脱毛は中学生や高校生でも可能?学生が脱毛するメリット&デメリット

調査員:のぞみ

中学生や高校生は、自分の見た目が気になる年代であり、ムダ毛が濃い場合や多少ムダ毛が生えているだけでも友人と比較して悩むケースも少なくありません。特に毛深い場合には、深刻な悩みにつながることもあるでしょう。

しかし、中学生や高校生の未成年では「脱毛を受けるのは早い」と考えたり「肌に悪影響なのでは」と不安を覚えたりする方も多いのではないでしょうか。

そこで、脱毛は中学生や高校生でも受けられるのか、何歳から受けても良いのか、学生が脱毛する際の注意点や脱毛のメリットについて解説します。

目次

脱毛は何歳から受けられる?

脱毛は何歳から受けられる?
脱毛は、明確に年齢制限が設けられているわけではありません。

ただ、基本的には身体の機能が安定する16歳以上の施術を行っているクリニックが多くなります。

中学生でも脱毛は可能

思春期を迎える中学生は、周囲から自分がどのように見られるかが気になる年代です。

脱毛を行うクリニックやサロンは、対象年齢を16歳以上としているケースが多いため脱毛店は限定されます。
それでも小学生よりも、脱毛できるお店は多いので便利です。

また、中学生で脱毛を受ける場合も、小学生同様に痛みに耐えられるかどうかも重要なポイントです。

高校生になると対応クリニックが多い

高校生はファッションに興味を持ったり、友達と海やプールや海に出かけたりしますよね。
肌を露出する場面が増えるため、ムダ毛が気になる子供も多いんです。

医療脱毛クリニックでは、16歳以上を対象としていることが一般的。
高校生で16歳以上の場合には、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

中学生までの脱毛は、クリニックやサロンが限定されます

高校生なら問題なく受けられそう

クリニックやサロンによって違うので、年齢制限をチェックしましょう

学生が脱毛をする際に確認すべきこと

学生が脱毛をする際に確認すべきこと

年齢制限をクリアできれば、誰でも脱毛できるとは限りません。
そこで、脱毛前に確認すべきポイントを紹介します。

保護者の同意書が必要

未成年で脱毛を受ける際には、保護者の同意が必要です。
コース契約だけではなく、1度だけ単発で施術を受ける場合も同じ。
お金を支払うことができても、子どもだけの判断で脱毛サロンや医療脱毛クリニックと契約はできません。

脱毛は肌に負担がかかる施術であり、成長段階の身体や肌への安全性を重要視しています。

そのため、判断能力が十分にあるとはいえない学生が、独断で施術を受けるか決定できません。

クリニックやサロンによっては、契約の際に保護者の同意書以外に同席が必要なことも。

同席できない場合は、電話連絡をすることもあります。
もし事情があって電話で話せない場合は、契約ができないんです。

高校生になっても、親権者の同意が必要なんですね。

未成年だと、保護者が同意してくれないと脱毛できないのよ。

ホルモンバランスの確認

脱毛の施術は肌に負担がかかるため、敏感肌や乾燥肌、肌トラブルがないかどうか確認されます。

また、女性の場合は生理不順ではないか質問されることが多いです。

生理不順でホルモンバランスが乱れていると、肌が非常にデリケートになることも。
肌に負担をかけるとホルモンバランスに悪影響を及ぼす可能性などもあり、脱毛を受けられない場合もあるんです。

日焼していると脱毛できない

脱毛器によっては、肌の色が元々黒かったり日焼けしていたりする肌では施術を受けられないことがあります。

肌の色が濃いとムダ毛との識別できないため、効果を実感できないことや火傷をするリスクがあることから手術を受けられません。
そのため、自分の肌の色に適した脱毛器で施術を受けられるサロンやクリニックを選ぶことが大切です。

また、脱毛をする場合には日焼けしないように注意しましょう。
部活で日焼けをする可能性がある場合には、UVカット加工が施された長袖を着用するか、日焼け止めを塗って紫外線対策をする必要があります。

学生が脱毛する2つのメリット

学生が脱毛する2つのメリット
キッズ脱毛を含め、近年、子どもの脱毛も注目されています。
親子で検討する際は、メリット・デメリットをしっかりと理解することが大切です。

まずは学生が脱毛をするメリットを2つ見ていきましょう。

数年後の美肌につながる

ドラッグストアやディスカウントストアでも、低価格のムダ毛の自己処理アイテムが販売されています。
でもこういったアイテムは、肌トラブルを起こす可能性が。

例えば、カミソリでムダ毛の自己処理をすると、肌の角質を削ってしまうため、乾燥肌や肌の赤みの原因に。

毛抜きで毛を引っ張ると、毛穴の中にムダ毛が残って炎症を起こす可能性もあります。
更に除毛クリームでムダ毛を溶かすと、肌に強い刺激が加わることに。

特に子供は使用に慣れていないため、ケガをしてしまう可能性が高くなります。
肌荒れや傷などの肌トラブルを起してしまう危険性もあるから大変です。

何年間も自己処理をしていると、毛穴が広がる、肌を傷つけるなどくすみやニキビなどが目立つ肌になる可能性が高くなります。
また、この頃から繰り返し自己処理をすることで、ダメージが蓄積してしまい色素沈着を起こす恐れも。

サロンやクリニックでの脱毛は、自己処理と比較して肌への負担が少なく、毛穴の広がりや肌トラブルを予防できるため将来の美肌につながります。
キッズ脱毛には、将来のために綺麗な肌を保ったり、ケガの心配をなくすメリットがあるんです。

人の目を気にしなくなる

中学生や高校生になるとムダ毛が気になり「人に見られると恥ずかしい」と感じる場面も多いでしょう。

大人にとっては些細な悩みに見えても、思春期の学生には大きな悩みになり、人と上手にコミュニケーションが取れなくなったり学校に行きたくなくなったりといった問題に発展する可能性もあります。

脱毛をすれば見た目に関する悩みを解消できるでしょう。
特に女子生徒の場合は、ムダ毛が濃いとからかわれたり、間違った方法で自己処理をして肌を傷めたりすることもあります。

脱毛をすれば、正しい方法で綺麗にムダ毛を処理でき、自分に自信を持てることがメリットです。

学生が脱毛をするデメリット

学生が脱毛をすることには、メリットだけではなくデメリットや注意点もあります。
主なデメリットと、デメリットを解消する方法について合わせて紹介します。

脱毛時の肌トラブル

学生は大人と比較して身体の機能が未発達のため、脱毛施術を受けた際に肌トラブルを引き起こす可能性があります。

例えば、脱毛器で光やエネルギーを照射する際に痛みを感じるケースがありますが、学生は肌が薄く柔らかいため、より強い痛みを感じたり施術を受けた後に肌が赤くなったりなどの肌トラブルも少なくありません。

しかし、出力を下げたりパッチテストをしたり、カウンセリングで施術方法を十分に検討をしたりすることで、肌トラブルのリスクは大幅に軽減できるでしょう。

肌トラブルは事前に予防できます

肌が真っ赤になってしまうのではと心配

クーリングをしながら施術するなど対応方法を相談しましょう

アフターケアを徹底する

脱毛の施術を受けた後は肌が非常にデリケートになります。
そのため、紫外線対策をしたり施術の当日はお風呂に入れなかったりと、生活をするうえで注意しなければならないことが増えます。

学生は部活動や体育の授業など身体を動かすことが多いため、脱毛をした後の数日間は行動にも注意しなければなりません。

ムダ毛は自己処理よりも脱毛がおすすめの理由

ムダ毛は自己処理よりも脱毛がおすすめの理由
ムダ毛の自己処理は時間も手間もかかり、全身の自己処理は困難ですよね。

自己処理できる部分のムダ毛しか処理できず、VIOや背中、うなじ、腰などは処理できないもの。

また、頑張って自己処理をしても、1週間程度でムダ毛が生えてしまうため非常に手間がかかります。

毛深いと数日で毛が生えてしまうケースも珍しくありません。

時間が十分にあれば、負担を感じることはないかも。
だけど勉強に集中しなければならない学生にとっては、大きなデメリットです。

ムダ毛は自己処理よりも、脱毛サロンや医療脱毛クリニックの方が時間を節約できます。
何より効果を実感しやすい脱毛施術が受けられるのがポイントです。

学生が脱毛サロンやクリニックの選ぶ際のポイント

学生が脱毛の施術を受けるサロンやクリニックは、お得な割引料金で受けられるか、スタッフの対応が良いかなどのポイント確認して施術を受ける場所を選ぶことが大切です。

そこで、学生が脱毛サロンやクリニックを選ぶ際にチェックしたい3つのポイントを紹介します。

割引制度がある

学生が施術の契約をした際に学割が適用されたり、初めて施術を受ける方限定の割引キャンペーンがあったりするクリニックやサロンを選びましょう。

近年では脱毛の施術料金は低くなっていますが、全身脱毛の場合は学生にとって金額が大きいと感じることがあります。
そのため、学割のほか、様々なキャンペーンを利用して低価格で施術を受けられるサロンやクリニックを選びましょう。

脱毛方法

脱毛サロンやクリニックで行われる脱毛には、「IPL脱毛」「S.S.C脱毛」「SHR脱毛」などの様々な脱毛方法があります。

サロンやクリニックによって施術方法や扱っている脱毛機が異なるため、自分の肌質や毛質に適した施術方法のサロンやクリニックを選びましょう。

料金プランが分かりやすい

学生は様々なことにお金がかかる時期であり、出費を抑えたいと考える方が多いでしょう。
そのため、明朗会計で料金プランがわかりやすい脱毛サロンやクリニックを選ぶことが重要です。

カウンセリングの時には聞かされていなかった追加料金を支払わなければならない、料金プランが分かりにくく自分が想定していた料金よりも高いなど、大きなトラブルに発展することがあります。

全身脱毛を受ける場合には脱毛箇所が増えて高額になるため、契約をした後に自分が想定していた料金と異なるといったことがないよう、分かりやすい料金プランの脱毛サロンやクリニックで契約することが大切です。

通いやすい場所にある

学生は友達と遊んだりアルバイトをしたりと、学校以外でも様々な場所で時間を使います。
脱毛サロンやクリニックに通院することが負担にならないよう、学校や自宅の近くの店舗を選びましょう。

頑張れば通える」という理由で学校や自宅から遠い脱毛サロンやクリニックと契約すると、通い続けるのに疲れて途中で通院を止めてしまう可能性があるため注意が必要です。

スタッフの技術や対応

脱毛サロンやクリニックによって、スタッフの接客や脱毛の技術が異なるケースがあります。

思春期の学生は大人の些細な言動で傷つくことがあり、精神的に不安定になることもあるため、スタッフの接客が丁寧で親切かどうかチェックしましょう。

また、身体が成長段階の学生は、脱毛効果を実感しにくいことがあるので、施術を正しく丁寧に行ってくれるかどうかも確認することが重要です。

中学生や高校生でも脱毛できる!子供と話し合って決めよう

ムダ毛の悩みを抱えていると、自分に自信を失くしたり人の目が気になって外に出たくなくなったりと、大きな悩みやトラブルに発展する可能性があります。

脱毛の施術をすることでコンプレックスがひとつなくなることは非常に大きなメリットであり、中学生や高校生といった学生でも脱毛を受けることが早すぎるということはないといえます。

学生の脱毛実績が豊富なクリニックやサロンで、まずはカウンセリングを受けてみましょう。


脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!
家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。


他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。


セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。


頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。


初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次