ハイフ

ハイフの効果はいつから(何日後)?持続期間や頻度・施術時間を解説!

切らないリフトアップ術として人気のハイフ(HIFU)。
周りに気づかれずにこっそり若返りできる施術として幅広い世代から注目を集めています。

そこで今回は、

「いつから効果がでるの?」
「どれくらい効果は持続する?」
「理想的な施術の間隔は?」

といった疑問にお答えします。

ハイフはどのくらいの期間で効果が、持続期間・照射頻度や一般的な施術時間などを解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフは高密度の超音波を肌の奥にあるSMAS筋膜にピンポインに照射することで、熱による引き締め・リフトアップ効果が期待できる治療です。

従来のたるみ治療は糸リフトやボトックス注射など、針や糸を使用するため抵抗がある人にとってはハードルの高い治療でした。

ハイフは肌表面を傷つけずに化粧品ではケアできない「たるみの根本」にアプローチできる施術。
個人差はありますが、ダウンタイムも少なく徐々にリフトアップしていくため、周りにバレずにこっそりマイナス5歳肌が実現できます。

ハイフの嬉しい美肌効果

ハイフは熱エネルギーをSMAS筋膜に照射することで肌の土台からリフトアップできる施術です。
それ以外にも以下のような嬉しい美容効果が期待できます。

  • 小顔効果
  • あご下や二重アゴの引き締め
  • ほうれい線や小じわの改善
  • 目元のたるみ改善
  • たるみ毛穴の引き締め
  • 肌質改善、エイジングケア
  • 痩身効果

ハイフの効果ってたくさんあるんですね!

そうですね。
たるみを根本的に改善することで様々な美容効果が期待できますよ。

ハイフの効果はいつから(何日後)?目的別に解説

嬉しい美容効果が多いハイフですが、いつから効果が出るのか気になりますよね。
効果を実感するまでの期間は目的によって異なります。

「リフトアップ」
「小顔」
「エイジングケア・肌質改善」
「痩身」

の4つに分けて、効果を実感するまでの目安を解説していきます。

リフトアップ

リフトアップ効果は施術後2段階に分けて効果を実感する場合が多いです。

まず、施術直後は熱による引き締め作用でファイスラインやアゴ下などが引き締まった感覚を実感する人が多いです。
ハイフはゆるんだSMAS筋膜を熱エネルギーで引き締めるので、個人差はありますが施術直後からスッキリとした感覚を実感できますよ。

そのあと1ヵ月~3ヵ月かけて肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成が活発化し、ハリ感や弾力が上がります。

そこから徐々に肌が引きあがり3ヵ月~半年程度がリフトアップ効果のピークといわれていますよ。

小顔

小顔効果は施術後1ヵ月程度してから徐々に実感し始める人が多いようです。

ハイフの場合、熱エネルギーを肌の奥にある皮下組織やSMAS筋膜に照射します。
その際、脂肪細胞にもダメージを与え、老廃物とともに排泄。
余分な脂肪が落ちるので、顔周りがスッキリし小顔に導いてくれます。

エイジングケア・肌質改善

肌質改善は1ヵ月程度経ってからコラーゲンやエラスチン生成が活性化し始めるため、施術後1ヵ月~3ヵ月を目途に効果を実感しやすくなります。

肌のハリや弾力が上がると以下のような美肌効果も期待できますよ。

  • たるみ毛穴の改善
  • 透明感アップ
  • くすみの改善
  • 小じわの改善

ハイフは部位別に受けることもできますが、エイジングケアや肌質改善目的なら全顔照射がおすすめです。

出力を抑えながら比較的浅い層に照射する「ハイフシャワー」という施術もあります。
肌質改善やエイジングケアを重視する人におすすめの施術ですよ。

痩身

熱エネルギーで破壊された脂肪細胞は老廃物とともに排出されるため、2~4週間程度で徐々に痩身効果が出始めます。

ハイフは脂肪燃焼作用だけでなく肌の引き締め効果もあるので、

「二の腕がたるんできた」
「ボディラインを引き締めたい」

など自分では痩せづらい部位の部分痩せやポイント痩せが可能です。

クリニックによっては部分痩せメニューとして提供されていますよ。

人によって効果の現れ方は変わる

ハイフの効果が出るまでの時間は目的別に変わりますが、たいてい1ヵ月~3ヵ月を目途に徐々に実感していくことが分かりました。

ただ、肌のたるみ具合や皮下脂肪の厚さなどが異なるため、効果の現れ方には個人差があります。

  • 施術後すぐにリフトアップ効果を実感する人
  • 副作用によるむくみ(腫れ)が引いたあとに効果を実感する人
  • 1ヵ月程度した後に効果を実感する人

とくに注意が必要なのは「ハイフの副作用(ダウンタイム)」です。
副作用が出ているときはハイフの効果を実感しづらいので、落ち着いてから効果を確認するといいでしょう。

ハイフの副作用(ダウンタイム)とは?

ハイフは針や糸を使用した施術を比べてダウンタイムはほとんどありませんが、人によっては以下のような副作用(ダウンタイム)が表れることがあります。

  • 赤みや腫れ
  • むくみ
  • 水ぶくれ、火傷

ハイフは高出力の熱エネルギーを肌内部に照射するため、施術直後は筋肉痛のような痛みを感じる場合がありますが、数週間で徐々に引いていきます。

赤みや腫れもたいていは数日で解消されることがほとんですが、むくみは人によって1ヵ月程度続く場合があります。

むくみがあると効果が出ているか判断できないので、ハイフはまれに副作用があるという点だけ理解しておきましょう。

ハイフは1回でも効果を実感できる?

ハイフは1回の施術で十分効果があるといわれてます。
ただし、半永久的な効果はないため時間とともに効果は薄れていきます。
効果を持続させるには継続した照射が必要です。

ハイフの効果がピークを迎えるのは施術後3ヵ月~半年。
使用する機器によって差が出ますが、1回受けただけでも十分リフトアップ効果や小顔効果を実感できますよ。

1回で効果が実感できるならやってみたいです!

一度試してみるのもいいかもしれませんね。
「お試し価格」で受けられるクリニックもありますよ!

照射パワー・照射回数・照射する深さによって効果が変わる

ハイフは使用する機器によって最大出力が違うため、効果の表れ方も変わります。
また、同じ機器でも肌質や肌状態を考慮して「出力」「照射する深さ」「ショット数」を調整する場合があります。

効果の表れ方
ショット数が多い>ショット数が少ない

照射する層が深い>照射する層が浅い

照射パワー(出力)が高い>照射パワー(出力)が低い

当然、ショット数や照射パワーが高ければ効果を実感しやすくなりますが、その分肌への負担が大きくなるため、腫れや赤みなどの副作用が出やすくなります。

肌が弱い人は出力が強すぎない機器を選択したり、設定を調整する必要があります。
効果を重視する人は出力が強い機器を選択しましょう。

求める効果と肌質を考慮したバランスのとれた施術が大切です。

クリニックでは肌状態や目的に合った適切な施術プランを提案してもらえますよ。

ハイフ機器の中でハイパワーなのは「ウルセラ」

ハイフが受けられる代表的な機器は以下の通りです。

  • ウルセラ
  • ウルトラセルQ
  • ソノクイーン
  • ダブロ
  • ダブロゴールド
  • ハイフシャワー(ウルトラフォーマー)

ウルセラは「ハイフの先駆け」としてアメリカで発売されFDA(日本の厚生労働省にあたる)に安全性を認められた唯一のハイフ機器です。

代表的なハイフ機器の中でももっとも出力が高く効果が実感しやすいといわれていますが、その分施術時の痛みが出やすいデメリットもあります。

以下にハイフ機器の性能の違いをまとめました。

ハイフ機器の性能の違い
ウルセラソノクイーンハイフシャワー
照射パワー強い弱いやや強い
効果★★★★★☆★★★☆☆☆★★☆☆☆☆
痛み感じる場合があるあまり感じないほとんど感じない
副作用赤みや腫れが出る場合がある赤みや腫れが出る場合があるほとんどない

ウルセラは出力が高く効果が高い分、痛みを感じやすく肌質によっては副作用のリスクがあります。
また、高額機器のため施術料金が高く設定されています。

ソノクイーンやウルトラセルQなどの後発機は、痛みに配慮できる反面、効果はウルセラに劣るといわれています。
施術料金はウルセラよりもリーズナブルなので受けやすいメリットがありますよ。

ハイフは機器によって特徴や効果が変わるんですね!

そうですね。
どれが合っているかは悩みの度合いや予算をもとに選択しましょう。

ハイフの持続期間とは?

さきほどの章でもご紹介しましたが、ハイフは半永久的な効果は望めません。
時間の経過とともに効果は薄れていきます。

ではどのくらい効果が持続するのでしょうか?ハイフの持続期間を解説します。

ハイフは半年~1年程度持続する

ハイフは施術後1ヵ月~3ヵ月かけて肌内部のコラーゲンやエラスチンの増殖が起き、ハリや弾力が上がります。
そのため、リフトアップ効果や小顔効果のピークは3ヵ月~半年程度といわれています。

その後、個人差はありますが半年から1年程度効果が持続します。

機器によって持続期間が異なることもある

ハイフの持続期間は機器によって出力が異なるため、持続期間の目安にも違いがあります。
代表的なハイフ機器の持続期間は以下の通りです。

  • ウルセラ→6ヵ月~1年程度
  • ソノクイーン→3ヵ月~半年
  • ダブロ→3ヵ月~半年
  • ハイフシャワー(ウルトラフォーマー)→1ヵ月~2ヵ月

ウルセラは熱量も強くアプローチする深さも正確なため、効果が長く持続します。
その分、施術時の痛みが出やすいリスクがあります。

出力を強くしすぎないことで痛みに配慮したのがソノクイーンやダブロなどの後発機です。
肌へのダメージも少ないですが、持続効果はウルセラに劣ります。

ハイフシャーは肌の浅い層に広範囲に照射できる施術なので、深い層にアプローチする機器を比較すると持続効果は短めです。

痛みやダウンタイムがほぼないので、次のハイフの間にメンテナンスとして照射したり、肌質改善・アンチエイジングとして最適です。

ハイフはどのくらいの頻度・間隔が理想的?

ハイフは1回の施術で短くても半年程度は持続効果があることがわかりました。
リフトアップ効果やたるみ予防として効果を持続させるなら定期的な照射がおすすめ。

ここからはハイフの理想的な頻度や間隔を目的別にご紹介します。

たるみ改善なら3ヵ月~半年に1回程度

リフトアップやたるみの改善、予防効果を持続させるなら、3ヵ月~半年に1回程度が理想的です。

ハイフのリフトアップ効果は2ヵ月~3ヵ月後にピークを迎え、そのあと徐々に低下していき、1年後には完全になくなります。
ピークの状態を持続させるなら3ヵ月~半年に1回を目安に考えるといいでしょう。

美肌効果・アンチエイジングなら1ヵ月~2ヵ月程度

ハイフの美肌効果やアンチエイジング効果を持続させるなら1ヵ月~2ヵ月に1回の頻度がおすすめです。

その際、浅い層に照射できる機器なら肌負担を抑えられるため、定期的なメンテナンスに最適。

ハイフシャワーは主に1.5mm~2.0mmの浅い層にアプローチする施術で、以下のようなメリットがあります。

  • 肌質改善(毛穴・たるみ・透明感・ハリの改善)
  • 高い頻度で照射できる
  • 目元の照射もできる
  • 他のハイフ施術と併用できる

痩身・部分痩せは半年に1回程度

ハイフの脂肪燃焼効果は施術後1ヵ月程度してから始まり、3ヵ月から半年かけてピークを迎えます。
そのため、半年から1年に1回の頻度がおすすめ。

ハイフを照射した脂肪細胞は老廃物とともに対外に排出されるため、リバウンドいにくいメリットもありますよ。

ハイフは何回まで受けられる?回数制限はある?

ハイフに回数制限はありません。
むしろ、効果を持続させるなら定期的な施術が効果的です。

ただし、ハイフは高密度の超音波を肌内部に照射するため、少なからず肌へのリスクはあります。
適切な照射頻度で施術することが大切です。

ハイフを適度に受けると、リフトアップ効果やたるみ改善だけでなく「将来のたるみ予防」も可能。
20代後半からのエイジングケアとして始める人もいますよ。

ハイフの施術時間

ハイフは1回の施術でどのくらい時間がかかるのでしょうか?

「ゆっくり時間をとる暇がない」
「空いた時間でサクッと受けられる?」
「長い時間拘束されるのはツライ」

という人はハイフの施術時間の目安を知っておくと予定が立てやすくなりますよ。

全顔施術なら30分~60分程度

ハイフは照射部位や機器によって違いがありますが、全顔照射の場合はたいてい30分~60分程度が一般的です。

これは施術時間のみで、カウンセリング時間などは含まれていないので注意してください。

施術時間は使用するハイフ機器によっても差があります。
ハイフ機器の施術時間の目安を以下にまとめました。

全顔照射の施術時間
機器名施術時間
ウルセラ約30分~60分
ソノクイーン約30分~60分
ダブロ約20分~40分
ウルトラセルQ約15分~20分
ハイフシャワー約15分~20分

施術時間は照射範囲や店舗によって変わるのであくまで目安としてご確認ください。

ハイフ施術後の経過を時系列でチェック!

ハイフは一般的に施術後すぐに即効性を感じ、数日から数ヵ月かけて徐々に効果を実感し始めるといわれてます。
そこで、具体的にどのような変化があるのが確認してみましょう。

ハイフの施術後の経過を時系列でご紹介します。

1週間後

施術後すぐに顔全体がスッキリした感じや引き締め効果を感じる人が多いですが、そのあとコラーゲンやエラスチンの生成が活性化するのは約1ヵ月後からになります。

施術後の副作用でむくみや赤みが出た場合は個人差はありますが、1週間程度で改善していきます。

1ヵ月後

施術後1ヵ月すると日に日にリフトアップ効果を感じられるようになります。
肌の弾力があがり、内側からパンっとするようなハリやツヤ感が出てきます。

肌の新陳代謝が良くなり、くすみがとれて肌のトーンアップも感じられるでしょう。

3ヵ月後

施術後3ヵ月するとハイフの効果がピークを迎えます。
リフトアップすることでフェイスラインも引き締まり小顔効果も実感しやすい時期です。

ハイフの持続効果はこの後半年から1年かけて継続しますが、使用する機器や個人差があります。
また、ピークを迎えたあとは徐々に効果が薄れていくため、効果を持続するなら定期的な照射をおすすめします。

ハイフ(HIFU)を受けられるクリニック9選

ハイフが受けられるクリニックをご紹介します。
複数のハイフ機器を導入しているのは「聖心美容外科クリニック」や「シロノクリニック」「銀座よしえクリニック」です。

1回の施術料金がリーズナブルに設定されているのは「湘南美容外科クリニック」「品川美容外科」などが代表的です。

自分に合ったクリニック探しの参考にしてみてくださいね。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックのハイフ

湘南美容クリニックのハイフの特徴

  • ハイフ症例数は22万件以上!(2021年時点)実績が豊富
  • 顔全体650ショットで29,800円だから手軽に受けられる
  • 悩みやニーズに合わせた3パターンのメニューを提供

湘南美容クリニックはハイフの実績が豊富にあり、施術料金も比較的リーズナブルな価格で提供しています。

肌の土台からリフトアップする「ウルセラ」や痛みに配慮できる「ウルトラセルQ+」肌質改善におすすめな「ハイフシャワー」など、豊富なハイフメニューが受けられるクリニック。
「通いやすく続けやすい」クリニックをお探しの人におすすめです。

品川美容外科

品川美容外科のハイフ

品川美容外科のハイフの特徴

  • 短時間施術が可能な次世代型ハイフ機器「タイタン」を導入
  • 痛みに配慮できる施術
  • 院限定のハイフ機器がある

品川美容外科は国内最大級の800万症例を誇るクリニック。
カウンセリングを重視し、豊富な症例実績を活かし、ひとりひとりに合った治療方法を提案します。

美容皮膚科専門の品川スキンクリニックと合わせると全国に30店舗以上を展開。
料金もリーズナブルなので「まずは試してみたい」という人も気軽にハイフを受けられるクリニックです。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックのハイフ

聖心美容クリニックのハイフの特徴

  • 施術時間が短い「ウルトラセルQ+」を導入
  • FDA認定の「ウルセラ」も受けられる
  • ハイフ施術はすべて医師が担当

聖心美容クリニックでは深い層に届きリフトアップ効果が期待できる「ウルセラ」や、施術時間が短くウルセラより痛みに配慮できる「ウルトラセルQ+」などを導入しています。

聖心美容クリニックでは医師がハイフ施術を担当する点も魅力のひとつです。
その分、施術料金が若干高めに設定されていますが「医師が行う安心感」を重視する人にはおすすめのクリニックですよ。

東京美容外科

東京美容外科のハイフ

東京美容外科のハイフとは?

  • 全顔でも10分程度で施術が完了
  • 痛みに配慮できるから麻酔が不要
  • 全顔がトライアル料金の55,000円で試せる

東京美容外科は出力を調整しながら痛みに配慮できるウルトラセルQ+を導入しています。
施術時間も短いのため、短時間でサクッと終わらせたい人に最適です。

また、ハイフを受けた後はどんなトラブルにも対応してもらえる「術後安心保証」がついているのも嬉しいポイントです。

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニックのハイフ

銀座よしえクリニックのハイフの特徴

  • 部位や症状に合わせたカスタマイズ施術
  • フェイスラインや目など気になる部位に特化した施術メニュー
  • 肌質改善や毛穴、美白ケアも可能

銀座よしえクリニックは悩みや症状に合わせて照射する層やパワー、位置を調整するカスタマイズ施術が魅力。

顔全体の3層~4層に照射し、立体的に引き上げる「ハイフウルトラリフト3D」はより確実にリフトアップしたい人におすすめの施術です。

シロノクリニック

シロノクリニックのハイフ

シロノクリニックのハイフの特徴

  • レーザー治療・アンチエイジング専門のクリニック
  • ウルセラの国内最多施術クリニックとして3年連続受賞
  • ウルセラの効果を高める「ハイフシャワー」を提供

シロノクリニックはウルセラの国内最多施術クリニックとして、ウルセラ発売メーカーのMERZ社から3年連続表彰の実績があります。
レーザー治療専門クリニックとしてのノウハウを活かし、悩みやニーズに合った適切な施術プランを提供します。

オザキクリニック

オザキクリニックのハイフ

オザキクリニックのハイフの特徴

  • 悩みや症状に合った照射が可能
  • 施術後はオリジナル美容液でアフターケア
  • 痛みや副作用に考慮できる

オザキクリニックは美容外科・美容皮膚科・再生医療・美容内科といった様々な角度からアプローチする地域密着型クリニックです。

導入されているハイフ機器は、副作用やダウンタイムが少なく、痛みに配慮できる「ダブロゴールド」。
3種類のカートリッジを入れ替えることで、悩みや症状に合った照射が可能です。
また、LINEやメールで相談できたり、無料カウンセリングも実施していますよ。

エルクリニック

エルクリニックのハイフ

エルクリニックのハイフの特徴

  • 3つの保湿施術をプラスした「ハイフハイソニックプレミアム」
  • フェイスライン向け施術を提供
  • 痩身メニューもある

エルクリニックでは3種類の贅沢な保湿施術をプラスしたハイフ治療が特徴。
施術後に乾燥しがちなお肌を保護し、ハイフとの併用で内側からハリやツヤのある肌に整えます。

さらに、「HIFUボディ」という痩身メニューも提供しています。
部分痩せやピンポイント瘦せを目指す人におすすめですよ。

KM新宿クリニック

KM新宿クリニックのハイフ

KM新宿クリニックのハイフの特徴

  • 痛みに配慮できる進化型ハイフ「スマスセラ」を導入
  • 目元のたるみにも対応可能
  • 腫れや赤みが出にくい

KM新宿クリニックは新宿駅東口から徒歩5分にある美容外科クリニックです。
施術時の痛みを配慮しながら短時間で施術できる、進化型ハイフ機器「スマスセラ」を導入しています。

カートリッジを変えることで目元のたるみにも対応可能なので、目元ケアを重視した人にもおすすめですよ。

まとめ

ハイフの効果が出るまでの時間をまとめると以下の通りです。

  • リフトアップ効果は即効性を感じやすい
  • 1ヵ月~2ヵ月後からハリや弾力が上がる
  • 小顔効果は施術後1ヵ月後から
  • 痩身効果は2~4週間後から徐々に出始める

ハイフの効果はピークを迎えるのは施術後3ヵ月~半年程度経過した後になります。
その後徐々に効果は薄れていくので、ハイフの効果を持続するなら継続した照射が大切になります。

使用する機器によって持続期間や施術時の痛み、料金などが異なるので、今回の記事を参考に自分に合った施術を見つけましょう。

ハイフは1回でも十分効果を実感しやすい施術なので、気になる人は一度施術を体験してみるのもいいかもしれません。
初回限定価格で受けられるクリニックもあるので検討してみてはいかがですか?

-ハイフ

エミナルクリニック 医療ハイフ