ほくろ除去

ほくろ除去は保険適用されるの?条件や医療費控除について徹底解説!

ほくろを除去を少しでも安く施術するには、どうすればいいのかしら?保険が適用された話も聞いたことがあるけど…。

ほくろ除去は必ずしも保険がきくとは限らないわよ。

そうなのね!もっと詳しくほくろ除去の保険適用について知りたいわ!

任せて!ほくろ除去の医療保険や医療費控除について詳しく紹介していくわね。

ほくろ除去は保険適用される?

ほくろ除去は、施術の目的によって保険適用されるかどうかが決まります。
まず、美容目的の場合は保険適用の対象外です。

ポイント
「顔にあるたくさんのほくろがコンプレックスで除去したい」
「盛り上がった大きなほくろが目立って気になる」

このような場合は美容目的と判断されます。

次に、ほくろ除去を行う医療機関によって保険適用されやすい場合があることを覚えておきましょう。

基本的に、美容外科美容皮膚科での施術は保険が適用されません。
一方、皮膚科での治療は保険が適用される場合もあります。

美容外科や美容皮膚科で施術を受ける場合は、自由診療の扱いになることをカウンセリングで必ず説明されるわよ。

ほくろ除去が保険適用される条件を解説

美容外科でのほくろ除去は保険が適用されないことが分かったけど、皮膚科での治療なら必ず保険が適用されるの?

いいえ。皮膚科で治療を受けたとしても必ず保険が適用されるわけではないわ。保険が適用される場合について説明するわね。

保険が適用される条件は以下の通りです。
また自己判断ではなく、保険適用には必ず医師の診断が必要となります。

メラノーマ

メラノーマとは皮膚がんの1種で、放っておくと死に至ることもあります。

全身に転移する可能性も高く、メラノーマを発見したらすぐに除去しなければなりません。

しかし、医師以外の素人にはほくろとの見分けがつかないことも多いです。

メラノーマには、「形がいびつ」「濃淡がある」「左右非対称」などの特徴があります。

ほくろがあることで生活に支障をきたす

大きく膨らみのあるほくろが顔や手足にある場合、日常生活のなかで出血してしまうことがあるでしょう。

例えば、顔にあるほくろが髭剃りで出血したり、洗顔時に爪が当たって出血したりする場合などです。
足の裏や手の平らのほくろも出血しやすい場所と言えます。

このように生活に支障をきたす場合は、保険適用の対象となりやすいです。

また、目の付近にあるほくろが肥大化し視界が狭くなってしまう場合も、対象に含まれやすいと言えるでしょう。

ほくろ除去が保険適用されやすい施術方法とは

ほくろを除去する施術法には様々な方法がありますが、施術法によっても保険が適用されやすいものとそうでない方法があります。

保険が適用されづらい施術法は、レーザー法電気メスでの治療です。

一方、保険が適用されやすい施術法には、切開法くりぬき法が挙げられます。

レーザー・電気メス

ほくろ除去に使用されるレーザーは、シミも除去できる炭酸ガスレーザーである場合が多いです。

この機器を使用した場合、除去したほくろを病理検査に出すことができません。

ほくろは基本的に、悪性の場合のみ保険が適用されるため、病理検査ができないと保険適用は厳しいでしょう。
電気メスも同様の理由で、保険適用が難しい施術だと言えます。

レーザー法や電気メスにもメリットがあるのよ。この2つの治療法は他の施術法に比べて、傷跡が残りにくいの。ほくろが安く除去できたとしても、傷跡が残ってしまったら悲しいわよね。小さいほくろならば、自由診療でレーザー法や電気メスを使うのがおすすめよ!

切開法・くりぬき法

切開法・くりぬき法での施術は、除去したほくろを検査に出せるため、保険が適用されやすいと言えます。

ただし、検査の結果が悪性ではないことがわかったら保険は適用されません。

切開法やくりぬき法は、大きなほくろや盛り上がったほくろの除去に適しています。
しかし、レーザー法や電気メスと比べると、高額で傷跡が残りやすいというデメリットが存在します。

悪性のほくろである可能性が低く、大きさも小さい場合は、切開法やくりぬき法よりも、レーザー法や電気メスを使用した治療がおすすめです。

【医療保険】ほくろ除去は医療費控除の対象?

結論から言うと、基本的にほくろ除去は医療費控除の対象外です。

国税庁の質疑事例でも

容姿を美化し又は容貌を変えるための費用は、疾病の治療のための費用には当たらないので、ホクロの除去費用は、医療費控除の対象とはなりません

と回答されています。

ただし、悪性のほくろは例外で医療費控除の対象となる場合があります。

ほくろ除去にかかった費用を医療費控除したい場合は「悪性の疑いのあるホクロの除去のための費用」として、申請を行いましょう。

なお、医療費控除には確定申告が必要です。

保険適用・適用外それぞれのほくろ除去にかかる値段は?

美容外科と皮膚科、それぞれほくろ除去にかかる料金は違ってくるの?

ほくろ除去の料金は施術を受ける場所によって違うというよりも、施術方法によって変わるわよ。まずは施術別の一般的な料金を見てみましょう。

施術方法料金(1個あたり)
レーザー・電気メス3,000円~10,000円
くりぬき法10,000円~
切開法20,000円~30,000円
ポイント
メスを使う施術の料金は高い
メスを使わない施術の料金は安い

このような傾向があります。

美容外科や美容皮膚科ではメスを使わない治療が一般的です。

また、皮膚科では切開法を行っているところもあります。
切開法とは、メスで皮膚を切断してほくろを取り除き縫合する施術方法です。

治療代も高く、保険を適用して3割負担になったとしても6,000円~9,000円は必要になります。

美容クリニックでレーザーを受ける方が安くなるってこと?

ほくろの大きさにもよるけど、小さなほくろなら美容クリニックでレーザーを受ける方が安いわね。切開法は傷が残りやすいというデメリットもあるの。大きくて盛り上がったほくろでなければ、レーザーか電気メスがおすすめよ!

美容クリニックによっては、再発した場合は無料で追加施術を受けられる制度を設けていることがあります。

ほくろは1度除去したとしても再発することが多く、何度も施術が必要です。

再発保証が付いているクリニックを選べば、結果的に保険適用の場合よりもお得にほくろ除去ができますよ。

安くほくろ除去したい人におすすめのクリニック3選

私のほくろは小さいから、保険適用が難しそうなの…。少しでも安くほくろを除去したいな。

それなら、レーザーでのほくろ除去が安いクリニックを紹介するわね。1㎜以下なら1個あたり5,000円以下で施術できる場所もあるわよ。割引制度や会員制度があるのも、美容クリニックの大きな魅力!

レーザーなら、傷跡も残りにくいから安心だわ!

東京中央美容外科

レーザー法の料金mm以下:4,980円
1mmあたり:9,800円
営業時間10時~19時
その他施術法電気メス、くりぬき法、切開法

東京中央美容外科は1mm以下のほくろが5,000円以下で施術できるクリニックです。
そのため、小さなほくろでかつ、数が多い場合におすすめ。

大きなほくろの場合は、レーザー法ではなく、電気メスやくりぬき法の方が安く済むこともあります。
電気メスは6㎜以下なら10,200円です。

予約方法が簡単で、WEBから24時間受け付けている点も魅力的。
電話での予約が苦手な人にもピッタリなクリニックですよ。

シロノクリニック

レーザー法の料金1mm以下:11,000円
1~2mm:22,000円
2~3mm:33,000円
営業時間9時~18時(院によって変更あり)
その他施術法なし

シロノクリニックの魅力は、再発保証がある点です。

再発保証とは、ほくろが再発した場合に追加料金なし施術を受けられる保証のことを指します。
シロノクリニックの再発保証は5年もあります。

レーザーでのほくろ除去は何度も再発することが多いため、再発保証が付いている方が結果的に安くなることも!

院によって「Qスイッチルビーレーザー」を使うところと「炭酸ガスレーザー」を使用する場所があります。

品川スキンクリニック 美容皮フ科

レーザー法の料金1mm以下:5,250円
営業時間10時~19時
その他施術法電気メス、切開法

品川スキンクリニックは、会員になるとよりお得に施術が受けられます。

ほくろ除去も割引の対象で、会員価格は20%OFFの1mmあたり4,200円になります!
機器は炭酸ガスレーザーを使用しているので、盛り上がったほくろにも対応できます。

品川スキンクリニックは全国各地にありますが、

ほくろ除去を取り扱うのは、

ほくろ除去ができる医院
品川本院
新宿院
渋谷院
表参道院
心斎橋院

のみである点に気を付けましょう。

美容目的のほくろ除去は保険適用外!

ほくろがないお肌は若々しく見え、ほくろというコンプレックスがなくなることで自信を持つことができます。

しかし、美容目的で行うほくろ除去は残念ながら保険適用外です。
また、医療費控除を受けることも難しいでしょう。

ただ、美容クリニックでの施術は、皮膚科で保険を適用して行うよりも安くなる場合があります。

コンプレックスの解消や目立つほくろを除去したい場合は、皮膚科だけではなく美容クリニックにも相談してみましょう。

-ほくろ除去

小顔注射(BNLS neo)1