ケノン

ケノンで念願のハイジニーナに?実体験からVIO脱毛方法と効果を徹底解説

イベントやデート前日に必須である「アンダーヘアの処理」というタスクはとても億劫ですよね。

今回は「自宅で簡単にVIOを脱毛できたらいいのに」という悩みを抱えた筆者の経験談から、家庭用脱毛器『ケノン』を使用した効果的なVIO脱毛方法をご紹介します。

ケノンでハイジニーナになることは可能?

あー!また剃刀負けしてアンダーヘア周辺がかゆくなっちゃった。VIO処理ってどうしたらいいの?

脱毛して完璧なハイジニーナになるのが1番楽よ

  

ハイジニーナって、VIOラインのアンダーヘアをすべて脱毛処理することよね。でも脱毛サロンで他人に処理してもらうのは恥ずかしくて気が引けるなぁ。

だったら「ケノン」がオススメ。自宅で綺麗にVIO脱毛することが可能よ!

  

ケノンってVIOにも使用できるのね。私もハイジニーナになれるかな?

結論から言って、ケノンでハイジニーナになることは可能です。

筆者は、ケノンを使用してVIO脱毛を実施しましたが、初めは正しい方法がわからず失敗してしまうことがありました。

VIOはデリケートなゾーンであるため、普段の脱毛よりも注意する点があります。
今回は、筆者の実体験を通して、ケノンを使用した効果的なVIO脱毛方法をご紹介します。

Vライン脱毛のやり方

初めはケノンを使用したVライン脱毛方法を紹介するわ

①お好みの形を決める

 
ハイジニーナにしたい方
毎回全ての毛を剃るだけなので簡単です。

毛を残したい方
最初の2ヶ月は全剃りすることで、毛量を全体的に減らすことができるのでオススメです。

2ヶ月目からはアンダーヘア用のテンプレートを使用して剃ると、失敗することなく綺麗に形を残すことができるのでオススメです。

②事前にシェービングを行う

ケノンを使う前に、電動シェーバーなどを使ってVラインの毛を剃ります。

アンダーヘアはデリケートな部位で、太い毛が多く生えているから綺麗に剃ることが難しいの。肌を痛めないために以下の3つのポイントを守ってね。

 
 

ポイント1 ハサミで剃りやすい長さに切る

毛の量が多い人は特に毛が絡まりやすいため、長い毛は事前にハサミで剃りやすい長さに切ります。

ポイント2 明るい場所で、無理しない程度に剃る

ケノンは黒い部分に反応して照射するため、根本まで完璧に剃る必要はありません。

明るい場所でシェービングクリームを使用し、毛の生える方向に沿って上から下に剃ります。

カミソリを持っていない方の手で皮膚を引っ張るようにすることで、肌から毛が離れ、肌を傷つけずに毛だけを剃ることができるわ。

ポイント3 ボディークリームやローションは直前の使用は控える

ボディークリームやローションはケノンの照射効果を薄めるため、直前の使用は控えましょう。

肌を乾燥させないオススメの方法は、ケノンを使用する前日の夜に「シェービング→ボディークリーム・ローションを塗る」工程を済ませておき、翌日にケノンを使用することです。

③シェービングした部分を保冷剤で冷やす

VIO脱毛をする前に冷却しないと、強い痛みを感じたり火傷をする危険があるの。必ず保冷剤を使って5~10秒程度、感覚がなくなる程度まで照射する部分を冷やしてね。

  

④ケノンを使用して照射する

使用するカートリッジを選びます。

ケノンを購入したらたくさんカートリッジがついてきたけど、どれを使えば良いのかわからないわ

 

毛が太いVゾーンにオススメのタイプは「ストロングタイプ(別売り)」「スーパープレミアムタイプ(ケノンに付属)」です。

「ストロングタイプ」は数あるカートリッジのなかでもっとも強力なパワーを持っているから、手強い毛質の人にはオススメのカートリッジよ。ぜひ単品購入してみて。

②照射レベルを選びます。

ケノン電源を入れて照射レベルを設定しましょう。
ケノンの照射レベルは1~10まで設定が可能です。

はじめに2ヶ月はレベル1~5の低いレベルで光を照射して、刺激になれたときにレベルを上げることで肌トラブルのリスクを防ぐことができます。

③サングラスを着用

ケノンは肌に密着していないと照射されない安全設計になっていますが、目に照射すると危ないので、サングラスは必ずつけましょう。

④照射ボタンを押してVラインに照射

椅子に座る、もしくは立った状態で行います。
ケノンをあてるときは肌に対して垂直になるように心がけましょう。

⑤次に照射する部分を冷却→照射を繰り返します

1回のショットごとにしっかりと肌を冷却することで、肌を痛める危険性を少なくします。

Vライン全体の脱毛にかかる時間は毎回20分くらいです。

公式サイトはこちら

IOライン脱毛のやり方

①ハサミで毛を短くする

ケノンの脱毛は、黒い部分に反応して照射を行うため、刺激を弱くするためにIOラインの毛は事前に短くカットしましょう。

②照射する部分をシートで拭き、冷却を行う

IOラインは粘膜に近いため、シートで拭くかシャワーを浴びた後に脱毛を行いましょう。

この時、除菌シートは刺激が強くて乾燥などのトラブルを招きやすいため、や赤ちゃんお尻拭きシートなどのノンアルコールシートを使用するか、シャワーを浴びるのが面倒な場合は、水を含めたキッチンペーパーなどで拭くだけでも良いと思います。

③ケノンを使用して照射する

①使用するカートリッジを選びます

IOラインは痛みを感じやすいエリアなので、強度が高すぎない「スーパープレミアムタイプ(ケノンに付属)」がオススメです。

②照射レベルを選びます

ケノンの電源をいれます。

IOラインは痛みが強く出るので照射レベルは1~4で様子を見てください。

③サングラスを着用

目の保護のためにサングラスは絶対につけましょう。

④照射ボタンを押してIOラインを照射します

Iラインの場合:床に鏡を置き、足で鏡をまたぐように座ります。
Oラインの場合:床に鏡を置き、足で鏡をまたぐようにしゃがみます。

Iラインは粘膜への照射を避けるためにパンツは穿いたままで、
ケノンを持たない方の手で白い布などを使用して粘膜部分をカバーしながら照射すると安全です。

Oラインは肛門部分を絆創膏などでカバーして照射すると安全にできますよ。

低いレベルでも痛みを感じる場合は、「連続ショットモード」を使うようにしましょう。

⑤次に照射する部分を冷却→照射を繰り返します

IOライン全体の脱毛にかかる時間は毎回25~30分くらいです。
慣れてくると15-20分程度で終わらせることができます。

ケノンでIO処理はNG? 脱毛時の注意点

筆者の経験から感じたVIO脱毛時の注意点を紹介します。

ケノン本体でIO処理は非推薦

粘膜部分に非常に近いIOエリアの処理は危険が伴うから自己責任で行ってね。

筆者個人としては、3~4の照射レベル、スーパープレミアムカートレッジを使用したIO部分の処理に問題はありませんでした。

また、ケノンの特典商品である「高周波まゆ毛脱毛器」を使用して、より簡単にIラインの処理を行うことができます。

ピンセット型であるまゆ毛脱毛器を使用してIラインにある毛を掴み、高周波の振動によって毛を緩めることができるため、痛みをほぼ感じることなくスルッと抜くことができる優れものです。

毛を剃る際、毛抜きや除毛クリーム、脱毛ワックスは禁止

ケノンの照射光は、毛に含まれる黒い色素に反応し毛を生えにくくする作用があります。

そのため、毛抜きや脱毛ワックスで毛根ごと抜いてしまうと照射しても反応せず、せっかくの脱毛効果がなくなってしまいます。

ほくろや黒ずみが気になる場所には白いテープか絆創膏をはる

ケノンがほくろに照射してしまうと火傷の原因になってしまうため、注意が必要です。

VIO付近にあるほくろや黒ずみはカバーしてしまう方が、照射するときに楽なのでオススメです。

VIO脱毛前後のケア方法

筆者の経験から感じたVIO脱毛前後のケア方法を紹介します。

脱毛前のケア

カミソリで毛を剃る前に、肌をホットタオルで温める。

肌の乾燥は、カミソリ負けが起こる原因の1つよ。ホットタオルで温めるかシャワー後に行ってね。

冷却をショット毎に行う

肌を保冷剤で冷やすと痛みが感じにくくなるから、保冷剤は2、3個用意しておくと便利よ

脱毛後のケア

冷却をショット毎に行う

照射後は毎回冷却すると、後々肌のトラブルが起こりにくいからオススメよ

照射部分を化粧水やクリームで保湿する

肌のトラブルを避けるために、しっかり保湿をすることが大切よ。肌に問題が起きてしまうと、高いレベルでの照射ができなかったり、脱毛を継続するのが難しくなってしまうの

VIO脱毛のQ&A

筆者が実際の使用経験を通して、ケノンVIO脱毛に関する質問に回答します。

使用頻度はどのくらい?

筆者の経験から、VIOへの使用頻度は2週間に1回程度がおすすめです。

使用してるうちに薄くなってきたと感じたら、照射頻度を3週間に1回へと下げていきました。

VIO体毛の成長サイクルは2週間だから、成長期のタイミングに合わせて照射することで脱毛の効果が高まると言われているわ。

ツルツルになるまでの必要な回数は?

照射レベルと毛の体質によります。

筆者は、剛毛かつ照射に慣れるまでの2ヶ月くらいは刺激の少ないレベル1~5を当てていたため、4ヶ月経った8回目ぐらいから少しずつ脱毛の効果が出てきました。

段々とポロポロと毛が抜けてくるようになり、完全に生えてこなくなると感じるまでは1年半程度かかりましたが、元々アンダーヘアが薄い方や、最初から照射レベルを7-9にしている方であれば、より早く効果が現れると思います。

痛みはあるの?

筆者は、初めはカミソリで剃った直後に保冷剤で適当に冷却を行い、照射レベルをいきなり6で試したところ、照射後に痛みを感じてしまいました。

そのため、カミソリでの事前処理は前日に済ませておき、肌を休ませた翌日に保冷剤での冷却をしっかりとショット毎に行い、照射レベルは1から少しずつあげていくように変更したところ、痛みはほぼ感じなくなりました。

肌をいたわったケアを行うことが大切なんですね!

男性でもVIOに使用できる?

ケノンの脱毛器は、性別にかかわらず使用可能です。

毛の濃い人は、

  • 照射レベルを7~9に変更
  • カートリッジを「ストロング」タイプに変更

などの調節をすることでより効果が出てくると思います。

実際、筆者の旦那もVラインに使用しましたが、以前より目に見えて薄くなったと喜んでいました。

VIOの白髪や金髪部分にも使用できる?

ケノンの光脱毛器は、肌の黒い部分に反応して照射を行うため、残念ながら白髪や金髪部分に効果はありません。

黒髪以外の毛を脱毛したい場合は、ケノンの特典としてついてくる「高周波まゆ毛脱毛器」を使用することで照射せずに脱毛することが可能です。

VIO脱毛効果の口コミ

実際にケノンでVIO脱毛を実施した方々から寄せられている感想をまとめました。

あまりよくないと思いますが、1週間1度の照射しています。
VIOは3カ月ほどで生えてこなくなりました!

肌が強い方は高い使用頻度で完了までの回数も短くすることもできるようです。

公式サイトは2週間に1度の使用を推奨しているため、自己責任で行ってください。

デザインも考えずに照射していたら変な形になってしまったので、めちゃくちゃ後悔しています…
効果はすごく出ているので満足はしています!

ケノンの脱毛器は効果が強いため、ツルツルのハイジニーナにしたい人に向いている商品と言えると思います。

逆に、少し量を減らしたい程度の人は、照射レベルを下げるなどの調節が必要です。

VIOは痛いという口コミをたくさん見たのでレベル2で照射してみたのですが大丈夫でした!
6からちょっと痛みがあります。

ケノンの脱毛は、肌の黒い部分に反応して照射を行うため、VIOに黒ずみがあると感じる人はレベルを下げて行うとより安全です。

また、別途ケノンで購入可能の「スキンケア」カートリッジを使用することで黒ずみを改善することもできます。

スキンケアカートリッジは、美顔器として顔に使用することができるのでオススメの商品です。

脱毛サロンとケノンの比較

筆者は、ケノンに出会う前に脱毛サロンでVIOを体験したことがあります。

サロンのキャンペーン中で値段がお得だったのですが、その分人気が高くて予約を取るのが非常に難しく、せっかく予約した日に生理になってしまったりと、継続的に通うことが難しく途中で諦めてしまったのですが、脱毛サロンにもケノンにもそれぞれ「メリット」と「デメリット」があります。

そのため、平均的な脱毛サロンと、ケノン脱毛器の特徴を比較してみました。

ケノン脱毛サロン
価格69800円80000円~140000円(12回)
使用頻度2週間に1回(のちに3週間に1回)2週間~3ヶ月に1回
ハイジニーナまでの回数30~35回程度(18ヶ月)8~20回程度(18~36ヶ月)
痛みがあった際の調節調節が自分で楽にできるスタッフに調節を頼まないといけない
冷却方法ショット毎に自分で行う脱毛器に冷却機能がついている
無い場合はスタッフが冷却してくれる

ケアや調節を自分で行わなきゃいけないのはデメリットだけど、外に出かけることなく、安い値段で無制限に行えるのがケノンのメリットね。


公式サイトはこちら

ケノン脱毛器の購入方法

ケノンの脱毛器は、公式サイトから購入することができます。

タイミングによって、IOラインの処理に使用できる眉毛脱毛器などの特典がついてくることがあるので、購入前に特典品を確認することをオススメします。

ケノン脱毛器のまとめ

  • ケノンでハイジニーナになることは可能
  • IOラインは眉毛脱毛器を使用するとより楽に行える
  • 肌トラブルを防ぐために脱毛前後のケアを念入りに行う
  • 痛みを感じたらレベル調節・カートリッジ調節・連続ショットモードに変更

「値段をかけずに、家で綺麗なハイジニーナを目指したい」と感じている人にケノンの光脱毛器はオススメの商品です。

自宅で過ごしているスキマ時間を利用して、理想のVIOを作ってみてはいかがでしょうか?

-ケノン