ハイフ

ハイフの種類や機械には違いがあるの?効果やポイントを徹底解説!

近年、小顔効果たるみの改善などで人気を集めるハイフ。

メスを入れずにリフトアップや二重アゴの改善が期待できるなど、様々な美容効果があることで知られており、現在多くの女性から注目を集めている施術の1つです。

このように、様々なメリットがあることで人気のハイフですが、実際にハイフの施術を検討している方は、施術のデメリットも含めてより詳しい情報を知っておきたいですよね。

そこで今回は、

・ハイフがどんな施術なのか
・リスクはあるのか
・ハイフの種類や違い

など、ハイフを全く知らない方でもわかりやすいように徹底解説していきます。

これを読めば、自分に合う施術方法を見つけることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

切らずにリフトアップができるハイフ(HIFU)とは?

最近ハイフってよく聞くけど、一体どんなものなの?

ハイフがどんなものなのか、これからわかりやすく説明していくわね!

ハイフ(HIFU)とは、リフトアップやたるみの改善などの効果が期待できる施術のことで、正式には「高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)」と呼ばれており、英語名称の頭文字の略称としてハイフと呼ばれています。

ハイフの施術は、肌を支える土台となっている「SMAS筋膜」に対しピンポイントで超音波を照射することで、リフトアップやたるみの改善に効果を発揮。

「SMAS筋膜」とは、皮膚の深い層にある膜のことで、この「SMAS筋膜」が衰えると、ほうれい線やたるみなどの原因になると言われています。

ハイフの施術により、「SMAS筋膜」が引き締まることで、たるみの改善やリフトアップ効果を実感できるのです。

ほうれい線やたるみなどのエイジングケアだけでなく、二重アゴの解消などフェイスラインの引き締めにも効果的な施術なので、フェイスラインを引き締めたい方にもおすすめの施術と言えるでしょう。

ハイフの種類

ハイフのマシンにはいくつかの種類があるって聞いたけど本当?

本当よ。自分の悩みに合わせて選ぶ必要があるからしっかりチェックしておくのよ!

ハイフの機械には様々な種類があり、それぞれ効果や特徴が異なります。
ここでは、4種類のハイフの特徴をご紹介します。

2Dハイフ

「2Dハイフ」は、細かい点が集まり1本の線状となった形で照射していきます。

1本の線状となっているため、細かい部分の照射に向いていると言えるでしょう。

しかし「2Dハイフ」は、少しずつずらしながら照射していくため、とても細かい作業となってしまうのが難点。

そのため、施術時間が他の方法に比べると大幅にかかってしまいます。

細かい部分への照射には向いていますが、気になる箇所を重点的に改善させたい場合には不向きと言えるでしょう。

3Dハイフ

「3Dハイフ」は、長方形の大きな面を2〜3分かけて気になる箇所に照射していきます。

先ほどご紹介した「2Dハイフ」は、1本の線状となっている熱を施術箇所に照射していく形でしたが、「3Dハイフ」の場合は、長方形の大きな面で熱を照射していくので、広範囲にアプローチすることができます。

改善したい箇所に重点的に照射できるので、二重アゴやフェイスラインのたるみに悩んでいる方に向いていると言えるでしょう。

照射ムラの心配も少なく施術時間も短く済むので、施術の負担が少ないのが嬉しいですね。

施術時間も短く、気になる部分に集中的に照射できるのは嬉しいですね!

4Dハイフ

「4Dハイフ」は、「3Dハイフ」と同様に長方形の大きな面を2〜3分かけて照射します。

「3Dハイフ」との大きな違いは、より多くの範囲にアプローチできて4列同時に照射ができるということです。

ですが「4Dハイフ」は気になる部分を重点的に照射することができないため、1箇所を集中的に改善させたい場合には不向きかもしれません。

ムラなく全体を均一に照射でき、施術時間も短く済むのは「4Dハイフ」の大きなメリットと言えるでしょう。

蓄熱式ハイフ(SHS方式)

「蓄熱式ハイフ」は、強い出力で高速連射されるハイフで、上記でご紹介した他の3種類のハイフよりも2〜3倍強い出力で照射できるのが特徴です。

「蓄熱式ハイフ」のメリットは、広範囲・ピンポイント両方の照射に適しているということ。

気になる箇所に重点的に照射できるので、二重アゴやフェイスラインのたるみなどを集中的に改善させたい方におすすめです。

また、上記でご紹介した3種類のハイフよりも施術中に生じる痛みも少ないため、痛みに弱い方でも安心して施術を受けられますよ。

さらに「蓄熱式ハイフ」は、徐々に60度以上に蓄熱していくため、ヤケドなどのリスクも少なく安全性が高いところが大きなメリットです。

「2D・3D・4Dハイフ」の場合は、一回ボタンを押してしまうと照射中の3秒〜3分間は照射を中止することができません。

しかし「蓄熱式ハイフ」は、痛みを生じた場合は施術をストップすることができるので安心です。

万が一、施術中に痛みが生じた場合は、我慢をせず施術者にすぐに伝えるようにしましょう。

ハイフの機器の種類

ハイフにはたるみに効果的なものや小顔に効果的なものなど、様々な特徴を持つ多くの機械が存在します。

それぞれの機械によって施術時間効果の持続期間なども異なるので、自分の悩みに合わせて選ぶ必要があります。

ここでは、最もポピュラーな7種類の機械をご紹介するのでさっそく見ていきましょう。

ウルセラ

「ウルセラ」は、アメリカのウルセラ社が2004年に開発した機器で、数あるハイフの中でも最も熱量が強くて高いリフトアップ効果を得られることで知られているマシンです。

米国のFDA(日本の厚生労働省にあたる政府機関)にリフトアップの治療機器として唯一認可を受けており、高い実績と確かな実力で多くの支持を得ています。

この「ウルセラ」というマシンは、ハイフ機器の中でも最も熱量が高いため、施術の効果が長期間持続することが大きな特徴なんです。

1度施術を受けるだけでも大きな効果を実感できるので、しっかりとフェイスラインを引き締めたい方に向いている施術と言えるでしょう。

高いリフトアップ効果を得られることで人気のマシンですが、施術中に痛みを生じることもあるので、痛みに弱い方や苦手な方には不向きかもしれません。

ウルトラセルQ+

「ウルトラセルQ+」は、韓国のJeisys(ジェイシス)社の機種で、製品がEUの法律で定める安全基準を満たしていることを証明するCEマークを取得しているハイフ機器。

4種類のカートリッジを使い分けることで真表皮層からSMAS筋膜まで照射でき、たるみや二重アゴなど様々な悩みにアプローチできることが特徴です。

高いリフトアップ効果と優れた肌の再生効果で知られており、施術中の痛みも少なく済むので安心ですよ。

シワやたるみの改善、シャープなフェイスラインを目指したい方におすすめの施術です。

ウルトラセルQ+リニア

「ウルトラセルQ+リニア」は、上記でご紹介した「ウルトラセルQ+」の新たなカートリッジで、二重アゴの改善など、脂肪溶解に有効な施術です。

他のハイフ機器と異なるのは、リフトアップではなくフェイスラインの脂肪など痩身効果が高いということ。

リニアカートリッジの場合、他のハイフ機器のような点状(ドット状)ではなく、線状の超音波を脂肪層に照射していくことが特徴です。

「ウルトラセルQ+リニア」の施術は、広範囲を高い出力で熱することで、脂肪細胞を破壊していきます。

脂肪細胞を破壊することで半永久的に施術の効果を持続させることができ、施術後すぐに効果を実感できるのが嬉しいポイント。

メスを入れずに脂肪除去が実現できる有効的な施術の1つなので、ダイエットをしてもなかなかフェイスラインがすっきりしなくて悩んでいる方や、二重アゴに悩んでいる方におすすめの施術と言えるでしょう。

ウルトラフォーマー3

「ウルトラフォーマー3」は、韓国発のハイフ機器で、リフトアップ効果はもちろんコラーゲンの生成促進効果など、1つの機器で様々な美容効果を発揮するマシン。

皮膚に傷ができたときに傷を治そうとする「創傷治療」により、古い細胞が新たな細胞へと入れ替わり新陳代謝を行う自然な力を利用することで、新たなコラーゲンの生成が実現します。

「ウルトラフォーマー3」は、ハイフシャワーという毛穴の引き締め効果やたるみの改善などの様々な美肌効果を生み出す治療ができます。

また、2.0mmのカートリッジを使用することで、他のハイフ機器では困難だった目元の細かいシワなどの改善効果も期待できるんです。

施術中の痛み・ダウンタイムもあまりないので、身体への負担を少なく施術を受けたい人に向いている施術と言えるでしょう。

・フェイスラインの引き締め効果
・肌荒れ
・シワやほうれい線の悩み

など、様々な悩みに対応している優秀なハイフマシンです。

ダブロゴールド

「ダブロゴールド」は、韓国で開発された機種「ダブロ」の次世代機で、照射スピードや痛みなど、様々な点が改善されたマシン。

従来機では照射スピードも遅く、スピーディーに施術を行うことができませんでしたが、最新機種の「ダブロゴールド」は、8分間で300ショットできるようになり、短時間で施術を終えられるようになりました。

・頬やフェイスラインのたるみ
・目元のシワ

などに効果的な機種で、比較的リーズナブルな価格で施術を受けられることが特徴です。

痛みも少なくダウンタイムもないので、痛みに弱い方でも安心して施術を受けられますよ。

ソノクイーン

「ソノクイーン」は、韓国製の機種で「ウルトラセルQ+」と同様にヨーロッパのCEマークを取得しているマシンです。

目元のシワやたるみなどの細かい部分へのアプローチに優れており、他の機器に比べると施術中の痛みが圧倒的に少ないことが特徴です。

他のハイフ機器と同様にリフトアップにも効果的なので、フェイスラインを引き締めたい方や集中的にエイジングケアをしたい方におすすめの施術と言えるでしょう。

ハイフが初めての方でも安心して施術を受けられますよ。

ユーティムスA3

「ユーティムスA3」は、従来のハイフ機器には搭載されていなかったセンターレスのトランスデューザーが搭載されており、施術中に起こりがちな皮膚トラブルや痛みの軽減を実現させたマシン。

4.5mm、3.0mm、1.5mmの3種類のカートリッジを使い分けることで、皮膚のあらゆる層に照射でき、肌の引き締め効果コラーゲンの生成促進効果など、様々な美容効果を実現してくれます。

シワやたるみなどの改善だけでなく、小顔効果や毛穴の引き締め効果も高いので、シャープなフェイスラインを目指したい方や肌質を改善をしたい方に向いている方法と言えるでしょう。

痛みも少なく、ヤケドなどのリスクが軽減された安全性の高い機器なので、美容施術に不安がある方でも安心して施術を受けられるのが嬉しいポイントです。

ハイフにはリスクはあるの?

切らずにリフトアップができるのは嬉しいけど、リスクはあるの?

ハイフは切らない美容整形ではあるけど、気をつけなければいけないポイントがあるわ。

ハイフは、切らずにフェイスラインの引き締め効果やたるみの改善など、様々な効果を発揮することで知られる施術ですが、リスクはゼロではありません。

脂肪吸引などのメスを使った小顔整形と比較すれば、圧倒的にリスクは少なくなると言えますが、ハイフは熱エネルギーを照射する施術なので、ヤケドなどのリスクに注意しなければならないのです。

ここでは、気をつけたいハイフのデメリットを2つご紹介します。

やけどや神経損傷のリスクがある

先ほどもご紹介しましたが、「2D・3D・4Dハイフ」の場合、一度ボタンを押すと照射をストップさせることができないので、照射中の3秒〜3分間は施術を中止することができません。

そのため、施術者が照射箇所を間違えてしまった場合、神経を損傷する恐れや、ヤケドをしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

このようなリスクを減らすためにも、施術の経験が豊富な美容クリニックを選ぶのをおすすめします。

また、痛みの少ない安全な施術を希望する場合は、「蓄熱式ハイフ(SHS方式)」が良いでしょう。

「蓄熱式ハイフ(SHS方式)」であれば、ヤケドのリスクもなく痛みなどが生じた場合にもすぐに対応してもらえるので安心です。

切らない美容整形が初めての方や、痛みやリスクに不安がある方は「蓄熱式ハイフ(SHS方式)」を選ぶと良いですね!

ハイフの種類によっては痛みを伴うことも

「2D・3D・4Dハイフ」の場合、熱を感じるようなチクッとした痛みを感じる方も少なくないようです。

人によっては「骨に響くような痛み」を感じることも。
骨に近く皮膚が薄い部分ほど痛みを感じやすいと言われています。

強い痛みが生じた場合は、出力の調整や麻酔を使うことも可能なので安心ですよ。

また「蓄熱式ハイフ(SHS方式)」の場合は痛みはほとんど出ないので、痛みに弱い方でも問題なく施術を受けることができます。

ハイフの種類によっては痛みを伴うこともありますが、メスを入れる手術に比べると身体への負担や痛みも少なく済むので、そこまで心配する必要はありません。

ハイフはメスを入れない美容施術なので、必要以上に不安にならなくて大丈夫ですよ。

ハイフの料金相場

ハイフでかかる費用ってどのくらいなんだろう?なんとなく高そうなイメージだけど...

施術を受けるにあたって、料金相場のチェックは欠かせないポイントね。

ハイフの料金相場は、クリニックや使用するハイフ機器などによって変わってきますが、「ウルトラセルQ+」の場合は大体5〜10万円ほどの費用が必要と言われています。

しかし、リーズナブルな価格設定のクリニックも数多く存在し、100ショットで2万円以内の料金設定となっているクリニックもあるので、クリニックによっては低料金でハイフの施術を受けることもできると言えるでしょう。

ハイフを取り扱うクリニックは多く存在するので、施術を受ける前にしっかりとリサーチしておくことをおすすめします。

(まとめ)人気のハイフで小顔を手に入れよう!

切らない美容施術として有名なハイフの特徴や、多くのクリニックで取り扱われている人気のハイフ機器などをご紹介しました。

ハイフは、脂肪吸引などのメスを入れて手術を行う美容整形とは違い、圧倒的に身体への負担や痛みも少ない美容施術です。

ご紹介したように様々な種類の機器がありますが、どの機種もダウンタイム・痛みが少ないことが多いので、メスを入れる美容整形に抵抗がある方でも挑戦しやすいことが大きな特徴と言えます。

ハイフの施術を受けることで、たるみやシワの改善、ほっそりとしたキレイなフェイスラインを手に入れることができるので、大掛かりな手術を受けなくても十分な効果を実感できるはずです。

施術を検討する場合は、クリニックの無料カウンセリングに行くことでより詳しい話を聞くことができるので、1度行ってみると良いでしょう。

-ハイフ

エミナルクリニック 医療ハイフ