脱毛は小学生でもできるの?キッズ脱毛について徹底解説!

脱毛は小学生でもできるの?キッズ脱毛について徹底解説!

調査員:のぞみ

今は、女性のみならず男性の脱毛など、大人の脱毛が一般的になる中、最近は子どもの脱毛も注目されています。

プールの授業や友だちの目が気になる、バレエなど習い事で肌を見せることが多い、将来ムダ毛で苦労しないためなど、目的はさまざま。

自分自身が思春期に悩んだ経験から、子どもやらせたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、子どもに関することだからこそ「子どもが脱毛できるの?」「何歳から始められるの?」「危険じゃないの?」と大人の脱毛以上に慎重になるものです。

キッズ脱毛について知ることで疑問や不安を無くして、後悔のない選択をしましょう!

「キッズ脱毛」って最近よく聞くけど、本当に小学生で脱毛できるのかな?

成長期に行う脱毛は、大人の脱毛とは違った注意点はあるけど、小学生でも脱毛はできるわ。

そうなんだ!でも、成長に悪い影響があるんじゃないかと心配・・・

昔は小学生の脱毛なんてなかったから、少し心配な気持ちがあるわ。でも大丈夫。子どもでも安全に脱毛する方法があるのよ!

目次

キッズ(ジュニア)脱毛って何?

キッズ(ジュニア)脱毛って何?

そもそも、キッズ脱毛ってなんだろう?

キッズ(ジュニア)脱毛とは何か、基本について紹介します。
キッズ脱毛について知ることで、正しい判断ができるようにしましょう。

小学生が行う脱毛のこと!

キッズ脱毛とは、小学生を中心とした子ども向けの脱毛のことです。

効果や持続力などの懸念点もありますが、

  • 思春期のストレス軽減
  • 自己処理による肌トラブルの回避

などさまざまなメリットがあります。

キッズ脱毛を始める年齢は?

脱毛方法やサロン・クリニックによって異なりますが、3歳から始められる脱毛店もあります。

しかし、一般的には毛が濃くなったり、本人が気になり始める小学生高学年が多いでしょう。

脱毛を始めるタイミングは、初潮がきてからを勧められることが多いわね。
生理が安定してからの方が毛周期も安定しやすく、脱毛効果が期待できるのよ!

親の承諾書があれば脱毛を行うことができる

未成年の脱毛には、親の承諾が必要になります。

お金を支払っても、子どもだけの判断でサロンやクリニックと契約することはできません。

脱毛方法やサロン・クリニック、家庭用脱毛器によって対象年齢は異なりますが、対象年齢以上であれば子どもであっても脱毛をすることは可能です。

成長期の子どもの毛の特徴を理解して行う必要がある

一度脱毛を行なっても、成長期の子どもの場合は、毛が濃くなったり再び生えてきたりする可能性が否めません。

毛周期が不安定だったり性ホルモンが分泌されたりと、脱毛の効果を感じにくい恐れもあります。

大人とは違った子どもの毛の特徴を理解して、脱毛を進めるようにしましょう。

小学生が脱毛をするメリット・デメリット

近年、注目されているキッズ脱毛。
検討する上で、メリット・デメリットをしっかりと理解する必要があります。

ここでは、小学生が脱毛するにあたり、期待できること、配慮すべきことを紹介します。

メリット

脱毛によって自己処理の頻度を減らしたり、気にならない程度に薄くしたりするだけでもメリットはあります。

キッズ脱毛を行うことで得られるメリットを2つ紹介します。

思春期の悩みを解決することができる

心や体が成長する思春期。
同時に、体の毛が目立ってくる時期でもあります。

心も不安定な時期であるため、周囲の友だちの目が気になって、ムダ毛がコンプレックスになる子どもも少なくありません。

プールや体育の授業などで、意外と子どもが肌を露出させる場面は多いもの。
友だちとの関わりの中で傷ついたり、自分に自身が持てなくなったり心に傷を負ってしまう可能性もあります。

脱毛によりストレスを軽減できるのも、健やかな子どもの成長にとって大切なことです

私も小学生頃のプールの授業で、友だちよりもムダ毛が濃くて悩んだ時期があったな…

心と体が成長する思春期は、ムダ毛がコンプレックスになることも少なくないわよね。
脱毛で悩みを減らせれば、勉強や授業への集中力もアップできる可能性もあるしね!

自己処理による肌ダメージをなくすことができる

ムダ毛が気になった時に、自己処理の方法としてカミソリやシェーバー、毛抜きを使用することが一般的です。

子供は使用することに慣れていないため、ケガをしてしまう可能性が高くあります。
また、子どもは肌が柔らかいため、肌荒れや傷などの肌トラブルを起してしまう危険性も。

この頃から繰り返し自己処理をすることで、ダメージが蓄積してしまい色素沈着を起こす恐れもあります。
脱毛を行うことで将来のために綺麗な肌を保ったり、ケガの心配をなくしたりするメリットがあります。

デメリット

キッズ脱毛にはこんなにメリットがあるんだ!それなら脱毛は、早く始めた方が良いだね!

キッズ脱毛には、メリットもあるけど、注意しなければならない点もあるわ。しっかりとリスクも把握して判断をしていきましょう!

キッズ脱毛に関するデメリットに関しても、しっかりと理解して脱毛を行いましょう。
ここでは、子どもだからこそ気をつけたい脱毛の懸念点について解説します。

成長期のため、大人になってから毛が生える可能性がある

20歳前後までは、体のさまざまな細胞が活発に活動しています。

体の成長過程では、いくら脱毛を行っても毛が再生する可能性があるのはデメリット。
子どものうちは、永久脱毛ではなく減毛を目標にするのがおすすめです。

肌が薄いため大人の脱毛以上にアフターフォローが必要

子どもの肌は柔らかく薄いため、脱毛前後の保湿がより重要です。

子供は外で遊んで紫外線を浴びたり、動き回って肌と服が擦れたりしますよね。
その結果、日常生活の中で、肌へのダメージが多く発生することに。

脱毛後は特に肌が敏感になっているため、保湿をしっかりと行いゆったりと家で過ごしましょう。

アフターフォローがしっかりできていないと、赤みや痒みなどの肌トラブルが発生する可能性が高まります。

毛周期が不安定なため、効果を実感しにくい可能性がある

毛周期が不安定なため効果を実感しにくい可能性がある
主に10~12歳頃に発生する第二次性徴期よりも前に脱毛を行なった場合、効果が感じられない恐れがあります。
この時期は、性ホルモンが活発になるため、毛が濃くなる傾向があるんです。

更に毛周期という毛の成長サイクルに合わせて、お手入れを行うことで効率的に脱毛を行います。
だから大人の脱毛でも、毛周期は重要なポイント。

しかし、子どもは発達段階だから、毛周期が安定していません。
成長サイクルに合わせた手入れが難しく、効果を実感しにくい可能性があるのはデメリットです。

脱毛を行なっても再び毛が生えてきたり、濃くなったと感じる可能性があります。

女の子であれば1つの目安として、初潮後に脱毛を始めた方が効果を感じやすいでしょう。
効率的かつ確実に脱毛を行いたいなら、ある程度発達が完了した20歳前後から始めることをおすすめします。

初潮が始まっていても、まだまだホルモンバランスが安定していない時期。
ストレスや生活習慣の乱れで毛周期も安定しないから、ムダ毛が増えたと感じる可能性もあるから注意してね!

小学生が脱毛を行う時の注意点!

ここでは、小学生が脱毛を行うにあたり、特に注意したい点について解説します。

大人とは、肌や毛の状態が異なります。
事前に確認を行い、トラブルを避けましょう。

子どもの肌は、とっても敏感!しっかりと注意点を把握して、脱毛を進めていきましょう!

子どもが脱毛へ前向きなのか確認を行う

脱毛は1回で終わるものではありません。
また、痛みが発生してしまう可能性やアフターケアの必要性があります。

子ども自身が脱毛に対して、前向きでないと続けることは難しいです。
脱毛を始める前に、しっかりと意思を確認しましょう。

サロンやクリニックで脱毛を行う場合は、必ず事前にカウンセリングがあります。
当事者である子どもと一緒に、親子で行ってくださいね。

親子で一緒にカウンセリングを受けることで、脱毛へのイメージを子ども自身がしっかりと持てるはず。

脱毛前後は日焼けをしないようにする

脱毛前後は日焼けをしないようにする

脱毛は毛のメラニン色素に刺激を与えて行う仕組みです。

そのため、脱毛時に日焼けをしていると、肌の表面にも反応してしまいます。
痛みを強く感じたり、ヤケドをする可能性があるんです。

子どもは学校の授業や友達との遊びなど、屋外で過ごす機会が多いので注意してください。
部活でも、日焼けをする可能性がありますよね。
UVカット加工が施された長袖を着用するか、日焼け止めを塗って紫外線対策をする必要があります。

脱毛器によっては、肌の色が元々黒かったり日焼け肌では施術を受けられないことが。
子どもの肌の色に適した脱毛器がある、脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶことが大切です。

傷や火傷、虫刺され、あざなどを作らないようにする

肌が弱っている部分に脱毛を行うと、炎症の悪化や強い痛みを感じる恐れがあります。

特に、腕や足などは、子どもがケガをしやすい部分ですよね。

なかなか難しいかもしれないものの、キッズ脱毛に通う期間中は、ケガをしないように気をつけるのも大切なポイントです。

低い照射レベルから始める

キッズ脱毛などを行なっている脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、子どもの薄い肌に合わせて低い照射レベルから始める場合が多いです。

中高生も肌は敏感だから、照射レベルを調整できることが重要になります。

家庭用脱毛器を使用する場合も、照射レベルを細かく調整できるものを選ぶようにしましょう。

子どもの肌にあっていない高レベルで照射を行なうと、痛みやヤケドを発生する危険性があります。

痛みが少ない方法を選ぶ

脱毛は感じ方に個人差があるものの、痛みが発生する可能性があります。

大人が我慢できても、子どもにとってはストレスに感じてしまう可能性も。
また、子どもは皮膚が薄いため痛みを感じやすい傾向もあります。

脱毛方法やサロン・クリニックによっても痛みの強さは異なるため、事前に痛みの可能性を確認すると良いでしょう。

カウンセリングの際に、お試し脱毛を受けられる場所も多くあるため必要に応じて行なってもらいましょう。

普段から保湿を心がける

肌が乾燥していると、脱毛の効果が弱くなってしまいます。
更に施術後は、少なからず肌へダメージが。
肌が非常にデリケートなので、日々のお手入れでしっかり肌を守りましょう。

紫外線対策や施術当日はお風呂に入れなかったりと、生活をするうえで注意点が増えます。
日頃からボディクリームやローションを塗って、保湿を心がけるのがおすすめです。

子どもの肌は乾燥しやすく、日焼けや洋服とのスレでダメージを受けていて肌トラブルが発生しやすい傾向にあります。
学生は部活動や体育の授業など身体を動かすことが多いため、脱毛をした後の数日間は行動にも注意しなければなりません。

子どもの肌はとっても敏感なの!
しっかりと注意点を把握して、脱毛を進めましょうね。

小学生の脱毛方法は3つ!

キッズ脱毛は、大人とは違った特別な方法でするのかな?

脱毛の選択肢は、大人と変わらないわよ。
ただ、どの脱毛方法を選ぶかは、子どもに合わせて慎重に判断したいわね!

キッズ脱毛を行うための方法について、紹介をします。
選択肢を知ることで、家庭や子どもにぴったりな脱毛方法を選択しましょう。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使用した脱毛は、自宅で行うことができるため、他の脱毛方法と比較しても気楽な方法です。

お店に通う必要がないから、少ない負担で続けられます。

また、知らない大人に体を見られたり、慣れない場所に行ったりする必要がありません。
子どもの心理的ストレスを軽減できるメリットがあります。

ただ、子ども自身で脱毛を行なうと、ヤケドや失明など思わぬトラブルを招いてしまう恐れが。
施術は両親が行うなど、ルールを決めて行うようにしましょう。

繰り返し使用することで、脱毛サロンと同様の効果が得られます。
でも業務用脱毛器と比較すると、家庭用脱毛器の効果は弱いです。

効果を感じるまでに、時間がかかるのはデメリットになります。

お家でできる家庭用脱毛器は、子どもも安心して脱毛できるからぴったりよ!
ただ、敏感な子どもの肌を家庭で管理する必要があるのが注意点ね。

脱毛サロン

脱毛サロンは、繰り返し照射を行うことで一時的に毛が生えてくるのを抑えます。

医療脱毛クリニックと比較すると効果は低く、永久脱毛を行うことは無理
ですが、痛みや肌ダメージが少ないというメリットもあります。

また、医療脱毛クリニックと比較すると、1回あたりの料金は安いのもポイント。

キッズ脱毛~中学生ぐらいまでは、脱毛途中で毛が復活したり濃くなったりする可能性があるため、脱毛サロンがおすすめです。

思春期の特性でホルモンバランスが安定していないケースも。
効果を実感しにくい可能性
がありますが、

  • 日頃のムダ毛処理の回数が減る
  • 全体的に毛が薄くなる

など、子どものムダ毛へのコンプレックスやストレスは減らせるでしょう。

効果は弱いけど、痛みや肌ダメージの少なさからみると子どもには脱毛サロンがおすすめね。
脱毛サロンなら、肌の状態を相談してプロの意見を聞きながら進られるから安心よ!

医療脱毛クリニック

医療脱毛クリニックは、永久脱毛を行うことができます。

1回あたりの料金が少し高額ですが、脱毛完了までのトータルコストを比較すると脱毛サロンより安いという声も。

脱毛効果が高い一方で、肌ダメージや痛みも大きいのが医療脱毛の特徴です。

医療脱毛クリニックに通う場合には、事前カウンセリングで子ども自身に照射テストを受けてもらって痛みを確認するようにしましょう。

また、効果の高い医療脱毛だとしても、体の発達途中に行うため再び毛が生えてくる可能性</spanを忘れないでください。

脱毛効果が高い分、痛みや肌へのダメージが大きいのが医療脱毛クリニックなの。
だから永久脱毛は、大人になってから行う選択も考えてね。

小学生からできる脱毛の選び方

キッズ脱毛を選ぶ際に、気を付けたいポイントを紹介します。

脱毛は、繰り返し施術を行う必要があります。
事前にしっかりと調べて、無理なく続けられる脱毛方法を選びましょう。

子どもの脱毛は、色々と気をつけることがたくさん…
どこが良いのか、決めるのが難しそう。

最近はたくさんの選択肢があるからこそ、選ぶのが難しいわね。
キッズ脱毛などにぴったりの脱毛サロンやクリニック、家庭用脱毛器の選び方を紹介するわね!

肌へのダメージが少ないこと

デメリットでも解説しましたが、子どもの肌は薄くて弱いためダメージを受けやすい傾向が。
そのため、肌へのダメージが少ない脱毛方法を選ぶ必要があります。

具体的には、

  • 照射レベルを大人よりも下げて行なってくれる
  • 冷却や保湿などの施術後のフォローがしっかりしている

などをチェックしましょう。

キッズ脱毛の経験・口コミがあるか

キッズ脱毛の経験・口コミがあるか

近年注目されているものの、キッズ脱毛は大人の脱毛と比較すると事例が多くありません。
大学生になれば口コミは多いけど、中高生だと少ない状況。
子どもの脱毛は、大人とは異なった注意が必要になります。

キッズ脱毛ついて、

  • どのような宣伝を行なっているか
  • 口コミがあるのか

を事前に調べて、思春期の肌や毛の状況に合わせた対応をしてくれるか確かめましょう。

痛みが少ない脱毛方法

肌が敏感なため、子どもは大人以上に痛みを感じやすい傾向があります。

脱毛サロンやクリニックで行われる脱毛には、

  • IPL脱毛
  • S.S.C脱毛
  • SHR脱毛

など様々な脱毛方法があります。

サロンやクリニックによって施術方法や扱っている脱毛機が異なるため、自分の肌質や毛質に適した施術方法を選びましょう。
特に医療脱毛クリニックは、痛みが発生する可能性が高い傾向があります。

カウンセリングでお試し脱毛を受けられる場合も多いため、必要に応じて行ないましょう。

子どもに合わせた施術をしてくれること

カウンセリング時に、子どもの肌状態や毛質をチェックしてくれるか確認したり、不安な点は相談しましょう。

子どもの肌は敏感です。
1人1人の肌にあった施術を行なってくれる脱毛店でないと、肌トラブルが発生してしまう可能性が高まります。

また、スタッフの子どもへの対応もチェック。
脱毛サロンやクリニックによって、スタッフの接客や脱毛の技術が異なります。

思春期の学生は、大人の些細な言動で傷つくことがあるもの。
脱毛のためとはいえ、慣れない大人に体を触られたり見られたりすることに、思春期の子どもは不安を感じる可能性があります。
精神的に不安定になることもあるため、スタッフの接客が丁寧で親切かどうかチェックしましょう。

また、身体が成長段階の学生は、脱毛効果を実感しにくいことがあるので、施術を正しく丁寧に行ってくれるかの確認も重要です。

子どもが安心して脱毛を受けられる環境かもチェックして、ストレスなく続けられることが大切です。

親子で一緒に通えるかどうか

親子で一緒に通えるかどうか
あなたがすでに脱毛に通っている場合、親子でまとめて施術を受けられた方が楽ですよね。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによっては、キッズ割などのキャンペーンを行なっている場合もあります。

親子で通って、一緒にムダ毛を無くすのもおすすめです。
キッズ脱毛のキャンペーンを行なっている脱毛サロンを、いくつかピックアップしてみました。

サロン名キャンペーン名キャンペーン内容対象年齢
ストラッシュキッズ割最大10%OFF10歳以上
エピレキッズ脱毛Lパーツ2回最大95%OFFなど7歳~15歳
脱毛ラボキッズ脱毛割全身脱毛コース20,000円引き15歳以下
キレイモ母娘割最大20,000円OFF年齢制限なし

サロン別の脱毛が開始できる年齢

サロン別の脱毛が開始できる年齢

キッズ脱毛には、脱毛サロンがぴったり!
ただ、脱毛サロンによって対象年齢や条件が違うの。
事前にしっかりと確認をしましょう。

脱毛サロンは痛みや肌ダへのメージが少ないため、キッズ脱毛におすすめです。

でも脱毛サロンによってキッズ脱毛の開始年齢が異なるので、代表的な脱毛サロンの対象年齢を紹介します。

ミュゼ

ミュゼは年齢制限はありません。

ただ、初潮をむかえ毎月生理が安定してきていることが契約条件とされています。

そのため、個人差はありますが10~12歳程度から開始できるでしょう。

脱毛サロンが使用する光脱毛の中でもS.S.C.方式を採用しています。
痛みや肌ダメージが少ないため、キッズ脱毛にはぴったりです。

部分脱毛プランも多いので、気になる部分から脱毛を始められます。

キレイモ

キレイモは、年齢制限や契約条件はありません。

ただ、20歳未満の場合は親の承諾書が必要になります。
また、学割もあるため、小学生から始めると安く脱毛できます。

脇脱毛1回無料のキャンペーンも行なっているので、お試しで痛みや肌へのダメージなどを確認できるのが嬉しいポイントです。

銀座カラー

銀座カラーの対象年齢は16歳以上で、2回以上生理が来ていることが条件となります。

そのため、小学生で行うキッズ脱毛は対象外です。

注意点はあるが、小学生からでも脱毛はできる!

ここまで記載したように、小学生からでも脱毛を行うことは可能です。

ただ、キッズ脱毛をしても発達段階なので、脱毛の途中で毛が濃くなったり、新たに生えてきたりする可能性があることをしっかりと認識して行いましょう。

思春期は心が敏感になる時期でもあります。
体の毛が濃くなったり、周りの目が気になったりして、ムダ毛がコンプレックスになってしまう可能性も。

将来の体や心に大きく影響を及ぼす時期です。
脱毛を行うことで、悩みが解決するならば、親としてもぜひ協力したいところです。

キッズ脱毛のメリット、デメリットをしっかりと認識して、後悔のない判断をしましょう!

キッズ脱毛の良いところ、悪いところをしっかりと知って、今始めるべきか判断をしましょう!悩んでしまう場合は、無料カウンセリングで相談してみるのもおすすめよ。


脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!
家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。


他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。


セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。


頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。


初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次