすすめです。

脱毛後のアフターケアは?
施術後のIラインの肌は、いつにも増してデリケートになっています。

保湿をしっかりして、血行がよくなる飲酒運動お風呂(湯船に浸かる)は避けるなど、脱毛部位への刺激を避けることに心がけましょう。

脱毛前のムダ毛処理はするの?
多くの場合、事前の自己処理が必要です。
脱毛店によっては、スタッフによるムダ毛処理を無料で対応しているところもあります。

ただ、ムダ毛処理の時間も施術時間に入ることが多いため、なるべく自己処理はして行ったほうがいいです。

Iラインを全部無くすと不自然?
Iラインだけ脱毛すると不自然に見えてしまうケースもあります。

Vラインに向けて徐々に毛を生やすなど、デザイン脱毛が必要かもしれません。
こちらもしっかりと担当医と相談してから脱毛しましょう。

VIO脱毛で粘膜部分まで脱毛はできる!

VIOの粘膜脱毛に関して解説してきました。
あなたに合った脱毛方法を見極め、VIO脱毛にチャレンジしてみてください。

Iラインの粘膜は非常にデリケート。
またVIO脱毛は決して安くなく、一定期間を要するわ。

VIO脱毛は知識を身につけ、担当スタッフとしっかり相談するのが良さそうですね。

VIOの自己処理ってどこまで?綺麗にする方法や注意点を徹底解説!

VIOの自己処理ってどこまでやるの?綺麗にする方法や注意点を徹底解説!

VIO脱毛に通おうかなって思っているの!
でもVIO脱毛の事前処理ってどこまでやればいいのかな?
自分でうまくできるか心配…

VIO脱毛の事前処理は、脱毛経験者でもちょっとわからない部分があるわよね。
VIO脱毛の事前処理について詳しく解説するわね!

解説したようにVIO脱毛の流れの中でも、事前処理をスタッフにやって貰うと恥ずかしい思いをします。
そこでここからは、VIO脱毛の事前処理についてわかりやすく解説。
ぜひ参考にしてくださいね!

VIO脱毛の事前処理をきちんとした方がいい理由

痛みの軽減、ヤケドになるリスクが減る

脱毛に使われる光やレーザーは黒いメラニン色素に反応します。
毛根の黒い部分に反応して熱で破壊することで、毛根は新しい毛を再生することができなくなって毛が生えてこなくなるというわけです。

毛がそのまま残っていると線やレーザーが毛にも反応してしまい、肌に伝わる熱量が増えてしまいます。
「熱い!」と感じる痛みが強くなるばかりか、ヤケドのリスクも高くなります。
できるだけ毛根以外の黒い部分は、ない状態が良いということです。

よく輪ゴムではじかれたような痛みと言われますよね。

そう、そのバチン!は毛根の黒い色素に反応した熱エネルギーなのよ。

脱毛の効果をしっかりと感じることができる

VIOの事前処理をきちんとしておくと、脱毛器の光やレーザーが毛根に効率よく当たるので、1回の照射で破壊される毛根の量が多くなります。

せっかくなら、1回の施術でたくさんの毛根を破壊してもらいたいですよ!

そうね、だからきちんと事前処理することが大切なの!

余計な費用が掛からず施術がスムーズになる

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては、照射前に毛の処理をしてくれるところもありますが、

  • 追加料金が発生
  • 照射の時間が短くなる


など、スムーズな脱毛が厳しくなります。

VIOエリアは見られるのが恥ずかしい部位だからこそ、受ける側としてはスムーズに進んでほしいもの。
きちんと自己処理ができていれば、スタッフも効率的に作業ができるので、お互いのためになりますね。

VIO脱毛の事前処理って具体的にどこまですればいいの?

VIO脱毛の事前処理は形やデザインによってこう変わる

VIOの形・デザインは決まっていますか?

お手入れの手間とか生理のことを考えたら、ハイジニーナがダントツ快適みたい!
でも完全にツルツルってちょっと抵抗があるかも。

そうね、ハイジニーナにする人が増えている一方で、自然な形で一部を残したいって考える人もまだ多いわよ!

衛生面を考えるとハイジニーナ(毛がない状態)が1番です。
実際にハイジニーナにした人の口コミなどから、年々人気は上がっているようです。

しかし、

  • いかにも「VIO脱毛しました」という見た目になることに抵抗がある
  • 温泉や銭湯で周りの視線が気になる

などの理由から、一部を残して自然な見た目を選ぶ人もたくさんいます。

ハート型など個性的な形を選ぶ人もいますが、代表的な6パターンを紹介します。

ナチュラル

Vラインの左右は脱毛しますが、中央部分は自然な雰囲気で残します。
「処理をした」とあまり思われたくない、自然に近い印象を好む人に人気です。

トライアングル

Vラインに合わせて左右を処理し、逆三角形にします。
大きな三角形にするとナチュラル同様に自然な印象です。
三角を小さくすればするほど、セクシーですっきりした印象になります。

スクエア

他のタイプに比べて、毛量が残る形です。
台形に近い形にすれば、より自然な印象に。
残した部分の毛が濃い場合、海苔のようになってしまうので注意が必要です。

I型

長方形に残す形です。
指1本分をワンフィンガー、2本分をツーフィンガーと呼びます。
細ければ細いほど、下着や水着を選ばず着こなすことができます。
セクシーな印象です。

オーバル

全体的に縦長の円形に残します。
きちんと処理をしている印象になりますが、やわらかい雰囲気になります。

ハイジニーナ

無毛のことです。
抵抗がある女性もいますが、蒸れや匂いが気にならなくなるのでとてもラク!と絶賛する声も多いタイプ。
男性ウケも賛否分かれるので、パートナーがいる人は聞いてみては?!

ハイジニーナする場合

VIOエリア全体に光・レーザーを照射するので、全部きれいに処理しましょう。

ハイジニーナ以外の一部の毛を残す場合

残す場所の毛以外を処理します。

照射するときに境目をわかりやすくするためにも、残す部分の毛の長さは1センチ程度までハサミでカットしましょう。

1回の施術で完全にツルツルになるわけではないので、初回は毛量を薄くするために全処理・全照射する人も多いようです。
もともと毛量が多い・毛が太い人は、2~3回目まで全処理をして全体に照射するのもあり。

各店舗で扱っている機械によって1回の脱毛効果が異なるので、迷っている場合は相談してみましょう。
大勢のお客さんを見てきたスタッフであれば「このくらいの毛量なら2回まで全体照射でもいいかもしれませんね」など、経験からアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

VIO脱毛の事前処理は何日前がいい?長さは?

できるだけ短い毛の状態がいいのよね?
前日に処理した方がいいかな?

VIOエリアは皮膚がデリケートだから、赤みが出ることもあるの。
余裕をもって処理したほうがいいわよ。

事前処理の指示は「前日までに」「2・3日前に」と店舗によって異なります。
事前処理の毛が短ければ短いほど、照射時に肌が受ける熱は減るもの。
だからあなたは直前がいいのでは?と思うかもしれませんね。

確かに、毛が短ければ照射による熱の反応は減りますが、VIOの皮膚は薄くて赤みなどの予期せぬトラブルが発生しやすい箇所です。
念のため肌を1日休ませてあげると安全なので、自己処理は2日前に行うのがおすすめです。

また、毛の長さは2ミリ以下を推奨している店舗が多いので、期間を空けすぎる自己処理にも注意しましょう。

VIO脱毛の事前処理をやってみよう!必要なアイテムとやり方

VIO脱毛の事前処理に必要なアイテム

事前処理にもいろいろとアイテムがあるのよね。
全部そろえたほうがいいのかな。

今あるもので代用しても良いけれど、専用のものを使うとそれだけ安全よ。
更に処理もしやすくなるから、購入してしまうのもアリかもね。

ハサミorヒートカッター

ハサミは眉毛用や鼻毛用などの刃先の丸いものを使いましょう。
カットしないでいきなりシェーバーを当てると、毛先だけシェーバーに引っ張られてとても痛い思いをすることに。

また、毛の密集した箇所は、うまくシェーバーが機能しないこともあります。
面倒な手間かもしれませんが、必ずカットしてからシェーバーを当ててくださいね。

アンダーヘア専用のヒートカッターもおすすめです。
先端がコーム状になっていて、コームの根元に熱線があります。
コーム部分が、すくった毛を熱で焼き切ります。

ハサミなどの刃物でカットするのと違って、処理後の毛先が丸くなるのでチクチクしにくいのが魅力です。

カミソリよりも電気シェーバー

電気シェーバーをすすめている脱毛サロン・医療脱毛クリニックがほとんどです。
理由は、カミソリは肌表面に与えるダメージが大きいから。

また、足や腕用の大きめのシェーバーは、Vエリアなら使えます。
でもIOエリアは面積が小さく複雑な形状をしているので、顔用のシェーバーかヘッドの小さいVIO専用のシェーバーがあると便利ですよ。

保湿剤

細かい毛がたくさんついてしまった場合は、シャワーで流しましょう。
シャワーが使えない場合は、低刺激の化粧水を含ませたコットンなどでやさしく拭くといいですよ。

低刺激の保湿剤か、VIO専用のものでやさしく保湿してください。
丁寧に保湿することで、かゆみ防止にもなります。

VIO脱毛の事前処理をやってみよう!部位別のやり方を紹介

腕や足の事前処理は、入浴中にT字のカミソリで剃っていたけれど、VIOもそれでいいかな。

ちょっと待って!VIOはとってもデリケートだから、腕や足と同じように考えるのは危険よ!
詳しく紹介するわね。

はじめはVIOエリアを清潔にして毛の長さをカット

基本中の基本ですね。
お肌は清潔にしてから始めましょう。
風呂上がりやホットタオルなどで温めてから処理すると良いです。

ただし、浴室は照明が十分ではない上、雑菌も多いので入浴中の事前処理はおすすめしません。
また、肌に水分が残っているとシェーバーがうまく毛をキャッチできないので、タオルでやさしく水気を取りましょう。

カットするときは、シェーバーに毛がからまないように1~1.5センチくらいを目安にカットしていきます。
このとき、床に新聞紙などを敷いておくと、掃除が楽になります。

アンダーヘアは縮れ毛で、そのままだとカットしづらい部分。
だから毛束を少しずつ指でつまみながらカットしていくと失敗が少ないです。

カットした毛が短いほど、シェービングがやりやすくなります。
だけどアンダーヘアの処理は、かがんだ体勢になることが多いですよね。
無理をすると思わぬ怪我につながることもあるので、注意してください。

Vラインの事前処理のやり方

Vラインは毛の流れに沿って、ゆっくりとシェーバーを動かして剃っていきます。
この「毛の流れに沿って」がポイントです。

毛の流れに逆らってしまうと、無理な力が入って肌を傷つけてしまうこともあるので気をつけましょう。
V部分の残したい箇所は、その形に合わせて剃っていきます。

Iラインの事前処理のやり方

ベッドや床に足を開いて座り、Iラインが見えやすいように鏡を置きます。

片方の手で皮膚をやさしくひっぱりながら毛の流れに沿ってシェーバーをあてていきます。
顔用のシェーバーかVIO専用のシェーバーがやりやすいですよ。

Oラインの事前処理のやり方

鏡を使えば、Oラインも自分で確認しながらシェーバーを当てられます。
足を開いて立ち、床に置いた新聞紙などの上に鏡を置けば自分でもOラインが見えます。
この時、なるべく大きな鏡でやることで、スムーズに進みます。

難しいなと感じる場合は、無理をしないで脱毛サロン・医療脱毛クリニックに相談しましょう。
Oラインなら無料で処理をしてくれるところもあります。

自己処理後のケアも忘れずに

電気シェーバーを使っても肌には刺激となるので、しっかり保湿をしましょう。
VIOはショーツや衣類で常に温度・湿度が保たれている場所なので雑菌が繁殖しやすいです。

そのため、油分の多すぎるクリームは、毛穴のトラブルにつながることも。
処理直後は控えましょう。

うまくいかないときはサロン・クリニックに相談

VIOの皮膚は顔以上に薄くてデリケートな部分です。
強引な自己処理法は肌を傷めてしまいます。

  • うまくできない
  • 無理だなと思った

ときは、無理をせずに脱毛サロン・医療脱毛クリニックに相談しましょう。

自己処理で肌トラブルを起こさないための注意点

毛抜きやシート、脱毛クリームで自己処理はNG

毛抜きやシートで自己処理をすると、毛と一緒に毛根も取れてしまいます。
光やレーザーは毛根を破壊することで脱毛するので、毛根がないとせっかくの照射が全く効果のないものになってしまいます。

また脱毛クリームは、肌の表面にも薬剤の成分が効いて肌に大きなダメージを与える可能性が。
そこに照射すると思わぬ肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、脱毛施術前の自己処理には避けましょう。

生理前・生理中はさける

生理前や生理中は、美肌をつくるエストロゲンというホルモンが減って肌が乾燥しやすく敏感になっています。
いつもより痛みを感じたり、肌トラブルが起きたりすることが。
VIOに限らず、すべての脱毛行為は避けた方が安心です。

使うアイテムも清潔に保つ

毛穴のトラブルの多くは雑菌が原因です。
処理する部分は、必ず清潔にしてから処理をしましょう。

意外と盲点なのが使用するシェーバーの衛生管理。
水洗いできるものは事前に洗って乾かしておきましょう。

くれぐれも前回使用したときの細かい毛がついたまま…なんてことのないようにしたいですね。
トラブルを起こして後悔しないためにも、できるだけ万全に準備しましょう。

普段からVIOのケアをしっかりとする

VIO脱毛を決めたら、普段からVIOの保湿をして肌を良好な状態に保っておくこともトラブル防止に役立ちます。

  • VIO専用の保湿ローション
  • デリケートゾーン用のソープ

などもあるので、試してみてもいいかもしれませんね。

万が一肌トラブルになってしまったときの対処法

慎重に処理を行っていても、多少のトラブルは出てしまうことがあります。
起こりやすいトラブルには、次のようなものがあります。

赤み

シェーバーでも毛穴にとっては刺激になるので、特に肌が弱い人は赤みが出てしまうことがあります。
赤みだけであれば数時間~1日で落ち着くことがほとんどなので、低刺激性の保湿剤なので様子を見ましょう。

あなたは傷をつけてしまって、数カ所血がにじんでしまった経験があるかもしれません。
小さな傷でも、そこから雑菌が入っていろんなトラブルになることがあります。
市販の傷用軟膏などを塗って対処しましょう。

毛包炎(もうほうえん)

毛包炎(もうほうえん)とは、毛根を包んでいる毛包という部分に小さな傷ができてそこから細菌が入ってしまい、ポツンとニキビのような炎症が起こってしまう症状です。

放っておくと膿をもって、赤く腫れてしまうことも
治るのにも時間がかかり、肌の弱い人は特に注意が必要です。

また、毛包炎になってしまうと、その部分は照射ができない可能性があります。
ドラッグストアなどに毛包炎に効く市販のクリームもあるので、繰り返してしまう人は準備しておくと安心です。

VIO脱毛の効果を最大限にするために

事前処理は丁寧に、あわてない

シェーバーやハサミは、刃物なので危険が伴います。
もしVIOに傷ができてしまうと、照射できなくなるかもしれません。

予定がつまっているときや疲れているときは、事前処理をやらない。
あるいは予約の数日前は、できるだけ予定を入れないなど、落ちついてできる環境を整えましょう。

痛みについて脱毛サロン・医療脱毛クリニックに聞いておく

痛みの感じ方には個人差があります。
あなたが痛みに敏感なら、脱毛サロン・医療脱毛クリニックであらかじめ聞いておきましょう。

医療脱毛クリニックなら、別料金で麻酔を使用してくれるところもあります。

VIOは皮膚が薄くて身体の中でも痛みを感じやすいエリアです。
「痛みが強くて我慢ができず断念した」という口コミも見られます。
あなたの毛質や毛量だと痛みはどの程度なのか、スタッフにあらかじめ聞いておくのもおすすめです。

毛量が多くて毛質が太い人ほど、肌で感じる熱エネルギーが多いので痛みも強いと言われています。
「こんなに痛いとは思わなかった!もう行きたくない!」とならないようにしたいものですね。

麻酔を使った痛みケアについて詳しくはこちら
麻酔で軽減できる?!医療脱毛の痛みと軽減方法を徹底解説

VIO脱毛施術後の決まりを守る

ようやくVIO脱毛が1回終わった!
わーい、遊びに行こう!

ちょっとまって!
施術後はしない方がいいこともあるから、ちゃんと理解しておかないとトラブルの元になるわよ。

VIO脱毛後、ほとんどの脱毛サロンや医療脱毛クリニックで次のような指示を受けるはずです。
肌トラブルを避けるためにもきちんと守りましょう。

体温が上昇する行動は避ける

脱毛後の肌は、軽いヤケドと同じ状態
だから体温が上がると炎症や赤みがひどくなる可能性があります。

このような行動は避けてください。

  • お酒を飲む
  • 激しい運動をする
  • 湯船に入る
  • サウナや岩盤浴をする

お風呂は、シャワーのみで済ませましょう。
ゴシゴシ洗うこともNGなので、優しく洗うことを心掛けてください。

お肌の状態によっては2~3日様子を見たほうがいいので、脱毛後はあまり予定を入れないようにしましょう。

公共浴場や海水浴・プールは利用しない

不特定多数の人が利用する施設は、施術後の敏感な毛穴に雑菌が入る恐れがあるので、絶対に入ってはいけません。

必ず入念に保湿をする

保湿剤を出してくれる脱毛サロン・医療脱毛クリニックもあります。
自分で用意する場合は、油分の多すぎない保湿メインの低刺激なものがおすすめです。

もしも赤みが出たら

2、3日で収まることがほとんどですが、収まらない場合は施術した店舗に相談しましょう。
店舗によっては無料で対応してくれるので、カウンセリングの際に確認しておくと安心ですよ。

VIOの事前処理を忘れてしまったら?

脱毛サロン・医療脱毛クリニックに連絡

脱毛サロン・医療脱毛クリニックによって対応はさまざまなので、わからない場合は連絡しましょう。

自分のシェーバーを持参しなくてはならない場合や、有料オプションでシェービング代を払わなくてはならない脱毛店など様々です。

また、事前処理の剃り残しであれば、無料でやってくれるところもあるので、あらかじめ確認しておくと慌てません。
ただし、あくまでも「剃り残し」のみです。
予約枠の時間内での処置なので、照射の施術時間が減ってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

シェービングが完全無料の脱毛店

ストラッシュ

全国に54店舗ある脱毛サロンです。

シェービングが無料のプランがあります。

月額制と都度払いは1回1100円のシェービング料が発生します。
でもパックプランと無制限プランはシェービングが無料です。

ただし、こちらも予約枠時間内でのサービスとなるので事前にある程度しておくことをおすすめします。

剃り残しが無料の脱毛店

フレイアクリニック

全国に10院、首都圏に5院あるクリニックです。
事前の処理をお願いしますとありますが、IOゾーンはケガの恐れもあるためスタッフがやってくれるようです。
Vゾーンは事前処理しましょう。

剃り残しのシェービングは無料です。
ただし、予約枠時間内でのシェービングなので、照射時間が少なくなってしまうかもしれません。
ある程度の事前処理はしていった方がよさそうですね。

レジーナクリニック

全国に22院、首都圏に12院あるクリニックです。

「手の届かない範囲のシェービング無料」とあります。
「無理をしないでください」という記載もあるので、IOに関しては剃り残しがあってもケアしてもらえそうです。

ただし、予約枠時間内でのシェービングなので、希望部位が終わらなかったとならないよう、ある程度の事前処理は必要ですね。

リゼクリニック

全国に24院、首都圏に8院あるクリニックです。
剃り残しは無料ですが、こちらも予約時間内でのシェービングなので、事前処理はできる限りしておいた方がよいでしょう。

Oラインのみ無料の脱毛店

キレイモ

全国に55店舗ある脱毛サロンです。
Oラインのみ施術当日にスタッフが処理してくれます。

脱毛店によって、事前処理や剃り残しサービスがいろいろあるんですね。

VIO脱毛の事前処理は、自分ではちゃんとやったつもりでも不十分なこともあるから。
自信がない場合、剃り残し無料はうれしいわよね。

VIO脱毛の事前処理をしっかりすることでリスクは減らせる!

せっかくやろうと決めたVIO脱毛なのに、効果が十分に得られないのは悲しいですよね。
スベスベな状態を手に入れるためにも、VIO脱毛に通っている間は上質なケアを心掛けてみませんか?
きっと、手をかけた分だけ、うれしい結果がついてくるはずです!

大変なのは通っている一時期だけです。
丁寧に事前処理をし、一定の回数の施術を受ければ、思い描いていた理想のVIOになれます。

ローマは1日にしてならず!いえ、脱毛は1日にしてならず!
VIO脱毛で快適な日常を手に入れましょう!

VIO脱毛の施術の流れのまとめ

最後にVIO脱毛の施術の流れをまとめておくわ。

基本的VIO脱毛は、

  • 施術着に着替える
  • 紙ショーツをずらしながら照射
  • 施術した部位を冷やし保湿ケア

といった流れになります。
他の脱毛部位と大きな違いは無く、デリケートゾーンという恥ずかしさがあるだけ。
ただ、この恥ずかしさが、VIO脱毛を躊躇する問題ですよね。

自己処理が難しいIOラインは、無料でスタッフがやってくれることも多いんですよね。

ええ、だけどやってもらうと、触られたり見られたりしてとても恥ずかしい思いをするから注意してね。

何も知らずに施術の流れに身を任せると、施術前のデザイン確認でも恥ずかしい思いをすることが。
でも

  • 事前にデザインに合わせて剃っておく
  • 出来るだけ自分でシェービング
  • ジェルを塗る脱毛店を選ぶ
  • しっかりと洗って清潔にしておく

などの対策をするだけで、恥ずかしい思いを減らせるから安心してくださいね。

アンケート結果からも分かるように、多くの女性がすぐに慣れていきます。
ただ、個人差もあるし、全く恥ずかしくなる訳ではありません。
だからこそ、しっかりと粘膜のキワまで脱毛できるか確認することも大切なんです。

せっかく恥ずかしい思いをしてVIO脱毛しても、粘膜部分周辺に毛が残ると中途半端ですからね。

安全・安心を考えれば、VIO脱毛は医療脱毛クリニックがおすすめよ。

まとめてデリケートゾーンを永久脱毛できれば、最低限の恥ずかしい思いだけで済みます。
VIO脱毛には、衛生面や快適性など大きなメリットが。
特に生理が大変で悩んでいたあなたには、イチオシの脱毛部位です。
恥ずかしいイメージのあるVIO脱毛も、

  • 施術の流れ
  • 恥ずかしいポイント

を知って対策をすれば、安心して通えます。

-VIO脱毛おすすめ人気ランキング, その他

アリシアクリニック