ケノン

【ケノンの効果と口コミまとめ】美容器マニアがやらかした7つの失敗と続けてわかったコツ

【ケノンの効果と口コミまとめ】美容器マニアがやらかした7つの失敗と続けてわかったコツ
  • ケノンって効果あるの?
  • ケノンの口コミって本当?
  • 実際に使った人の体験談を聞きたい!

家庭用脱毛器として、口コミで人気となったケノン。

一部には「ケノンは効果ない」という意見もあり、「本当の効果はどうなのかな?」と不安を感じる人も多いようです。

ケノンを買っても効果がなかったら、お金が無駄になっちゃう…。


ケノンは効果あるよ♪でも、使いこなせるようになるまで、かなり失敗しちゃった…。


美容器マニアのまりこちゃんでも、失敗することあるんだね。


うん、ケノンは「使ってみて初めてわかったこと」がたくさんあるの。今日は、私のケノン体験談を全部シェアするね!

ケノンの特徴をサクッと解説!

まず、ケノンの特徴をサクッと解説します。

ケノンの特徴は4つあるよ♪

  1. 脱毛サロンと同じ脱毛がお家でできる
  2. カートリッジが交換式(剛毛用や美顔用もあり)
  3. 本体カラーが4色ある
  4. 公式サイトがちょっと怪しい

特徴① 脱毛サロンと同じ脱毛がおうちでできる

ケノンを一言でいうと「脱毛サロンと同じ種類の脱毛がおうちでできる、家庭用の脱毛器」です。

脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれる光を使った脱毛が行われています。

ケノンでできるのも、これと同じフラッシュ脱毛です。

ケノンは、日焼け肌や敏感肌でも使用でき、使用方法が簡単なところなどが支持されて、とても人気があります。

特徴② カートリッジが交換式(剛毛用や美顔用もあり)

ケノンはカートリッジが交換式です。カパッと外して、付け替えることができます。

おうちでサロンと同じ脱毛ができる家庭用脱毛器は他にもあるけど、カートリッジが交換式なのは珍しいの。

カートリッジが交換式だと、何がいいの?

交換式のメリットは3つあるよ♪

  1. 1つの脱毛器で、剛毛用・美顔用と目的を変えられる
  2. カートリッジだけ替えれば本体を家族や彼氏とシェアできる
  3. カートリッジの寿命が来ても取り替えればいいので本体をずっと使えてお得

なるほど、それはいいね!

特徴③ 本体のカラーが4色ある

ケノンの本体は、4色から選べます。

  1. パールホワイト
  2. シャインピンク
  3. シャンパンゴールド
  4. ブラックつや消し

どの色もいいね!まりこちゃんは何色を持っているの?


私が持っているのはシャインピンク。女性らしい色で気に入っているよ!

特徴④ 公式サイトがちょっと怪しい

ケノンの本体は魅力的なのですが、マイナス面も。

ケノンを購入しようと思って公式サイトにアクセスすると、「なんだか怪しい?」とひるんでしまう人もいるようです。

確かに、おしゃれな雰囲気はなくて、公式サイトっぽくはないかも…。


ケノンの本体はシンプルでおしゃれなのに、ちょっともったいないよね。でも、買って家に届いてからは、好きなデザインだし愛用しているよ!

これがケノンの実物!写真で紹介

サクッとケノンのことを説明したけど、実物を見てもらうのが一番早いと思うんだ。


見たい!

ケノン本体と付属品

まず、ケノンを購入するとこんな感じで自宅に届きます。

脱毛器ってバレないように梱包してくれるんだね!


そうなの、ありがたいよね。

段ボール箱を開封すると、こんな箱が出てきます。

開封して、入っていた付属品のすべてがこちらです。

サングラスや保冷剤まで付いていて、すぐ脱毛スタートできるのが良かった!

基本の使い方

実際に使ってみましょう。

想像していたより、ずっと簡単!

照射するときはこんな感じ

照射中の様子は、こんな感じです。

わっ、早い!あっという間に終わるんだね。


照射する面積が広いからね。ケノンの公式には「片ワキ10秒」って書いてあったよ。

収納場所は21.5cm×29cm×9cm必要

収納場所は【21.5cm×29cm×9cm】必要です。

ちょうどA4サイズの紙1枚分くらいの大きさ。収納場所があるか心配になったら、A4の紙で確認してみてね。


A4ならコンパクトだね!狭い私の部屋でも収納できる♪

危ない!ケノンを実際に使ってヒヤッとした7つの失敗

まりこちゃんがケノンを使って失敗したことって、何だったの?


実は7つくらいあるの。1つずつ話すね。

失敗① 冷やさず照射したらすごく痛かった

失敗の1つめは、冷やさずに照射したら、すごく痛い思いをしてしまったこと。

ケノンには保冷剤がついています。ですが、冷凍して準備するのが面倒だったので、使わずに照射してしまったんです…。

「全然痛くないから余裕!」と思ってサクサク照射していたら、突然、パチッ!と強い痛みが走りました。

自分でも気付かないうちに、ホクロに照射してしまったみたい。

ケノンは基本的に肌にやさしく痛みも少なめですが、こういう予想外のトラブルもあるので「保冷剤でしっかり肌を冷やすのは必須」と学びました。

失敗② 照射口にムダ毛がついて焦げた

カートリッジの照射面積が広い分、ゴミもつきやすいので注意が必要です。

特に、シェーバーでムダ毛処理をした後すぐにケノンを使う場合、処理したムダ毛をきちんと片づけた方が良いです。

ムダ毛などのゴミがカートリッジについたまま照射すると、焦げてカートリッジの面にくっついたままになってしまいます。

そうなっても使い続けることはできますが、ちょっとテンションがダウン…。

「最初から知っていたら気を付けていたのに!」と、ちょっと残念でした。

失敗③ 張り切って連続照射したら肌荒れした

ケノンが家に届いたばかりの頃は、うれしくて、つい毎日のように使っていました。

最初は慎重に照射していたのに、慣れてくると「早く脱毛効果を出したい!」という気持ちが強くなって、同じ部位に何度も照射してしまうことも。

そしたらある日、プツプツと毛穴が赤く膨らんだようになって、肌荒れしてしまいました…。

正しい使い方は「同じ部位は1週間に1回まで」です。

ちゃんと取説通りに使わないとダメなんだと学びました。

失敗④ うっかり目に光が入りそうになった

もう1つ、私の油断が起こした失敗があります。うっかり目に光が入りそうになりました。

その日は、鏡を使いながらデリケートゾーンなどの照射をしていました。サングラスをしたままだとよく見えなかったので、サングラスなしでやっていたんです。

自分でよく見えない箇所を無理な体勢でやろうとしたら、ピカッ!と思い切り自分の顔の方に向かって光らせてしまいました。ヒヤっとしました…。

ケノンは、肌に密着させないと照射できないようになっているので、実際には目に光が入ってしまう可能性はとても低いです。

でも、万が一を考えて、サングラスはきちんと装着した方が良いですね。

失敗⑤ サングラスして照射してたら近くにペットがいた

その後は必ずサングラスをして照射していたんですが、1つ盲点がありました。

一緒に暮らしている猫です。猫が入れない部屋で照射していたつもりが、気付いたら侵入してきていたんです。

サングラスをしていたから、すぐ気付けませんでした。万が一、猫の目に光が入ったら…と思うとゾッとしました。

ペットと暮らしている人は、ぜひ気を付けてください。もちろん、小さなお子さんがいる方はさらに気を付けてくださいね。

失敗⑥ 同居人に隠れてやろうとしたら意外と音がうるさい 

ケノンは、例えばドライヤー、シェイバー、電動歯ブラシなどの電化製品と比べたら、とても静かです。真夜中に使ったとしても、近所迷惑になるような音はまったくしません。

しかし無音かというと、そうではないんです。電源を入れると、ファンが回る音が鳴り続けるので、意外とうるさいです。使ってみないとわかりませんでした。

同居人にこっそり隠れてやろうと思っても、すぐ隣の部屋にいたらバレそうなレベルの音はします。

失敗⑦ 焦げたみたいな独特のニオイが気になる

同じく、同居人対策という意味では「ニオイ」もありました。

ムダ毛にケノンがヒットして焼けたときに、焦げたような独特のニオイがすることがあるんです。クサイというほどではありませんが、敏感な人は異臭に感じるかもしれません。

ファンの音と不思議なニオイのダブルセットで「同居人に隠れてケノンを使うのは難しい」という結論に至りました。

「同居の彼氏や家族にバレたくない」という人は、留守中に使った方が良いですね。

以上が私の失敗談だよ〜。


実際に使った人の話は参考になる!教えてくれてありがとう!

ケノンを研究して発見!効果を出す4つのコツ

その後、まりこちゃんが編み出した使い方のコツも教えて🙏


もちろん!4つのコツがあるよ。

コツ① 効果が出るかは「正確に照射できたか」次第

まず大切なことは、ケノンで脱毛効果が出るかは「正確に照射できたか」次第、ということ。

私がケノンを使い始めた初期は使うのが楽しくて、たくさん照射しようとしていました。

でも、その後の脱毛効果を検証してみて考えが変わりました。キレイに脱毛できた部分って、照射した回数は少なくても、丁寧にきちんと照射した部分だったんです。

それに気付いてからは、やみくもに照射しまくるのはやめました。それよりも照射漏れがないように、丁寧に照射する方が重要と気付いたからです。

このやり方に変えてから、脱毛効果が上がりましたよ♪

コツ② 同じ部位は照射期間をしっかり空けた方がむしろ抜ける

さらに、短期間でたくさん照射するのではなく、照射期間をしっかり空けた方が抜けやすいこともわかりました。

狙うムダ毛の毛根がある程度まで育たないと、照射してもダメージを与えられないんですね。だから、ケノンを毎日打っていると逆に効果が薄れるようです。

自己流の打ち方をやめて、メーカーが公式に案内している「1週間」を守って照射すると、スルスルと抜ける毛が多くなった実感がありました。

ちなみに、1週間に1回、全身を一気にやると疲れてしまうので、毎日、部位を変えながら少しずつ照射するやり方がおすすめです。

私は、月曜日はワキ、火曜日は足、水曜日は腕、…という具合に決めて、スマホにスケジュールをメモして照射を進めました!

コツ③ 事前に肌を冷やせば痛みを恐れる必要ナシ

ケノンを使い始めた初期は、保冷剤も使わずホクロにヒットして「痛い!」という経験もしました…。

でも保冷剤で冷やすようにしてから、まったく痛みを感じなくなりました。照射の前後にきちんと肌を冷やせば、痛みを恐れる必要ナシです。

ケノンは肌色によって照射レベルを変えることができるので、もし痛みを感じるようならレベルを落とせばOKです。

コツ④ 美肌効果は気長に続けるとそこそこ実感できる

ケノンの美肌用カートリッジも使ってみました。

最初は「イマイチ効果わからないな…」と思っていました。

というのも、美容クリニックでフォトフェイシャルを受けたことがあるのですが、それと比較すると効果は弱いです。

フォトフェイシャルのように1回でしっかり効く!という実感は、正直ありません。

でも、1回1回の効果は少なくても、コツコツと気長に続けていると、少しずつ肌がキレイになってきたのがわかりました。

具体的には、

  1. 肌の白さが増した
  2. 毛穴が小さくなってきている
  3. ほうれい線が目立たなくなった

…という感じです。

美肌用カートリッジで効果を出すなら、2〜3ヶ月は続ける必要ありです。

ほかの人はどうなの?口コミまとめ

私の体験談を話したけど、人によっても捉え方は違うから、他の人の意見も聞いてみてね。


うん、そうしてみるね

購入前の疑問に答えます!Q&A

ケノンに興味があるけど、いろいろ聞きたいことがある!


なんでも質問してね。

照射可能な部位は?

ケノンが公式に照射OKの部位として公表しているのは、以下です。

  • ヒゲ、ワキ、胸毛、お腹、Vライン、腕、手の甲、指毛、モモ、スネなど、ムダ毛の気になるほとんどの部位

公式ページによれば、

※Iライン(陰部付近)、Oライン(肛門周辺)等の粘膜部位への使用や、小学生・中学生・高校生など20歳未満の未成年(お子様)へのご使用は、ご利用なされている口コミが非常に多いですが、メーカーで使用制限を設けておりご利用者様の自己責任となります。

…とのことです。

使っている人はいるけど、自己責任になるよ。

永久脱毛できる?

永久脱毛はできません。

これはケノンの性能が低いということではなく、そもそも家庭用脱毛器や脱毛サロンの脱毛機では、永久脱毛はできない決まりだからです。

永久脱毛ができるのは、病院やクリニックで行う医療レーザー脱毛だけ。

そのため「ケノンで永久脱毛ができる」とはいえませんが、使っている間に毛が薄くなったり、生えにくくなったりする効果は感じられます。

黒ずみができたりしない?

黒ずみは逆に「薄くなった」という声が多いです。

家庭用脱毛器で使われているフラッシュ脱毛のルーツは、美白のフェイシャルエステにあるので、美白施術と近い効果があるんですよね。

私は肌全体がワントーン明るくなったような気がする!

やけどなど後遺症のリスクは?

取扱説明書をよく読んで正しく使えば、重大な後遺症を引き起こすリスクは少ないといえます。

ケノンの累計販売台数は、なんと80万台を突破しています。たくさんの人が安全に使えている実績があるという意味では、ケノンは安心感があります。

ただ、何事にもいえることですが「絶対にリスクがない」とは、言い切れません。

少しでもおかしいと感じたら使用を中止する、肌の様子を見ながら使う、不安な症状が出たら皮膚科に相談する…など、自分で気を付ける意識は持ってくださいね。

男性も使用できる?

男性も使用できます。最近は男性の使用率が急激に上がっているそうです。

脱毛サロンとケノン、どっちがおすすめ?

脱毛サロンとケノンは一長一短。一概にどちらがいい!とは言い切れない関係にあります。

メリット・デメリットを表にしましたので、参考にしてみてください。

ケノンと脱毛サロンを比較
ケノン脱毛サロン
メリット◎家で照射ができる
◎何度でも照射ができる
◎照射期間を自分で決められる
◎部位の制限がない
◎照射を全部やってもらえる
◎家庭用脱毛器より効果が高い
デメリット△自分で照射するのが面倒△店舗までに行くのが面倒
△照射期間が決まっている
△契約した部位しか照射できない
価格69,800円(キャンペーン時)8回:約20万円〜
16回:約40万円〜

あとは、「どちらを面倒に感じるか」「お金をいくら出せるか」で人によって相性があります。

ケノンを買うべき?買わないべき?その指標

ケノンを買うべきか、買わないべきか、迷っちゃうな…


判断するときに使える指標を3つ、紹介するね!

多毛・剛毛ならケノンより医療レーザー脱毛がおすすめ

まず、「多毛・剛毛」で悩んでいる人は、ケノンよりも医療レーザー脱毛の方がおすすめです。

ケノンは家庭用脱毛器の中では、とても優秀です。しかし、永久脱毛ができる医療レーザー脱毛には、脱毛効果ではかないません。

「多毛・剛毛で、昔からムダ毛に悩んでいて…」

というタイプの人は、ケノンを買っても満足できずに、結局、医療レーザー脱毛をしたくなってしまうかも。

それなら、最初から医療レーザー脱毛にチャレンジすれば、お金のムダを省けます。

脱毛クリニックに行くほどではない毛の人にケノンは最適

「いや、高いお金を出して医療レーザー脱毛をするほどのムダ毛ではないんだよね」

という人は、ケノンがぴったりです。

ムダ毛が生えてはいるけれど多毛・剛毛ではない人や、脱毛経験者で残った毛を脱毛したい人にとって、ケノンはとても良い選択肢だと思います。

多毛・剛毛でなければ、ケノンでもしっかり効果を感じられます。

実際、私はケノンで十分だった!

出費をできるだけ抑えて脱毛したいならケノンは最安級

ケノンはキャンペーン適用でも69,800円という価格。これだけ見ると「高い!」と感じる人もいるでしょう。

でも、脱毛サロンやクリニックと比較すると安いのです。きちんと脱毛できる方法の中では、最安級といって良いと思います。

家庭用脱毛器とサロンとクリニックの料金比較
ケノン脱毛サロン脱毛クリニック
69,800円
(キャンペーン時)
18万円〜
(全身12回)
20万円〜
(全身5回)

「脱毛サロンやクリニックに通えたら理想だけれど、そこまでのお金がない…」という人にとっては、ケノンはおすすめです。

お金だけでなく「時間がない人」にも当てはまります。

サロンやクリニックが近くにない、育児中で外出できないなど、自宅で脱毛ケアする必要性のある人にとっては、ケノンが有力な選択肢です。

なるほどね!よくわかったよ〜! 私はできるだけ出費を抑えたいし、家で脱毛したいから、ケノンが合っているみたい。

うん、私もケノンを買って良かったよ! 何より「また生えてきちゃっても、また照射すればいいだけ」っていうのがいい。 回数で契約するサロンやクリニックと違って、追加料金がかからないから。

確かに!

偽物のサイトに注意!購入は公式が安全

最後に、ケノンを購入したい人に注意点をお伝えします。

ケノンは大人気の脱毛器なので、偽物サイトがたくさん出ています。

日本製で信頼できるのがケノンの良いところですが、海外製の類似品も出回っているようです。

ネットから購入するときには、公式サイトであることをよく確認しましょう。

公式のデザインが派手なので「これが公式?」と迷ってしまうかもしれませんが、リンクを以下にはっておきますね。

正規品を買わないと損しちゃうもんね。気を付けなくちゃ。


うん、必ず公式サイトからチェックしてみてね!

-ケノン