家庭用脱毛器

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない?どんな効果があるのか徹底解説!

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない?どんな効果があるのか徹底解説!

家庭用脱毛器を使用していて気になるのが永久脱毛できるのかどうか、ということでしょう。

結論から言うと、残念ながら答えはノー。

もちろん一定の効果はありますが、家庭用脱毛器では永久脱毛できないのです。

では家庭用脱毛器を使用するメリットは何なのでしょうか。

そこで今回は、家庭用脱毛器で得られる効果について詳しくお伝えします。

家庭用脱毛器で永久脱毛ってできるの?

永久脱毛って「もう2度と毛が生えてこない」っていうことじゃないの?

永久って聞くとそういう印象があるわよね。でも実は違うの!

そもそも永久脱毛とは?

永久脱毛と聞くと、脱毛した部位には永久に毛が生えてこないとイメージしますよね。

しかし、永久脱毛は毛がゼロになるという意味ではありません。

そもそも「永久脱毛」という言葉はアメリカで使用されていた「Permanent Hair Removal」という言葉が翻訳されたもので、現在のアメリカでは医療機関の針脱毛にのみ使用されています。

レーザー脱毛には「Permanent Hair Reduction」という言葉が使用されています。

こちらは永久的に減毛するという意味なので、レーザー脱毛は厳密には永久減毛という言葉が合っていることになります。

しかし、日本では「永久脱毛」が定着しているのが現状です。

・アメリカ電気脱毛協会の定義
「最終脱毛をしてから1か月後の毛の再生率が20%以下」

・アメリカ食品医薬品局(FDA)の定義
「一定の施術を行った毛の再生本数が長期間において減少し維持されること」

つまり、永久脱毛を行って得られる効果は「脱毛後に生えてくる毛が20パーセント以下の状態が続く」というものになります。

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

生えてくる毛がゼロにならなくても永久脱毛っていえるなら、家庭用脱毛器も永久脱毛できるってことにならない?

それでも家庭用脱毛器は医療脱毛にはかなわないのが事実なのよね。

現在、日本で「永久脱毛」ができるのはクリニックや美容皮膚科などの医療機関だけです。

サロンの脱毛器や家庭用脱毛器が「永久脱毛」という表現の使用は法律で禁止されています。

なぜ医療機関の脱毛だけが永久脱毛なのでしょうか?
それは使用する機器の違いにあります。

クリニックのレーザー脱毛は、皮膚の深いところまで作用して強力な出力で毛根の細胞を破壊することが可能です。

強力なため効果が高いのですが、肌への刺激も強いのでトラブルが起こるリスクも上がります。

そのため、医師看護師でないと取り扱うことができません。

家庭用脱毛器は医師免許がない人でも安全に使用できることが第一条件です。

医療用レーザーよりも弱い出力で肌の表面に作用するので、深刻なトラブルが起きる可能性は低くなります。

安全性と引き換えに出力が弱いので「永久脱毛」のレベルまで脱毛できないということです。

永久脱毛の基準をクリアしているのは医療脱毛

医療機関の永久脱毛にはレーザー脱毛の他にニードル脱毛という2つの脱毛法があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

レーザー脱毛

レーザーは皮膚の深いところまで届くのが特徴です。
毛が成長しようとする組織を破壊することで脱毛します。

レーザーの種類は主に3種類ですが、2種類のレーザーを照射できるハイブリットタイプの機器もあります。

クリニックによって取り扱っている機器が異なるので、あらかじめレーザーの特徴をつかんでおくとクリニックを選ぶときに役立ちますね。

アレキサンドライトレーザー

  • 日本で初めて導入された医療脱毛レーザー
  • メラニン色素にしっかり反応するので剛毛に効果がある
  • 痛みは強めだが、冷却機能がついているのである程度緩和できる
  • 日焼け肌やホクロにはやけどのリスクがあるため使用不可
  • 毛穴の引き締め、肌のコラーゲン生成を促すなど美肌効果もある
  • 医療レーザー機器名:ジェントルレーズシリーズ、アリオン

こんな人におすすめ

  • 毛が太く毛量も多い人
  • 毛が抜けるのを早く実感した人
  • 美肌効果もほしい人

熱破壊式ダイオードレーザー

  • 波長が黄色人種に適している
  • 短時間に強いパワーで照射できる
  • 黒くて太い毛に効果がある
  • 医療レーザー機器名:ライトシェアデュエット

こんな人におすすめ

  • 毛が太く毛量の多い人
  • 効果を早く実感したい人す

蓄熱式ダイオードレーザー

  • 毛の成長を促す組織「バルジ領域」がターゲットなので肌にやさしい
  • 低出力なので痛みが少ない
  • 産毛にも効果あり
  • 効果を感じるまでにやや時間がかる
  • 医療レーザー機器名:メディオスターネクストプロ、ソプラノアイスプラチナム

こんな人におすすめ

  • 産毛を脱毛したい人
  • 時間がかかっても肌にやさしい脱毛がいい人

ヤグレーザー

  • 産毛や毛根が深いところにあるヒゲでもしっかり効果が見込める
  • 皮膚表面より深いところで作用するので日焼け肌でも脱毛できる
  • 痛みはやや強い
  • ニキビ・しみ・赤ら顔の改善、リフトアップなどの美肌効果あり
  • 医療レーザー機器名:ジェントルヤグプロ

こんな人におすすめ

  • 日焼けしている人
  • 頑固な毛を脱毛した人
  • 美容効果もほしい人

医療針脱毛(ニードル脱毛)

毛穴に細い針を刺して一瞬(0.5秒以下)だけ電気を流して毛根の細胞にダメージを与える方法です。

1つ1つの毛穴に針を刺すのでかなり時間はかかりますが、確実に脱毛することができる方法です。

肌の色や毛の色に関係なく脱毛可能なのもうれしいポイント。

ニードル脱毛の歴史はレーザー脱毛やフラッシ脱毛より長く、効果と安全性は証明されています。

永久脱毛は医療機関で脱毛しないとダメなのね。

正確な定義をあてはめると残念ながらそういうことになるわね。だけど家庭用脱毛器でも正しく使い続ければ近い効果が得られるわよ。

家庭用脱毛器には2種類ある

じゃあ、家庭用脱毛器はどれも同じなのかしら?

家庭用脱毛器にはフラッシュ式レーザー式で大きく分かれるわ。機器によっても特徴と効果が違うし。自分の目的と合わせて使ってね。

広い部位も効率よく脱毛できるフラッシュ式

サロンと家庭用脱毛器のほとんどがフラッシュ式で、光脱毛ともいわれています。

肌表面にあるメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えて脱毛します。

フラッシュ式の家庭用脱毛器は照射面積が広めなので、ひざ下やひじ下など脱毛範囲が広い部位でも効率よく脱毛することが可能。

連続照射モードがある機器なら、さらにスピーディに進められるでしょう。

せまい範囲で狙い打ちができるレーザー式

家庭用脱毛器のレーザー式はトリア一種です。

照射面積は直径1cmの円形とかなり小さいので広範囲の脱毛には不向きです。

脱毛器を小刻みに動かし続けなくてはならないため、鼻の下やワキなどの面積が小さい部位を脱毛したいときに最適です。

医療脱毛のレーザーに比べるとパワーは劣りますが、レーザーならではの波長の長さがしっかり毛根にダメージを与えます。

家庭用脱毛器にはどんな効果が期待できるの?

永久脱毛はできないけど減毛・抑毛の効果がある

家庭用脱毛器では永久脱毛できませんが、正しく使えば減毛・抑毛効果があります。

減毛効果とは
毛根がダメージを受けて、新しい毛がすぐに生えてこない状態が一定の期間続くこと。

抑毛効果とは
毛根にダメージを与え続けることによって、毛の成長スピードが遅くなって毛質も細く弱くなっていくこと。

正しく使えば永久脱毛に近い効果がある

生えてくる毛量が減る

フラッシュ式であれば、1週間~2週間に1度の照射を20回以上行いましょう。

毛根にダメージを与え続ければ次の毛は再生しにくくなります。
次第に全体の毛量が減っていくのが実感できるはずです。

毛質が細くなる

家庭用脱毛器で毛根にダメージを与え続けていくと、次第に生えてくる毛は細くて弱い毛になっていきます。

出力レベルの強さにもよりますが、2か月経過したあたりから違いが見えてくるでしょう。

細くて弱い毛は色も薄く生えていてもあまり目立たないので、部位によっては肌の色と馴染んで処理しなくても気にならないかもしれません。

処理の手間が減る

生えてくる毛量が減って毛が細くなれば、自己処理を怠ったときのジョリジョリした不快な肌触りがなくなります。

効果を感じる目安は4か月~6か月後です。

シェーバーで処理した後、黒ゴマをまぶしたように毛が残った状態にがっかりすることもなくなるでしょう。

時間が経つとまた生えてくる可能性はありますが、自己処理が不要な期間がしばらく続くことも夢ではありません。

確かに、永久脱毛じゃなくても、生えてくる毛が少なくなって細い毛になるなら、かなり快適になるわね!

毛根を完全に破壊できないから使い続けることが必要だけど、毛が減って目立たなくなるのは嬉しいわよね!

効果を実感するまでにはある程度の期間が必要になる

家庭用脱毛器で脱毛して得られる減毛・抑毛効果は、すぐには得られません。
これは覚悟してください。

効果を実感するまでには3か月~6か月はかかります。
自分のペースで脱毛できる分、計画的に自己管理をして回数をこなす必要があることを理解しておきましょう。

家庭用脱毛器で最大限に効果を出すには

家庭用脱毛器の効果は理解できたけれど、効果を出すために気をつけたほうがいいことってある?

事前処理を適当にしてはダメってことかしら。自分で脱毛するとなると、つい事前処理の手抜きをして失敗する人もいるみたいよ。

脱毛前の自己処理が効果を引き出す

家庭用脱毛器を使用する際の自己処理をきちんとしなかったらどうなるのでしょうか。

痛みが強くなり効果が半減する

ムダ毛の長さが残っていると照射が反応して痛みが強くなります。

また、肝心の毛根に照射が行き渡らなくなり効果が半減してしまう可能性もあります。

ヤケドや毛穴の炎症などの肌トラブルにつながる

剃り残しや処理していない毛に照射が反応すると、肌に余計な熱が伝わってヤケドの原因になることがあります。

肌が清潔でないと照射によって毛穴に雑菌が入り湿疹や毛嚢炎(もうのうえん)になることも。

ひどいときは痕がのこることもあるので必ず守りましょう。

自己処理のルール4原則

  1. 肌は清潔にして余計なものがついていない状態にする
  2. VIOやワキなどの毛が長い場合ははさみでカット
  3. シェーバーは毛の流れにそってゆっくりと動かす
  4. サラッとした保湿剤を使用する

トラブル防止策を徹底することで、脱毛効果が最大限に引き出されますよ。

使用方法を守る1:脱毛は毎日やらない

機器によっても異なりますが、1週間~2週間おきに照射するタイプのものが多いです。

脱毛は毎日やっても意味がなく、肌トラブルを引き起こすリスクしかないので絶対にやめましょう!

取扱説明書をきちんと読んで正しい使い方を確認しましょう。

使用方法を守る2:脱毛器はしっかりと当てる

照射部分を肌にあてるときに

「なるべく重なる部分ができないようにあてていく」
「重なる部分を作りながらあてていく」

この2つのどちらかをすすめています。

とくに記載がない場合は、なるべく重ねながらあてた方が照射漏れを減らせるのでおすすめです。

また、脱毛器はなるべく直角に使用することで効果を最大限に発揮することができるので、しっかり効果を感じるためにも、なんとなくで使わないようにしましょう。

効果があらわれるまで回数をこなす

例えば「2週間おきに使用して6回目以降に効果が見えてきます」という脱毛器の場合は、最低でも3か月間使用してはじめて

「減ってきたかも?」
「毛が細くなってきたかも?」

という実感がわくということです。

脱毛を開始してから1か月で効果を実感することはほとんどできません。

また、3か月経てば毛がなくなってツルツルということでもありません。

手間と労力が必要になりますが、しっかりやれば家庭用脱毛器でも必ず効果があるので、焦らずに回数をこなすことをおすすめします。

脱毛部位の肌はきちんと保湿

意外とおろそかにしがちなのが肌の保湿です。

顔の保湿はきちんとしている人も多いと思いますが、腕、足、ワキなどの部位も丁寧に保湿しましょう。

脱毛の前後だけでなく、普段から適切なお手入れを心掛けておくことが大切です。

肌のコンディションを整えておくことでトラブルを防止し、脱毛効果を最大限に引き出すことができます。

家庭用脱毛器は永久脱毛できないけれどメリットはちゃんとある!

効果が弱いなら家庭用脱毛器を使うメリットはなに?

使い続ければ効果はあるし、費用はクリニックよりも断然安く済むわね。

自分のペースでできる

なんといっても1番の魅力は自分のペースで脱毛ができることです。

クリニックやサロンだと、

行きたいときに予約が取れない
急用で予約をキャンセルしないといけない

色々と手間があります。

家庭用脱毛器なら自分の生活リズムに合わせるのが簡単ですね。

また、誰かに見られる緊張感や恥ずかしい思いをしないですむのも家庭用脱毛器が人気の理由の1つです。

脱毛にかかる総費用が断然安い

店舗で全身脱毛コースを申し込むと、

クリニックは約20万円から30万円
サロンは約10万円前後

かなり高額な費用が必要になります。

もちろん金額相当の効果が見込めますが、家庭用脱毛器であれば5万円~7万円ほどで購入できます。

身脱毛に十分な照射可能回数を装備している機器も多くあるので、1台でさまざまな部位がカバーできるでしょう。

カートリッジが交換できるタイプはさらに長く使用することができますし、家族やパートナーと共用できてコスパも最強です。

家庭用脱毛器の選び方のポイント

とりあえずひじ下とひざ下のムダ毛はやっつけたいな。

それなら照射面積が大きくて連続照射できるタイプを選んだらストレスフリーでできると思うわよ。

家庭用脱毛器と検索するとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

失敗しないための5つのポイントを紹介します。

①脱毛したい部位によって照射面積の大きさを選ぶ

腕や足などの面積が広い部位の脱毛が第一優先なら、照射面積が広い脱毛器が合っています。

反対に鼻の下の濃い産毛やワキの脱毛など、脱毛範囲は広くないけれど確実に脱毛したい部位には照射面積の小さい脱毛器が向いています。

脱毛器によっては部位ごとに照射面積を変更できるものもあるので、しっかりと確認しましょう。

また、家庭用脱毛器は安全設計上、肌にきちんとあたっていないと照射できない仕組みになっているので、自分が脱毛したい箇所と照射面積が合う脱毛器をちゃんと選んでくださいね。

②全ての機器が顔・VIO・ひげ対応ではないので注意

家庭用脱毛器のすべてが顔やVIOの脱毛に対応しているわけではありません。

また、VIは対応していてもOには対応していない機器もあります。
顔やVIO脱毛を考えている場合はきちんと対応している機器を選びましょう。

③照射の強さを自分で調整できるか

照射レベルを自分で調整できるかどうかも重要です。

最大出力が強ければ減毛効果は高くなるので、できるだけ強力なものがよいでしょう。

しかし、痛すぎると継続するのが嫌になってしまいます。

皮膚が薄い部位は敏感で痛みを感じやすいので、そのような部位は耐えられる最大の出力で回数を多くこなしていくしかありません。

5段階程度はレベル調整ができるといいですね。
自分が耐えられる痛み、また毛質によって出力を選べると嫌にならずに使い続けることができるでしょう。

⑤万が一故障したときのために

脱毛器はとても高い熱を出力する機械なので、どうしても故障する可能性があります。

万が一に備えて保証期間があるものを選びたいですね。

保証期間は1年~3年と機器によって異なるので、あらかじめ確認しておいて必要なものは保管しておきましょう。

効果が凄い!家庭用脱毛器おすすめ5選

①ケノン

ケノンのポイント

  • 照射レベルが調整できるので弱いレベルから強いレベルまで挑戦できる
  • VIOや男性のヒゲなどの剛毛にも対応できる
  • カートリッジ交換をすれば照射面積の変更が可能
価格69,800円
照射レベル10段階
対応部位VIO、顔、指毛などほぼ全身
照射可能回数300万発
照射面積(附属カードリッジ)
※エクストララージ(別売)
3.5cm×2cm
※3.7cm×2.5cm
カートリッジ交換可能(全6種類)
サイズ21.5cm×29cm×9cm
保証期間2年

②脱毛ラボ・プロエディション

脱毛ラボ・プロエディションのポイント

  • サロンレベルの強さとスピードでフラッシュ脱毛ができる
  • 冷却機能がついているので保冷剤が不要
価格109,989円
照射レベル5段階
対応部位VIO、顔、指毛などほぼ全身
照射可能回数120万発
照射面積(附属ピース)
※顔・デリケートゾーン用は別売り
3cm×1cm
※2cm×1cm
カートリッジ交換-
サイズ22.3cm×32cm×25.2cm
保証期間1年

③脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションのポイント

  • わずか277gと軽量なので脱毛作業がしやすく収納もかさばらない
  • 冷却機能付きなので保冷剤が不要
  • 小さいボディながら「連射モード」を使えば効率よく脱毛ができる
価格71,478円
照射レベル5段階
対応部位VIO、顔、指毛などほぼ全身
照射可能回数30万発
照射面積4.8cm2
カートリッジ交換-
サイズ49.85mm×171.4㎜×76mm
保証期間1年

④レイボーテRフラッシュ ハイパーPLUS

レイボーテRフラッシュ ハイパーPLUSのポイント

  • 照射面積が広くローラー付きなので肌の上で滑らせるだけで高速脱毛が可能
  • エステサロンの美顔器にも使用される赤・青色LEDのヘッド付きで美肌ケアもできる
価格79,200円
照射レベル5段階
対応部位VI、顔、指毛などほぼ全身
照射可能回数90万発
照射面積 ローラーヘッド
※VIヘッド、LEDヘッドの3種が附属
9.24cm2
カートリッジ交換-
サイズ22,8cm×7,8cm×6,3cm
保証期間1年

⑤トリア パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア パーソナルレーザー脱毛器4Xのポイント

  • 家庭用脱毛器で唯一のレーザー式
  • ワキや鼻の下の産毛、ヒゲに効果が期待できる
  • 照射部分は直径約1cmの円なので広範囲を脱毛するには時間がかかる
価格48,000円
照射レベル5段階
対応部位顔の鼻より上、ビキニライン以外のほぼ全身
照射可能回数1回使用30分、充電500回
照射面積(附属カードリッジ)1cm×1cm (円形)
カートリッジ交換不可
サイズ8cm×12cm×23cm
保証期間2年(購入時+4000円で3年に変更可)

家庭用脱毛器は永久脱毛ではないけれど、正しい使用を続ければ満足のいく効果が得られる

家庭用脱毛器では医療脱毛の永久脱毛効果を得ることはできません。

しかし、家庭用脱毛器でも正しく使いつづけることで永久脱毛に近い状態に近づけることがわかりました。

使用する機器の特徴や長所を理解した上で正しく継続して使用してください。
続けることが理想に近づく一番の近道です!

-家庭用脱毛器