脱毛

脱毛の種類や方法ってどれくらいあるの?それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説!

脱毛の種類や方法ってどれくらいあるの?それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説!

脱毛の施術はフェイシャルや痩身と違い、一度行って効果を実感できればその後は自己処理をしなくてもよくなります。

そのため、どうせ脱毛をするならできるだけ効果を実感したいものです。

しかし、脱毛は施術をする機械がさまざまあり、どれを選んだら良いのかわからないという人も多いと思います。

そこで今回は脱毛サロンや医療脱毛で使われている脱毛機についてお伝えしていきます。

脱毛の種類

脱毛は大きく分けて3種類に分類されます。

脱毛サロンで使用されていることが多い「光脱毛」
医療脱毛で使われている「医療レーザー脱毛」
ブレンド脱毛で使用される「ニードル脱毛」

現在はこの3種類が主流となっています。
それぞれご紹介していきます。

光脱毛

光脱毛
1番施術経験が多いとされるのが「光脱毛」です。

これは光の熱を利用して毛の黒い色素にダメージを与え脱毛していく方法です。

主に脱毛サロンで使われているので、脱毛サロンに通ったことがある人はこの脱毛方法での施術です。
強い光を照射するので、サングラスやゴーグルを装着し、冷却ジェルを塗って照射していきます。

熱さも少なく効果を実感しやすい脱毛機です。
その中でも主に3種類があるので説明していきます。

IPL脱毛

これは「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれる特殊な光を照射して脱毛する方法です。

メラニン色素に反応し毛母細胞や毛乳頭を破壊していきます。
痛みや熱さを感じにくくお肌の負担が少ないことからお肌がデリケートな人でも施術が可能です。

黒い色素に反応するので、日焼け肌や色黒の肌、ほくろには使用できません。

また、黒い色素が少ない産毛や色素が薄い細い毛には反応しにくい脱毛機なので濃い毛や太い毛の脱毛に向いています。

SSC脱毛

この脱毛機は「ビーンズジェル」「クリプトンライト」という光を照射して脱毛していきます。

ビーンズジェルで抑毛し、黒ずみ解消や気になる毛穴を引き締める効果が期待できるので美肌効果を実感したい人におすすめです。

IPL脱毛と比較してSSC脱毛ではビーンズジェルの効果で新しい毛の再生を抑えることができ、施術後のお肌が綺麗に仕上がるのも特徴です。

SHR脱毛

こちらの脱毛機は蓄熱脱毛と言われる脱毛機で、バジル領域という毛包部分に作用します。

そのため、毛周期に関係なく成長期、退行期、休止期の状態全てに反応します。

肌質や毛質、毛の色素、毛周期を気にせず脱毛の施術ができるので人気が高く、導入するサロンが増えています。

光脱毛のメリット・デメリット

今や脱毛施術では主流となっている光脱毛ですが、次はメリット、デメリットをお伝えしていきます。

メリットはもちろん、デメリットもチェックしてみてください。

光脱毛のメリット

メリットはやはり広範囲に照射できるので、施術時間が短く早く終わることです。

1回の施術で全身の施術も可能で、施術料金も比較的リーズナブルなところが多いです。
予算や時間でためらっている人も気軽に始めやすい脱毛です。

照射の熱さや痛みも強くないのでお肌が敏感な人も脱毛しやすい点がメリットと言えます。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは照射出力が医療脱毛と比べて弱いので効果が実感できるまでに時間がかかるという点です。

色素の多い濃い毛は比較的反応しやすいので、早ければ3回前後の施術で効果を実感できます。

しかし、色素の薄い毛には反応しにくいので、施術完了まで時間がかかったり思った程の効果を得られなかったという可能性もあります。

個人差や毛質などにもよりますが数ヶ月に1回を繰り返して、合計2年前後の期間が必要になります。

脱毛って思っていたよりたくさん機械があるなんて知らなかったわ。脱毛サロンと医療脱毛クリニックでも違うのね!

そうなの。脱毛の機械はどんどん進化していて、5年前10年前とは比べものにならないくらい性能が高まってるのよ!

脱毛サロンも医療脱毛も種類が豊富でどれがよいかわからないわ~

確かに、何も知らない状態では機械の名前だけ言われてもよくわからないわよね。

さっきは光脱毛の種類とメリット・デメリットを教えてもらったから、医療脱毛の種類も知りたいわ

任せといて!次は医療脱毛について説明するわ!

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛
次は脱毛サロンと同じく選ばれることが多い、医療用レーザー脱毛についてお伝えしていきます。

医療レーザー脱毛は、脱毛サロンで使われている機械よりも照射出力が高いのが特徴です。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは照射するレーザーの波長が1番短く、メラニン色素に反応しやすいレーザーです。

日本人の毛質と相性が良く、高い脱毛効果が期待できます。
しかし、黒い色素に反応しやすいので日焼け肌やほくろには照射ができません。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと比べ波長は長く痛みが少ないレーザーです。

ダイオードレーザーの中にはバルジ領域に蓄熱させる蓄熱式のものもあるので、肌質や毛周期を気にせず脱毛できます。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは3つの中では最も長い波長なので、皮膚の奥の毛根に効果が期待出来ます。

痛みや熱さが強いですがその分効果があります。
日焼けしたお肌でも負担が少ないので肌トラブルが少ないレーザーです。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

脱毛の効果を実感しやすく、確実に脱毛したい人には医療レーザー脱毛がおすすめですが、医療レーザー脱毛にもメリット、デメリットがあります。

医療レーザー脱毛のメリット

メリットはやはり医療機関で行う脱毛なので、照射出力が高くより効果的な脱毛ができることです。

照射出力が高いので光脱毛と比較して少ない回数で確実な結果を得ることができます。

回数は光脱毛の半分程の施術回数で済むのでトータルしても1年前後で完了します。

医療脱毛はクリニックなど医療期間で施術をするので、万が一肌のトラブルが起きた場合でも安心です。

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは照射の痛みや熱さが強いという点です。

光脱毛に比べ照射出力が高いので色素が濃い部分は特に痛みが強く感じます。
中でもVIOなどのデリケートな部位は我慢できないという人もいる程です。

施術を受けるところによっては料金設定が高い場合もあります。
短期間での少ない回数の施術になるので一時的に負担する金額が大きく感じられます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛
ニードル脱毛は光脱毛が主流になる前には多く使われており、現在も結果重視のところでは使われているところがあります。

電気脱毛とも言われ1本1本を確実に脱毛していきます。

刺した針に電気や高周波を流すことで毛根を破壊して不再生にしていく脱毛で、高い脱毛効果が実感できます。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

脱毛効果の高いニードル脱毛ですが、メリットデメリットもあります。
次はニードル脱毛のメリット、デメリットをお伝えしていきます。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは脱毛効果の高さです。

1本1本の毛根を確実に破壊できるので基本的にニードルで1回脱毛した毛は二度と生えてこないと言われています。

その脱毛効果や持続性は様々ある脱毛機の中で最も高いとされています。

レーザー脱毛と違い、照射の光が届かない部位やメラニン色素がない毛や白髪でも脱毛できるので光脱毛やレーザー脱毛と組み合わせて施術するところもあります。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは痛みが強いという点です。
毛穴にニードルと呼ばれる細い針を挿入して電気を流すので痛みが伴います。

さらに1本1本に行うので1回あたりの施術時間もかかります。

技術がある施術者が必要になるので、施術ができるスタッフの教育や人件費に費用がかかっています。
様々ある脱毛の中で施術費用は最も高額になります。

施術の時は5ミリ程伸びている必要があり、それが気になる人も多いです。

ワックス脱毛

ワックス脱毛
ワックス脱毛はブラジリアンワックスと言われています。

ワックスを塗り一気にはがす方法で手軽にでき、仕上がりが綺麗だという理由で人気です。

光脱毛、医療レーザー脱毛などとは違い、お肌の角質のケアもできたり自宅でもできるので人気です。

ワックス脱毛のメリット・デメリット

手軽にできるワックス脱毛ですが、メリット、デメリットがあります。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛のメリットは広範囲のムダ毛を一気に処理できることです。

薄い毛や産毛はもちろん、お肌の古い角質を除去できるのでお肌が綺麗になりワントーン明るくなります。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛のデメリットは、一気に剥がす時に強い痛みが伴うことです。

ためらって一気に剥がせなかったり、うまく剥がせないと途中で切れた毛が埋没毛(皮膚に埋まった状態の毛)になってしまう可能性もあります。

お肌に負担もかかっているので、デリケートなお肌の人は赤みヒリヒリなどの反応が出てしまうこともあります。

さらに、ワックスは一時的な脱毛なので毛根にダメージを与えて不再生になる訳ではありません。

光脱毛と医療レーザー以外にもおすすめの脱毛があったのね。脱毛って奥が深いわ~

ニードル脱毛もワックス脱毛も数十年前からあるから根強い脱毛方法のひとつなのよ。光脱毛やレーザーが進化する前から使われていたし。

そうなんだ!必要に応じて使い分けるのも良いのね!

そうそう。毛質や用途によって使い分けるのはおすすめよ!

家庭用脱毛器も最近たくさんあるのよね、面倒じゃないの?

そうなの!最近は家庭用脱毛器も増えているし性能もよくなってるみたい。最後に家庭用脱毛器について説明するわね

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器
ここ最近人気が高まっているのが家庭用脱毛器です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行かなくても手軽にできるので、時間がない人や他人に施術をしてもらうことに抵抗がある人にはおすすめです。

家庭用脱毛のメリット・デメリット

あらゆるメーカーから出ている家庭用脱毛器ですが、そのメリット、デメリットはどんなところなのでしょうか?

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットはサロンやクリニックに行かなくても自宅でいつでも手軽に脱毛できることです。

時間や費用を気にせずにできるのも良いですね。
1台あれば、家族で使うことも出来ます。

予約を気にする必要がないので自分のペースで家でお手入れができます。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは、脱毛効果が弱いという点です。

家庭用なので照射出力は弱く、期待するほどの効果が得られないことが多いです。

照射出力が弱いということは黒い色素が薄い毛には反応しにくく、濃い毛にしか効果を実感できないという人もいます。

自己処理するのが面倒で脱毛をしたいので、家庭用脱毛器による脱毛は結局面倒になってしまう可能性もあります。

その他の自己処理方法

脱毛サロンやクリニックに行く前は自己処理をしているという人はほとんどではないでしょうか?

様々な自己処理方法がありますが、どれも納得いく脱毛効果はなく一時的な自己処理といえます。

自己処理は長く続ければ続ける程お肌や毛には負担がかかっています。
どんな自己処理があるのかをお伝えしていきます。

自己処理の種類

自己処理の方法としては大きく分けて剃るか抜く、脱毛クリームかに分かれます。

自己処理はお肌や毛に負担がかかる割には脱毛効果は得られず、一時的な方法になるので長く続けない方が良いとされています。

毛だけではなくお肌の負担を考えても1日でも早く自己処理をやめて、脱毛サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。

自己処理の種類

  • カミソリ
  • 除毛クリーム
  • 家庭用脱毛ワックス
  • 脱毛テープ
  • 毛抜き
  • 家庭用脱毛器

自己処理のメリット

自己処理のメリットは費用がかからず、自分のペースで気になった時にできることです。

脱毛サロンやクリニックに通うことを考えると道具が安価で手に入るので手間はかかりますが費用は安く済みます。

自己処理のデメリット

自己処理は圧倒的にデメリットの方が多いのであまりおすすめはできません。

費用はかかりませんが、一時的な脱毛なので生えるのが遅くなるなどの効果はありません。

さらにお肌への負担も大きくカミソリ負けや発疹が出る場合もあります。

自己処理をしても直ぐに生えてきてしまったり、毛が太く濃くなったりするなどデメリットが多いです。

脱毛はプロに任せるのが1番!

脱毛はプロに任せるのが1番!
今回は光脱毛、医療レーザー脱毛や自己処理、その他の脱毛の種類についてお伝えしてきました。

どの脱毛方法もメリット、デメリットがあります。

気になる部位はもちろんですが、予算や結果にも差があるので予算と時間をかけてしっかり脱毛したいのか、気になる部位を徹底的に脱毛したいのかなど自分に合った方法を検討してみましょう。

今回の脱毛の種類を参考にしてみてください。

-脱毛