脱毛に使われる冷却ジェルの役割は?どこのサロンやクリニックが使っているのか

調査員:のぞみ
脱毛の施術では冷却ジェルを使用していきます。
でも冷却ジェルを使わないところや代用品を使って施術するところも。
脱毛の施術に行ったことがある人でも、違うサロンで冷却ジェルを使わなかったら、効果に差があるのでは?と不安になるかもしれません。

そこでここからは脱毛施術時の冷却ジェルについて、その必要性やメリット・デメリット、冷却ジェルを使用しない場合などについて解説します。

目次

冷却ジェルとは?

そもそも冷却ジェルとは、施術を行うときに照射の熱による刺激を和らげる目的などで使用するジェルです。
熱さを軽減する為に使用し、お肌を保護します。
冷却ジェルを塗った上から、脱毛機で照射していきます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって、使用ジェルが違ったり場所によっては冷却ジェルを使わないところも。
だから冷却ジェルの種類や使用している、いないを事前に確認してから選ぶのも基準になります。

冷却ジェルの成分と安全性

脱毛で使う冷却ジェルは、その成分のほとんどが水分です。
そこに保湿成分がプラスされてできています。
質感がプルプルしているのは、さらにゲル化剤で作られています。

乾燥対策の目的もあるので、ジェルの種類によっては保湿成分が高いヒアルロン酸などが含まれているものもあります。
安全性を考慮した冷却ジェルを使用しているサロンやクリニックがほとんど。

ですが、冷却ジェルには種類が様々あるので、敏感肌などでお肌に反応が出てしまうケースも。
お肌がデリケートなら、カウンセリング時に相談してみましょう。

冷却ジェルの役割

冷却ジェルの役割は、お肌を保護して脱毛の施術効果を高めることです。
脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも、フラッシュ脱毛で使用する機械はフラッシュの熱によるものです。

そのため、お肌への負担をできるだけ和らげて、脱毛の効果は最大限に出せるように冷却ジェルを使用します。
中には冷却ジェルを使用しないところもありますが、ヤケドのリスクを減らして効果を高める為には使用する方が安全で脱毛効果も期待できます。

冷却ジェルって、脱毛施術の時は使うものってイメージがあったし、それが普通だったから、なんで必要なのか考えたことなかったわ~。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって差があるけど、お肌や施術結果のことを考えたら使っているところの方が良いわね。

そうなのね~、なんでこんなに冷たいの?
あったかげればいいのに~って思った事はあるけど、お肌のことを思ったら冷たいジェルがあった方がいいのね。

照射のダメージからお肌を守ってくれるから、必要だと思うわよ。
できるだけ皮膚の表面よりも、毛の黒い色素に熱が吸収された方が効果的なのよ。

でも、あれだけ冷たいとお肌に合わないとかデメリットはないの?

確かに、お肌を守るために使ってるのに、負担になったらいけないものね。
次は冷却ジェルを使うメリット、デメリットを説明するわ。

冷却ジェルを塗るメリット・デメリット

次は冷却ジェルを使用するメリット、デメリットをお伝えしていきます。
メリットはもちろん、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

冷却ジェルを使うメリット

最初に冷却ジェルを使うメリットからお伝えしていきます。

熱や熱さからお肌を守る

脱毛の施術は熱によるダメージを与えています。
黒い色素に反応して効果を発揮。

その為、毛の色素だけでなく、皮膚にも少なからず刺激やダメージが加わっています。
施術の熱さや熱からお肌を保護して、熱さや痛みの負担を減らす役割があります。

特に熱さを感じやすいVIOやうなじ、顔は、冷却ジェルを塗ることで熱さを感じにくくなります。

美肌効果

脱毛の照射は、熱が加わるので施術後に乾燥しやすくなります
施術の前からもとのお肌が乾燥している場合、熱さも感じやすくなったり痛みに繋がったりします。

乾燥しているときは皮膚のバリア機能が低下しているので、ヤケドのリスクが高まってしまいます。
乾燥によるお肌のダメージを和らげ、不足している水分を補います。

照射の補助

脱毛で使用する機械の中には連射タイプもあり、スライドしながら照射していきます。
渇いた状態の皮膚だと滑りが悪く、照射しにくくなります。

冷却ジェルを塗って照射することで滑りを良くします
広い範囲の部位を照射して行く時に、連射していくと打ち漏れを予防したり効率よく照射ができます。

さらに潤って滑りが良い方が、照射がスムーズになり施術時間の短縮にも。
照射面が皮膚に密着することで、施術の効果を高めます。

冷却ジェルを使うデメリット

基本的には冷却ジェルを使うことが多いですが、デメリットもあります。
これも覚えておきましょう。

思っているよりかなり冷たい

冷却ジェルはその名の通り、とても冷たいです。
ワキなど狭い範囲ならまだ良いものの、普段外に出ることが少ない背中や太ももなどは思っている以上にかなり冷たく感じます。

わかっていてもなかなか慣れず、毎回気が重くなる人も。
特に冬場などは、全身脱毛だと冷えに繋がることがあります。

施術時間が長くなる

照射前に冷却ジェルを塗る場合、照射時間+ジェルを塗る時間が含まれ、照射後には拭き取る時間がかかります。
脱毛の施術は照射時間はほとんど変わりません。

その為、施術者によって、施術時間が変わる可能性があります
また、途中でトイレに行きたい場合などに、一旦拭き取ったり再度塗ったりするから身動きがとれません。

使用感が不快な人もいる

個人差がありますが、冷却ジェルの使用感が不快という人もいます。

腕や足など広い範囲はまだ良いものの、うなじや顔周り、VIOや指の間など施術後に拭き取りますが、どうしても拭き取りきれないヌルヌルした感じが残る場合があります。

冷却ジェルの使用・不使用一覧

ここで、冷却ジェルを使用しているサロン、クリニックと、使用していないサロン、クリニックをご紹介していきます。

脱毛選びの参考にしてみてください。

冷却ジェルを使用しているサロン・クリニック

現在では、多くの脱毛サロン、医療脱毛クリニックで冷却ジェルを使用しています。
冷却ジェルの種類は変わりますが、お肌への安全性も配慮されているところでは冷却ジェルを使用していることが多いようです。

脱毛サロン<

  • ミュゼプラチナム
  • シースリー
  • ジェイエステティック
  • ストラッシュ
  • ラココ

医療脱毛クリニック<

  • レジーナクリニック
  • エミナルクリニック
  • 渋谷美容外科クリニック

冷却ジェルを使用していないサロン・クリニック

次は冷却ジェルを使用しないサロンとクリニックをご紹介していきます。

冷却ジェルを使用しないところは、使用する脱毛機の冷却機能が高く冷却ジェルを塗らなくても照射と同時に冷やしていきます。
冷却ジェルを使わない場合、機械に冷却効果はありますがお肌の潤いや保湿などは期待できません。

脱毛サロン<

  • キレイモ

医療脱毛クリニック<

  • リゼクリニック
  • 湘南美容クリニック

※脱毛サロンや医療脱毛クリニックにより、複数の脱毛機を使い分けているところは機械によって冷却ジェルを使用する機械、使用しない機械があるので、気になる場合は事前に確認することをおすすめします。

初めて行ったサロンが冷却ジェルを使うところだとそれが普通になるけど、冷却ジェルを使わないところもあるのね。

そうなの。冷却ジェルに関しては、脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって差があるわ。
施術の結果にこだわっているところは、冷却ジェルをしっかり使っているところがほとんどよ。

逆に、冷却ジェルを使わないところもあるの?
その場合は照射しても熱くないの?

数年前までは冷却ジェルを使わないところも結構あったみたいよ。
冷えればいいから代用品を使うとか。

それは施術する側は問題ないのかしら?
施術の効果は同じなの?

色々と気になることはあるわよね。
次は、冷却ジェルを使わないところや、代用品などについて説明していくわね。

冷却ジェルの代用品を使うサロンは安全?

一部の脱毛サロンなどで、冷却ジェルを使用せずに代用品で冷やして照射するところがあるようです。

冷却ジェルを使用しない場合の効果やお肌への影響は大丈夫なのでしょうか?
最後に冷却ジェルの代用品を使用した場合についてお伝えしていきます。

アイスノンなどで冷やす場合

冷却ジェルを使用せずに、アイスノンなどで冷やす脱毛サロンがあります。
照射出力の高い医療脱毛クリニックにはほとんどないけれど、小中規模の脱毛サロンなどに見られます。

これは冷やすという意味では熱によるダメージは軽減されますが、お肌の保湿や保護の役割はありません。

もともと脱毛機に高度な冷却機能がない場合、アイスノンでの冷却で賄えるくらいの熱量なら脱毛の効果も実感できるのか不安です。

冷却効果の高い脱毛器は?

脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも、脱毛機自体の冷却効果が高いものが増えてきています。

DCD(ダイレクトクーリングデバイス)という冷却装置が進化したものであれば冷却効果が期待できます。
この場合、冷却ジェルを使用しなくても照射が可能です。

機械の冷却機能もありますが、安全性やお肌の保護などを配慮して、冷却ジェルを使用しながら照射するところが多いです。

ジェルの使い回しは大丈夫?

脱毛施術に使う冷却ジェルを使い回している、脱毛サロンなどがあると聞くことがあります。
これは衛生管理上、悪質なサロンです

たとえ自分の施術でも、照射部位によって新しい冷却ジェルを使うのが衛生的。
他人に使い回すようなところは絶対に辞めた方が良いです

しかし、どれが使用済みのジェルか見た目には分かりにくいですし、質問しても使い回しています、とは返答するはずありません。
施術の流れを確認できるようであれば、使用済みのジェルを使用していないか確認しましょう。

ゴーグルやサングラスをしていたり、ベッドに寝ているので流れが見えないことが多いですよね。
心配なら施術者に確認するか、冷却ジェルを使用しないところを選ぶのがおすすめです。

まとめ

今回は脱毛の冷却ジェルについてお伝えしてきましたが、冷やすだけでなく様々な効果があります。

脱毛の機械もどんどん進化しているので冷却機能も高まってきています。

冷却ジェルを使用する、しないそれぞれに良さがあるので、自分がどのポイントを大切にするかで選ぶのが良いですね。
脱毛選びの参考にしてみてください。


脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!
家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。


他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。


セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。


頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。


初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

目次