メンズ脱毛

【メンズ脱毛】効果が出るまでの回数や期間を解説!男の脱毛ってアリ?

【メンズ脱毛】効果が出るまでの回数や期間を解説!男の脱毛ってアリ?
近年、脱毛に興味を持つ男性が増えています。
一方で「脱毛って何回行けばいいの?」「痛いって聞いたんだけど」「腕や胸もやった方がいいのかな…」など疑問もまた多いようです。
「メンズ脱毛」と一口に言っても方法はさまざまで効果や費用もそれぞれ違います。
このページではメンズ脱毛の種類から効果が出るまでの回数や期間はもちろん「そもそも男の脱毛ってアリなの?」という疑問まで一気に解説します。
最後まで読み終わったあなたはムダ毛とサヨナラしたくなっているかも?

【脱毛方法ごとのメリット・デメリット】

最近ヒゲが目立ってきたし脱毛でも通おうかな…
たつやはハーフパンツ多いしスネ毛もやった方がいいな
う、確かに…。
そもそも脱毛って言っても医療とかエステとか決めてるのか?
医療?エステ?なんかりょうは詳しそうだね
俺は医療脱毛通ってるからな。脱毛って言っても色々と種類があるんだよ
さすがイケメン…!じゃあ俺にも色々教えてよ
それじゃあまずは脱毛の種類からだな

【三種類の脱毛方法とメリット】

脱毛をするというと皆さんはどのような方法を思い浮かべるでしょうか。
実は「脱毛」と一口に言っても医療レーザー脱毛、光脱毛、電気脱毛などさまざまなアプローチがあります。
脱毛方法によっては効果や回数、価格などが大きく違ってくるため、脱毛を通うお店を決める前にそれぞれのメリットやデメリットを十分に知っておく必要があります。

ここでは3つの脱毛方法の違いを表で簡単にまとめました。

脱毛方法による違い

脱毛の種類レーザー脱毛美容電気脱毛光脱毛
施術機関クリニック美容サロン
効果永久脱毛一時的な除毛・減毛一時的な除毛・減毛
効果が出るまで1~2週間後に抜け始めるすぐに抜ける1~2週間後に抜け始める
必要な回数※15回18回25回
痛みあまり痛くない
(麻酔が使える)
痛いあまり痛くない
価格帯高い安い安い

※ツルツルな状態になるまでに通うおおよその回数。脱毛部位によって異なる。

【医療脱毛がおすすめ】

表でそれぞれの脱毛方法の違いがおおまかにわかったかと思います。
ここで最も重要なのは「永久脱毛」かどうかです。
そもそも永久脱毛とはアメリカの電気脱毛協会(American Electrology Association)が定めた基準で『最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』のことを言います。
お金や時間をかけて脱毛に通っても「半年や1年通ったらまた生えてきてしまった」となっては意味がありませんよね。
先ほどご紹介したとおり、永久脱毛と呼ばれるものでさえ20%以下という基準ですから、その他の脱毛がいかに持続性が低いかがわかるかと思います。

また、レーザー脱毛とその他の脱毛方法とでは施術機関が違います。
これは、レーザー脱毛のみが医療機関で有資格者が行う「医療行為」であるためです。
そもそも脱毛については『用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は、保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する』(平成13年厚生労働省通達)とされています。
つまり、出力の高い機器で永久脱毛を行えるのはクリニック(医療機関)での施術のみということになります。

エステやサロンで永久脱毛効果がある施術をすることはできず、行っているのは一時的な除毛・減毛のみです。
そのため、エステやサロンでの施術は脱毛効果ではなく価格での勝負となり、医療脱毛に比べて安く施術を受けられるのです。

また、医療脱毛の大きな利点として、脱毛後に万が一肌トラブルが起こった場合に診察や薬の処方などが受けられることが挙げられます。
こちらも医療行為にあたるため、エステやサロンでは行うことができません。

このような理由から、このページでは医療脱毛であるレーザー脱毛をおすすめします。
ここから先にご紹介する情報もレーザー脱毛についての情報がほとんどですので、覚えておいてください。

【雑な自己処理はNG!】

男女問わず、体毛を毛抜きやピンセットで処理をしている人が多くいます。
手軽で痛みも少なく、お金もかからないためつい自己処理をしてしまいがちです。
しかし、誤った方法で自己処理を続けていると「埋没毛」が増えて肌の黒ずみの原因などになってしまうため注意が必要です。
「埋没毛」とは文字通り皮膚の中に埋もれてしまっている毛のことを言います。
切れ味の悪くなったカミソリや毛抜きを使って処理をしていると、途中で切れてしまった短い毛が皮膚の中に入り込んでしまい、埋没毛になります。
皮膚の中に埋もれてしまった毛はそのまま成長を続け、中から皮膚をわずかに押し上げます。
そうした埋没毛は黒いブツブツのように見えてしまい、気になる体毛以上に見栄えを損なってしまいます。

また、埋没毛を無理やり露出させて抜こうとしてしまう人も多いですが、これは逆効果です。
無理やり抜こうとすると皮膚を傷つけてしまううえに、化膿してしまったり毛嚢炎などさらなる炎症を引き起こす原因にもなります。

既にそうした肌トラブルを抱えている人でも脱毛で通っているクリニックに相談することで、薬の処方や適切な処理方法についてアドバイスがもらえます。
また、軽度な埋没毛であればレーザー脱毛でも対応が可能です。

【効果が出るまでの回数】

よーしこれで俺もすぐにツルツルだ!
さっきも言ったけど一回で効果が出るわけじゃないからな?
そうなんだっけ??
毛周期ってのがあってだな…
毛周期?
髪の毛も抜けたり生えたり繰り返すだろ?ほかの毛だってそうなのさ
なるほど。でもそれと脱毛がどう関係あるのさ?

【脱毛は一回では終わらない?】

人間の体毛は、抜けては生え、抜けては生えを繰り返しています。
そうした毛が抜けてから生え変わるまでのサイクルのことを毛周期と言います。
毛周期は成長期・退行期・休止期の3段階に大きく分けることができます。

毛周期 各段階における違い

/成長期退行期休止期
状態毛が成長中成長がストップ
抜け落ちるまでの期間
毛が抜け落ちる
メラニン濃い薄いかなり薄い
脱毛効果ありほぼなしなし

ここで新しく「メラニン」という言葉が出てきました。
シミや美白などの分野で使われることの多い言葉なので聞いたことがある人も多いかと思います。
メラニンとは肌や瞳、そして毛の色を形作っている黒色の色素の事です。
メラニンが多いと肌は黒く見えます。
また、メラニンには「紫外線から皮膚の細胞を守る」という働きがあり、多くの紫外線を浴びることでメラニンが過剰に作られてしまうと「シミ」になります。

レーザー脱毛は体毛が持つメラニン色素を狙って毛根にダメージを与えることによって毛が抜けるという仕組みです。
そのため、メラニンの濃い成長期の毛をターゲットにしてレーザーを照射します。

そして、この成長期の毛というのは体に生えている毛の15~25%程度に留まります。
こういった理由から一度に全ての毛を脱毛することはできず、他の毛が成長期を迎えるのを待たなくてはいけません。

また、毛周期のサイクルは一本一本の毛でバラつきがあり、部位によっても大きく異なります。
一般的にヒゲは2か月程度、腕や足などは4~6ヶ月程度とされています。
このサイクルを待つ必要があるため短期間に何度も通って効果を出すということはできません。

【部位別の脱毛回数・期間】

部位別の脱毛に必要な回数や期間をまとめてみましょう。

部位別の脱毛必要回数・期間

/ヒゲ脇・スネ・VIO※胸・腕・腹
効果を感じ始める3ヶ月/1~3回5ヶ月/1~3回5ヶ月/1~3回
剃毛がほとんど
いらなくなる
約1年/~10回1年~1年半/~8回10ヶ月~1年/~6回
ツルツルの状態1年半~2年/~15回約2年/~12回約1年半/~10回

※VIO=アンダーヘア

施術の頻度は
ヒゲ>脇・スネ・VIO≧胸・腕・腹
で行える一方で、必要な施術回数は
胸・腕・腹>脇・スネ・VIO>ヒゲ
となっているため、回数やかかる期間には部位ごとにバラつきがあります。

ここで重要なのは、あなたがどの段階まで脱毛を行いたいかということです。
ヒゲ脱毛であれば、ヒゲ剃りの頻度を減らしたいのか完全に不要なレベルまでなくしたいのかはある程度決めておく必要があります。
永久脱毛を行うため、年齢によるファッションやスタイルの変更で「やっぱりヒゲを生やしたい」と思うこともあるかも知れません。
どの程度の脱毛を行うかはクリニックでも相談ができますので、将来的なことも考えた上で決めるようにしましょう。

レーザー脱毛は先ほども説明した通り、メラニン色素を狙って毛根にダメージを与えることにより毛が抜ける仕組みです。
そのため、肌にも少なからずダメージが加わります。
肌を休めながら、キレイに脱毛するためにも長期的な計画を立てる必要があります。

また、レーザー脱毛は施術中にその場で毛が抜けていくのではなく、1~2週間後にポロポロと毛が抜け始めます。
この毛が抜け始める期間は「ポロ期」などと呼ばれ、レーザー脱毛を行った人が待ち望んでいる時期になります。
ポロ期は、入浴中やタオルで拭いているときなどに自然に訪れます。
施術翌日などに「全然ヒゲが減ってない」と焦って自分で抜こうとしてしまうと、毛根が余計なダメージを受け、肌トラブルの原因になりますので絶対にやめましょう。
使った機械の違いや個人差もありますが、効果が出るまでに1~2週間程度の日数がかかることは覚えておきましょう。

【脱毛は痛い?腫れる?】

そういえば脱毛って痛そうなイメージがあるなあ…
個人差もあるけど全く痛くないわけじゃないな
やっぱりそうなんだ。脱毛の後って腫れたりするの?
その後のケアや生活に気を付ければだいぶ抑えられるぞ
う~ん、なんだか難しそう
そうでもないさ。大事なのは保湿と肌を冷ますことだけだからな

【痛みを感じやすい部位と対処法】

脱毛を始めるうえで多くの人が気になるのは痛みです。
「凄く痛いんだったらやめようかな」と思ってこのページを見ている人も多いのではないかと思います。
脱毛の痛みについてはよく「輪ゴムで軽く弾かれるような痛み」と表現されますが、部位によって痛みの強さも異なってきます。
ここでは、脱毛において痛みを感じやすい部位と医療脱毛ならではの対処法について紹介します。

まず、痛みを感じやすい部位についてです。

【脱毛で痛みを感じやすい部位】

・鼻の下
・口の下
・VIO

この3部位については比較的痛みが強い箇所です。
ヒゲやデリケートゾーンは毛の一本一本が太く、腕や脚に比べても毛が密集しています。

脱毛器はメラニン色素に反応してレーザーを照射します。
そういった毛の密度が濃い部位は脱毛器がたくさん反応するため、強い熱が照射され、結果として強い痛みが発生します。
中でも鼻の下は皮膚が薄いため、痛みにも敏感です。

脱毛情報メディアの『exciteエピ』がヒゲ脱毛の痛みについて85人の男性を対象に行ったアンケートでは「どちらかというと痛い」57%、「どちらかというと痛くない」26%、「すごく痛い」15%「全く痛くない」2%という結果でした。
この結果からも多くの人がヒゲ脱毛に痛みを感じていることがわかります。
しかしながら、半数以上の人が「どちらかというと痛い」と回答していることから、「とんでもなく痛いのではないか」とまで構える必要はないかも知れません。

【それでも痛みが不安な方は】

医療脱毛であるレーザー脱毛の大きなメリットとして施術に麻酔を使うことができます。
肌に塗るタイプの麻酔クリームや吸い込むタイプの笑気麻酔などクリニックや使用する部位によってさまざまな種類の麻酔が使われます。
施術の痛みを和らげることができるので、痛みに弱い人や不安がある人はクリニックと契約する際に麻酔が使えるかどうかも確認しておきましょう。

また、脱毛クリニックでは「100本お試し」など脱毛本数などを限定したお試しキャンペーンを行っている場合があります。
実際に一度施術を体験してみて「このくらいだったら耐えられそうだな」と安心できるようにこうしたキャンペーンを活用すると良いでしょう。

いずれも、痛みの感じ方に関しては個人差が多分に含まれるため、耐えられない痛みであったり、不安を感じる場合は早めに施術を受けている(受けようと思っている)クリニックに相談しましょう。

【脱毛後のケアが大切】

脱毛後に肌トラブルが起こる原因として最も多いのは施術後のケアを怠ってしまうことにあります。
施術後に何より重要なのは保湿です。
繰り返しにはなりますが、レーザー脱毛によって毛穴や肌はダメージを受けている状態です。
いつも以上に肌は乾燥し、敏感な状態になっているため、しっかりと保湿して肌トラブルを回避しましょう。
クリニックによっては専用の化粧水やパックなどを渡される場合もありますし、加湿器などでお部屋の湿度を高めておくと良いでしょう。

また、施術後はレーザー照射時に発生した熱が皮膚にこもっており、皮膚が軽い炎症を起こしている状態です。
既に肌が熱を持っているので、さらに熱を加えるような行動は控えましょう。

【脱毛後すぐに行ってはいけないこと】

・入浴やサウナ(シャワーは可)
・マッサージやトレーニング
・飲酒
・日焼け

これらは部位や肌の状態にもよりますが、1,2日程度はやめておきましょう。
また、普段使っている洗顔剤や化粧水についてもスクラブなど刺激が強いものに関しては使用を控えるようにしましょう。

反対にやっておきたいケアとしては、適度に肌を冷やすことです。
保冷剤などをタオルで包み、施術箇所を冷やします。
このときに、保冷剤や氷を直接肌に当ててしまうと凍傷などの恐れがあるため、必ずタオルなどで包むようにしてください。

また、医療脱毛の安心できる点として診察や薬の処方ができることが挙げられます。
万が一の肌トラブルの際も、抗炎症剤などを処方してもらうことができます。
施術後に肌の赤みや痛みなどが気になる場合は早めにクリニックに相談してください。
放置したり、間違った方法のケアをしてしまうと状態がより悪化してしまうことがありますので、くれぐれも自己判断での対処はしないようにしましょう。

【メンズ脱毛ってアリ?ナシ?】

そういえば男だけで盛り上がってたけど、男の脱毛って女子はどう思ってるんだろう?
彼女からも好評だったぞ
それはりょうがイケメンだからじゃ…
そんなに気になるなら女子の声を聞いてみるか

【メンズ脱毛に対する女子のホンネ】

女性の脱毛がかなり一般化しているのに対して、メンズ脱毛はまだ当たり前にはなっておらず「やり過ぎ…」「ナルシストっぽく思われそう」などネガティブな印象を持っている男性も少なくないようです。

脱毛をするきっかけは人それぞれですよね。
「自分自身が気になるから」「毛の処理が面倒に感じる」「格闘技や水泳などスポーツ関連で毛が邪魔だから」など――。
しかし、やはり多いのが「モテたい」「パートナーに薦められた」など女性からの見栄えを意識した脱毛です。
ここではアンケート結果などを通じて女性がメンズ脱毛にどのような印象を持っているのかを見ていきましょう。

まず、20代女性を対象に「体毛が濃い男性と体毛が薄い男性のどちらが好みですか?」とアンケートを行ったところ、『体毛が薄い男性』と約90%が回答をしました。(株式会社QEEQ調べ)
また、このアンケートでは脱毛をしている男性への印象を聞いたところ『なるべくムダ毛が無いほうが清潔感があり好印象』『清潔なイメージ』などと回答がありました。
脱毛に対して「清潔感」というワードが多く登場し、多くの女性が好印象を持っているようでした。

また、表参道を中心に沖縄までクリニックを展開している『表参道スキンクリニックグループ』が10~30代女性120人を対象に行ったアンケートでは、部位別にメンズ脱毛への印象を聞いたところ以下のような回答が得られました。

女性のメンズ脱毛への印象(部位別)

/ありなし
ヒゲ95%5%
68%32%
97%3%%
76%24%
ヘソ下84%16%
VIO49%51%
73%27%
全身58%42%

女性が「あり」と答えた中で特に多かった部位はヒゲ・胸・ヘソ下です。
こちらのアンケートでも「清潔感」という言葉が多く使われ、多くの女性がメンズ脱毛に好感を持っていることがわかります。
「あり」と答えた女性が最も多かった胸毛については「胸毛や乳毛は気持ち悪い」といった意見が圧倒的に多く、女性にとっては不快感を感じやすいようです。

一方で、VIO(デリケートゾーン)や全身脱毛までいくと、「あり」と答える割合が大きく減ります。
清潔感は保ってほしいながらも、自分よりもキレイだとやりすぎに感じる女性も一定数いるようです。

ジェンダーレス男子や韓流アイドルが一定数の支持を集める昨今において、男性に対して肌や毛に関するケアを求める声もますます大きくなっています。
アンケートデータなども鑑みるにメンズ脱毛に対する女子の声は「アリ」と言っても良いでしょう。

【コロナ禍の脱毛事情】

コロナ禍以来、日本中でインドアなライフスタイルが根付きつつあります。
面と向かって会う機会も減り、会ってもマスクという生活では毛の手入れは「サボる」ことができるようになりました。
そんなコロナ禍において、男性の脱毛をはじめとした美容に対する意識はどのように変わったのでしょうか。
アンケートの結果を見てみると意外な事実がわかってきました。

【実は美意識が向上中】

メンズ脱毛専門サロン「RINX」が「コロナ禍における男性の美容意識」について20代~40代の男性438人を対象にアンケートを実施しました。

まず、「コロナ禍になって始めたこと」について聞いたところ以下のような結果になりました。

コロナ禍になって始めたこと

順位はじめたこと人数(複数回答可)
1ダイエット104人
2特になし100人
3筋トレ93人
4ランニング88人
5料理81人
6スキンケア69人
7読書58人
8アウトドア51人
9資格勉強48人
10脱毛45人
11楽器練習24人
12その他4人

ここで目立つのはやはり見た目に気を使うようになった人の多さです。765人(複数回答あり)の回答のうち、「ダイエット」104人、「筋トレ」93人、「ランニング」88人、「スキンケア」69人、「脱毛」45人。合計399人と半数以上の男性が美容に関する活動を始めています。

また、同アンケートでは「コロナ禍で自分磨きに関するお金・時間が増えたか」も聞いていますが、約6割の人がお金・時間ともに増えたと回答しています。
これまでアウトドアなど外でのアクティビティにかけていたお金や時間を自分磨きに使い始めている人が増えているようです。

コロナ禍初期には「自粛生活で体重増」などといったニュースがよく見られました。
それから1年以上の月日が経ち、反動もあったのか自宅でできる筋トレをはじめとしたダイエットに高い関心が寄せられています。
他人と会う機会の減った自粛生活でこれまで以上に自分自身に目が向き、体型やムダ毛が気になりだしたという人も多いようです。

学生が長期休暇中にダイエットやイメチェンを行い、変身した姿で2学期を迎える「夏休みデビュー」。
コロナ禍においても「しばらく会わない間にかっこよくなってビックリさせたい」「『久しぶりに会ったらかっこよくなった』と言われたい」など、いわゆる「コロナ明けデビュー」を狙っている男性も多くいらっしゃるのでしょう。
そして、脱毛においては施術後のダウンタイム(施術してから肌や毛穴のダメージが回復するまでの期間)を自宅でケアできる時間が増えるため、コロナ禍はチャンスと言っても良いでしょう。

【まとめ】

メンズ脱毛の効果や回数、脱毛方法による違いについて解説してきました。

改めて、メンズ脱毛においてなぜ「医療脱毛」がおすすめなのかというと、以下の3つの理由があるからです。

【医療脱毛がおすすめな理由】

・永久脱毛効果が得られる
・痛みが苦手な人は施術時に麻酔が使える
・万が一の肌トラブルにも薬を処方してもらえる

さらに医療脱毛を受ける際には、以下4つの点を理解しておくことが重要です。

【医療脱毛を受ける際に知っておくべきこと】

・脱毛は毛周期があるため一回では終わらない
・完全にツルツルにするためには1年以上通う必要アリ
・脱毛後のケアが大切
・安易な自己処理はNG

この記事を通じてあなたの脱毛に対する疑問や不安は解消されたでしょうか?
メンズ脱毛に挑戦する男性は少しずつ増えており、女性からも清潔感があると好印象です。

コロナ禍で友人や恋人と思うように会えない日々は続きますが、その間に脱毛でより素敵なあなたに変身してみてはいかがでしょうか。

-メンズ脱毛