医療脱毛やサロン脱毛に黒ずみの予防・改善あり!黒ずみができる原因から予防策も一挙公開

調査員:のぞみ
「医療脱毛やサロン脱毛で肌の黒ずみは治る」という話を耳にしたことがある人は多いでしょうが、医療脱毛やサロン脱毛に黒ずみの治癒効果はありません。

しかし、治癒効果はないものの、黒ずみの予防・改善効果には期待できます。

医療脱毛やサロン脱毛へ脱毛を任せれば、今悩んでいる黒ずみ問題を解決できる可能性もあるのです。

そこで、今回はなぜ医療脱毛やサロン脱毛が黒ずみの予防・改善になるのかを徹底解説します。

最後まで目を通して、黒ずみの予防・改善に役立ててください。

目次

黒ずみの正体はメラニン!黒ずみができるメカニズムを知ろう

黒ずみができる要因はさまざまです。
しかし、黒ずみを予防・改善したいなら、黒ずみができるメカニズムは把握しましょう。

そこでまずは、黒ずみができるメカニズムについて解説します。

黒ずみの正体メラニンとは?

黒ずみの正体は、本来、肌を守るために体内で生成されるメラニンです。

メラニンは紫外線を吸収しする性質があり、紫外線から肌を守る大事な役割を担っています。

どうして肌を守るメラニンが、私達女性を悩ます黒ずみになるの?

それは、体外に排出されるはずのメラニンが、肌に留まってしまい色素沈着を起こすからなの。

それじゃあ、色素沈着したメラニンが黒ずみなの?

そのとおりよ。

通常、生成されたメラニンは、肌のターンオーバーによって体外に排出されます。

そのため、正常に肌のターンオーバー機能が働いてさえいれば、メラニンは蓄積されず黒ずみはできません。

つまり、黒ずみができるということは、肌のターンオーバーに異常が発生しているとも考えられるのです。

黒ずみができる流れ

黒ずみができるメカニズムを簡単に見ていきましょう。
おおまかな流れは下記のとおりよ。

  1. 肌が刺激を感じる
  2. 刺激から肌を守るためにメラニンが作られる
  3. 作られたメラニンが排出されないまま、さらにメラニンが作られ続ける
  4. メラニンが色素沈着して黒ずみになる

黒ずみはメラニンが排出されず蓄積し、なお作り続けられることで発生します。

仮に肌が紫外線の刺激で10のメラニンを生成したとしましょう。

この時、肌のターンオーバーが正常に働いていれば、生成された10のメラニンすべては体外へ排出されます。

しかし、正常なターンオーバーが働いておらず、10のうち5のメラニンしか排出されなければ、肌には5のメラニンが蓄積されます。

この蓄積分が色素沈着を引き起こし、肌に黒ずみを作り出すのです。

黒ずみができるのは、下記2つが相互作用した結果なの。

・肌への継続的な刺激
・肌のターンオーバーの乱れ

じゃあ、この2つさえどうにかすれば、黒ずみは予防・改善できるのね?

そうよ。でも、それは言うほど簡単じゃないわ。

どうして?

その原因はいくつもあって、どれが直接の原因なのかを見極める必要があるからなの。

それでは、色素沈着して黒ずみになる原因には、どんなものがあるのでしょうか?

引続き、その原因を見ていきましょう。

黒ずみができる原因は継続的な肌への刺激

肌への刺激と言えば、まず紫外線が挙げられます。
ですが他にも肌に刺激を与えるものは、いくつもあります。

肌への刺激が継続的に続くと肌への負担は大きくなり、肌トラブルを引き起こします。

これが正常な肌のターンオーバーを乱す原因よ。

じゃあ、肌トラブルの原因となる、肌への刺激を抑える必要があるのね?

そうよ。

継続的に肌へ刺激を与え黒ずみを作り出す、主な原因は下記の3つです。

  • 衣類等による肌への刺激
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ムダ毛の自己処理

それでは、順を追ってこれら原因の詳細を見ていきましょう。

衣類等による肌への刺激

普段身にまとっている衣服や下着による摩擦は肌を刺激し、黒ずみを引き起こします。

肌の摩擦でできる黒ずみは「摩擦性黒皮症(まさつせいこくひしょう)」と呼ばれ、衣服や下着などで肌を長く締め付けることで、メラニンが作り出されます。

衣類や下着も黒ずみを引き起こす原因になるの!?

そうよ。衣服や下着は長時間継続して身につけるから、締め付けや擦れによる継続的な刺激を受けやすいわ。

衣類や下着が黒ずみの原因になるなんて、あなたは想像してもみなかったかもしれません。

しかし、選ぶ衣類や下着によっては、黒ずみを作り出しやすくなります。
肌に触れる衣類や下着は優しい素材で、刺激の少ない、ゆったりしたものがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、肌のターンオーバーを乱す原因の1つです。

女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」はメラニン色素の生成を増やすと言われています。

そのため、女性ホルモンの分泌が増加する、生理中や妊娠中は黒ずみができやすい状態です。

妊娠中の場合は、出産後もとに戻るケースが多いので気にする必要はありません。

だけど日頃からホルモンバランスが悪い人は、ホルモンバランスを整える等の対策が必要になるでしょう。

ムダ毛の自己処理

無駄毛の処理はどうしているの?

カミソリで自己処理してるわ。

ムダ毛を自己処理している女性は多いけど、実はこの自己処理も黒ずみを作る原因の1つよ。

黒ずみで1番注意してほしいのが自己処理です。

自己処理でムダ毛のお手入れはしている人の割合は、全体の70%を超えています。

自己処理の割合
方法割合
自己処理72.8%
自己処理・脱毛サロンや医療脱毛クリニックの併用19.0%
脱毛サロンや医療脱毛クリニック8.2%

引用元:NEO MARKETING

ここで注目してほしいのは、自己処理の方法です。

お手入れの方法
方法割合(複数回答)
カミソリ86.6%
毛抜き49.2%
電気シェーバー14.2%
家庭用脱毛機器13.2%
その他1.3%

引用元:NEO MARKETING

ムダ毛の自己処理は、

  • 毛抜きで「抜く」
  • カミソリで「剃る」

が一般的ですよね。
でもこれらには、それぞれデメリットがあります。

毛抜き無理やり毛根から引き抜くため、カサブタができやすく、毛穴を傷つけ炎症を起こしやすい。
カミソリムダ毛だけでなく肌も削り取ってしまい、肌荒れの原因になる

一般的な自己処理は、肌に刺激を与えるだけでなく確実に肌を傷つけてしまいます。

頻繁な自己処理は、傷ついた肌をさらに傷つけることに。
さらにメラニンが作り出され、黒ずみの症状は酷くなるのです。

黒ずみの予防・改善に効果的な方法5選

ここでは黒ずみの予防・改善に効果的な下記5つの方法を紹介します。

  • 肌ケアを徹底する
  • ムダ毛の自己処理方法を見直す
  • ビタミンCを積極的に摂取する
  • 服装を変える
  • 皮膚科で治療を受ける

普段の生活の中で改められるのもから、最終的な病院での治療まで、いくつかの方法を紹介します。
自分に合った方法を選んで、試してみましょう。

肌ケアを徹底する

まず最初に徹底してほしいのが日頃からの肌ケアです。

保湿を心がけ、乾燥肌を防ぐようにしましょう。

乾燥した肌は、刺激を受けやすい状態よ。

なんでなの?

健康な肌はバリア機能が働いて、乾燥と肌荒れから守ってくれるのよ。
だけど、乾燥した肌はバリア機能が働かず、刺激を受けやすくなるというわけ。

じゃあ、乾燥肌は黒ずみができやすい状態なんだ。

そのとおりよ!

黒ずみを防ぐ第一歩は、肌の保湿を保つことです。

お風呂上がりなど乾燥しやすい状態で放置せず、必ず保湿成分の優れたクリームを塗るようにしてください。

十分に保湿してやればバリア機能が正常に働き、肌のコンディションを正常に保てます。
これだけでも、黒ずみ予防には大きな効果が期待できるでしょう。

ムダ毛の自己処理方法を見直す

ムダ毛の自己処理方法として用いられるのは、毛抜きとカミソリが大半を占めます。

しかし、肌への負担が大きい毛抜きやカミソリによる自己処理はおすすめできません。

これら自己処理方法は手軽で安価ですが、ムダ毛が生えるたびに繰り返すと、確実に黒ずみを作り出してしまうからです。

できるならば、後述する医療脱毛やサロン脱毛での処理がおすすめです。
もし無理ならば、最低限、下記5つの見直しはしてください。

・肌への負担が少ない電気シェーバーを利用する
・しっかりシェービングクリームを塗って優しく剃る
・雑菌が入り肌荒れを起こしやすいお風呂場での自己処理をやめる
・自己処理後の保湿をしっかりする
・自己処理の間隔を長くする

重要なのは、肌への負担をなるべく少なくすることです。

これを念頭に置いて、自己処理方法を今一度見直してみましょう。

ビタミンCを積極的に摂取する

黒ずみを予防・改善には、ビタミンCの摂取がおすすめよ。

なんでなの?

ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きがあるの。

肌への刺激を抑えるのも1つの方法ですが、体の内側からの黒ずみケアもおすすめです。

ビタミンCは下記のように果物や緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンCを多く含む野菜・果物
赤・黄ピーマンブロッコリーキウイフルーツ菜の花
いちごネーブルレモン果汁キャベツ
じゃがいもさつまいも

普段の食事が炭水化物(お米)やタンパク質(肉類)が中心の人は、ぜひ食生活を見直してください。

また、果物や野菜が苦手なら、サプリで摂取という手もあります。
自分に合った方法で、ビタミンC摂取を心がけましょう。

服装を変える

スキニーラインなど、体にフィットして締め付ける服装を好む人は、スタイルを変えるのも1つの手です。

体にフィットしたものは、摩擦が大きくなり肌に刺激を与えます。

それが日中ずっと、365日となれば肌への刺激はかなりのものになるでしょう。
下着だけでなく、服装も余裕がある方が肌への摩擦が防げます。

皮膚科で治療を受ける

黒ずみの状態があまりにもひどく気になるなら、早急に皮膚科に相談するのが最善の方法です。

治療薬を処方してくれる他、美容皮膚科ならばレーザー治療も受けられます。
レーザーでメラニンを破壊しての黒ずみ改善も可能です。

皮膚科でのレーザー治療は、保険適用外がほとんど。
その為、高額治療になりやすいので注意してください。
でも投薬治療で効果がなければ、レーザー治療を検討してみるといいでしょう。

黒ずみの予防・改善には医療脱毛やサロン脱毛がおすすめ

医療脱毛やサロン脱毛で黒ずみが治るって本当なの?

残念ながらその話はただの噂ね。
医療脱毛やサロン脱毛に黒ずみの治癒効果はないわ。

巷では「医療脱毛やサロン脱毛で黒ずみが治る」と言われています。
ですが医療脱毛やサロン脱毛で黒ずみが治ることはありません。

しかし、黒ずみの予防・改善には効果を発揮します。

医療脱毛やサロン脱毛の黒ずみに対する効果は下記の2つです。

  • 新しい黒ずみ発生を抑える
  • 黒ずみが徐々に薄くなる

治療法として医療脱毛やサロン脱毛を選ぶのは間違いです。
でも二次的効果として、予防・改善効果を期待するのはアリ。

それでは、どのような予防・改善効果があるのかを解説しましょう。

新しい黒ずみ発生を抑える

「医療脱毛やサロン脱毛で黒ずみが治る」と噂が立つのは、自己処理が必要なくなり皮膚への刺激が少なくなったからです。

基本的に脱毛と黒ずみ治療に用いるレーザーの波長や出力は異なります。
そのため、医療脱毛やサロン脱毛による治癒効果は望めません。

しかし、医療脱毛やサロン脱毛で脱毛すれば、自己処理の必要がなくなるのがポイント。

自己処理しない分、黒ずみができにくいってこと?

そのとおりよ。
自己処理で肌を傷つけないから、その分、メラニンが作られないの。

自己処理による肌への刺激がなくなれば、その分、メラニンの生成を抑えられます。
そのため、新しい黒ずみ発生の予防につながるのです。

これは黒ずみに悩む女性にとって、大きな防止策と言えるでしょう。

黒ずみが徐々に薄くなる

自己処理を止め、医療脱毛やサロン脱毛での脱毛に切り替えれば、元からあった黒ずみが徐々に薄くなります。

これは、肌のターンオーバーが正常に機能したからです。

自己処理による肌トラブルが解消されれば、乱れたターンオーバーも正常に戻るわ。

つまり、ターンオーバーで黒ずみが体外に排出されたってこと?

そうよ。
1度できれいになるわけじゃないけど、徐々に黒ずみが排出されるの。

夏の日焼けを思い浮かべてください。

日焼けは一時のことで、時が来れば元の白い肌に戻ります。
これは肌の黒ずみがターンオーバーで体外に排出された結果です。

正常なターンオーバーを取り戻した肌は、これと同じ作用で黒ずみが徐々に薄くなるというわけです。

医療脱毛やサロン脱毛での脱毛に黒ずみの治癒効果はありませんが、予防・改善効果は期待できます。

黒ずみがあっても脱毛施術は受けられる!

でも、黒ずみがあっても脱毛施術は受けられるの?

大丈夫よ。どこでもというわけにはいかないけど、ちゃんと脱毛施術は受けられるわ。

医療脱毛もサロン脱毛も、脱毛方法は同じです。

毛の黒い色素(メラニン)に反応するレーザーを照射し、その熱で毛根組織を破壊して脱毛効果を得ています。

メラニンが沈着した黒ずみにも反応するため、黒ずみがあるとヤケドの可能性は否めません。

しかし、医療脱毛ならばレーザーの照射威力を調整することで対応できますし、褐色の肌や色素沈着がある場合でも施術できる脱毛機器が続々と登場しています。

黒ずみの濃さにもよりますが、脱毛施術自体は不可能ではないのです。

もちろん、ヤケドの可能性は否めないため、脱毛を受ける際はしっかりとした施術先を選ぶ必要があります。

この点は十分に注意してください。

脱毛ができない場合と対策について詳しくはこちら
[pagelink id=”25950″]

黒ずみ予防・改善におすすめの医療脱毛クリニック3選

それでは最後に黒ずみ予防と改善に効果のある、医療脱毛クリニックと脱毛サロンを紹介します。
まず紹介するのは下記3つの医療脱毛クリニックです。

  • レジーナクリニック
  • リゼクリニック
  • フレイアクリニック

これら医療脱毛クリニックは、脱毛技術もさることながら、黒ずみや褐色の肌でも脱毛可能な蓄熱式ダイオードレーザーを導入しています。

これら3つなら、黒ずみがあっても万全の体制で安心して施術に臨めるでしょう。
永久脱毛を希望する人は、医療脱毛クリニック選びの参考にしてください。

レジーナクリニック

脱毛器ジェントルレーズプロ
ソプラノアイスプラチナム
ソプラノチタニウム
営業時間月~金:12~21時
土日祝日:11~20時
キャンペーン紹介割、キャッシュレス決済割
医療施設数22箇所
レジーナクリニックのおすすめポイント
最短5回で脱毛完了
施術料金が割安
1回の施術時間が短く負担が少ない
2種類の脱毛器で埋没毛もしっかり脱毛できる

最大の特徴でありメリットは、クリニックの割にお手頃価格な点です。

割引キャンペーンの少なさを指摘する人もいますが、基本料金が安いため割引がなくても影響はありません。

また、施術時間が短い点も見逃せません。

サロン脱毛よりも割高な医療脱毛をお手頃価格でと考えるなら、真っ先におすすめしたい医療脱毛クリニックです。

リゼクリニック

脱毛器ラシャ
ライトシェア・デュエット
メディオスターNeXT PRO
ジェントルYAG
営業時間月曜・水曜~日曜
午前10~14時 午後15~20時
・火曜
午前11~15時 午後16~21時
キャンペーン学割、乗り換え割
医療施設数24院
リゼクリニックのおすすめポイント
痛みや肌トラブルへの対策が充実
肌トラブル時の治療費・薬代が無料になる
追加費用なし、途中解約時には残金の全額返金

リゼクリニックは、痛みや肌トラブルを気にする人におすすめの医療脱毛クリニックです。

医療脱毛クリニックは、サロン脱毛のように肌トラブルへの対応が充実していません。

しかし、リゼクリニックは徹底した利用者への配慮が最大の特徴で、痛みや肌トラブルへの対策が充実しています。

各種麻酔に対応し、上記のように肌トラブル時の対応も徹底しています。
充実したケアを望むなら、必ず検討して欲しい医療脱毛クリニックと言えるでしょう。

フレイアクリニック

脱毛器メディオスターNeXT PRO
メディオスターモノリス
営業時間12~21時
キャンペーン学割、紹介、乗り換え割
医療施設数11箇所
フレイアクリニックのおすすめポイント
割引キャンペーンが高額
無料サービスが充実
8回でほぼ脱毛完了

フレイアクリニック最大の特徴でありメリットは、リーズナブルな料金で医療脱毛を受けられる点です。

学割25,000円・乗り換え30,000円と割引が大きいため、割安で医療脱毛を受けられます。

また、下記サービスが無料なため、追加料金を極力抑えられるよう配慮されている点も嬉しいところです。

・初診料
・再診料
・当日キャンセル代
・シェービング代
・解約手数料
・麻酔代
・アフターケア代

トータルで見れば他のクリニックより、かなりリーズナブルな価格です。

リーズナブルな医療脱毛クリニックを探しているなら、フレアクリニックは候補から外せないでしょう。
充実したケアを望むなら、必ず検討して欲しい医療脱毛クリニックと言えるでしょう。

黒ずみ改善におすすめの脱毛サロン3選

次に紹介する脱毛サロンは下記の3つです。

  • キレイモ
  • ストラッシュ
  • ラココ

黒ずみOKの脱毛サロンは限られています。

今回は褐色の肌や色素沈着があっても施術可能な、蓄熱式ダイオードレーザーを用いたSHR脱毛を導入しているサロンを厳選しました。

脱毛サロンで脱毛したいなら、サロン選びの参考にしてください。

キレイモ

脱毛器IPL脱毛機
SHR脱毛機
営業時間11~20時(年末年始を除く)
キャンペーン紹介割、のりかえ割
学割、ペア割、母娘割
店舗数60店舗
キレイモのおすすめポイント
医師が選ぶ脱毛サロン3部門で1位を獲得※(
痛みが少なく、肌への負担が少ない
提携クリニック医師によるドクターサポートあり
「予約」「回数」「返金」の保障制度が完備
SHR脱毛器で黒ずみでも脱毛できる

※株式会社ショッパーズアイ調べ

キレイモで最も注目してもらいたいのは、医師から高い評価を得た脱毛サロンである点です。

いくら大丈夫と言われても、不安は完全には拭えません。
その点、医師から評価が高いのは、大きな安心感につながるでしょう。

また、提携クリニックで至急の治療が受けられるのも見逃せません。
安心して施術に臨みたい人には、まさにおすすめの脱毛サロンとなるでしょう。

ストラッシュ

脱毛器IPL脱毛機
SHR脱毛機
営業時間11~21時
キャンペーン学割、紹介割
ペア割、リベンジ割(のりかえ)
ガチャガチャキャンペーン
店舗数42店舗
ストラッシュのおすすめポイント
医療関係者が選ぶ脱毛サロンで5年連続1位※
痛みが少なく、肌への負担が少ない
色素の薄い毛や色素沈着があっても脱毛可能
6ヶ月間隔で脱毛できるため早期完了が望める
SHR脱毛器で黒ずみでも脱毛できる

※株式会社ショッパーズアイ調べ

最大の特徴でありメリットは、ストラッシュのSHR脱毛方法でしょう。

通常、脱毛時の照射は1箇所に1回だけですが、ストラッシュは4回照射が可能です。
そのため、従来の施術よりも施術時間を大幅に短縮できます。

敏感肌の子供でも安心して脱毛できるSHR脱毛に、スピードが加わったのがストラッシュというわけです。

しかも、最短2週間で次の施術が受けられる点も見逃せません。
黒ずみの予防・改善効果もより早く実感できるでしょう。

ラココ

脱毛器SHR脱毛機
営業時間10~21時
キャンペーン学割、紹介割
ペア割、のりかえ割
店舗数86店舗
ラココのおすすめポイント
リーズナブルな価格設定
一般的なサロン脱毛より痛みがない
1回の施術時間が最短20分と短いため、肌負担が少なくてすむ
半年から1年で脱毛完了
SHR脱毛器で黒ずみでも脱毛できる

ラココ最大の特徴でありメリットは施術時間が早く痛みが少ない点です。

その秘密は導入している次世代脱毛器「ルミクス」にあります。
このルミクスによって黒ずみでも脱毛可能な上、短期間で痛み無しで脱毛が完了できます。

ラココは全身脱毛で人気の脱毛サロンです。
全身脱毛が月額3,300円という安さですから、これを機会に全身脱毛を検討してみるのもいいでしょう。

黒ずみの改善は日々のケアが大事

医療脱毛やサロン脱毛に黒ずみの治療効果はありませんが、予防・改善効果には十分期待できます。

黒ずみができる原因はいくつもありますが、最も注意しなければならないのがムダ毛の自己処理です。

自己処理方法を見直すだけでも、黒ずみの予防・改善効果は期待できるでしょう。

その最たるものが医療脱毛やサロン脱毛です。
黒ずみの予防・改善ができ、プロの手により仕上がった肌が手に入るなら、一挙両得といったところでしょう。

黒ずみに悩んでいるなら、今回の記事を参考にして医療脱毛やサロン脱毛を検討してみては如何でしょうか。


脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!
家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。


他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。


セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。


頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。


初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次