脱毛サロン

脱毛サロンの脱毛方法7種の脱毛効果・痛み・導入店など徹底解説

脱毛サロンで利用できる脱毛方法も、最近は種類が豊富になりました。
その結果、
どの脱毛方法が良いのか
どういった違いがあるのか
分かりにくい状況に。

そこで

  • SHR脱毛
  • IPL脱毛
  • SSC脱毛
  • THR脱毛
  • ハイパースキン脱毛
  • HHR脱毛
  • LED脱毛

の7種類について、それぞれ詳しく解説します。
メリット・デメリットの他、痛みなども紹介。
あなたの希望に合った脱毛方法が見つけやすくなっています。

もちろん利用できる脱毛サロンも紹介。
気になる脱毛方法が見つかったら、すぐに無料カウンセリングに申し込めます。

医療脱毛クリニックの脱毛方式と脱毛効果について詳しくはこちら
業務用レーザー脱毛の種類と特徴:痛みや効果などを徹底解説  

「SHR脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

SHR脱毛の特徴やメリットは何?他の脱毛方式との比較や採用サロンを紹介

脱毛サロンの脱毛方式も、どんどんと新しいものが登場していますね。
中でもSHR脱毛には、

  • うぶ毛にも効果がある
  • 痛みが少ない
  • 日焼け肌でもOK

など、魅力的な口コミがたくさん。

そこでSHR脱毛について、本当はどうなのか特徴を分かりやすく解説します。
メリットやデメリットの紹介はもちろん、IPL脱毛やSSC脱毛との比較も。

魅力的なSHR脱毛を採用している、おすすめの脱毛サロンも紹介。
脱毛効果や肌トラブルのリスクなど、納得してから脱毛方法を決められます。

SHR脱毛とは?脱毛の仕組みと効果について

そもそもSHR脱毛とは、Super Hair Removable(スーパー ヘア リムーバブル)脱毛の略。
一番の特徴となるのが、脱毛で狙うターゲットが従来と違うことです。

従来の熱破壊式の脱毛方法は、毛根(毛乳頭)を狙っていました。
SHR脱毛では、それが毛包(バルジ領域)なのが特徴。

毛根は肌の奥にあるため、狙うには強い出力が必要でした。
でもより浅い部分にある毛包がターゲットだから、出力が弱くても照射した光が届くのがポイント。
出力が弱くても良いため、痛みが少なくて済みます。

元々レーザー脱毛と比較した場合、光脱毛は出力が弱いのが問題でしたね。
でも毛包に届けば良いから、出力が劣る光脱毛との相性がピッタリ。
これまでの毛根狙いよりも、話題になって当然です。

更に熱破壊式(ワンショット方式)では無く、蓄熱式なのも特徴の一つ。
弱い光を連続で照射。
熱を毛包に断続的に与えることで、毛を生えにくくする方式なんです。

だから痛みが少なく、ちょっと温かいかなという程度
従来のゴムで弾いたような痛みが苦手な人も多いはず。
でも痛みが少ないから、安心して脱毛できるのがSHR方式の特徴です。

これまでの脱毛方法とは狙いが違うから、痛みが少なくて済むのよ。

SHR脱毛の5つのメリット

SHR脱毛のメリットには、

  1. 毛周期が関係ない
  2. 痛み(肌へのダメージ)が少ない
  3. うぶ毛に対しても効果が高い
  4. 日焼け肌などでも照射可能
  5. 冷却ジェルが必要ない

などがあります。

毛周期が関係ないから最短半年で脱毛卒業


IPL脱毛は、光脱毛でも定番の方法ですね。
でも毛周期に合わせて施術をするから、1回毎の間隔が2~3ヶ月空くことも。

だけどSHR脱毛は、上述したようにターゲットは毛包。
毛周期が関係なく、短期間で施術出来るのがメリットです。

最短2週間程度で通える脱毛サロンも多く、月2回ペースも可能になっています。
これまでのIPL脱毛だと、半年で照射できるのは3回程度。
脱毛を卒業するまで、2年程度は見ておく必要がありましたよね。

でもSHR脱毛なら、半年で12回もの照射が出来ちゃうんです。
だからあなたの毛が薄ければ、半年程度で脱毛を卒業することも可能。

濃かったとしても1年通い続ければ、満足出来る可能性が高い脱毛方法です。
少しでも早くツルツル肌になりたいなら、SHR脱毛には大きなメリットがあります。

痛みが少なく肌へのダメージも安心

SHR脱毛は蓄熱方式なので、痛みが少ないのもメリット。
弱い出力で連射するだけなので、痛みをほどんと感じない人もいるほど。
VIOなど痛みが心配なデリケートゾーンも、安心して脱毛できます。

痛みが少ないと言うことは、肌へのダメージも少ないと言うこと。
赤みや腫れなど、肌トラブルが心配なあなたも利用しやすいのはメリット。
施術ペースが速く、痛みも少ないから全身脱毛にピッタリの脱毛方式です。

肌トラブルの心配が少ないのは安心ですね。

様々な毛質・肌質に対応できる

SHR脱毛は、毛根のメラニン色素を狙う方式ではありません。
だから日焼けした肌や地黒肌など、IPL脱毛では照射できない肌にも対応しやすいのが特徴です。
日焼けしやすい仕事でも、安心して通うことができますね。

更に色が薄いうぶ毛などにも、効果を発揮しやすいのがメリット。
うぶ毛の多い腕や足、顔脱毛などは、なかなか脱毛効果が実感出来ない場合も。

だけどSHR脱毛ならば、色素の薄い毛でも脱毛効果が満足出来ます。
対応出来る毛質や肌質が幅広いのが、SHR脱毛のメリットです。

注意していても、肌が焼けてしまうことがありますからね。

SHR脱毛なら、日焼け肌にも対応しやすいから安心してね。

冷却ジェルが必要ないからストレスも少ない

SHR脱毛は痛みが少なく、肌に優しい脱毛方式。
だから施術前に、冷却ジェルなどを塗る必要もありません。
もちろん照射後にジェルを拭き取る手間もないから、施術時間が短くて済むのもメリット。

最近はホットジェルを使うことで、塗った際の不快感を減らす脱毛サロンもあります。
でも塗らずに済めば、その方がストレスが少なく済むのは当然ですね。

SHR脱毛は蓄熱式ですが、冷却機能が搭載されている脱毛器が多いのがポイント。
ジェルを塗らなくても済み、温かく感じる程度で済みます。

ストレスを感じずに施術を受けたいなら、SHR方式がおすすめです。

SHR脱毛のデメリット

SHR脱毛のデメリットには、

  1. データが少なく将来が分からない
  2. 多くの有名脱毛サロンはIPL脱毛

程度と、あまり多くありません。
後発の脱毛方式だけに、既存のデメリットを解消しているのがポイントです。

新方式だけに長期的なデータがない

SHR脱毛は、IPL脱毛など他の方式よりも新しいのが特徴。
新方式だけに、長期的なデータがまた十分揃っていないのがデメリットです。

脱毛サロンの光脱毛は、永久脱毛になりませんね。
でもどの程度の期間で生えてくるのか、また生えてこないのかというデータが少ない状況。

もちろん数年間なら、生えてこないというデータは揃い始めています。
だから脱毛効果については、心配する必要はありません。

口コミなどをチェックしても、情報が少ない傾向があります。
IPL脱毛の体験談は見つかっても、SHR脱毛は数が少ないのはデメリットですね。

ただ、脱毛効果は、しっかりと実感出来ている人が大勢います。
照射した部分は、数週間後には毛が生えにくくなっているなと感じられるはず。

IPL脱毛より、実感出来るまでに時間はかかります。
だけどきちんと脱毛できるので安心してください。

導入している脱毛サロンがまだ少ない

導入している脱毛サロンがまだ少ない
SHR脱毛は新方式だけに、脱毛器がそもそも違います。
有名脱毛サロンの多くは、実績のあるIPL脱毛器を導入済み。
だからSHR脱毛を採用したくても、脱毛器を新規で購入する必要があります。

その為、まだSHR脱毛器を導入している脱毛サロンが少なく、利用しにくいのはデメリット。
たとえあなたの最寄り駅の近くに脱毛サロンがあっても、SHR脱毛器を導入しているとは限りません。

SHR脱毛が利用できても、人気が集中しやすいのも問題。
メリットの多い脱毛方式だけに、他の脱毛サロンで挫折した女性もリベンジしやすいのがポイント。

SHR脱毛が目当ての利用者が、大勢集まることになります。
エリアによっては、予約が取りにくくなるのはデメリットです。

導入サロンも増加中でデメリットは減っている

SHR脱毛は新しく優れた脱毛方式。
それだけに次々と脱毛サロンで導入されています。

だから以前よりも、対応しているお店も増えている状況です。
あなたの通いやすい場所にも、店舗が見つかる可能性が高まっています。

店舗が増えれば、利用者が分散するから予約も取りやすくなるのがポイント。
更に利用者が増えることで、口コミなどの情報も充実してきます。
多少のデメリットはありますが、徐々に減っているので安心してください。

下部では、SHR脱毛器を導入している主な脱毛サロンを紹介。
脱毛サロン選びの参考にしてください。

SHR脱毛にはデメリットもあるけど、メリットの方が多いから魅力的です。

他の脱毛方法との違いは?SHR脱毛・IPL脱毛・SSC脱毛の特徴比較

他の脱毛方法との違いは?SHR脱毛・IPL脱毛・SSC脱毛の特徴比較

脱毛方法の特徴比較表
効果SHR脱毛IPL脱毛SSC脱毛
脱毛効果
うぶ毛への対応
効果実感まで×
ジェルの塗布×
美肌効果×
痛み
肌トラブル
照射頻度×
日焼け肌への照射××

脱毛効果は毛によって違いがあるので注意

各脱毛方法ごとに、脱毛効果には違いがあります。
IPL脱毛は定番の脱毛方法ですが、メラニンに反応する光を照射。
その為、色が黒くて濃いムダ毛ほど、高い脱毛効果が期待出来ます。

ただし、逆に色の薄いうぶ毛などは、効果が劣ることになるから注意。
色が薄いとIPL脱毛は効果が発揮しにくく、逆にSHR脱毛やSSC脱毛が優秀になります。

だから黒くて濃い毛質の部位を脱毛したいなら、IPL脱毛がピッタリ。
でも顔やうなじ、指などのうぶ毛を脱毛したいなら、SHR脱毛やSSC脱毛を選ぶのがおすすめです。

脱毛効果は、IPL脱毛が一番とは限らないんですね。

ええ、毛質によってはSHR脱毛の方が優秀なのよ。

効果が実感出来るまでの期間

IPL脱毛は、毛根を狙って照射する脱毛方法。
だから脱毛効果が実感しやすく、照射後約1~2週間程度でポロポロと毛が落ちてきます

それに対してSHR脱毛の場合は、毛包を狙うため約3週間は待つことに。
脱毛効果を実感出来るまでに、少し間隔が空きます。

SSC脱毛の場合は更に長くかかるので、注意してください。
1回の照射ではなかなか実感出来ず、5~6回の照射が必要に。

これは脱毛方式が違うからで、その分痛みは少なくて済みます。
勘違いしていると、途中で効果が無いと諦める人も。
回数が必要なだけなので、諦めずに通うことが大切です。

SSC脱毛ではジェルが必要

SSC脱毛ではジェルが必要

SSC脱毛は、抑毛効果のあるジェルを塗ることで脱毛(抑毛)する方法。
ジェルに光を当てて反応を起こすため、必ずジェルの塗布が必要です。

塗る手間もかかりますし、塗った際にヒヤッと感じることも。
痛みは少ないものの、ストレスを感じやすい脱毛方法です。

IPL脱毛は、ジェルを塗らなくても照射できる脱毛方法。
でも痛みの軽減やスキンケアの為に、ジェルを塗る脱毛サロンもあります。

ただ、SSC脱毛と違って、特殊なジェルではありません。
だから温かいホットジェルを使うなど、不快感が少ない脱毛サロンも増えています。
気にする程のデメリットにはなりません。

SHR脱毛は、照射する光の出力がそこまで強くありません。
だから肌トラブルの可能性が低く、ジェルを塗らない脱毛サロンが殆ど。

ジェルを塗らなければ、拭き取る必要もありませんよね。
余計なストレスがない脱毛方法です。

SSC脱毛のジェルには美容効果も

SSC脱毛は、必ずジェルを塗る必要があります。
でもこのジェルには抑毛効果だけでは無く、美容効果も期待出来るのがポイント。
美肌の有効成分が配合されているなど、メリットもあるんです。

もちろんIPL脱毛の場合も、ジェルを塗る場合は美容成分が配合されていることが殆ど。
しかもIPL脱毛やSSC脱毛で使われる光は、光スキンケアなどに使われるものと同じ。
ジェルだけではなく、光でも美肌効果が期待出来るのはメリットですね。

SHR脱毛は、ジェルを塗らずに済む脱毛方法。
だから脱毛の他にスキンケアも期待しているなら、SSC脱毛かIPL脱毛がおすすめです。

美肌効果も気になりますが、やっぱり脱毛効果が大切ですよ。

痛みが強い脱毛方法は肌トラブルにも注意

IPL脱毛は、強い出力の光を照射します。
レーザー脱毛ほどではありませんが、痛みが強いのが特徴です。
しかもヤケドや毛のう炎のリスクも高くなります。
脱毛効果が高いものの、我慢できないと挫折することに。

だからジェルを塗る脱毛サロンもありますし、出力を下げて対応する場合も。
でも照射出力を下げてしまうと、せっかくの脱毛効果まで下がってしまいます。

SHR脱毛は蓄熱式で、一回毎の出力が弱くて済むのが特徴。
SSC脱毛もジェルとの相乗効果なので、IPL脱毛ほど肌トラブルのリスクは高くありません。

もし肌が弱くてトラブルが不安なら、SHR脱毛やSSC脱毛がおすすめ。
特に出力が弱くて済む、SHR脱毛が安心です。

ただ、多くの脱毛サロンが医療機関と提携しています。
肌トラブルの際は、しっかりと治療対応して貰えるから安心してください。

SHR脱毛は毛周期に関係なく施術可能

脱毛の施術では、次回までの間隔が空くことになります。
IPL脱毛やSSC脱毛は、毛周期に合わせて施術を行うことが大切。
その為、1~3ヶ月間隔になることも。
1年間で6回前後の照射になり、短期間では脱毛が終わりません。

SHR脱毛は、ターゲットが毛周期と関係ないバルジ領域。
だから最短2週間程度で施術可能です。
それこそ月2回なら、半年間で12回の施術も可能になります。
あなたが短期間で脱毛を卒業をしたいなら、SHR脱毛がピッタリです。

SHR脱毛は日焼け肌でも脱毛できる

SHR脱毛は日焼け肌でも脱毛でき
IPL脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を照射します。
地黒だったり日焼けした肌だと、肌に反応してしまうことに。

ヤケドなどのリスクが高まるので、日焼け肌だと照射して貰えません
SSC脱毛も日焼け肌には照射できないので、通っている間は日焼けに注意しなければならないから大変ですよね。

SHR脱毛は、メラニンを狙う方法では無いのがポイント。
うぶ毛に強いだけでは無く、日焼け肌にも照射できます
地黒や日焼けで断られた経験があるあなたには、SHR脱毛を導入している脱毛サロンが安心です。

それぞれに違った特徴があるから、何を重視するかで選ぶことも大切よ。

脱毛効果は本物?SHR脱毛は狙いが違う

SHR脱毛は、毛包(バルジ領域)を狙った脱毛方法。
毛包は発毛の指示を出す部分なので、これから生えてくる毛に対して効果があります。
今生えようとしている毛根を狙う、IPL脱毛やSSC脱毛とは違います。

あなたはSHR脱毛は効果が無いと言った口コミを見て、脱毛効果に不安を感じているかも。
あくまでも狙いが他の脱毛方法と違うのがポイント。
IPL脱毛と比較した際、効果を実感出来るまでに時間がかかるだけです。

毛包にダメージを与えれば、発毛の指示が出なくなります。
その結果、毛が生えてこなくなるのは本当のこと。
施術してから、実感出来るまでに数週間は待つことになります。
でも脱毛効果はあるので、安心してください。

SHR脱毛がおすすめのタイプ・向かないタイプ

SHR脱毛がおすすめのタイプ・向かないタイプ

メリットが多いSHR脱毛ですが、誰にでもおすすめできる訳ではありません。
向いていないタイプもいるので、どういった人におすすめか解説。

SHR脱毛がおすすめのタイプ

SHR脱毛がおすすめできるタイプは、

  • 痛いのは嫌
  • 全身脱毛をしたい
  • うぶ毛を脱毛したい
  • 肌が日焼けしやすい・地黒
  • 脱毛サロンに頻繁に通える
  • 短期間で脱毛を終えたい

と言った人になります。

痛みが少ないのが特徴だから、VIOなどの痛みを感じやすい部分も安心。
しかもホクロを避ける必要が無く、ホクロから生えている毛にも対応できるのがポイント。
腕や顔などのうぶ毛にも効果が高いので、全身脱毛を希望しているならイチオシの脱毛方法です。

しかも毛周期が関係ない脱毛方法だから、頻繁に脱毛サロンに通えるあなたにピッタリ。
最短6ヶ月での脱毛卒業も可能で、短期間で脱毛を終えることができます。
日焼け肌にも照射できるから、肌が焼けやすかったり地黒のあなたにもおすすめです。

SHR脱毛が向かないタイプ

SHR脱毛が向かないタイプは、

  • ワキ脱毛だけで良い
  • 仕事などが忙しい
  • すぐに脱毛効果を実感したい

と言った人になります。

ワキは毛が濃いので、IPL脱毛の方が効果が出やすいのがポイント。
様々な毛質のある全身脱毛なら、SHR脱毛がおすすめです。
だけどワキやVIOなどの濃い毛だけを部分脱毛したいなら、IPL脱毛が向いています。

ただ、IPL脱毛は痛みを感じやすいので、VIOは我慢できない可能性が。
その際は下記で紹介している、SHR脱毛器とIPL脱毛器を使い分ける脱毛サロンがおすすめ
我慢できなければ、SHR脱毛器で照射して貰えます。

SHR脱毛のメリットの一つが、施術間隔が短いこと。
でも仕事などが忙しいと、なかなか頻繁に通えませんね。

脱毛効果を実感するまでに、3週間程度はかかるのも特徴。
だから、すぐに脱毛効果を実感したい場合にも向いていません。

ワキ脱毛だけなら、痛くてもIPL脱毛が良いのかな。

部分脱毛を始めると、全身脱毛にしておけば良かったと思う人も多いからよく考えてね。

SHR脱毛を採用している脱毛サロン

SHR脱毛は、比較的新しい脱毛方法。
だから採用している脱毛サロンは、まだ少ない状況です。

そこでSHR脱毛を導入している、脱毛サロンおすすめを一覧で紹介。
脱毛サロン選びの参考にしてください。


サロン名公式サイト
キレミカhttps://www.kiremika.jp/
恋肌https://www.koi-hada.jp/
SASALAhttps://sasala.me/
ストラッシュhttps://stlassh.com/
ラココhttps://la-coco.com/
リシェルhttps://ri-chel.com/

肌に優しいSHR脱毛を採用しているだけに、どの脱毛サロンも顔脱毛やVIO脱毛にも対応
あなたが気になる部位をまとめてキレイにできるから安心です。

上記脱毛サロンの中でも注目したいのは、

  • キレイモ
  • SASALA
  • ストラッシュ
  • リシェル

です。
これら4つの脱毛サロンは、SHR脱毛器の他にIPL脱毛器も導入しています。

  • 濃い毛が得意なIPL方式
  • うぶ毛が得意なSHR方式

を使い分け。
様々な部位や毛質に対して、効率の良い脱毛ができます。
短期間でツルツルになりたいなら、これらの脱毛サロンを選ぶのがおすすめです。

ちなみに恋肌や姉妹店のキレミカでは、THR脱毛を導入しています。
脱毛方式は基本的にSHR脱毛と同じです。
違いは、連射時のパワーが弱くなりにくいこと。
蓄熱式のSHR脱毛は、連続照射を行います。
その際に、効率的にできる脱毛方法(脱毛器)なんです。

有名な脱毛サロンでも採用されているから、利用しやすくなってますね。

SHR脱毛のまとめ

SHR脱毛の特徴

  • 痛みが少ない
  • 様々な毛質に対応
  • 照射間隔が短い
  • 日焼け肌でも照射可能

など、従来の脱毛方法と比較してとても優秀です。

特に様々な肌質への対応や照射間隔の短さは、短期間で脱毛を終えたいなら重要なポイント。

  • 痛みが我慢できなかった
  • 脱毛効果が実感出来なかった
  • 肌トラブルになった

など、過去に挫折経験があるあなたにもおすすめです。

毛周期が関係ない脱毛方法だから、無理に予約のタイミングを調整する必要もありません。
あなたのペースで通えるから、最短での卒業を目指さない場合にもイチオシです。

ただしIPL脱毛ほどの実績はまだありません。
数年後の効果、実績はこれからわかってくる部分があります。

でも次々とSHR脱毛器の改良が進み、導入店が多くなっております。
メリットが多い脱毛方式なので、これから脱毛を始めるなら、SHR脱毛は選択肢の一つとしてすすめです。

「IPL脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

IPL脱毛の仕組みを解説!IPL脱毛を受けられる脱毛サロンも紹介!

IPL脱毛って聞いたことがあるけれど、効果や痛みが気になる!

光脱毛には大きく分けて3種類あって、その中の1つがIPL脱毛よ。
どんな脱毛方式なのか詳しく解説していくわね!

IPL方式は、光脱毛の1種です。
脱毛方式によって脱毛の仕組みは異なり、得意な部位や痛みなどにも違いがあります。

そこで、ここからはIPL脱毛の仕組みについて詳しく解説。
他の脱毛方式との違いをまとめました。
IPL脱毛のメリット・デメリットも解説しているので、あなたがIPL脱毛を選ぶか迷っているならぜひ参考にしてください。

また、IPL脱毛を受けたい人におすすめの脱毛サロン家庭用脱毛器も紹介。
あなたがIPL脱毛を検討しているなら必見です。

IPL脱毛の仕組みを徹底解説!他の脱毛方式との違いとは?

光脱毛といっても、脱毛方式によって効果や痛みなどに違いがあります。
IPL脱毛の仕組みを解説しながら、共に他の脱毛方式と比較していくわね!

あなたがIPL脱毛という言葉を聞いたことはあっても、詳しく知らないのではないでしょうか。
ここからは、IPL脱毛の仕組みを解説します。
他の脱毛方式との違いを表で分かりやすくまとめたので、違いを知りたい人も読んでみてください。

IPL脱毛の仕組みとは?

IPL脱毛は、Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)という種類の光を照射する脱毛方法です。
IPL脱毛で使用する光は、黒い色素に反応します。

IPL脱毛は、毛根の黒い色素に反応させることで、毛が作られることを抑制し、脱毛する仕組みです。
黒い色素に反応させる脱毛方法なので、黒く濃い毛のほうが脱毛効果を期待できます。

毛を弱らせることで、毛がだんだんと生えてこなくなりますが、永久脱毛ではありません。
光脱毛はレーザー脱毛ほどのパワーがないため、毛根にダメージを与えるのみです。
IPL脱毛は永久脱毛を目指すことはできませんが、減毛効果を期待できます。

ワキとかVIOとか濃い毛のほうが脱毛しにくそうと思ってたけど、IPL脱毛なら濃い毛のほうが効果を期待できるんだね!

濃い毛に効果的だけれど、ほくろやシミ、日焼けした肌に反応してしまってヤケドしてしまう可能性があるのが難点。
脱毛できないケースもあるのよ。

SHR脱毛とSSC脱毛の仕組みを解説

IPL脱毛の仕組みは分かったけれど、他の脱毛方式はどうなのだろうと疑問に思いますよね。
そこで、SHR脱毛とSSC脱毛の脱毛方式を簡単に解説します。

SHR脱毛は、熱によって毛が生えにくくする脱毛方式です。
メラニン色素に左右されず、毛の色や肌の色に関係なく脱毛ができます。

SSC脱毛は、抑毛効果のあるジェルと光の両方の効果によって毛を生えにくくする脱毛方式です。
毛を弱らせていくようなイメージの脱毛方式なので、すぐに効果を実感できることはなく、だんだんと毛が細くなってきたと実感していくような経過となります。

どちらの脱毛方式もIPL脱毛と比較すると肌への負担が少ないです。
しかし、効果を実感するには時間がかかるというデメリットもあります。

SHR脱毛やSSC脱毛は、肌が敏感な人や痛みに弱い人におすすめです。
うぶ毛に強いので、うぶ毛を無くしたい人にもぴったり。

IPL脱毛以外の脱毛方式、レーザー脱毛との違い

脱毛は大きく分けて、光脱毛とレーザー脱毛に分けられます。
光脱毛は脱毛サロンで受けられる施術、レーザー脱毛はクリニックで受けられる施術です。

代表的な光脱毛である、IPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛と、レーザー脱毛の特徴を比較します。

IPL脱毛SHR脱毛SSC脱毛レーザー脱毛
施術の痛み×
脱毛効果
うぶ毛への効果
肌トラブルの起きやすさ
日焼け肌への施術×××
施術の頻度
得意な部位ワキやVIOなどの濃い毛が生える部位うぶ毛の多い部位うぶ毛の多い部位ワキやVIOなどの濃い毛が生える部位

IPL脱毛は、SHR脱毛やSSC脱毛と比べると脱毛効果が高めです。
施術後3日から4日ほどで毛が抜けてくるため、脱毛効果を早めに実感したい人には、IPL脱毛が向いているでしょう。

毛のメラニン色素に反応させて脱毛を促す仕組みだから、日焼けした肌への施術が難しいという欠点があります。
日焼けした肌に光が反応してしまい、ヤケドしてしまうことが考えられるため、SHR脱毛やSSC脱毛よりも肌トラブルが起きやすいです。

光脱毛は、レーザー脱毛と比較すると施術の痛みが少なく、施術の痛みが苦手な人でも受けられます。
ただ、IPL脱毛は、レーザー脱毛ほどではありませんが、光脱毛の中でも痛みを感じやすい脱毛方式。
施術の痛みをできる限り無くしたい人には不向きです。

IPL脱毛とレーザー脱毛って、特徴がほとんど同じだね!

IPL脱毛とレーザー脱毛は脱毛のメカニズムは、ほぼ同じです。
レーザー脱毛のパワーを弱めたものがIPL脱毛、という感じね!

IPL脱毛のメリット・デメリット

IPL脱毛のメリットだけじゃなくてデメリットもちゃんと知りたい!

デメリットも解説していくから、どの脱毛方式を選ぶか迷っている人にぜひ参考にしてほしいわ!

IPL脱毛は、濃い毛に効果が高く、脱毛効果を実感しやすい脱毛方式です。

ただ、脱毛の痛みを感じることがあるなどのデメリットもあります。
ここからは、IPL脱毛のメリットやデメリットを1つずつ詳しく見ていきましょう。

IPL脱毛のメリット

IPL脱毛には3つのメリットがあります。

  • 濃い毛に効果を期待できる
  • 広い範囲の施術にぴったり
  • 美肌効果を期待できる

3つのメリットについて詳しく解説していきます。

濃い毛に効果を期待できる

黒い色素に反応させる脱毛方式であることから、黒く濃い毛への効果が高いです。
ワキやVIOラインといったムダ毛が黒々として濃い毛に有効で、色素の薄い毛よりも効果を早めに実感できます。

広い範囲の施術にぴったり

IPL脱毛の光は、広範囲に照射できます。
背中などの広い範囲の施術でも、1度に広範囲照射できるため、照射時間を短くできるのです。

両脇脱毛なら施術時間は1回あたり5分ほどしかかりません。
忙しい人でも時短な施術で脱毛に通いやすいでしょう。

美肌効果を期待できる

IPL脱毛の光は、フォトフェイシャル治療で使用されることもある光です。
シミや毛穴の目立ちのためのフォトフェイシャル治療で使用されるため、脱毛しながら美肌効果を期待できます。

脱毛だけではなく、美肌効果もほしいという人におすすめです。

IPL脱毛のデメリット

IPL脱毛には、3つのデメリットもあります。

  • 脱毛完了まで時間がかかる
  • うぶ毛の脱毛が苦手
  • 肌が黒い人は施術できないことがある

1つずつ詳しく見ていきましょう。

脱毛完了まで時間がかかる

IPL脱毛は、いつでも施術すればよいのではなく、毛が成長するサイクルである毛周期に沿って施術することが大切です。
毛周期に沿って脱毛するため、時間がかかってしまいます。

施術は2ヶ月~3ヶ月に1度です。
脱毛完了までに2年以上かかってしまうことが多く、早く脱毛完了したいという人には向いていません。

うぶ毛の脱毛が苦手

IPL脱毛は、黒い色素に反応させて脱毛する方式だから、黒い毛には強いのですが、色素の少ないうぶ毛の脱毛は苦手です。
顔や背中、うなじといったうぶ毛が多い部位の脱毛は、他の部位よりも脱毛完了まで時間がかかることがあります。

あなたがうぶ毛の脱毛重視なら、IPL脱毛よりもメラニン色素に左右されず脱毛できるSHR脱毛やSSC脱毛を選ぶのがおすすめです。

うぶ毛には効果ないってこと?

全く効果がないってことではないから、何度も照射しているとだんだんと効果が見えてくるわよ。

肌が黒い人は施術できないことがある

黒い色素に反応させるため、色黒な肌への照射はできません。

色黒な肌へ照射すると、光が肌に反応してしまい、ヤケドをする恐れがあるからです。

  • 日焼けをしている人
  • 色黒な人
  • ほくろが多い人

といった、IPL脱毛の光が反応する可能性がある人は、脱毛サロンの判断になりますが、照射不可となる場合があります。

レーザー脱毛よりも安く痛みの少ない脱毛がしたいなら、IPL脱毛がおすすめ。
レーザー脱毛よりもパワーが弱いので、脱毛完了までの期間はレーザー脱毛のほうが短いですよ!

IPL脱毛が最適な人はどんな人?

どのような人にIPL脱毛は向いているのでしょうか。

IPL脱毛は、黒い濃い毛に効果が高いため、濃い毛に悩む人におすすめです。
顔脱毛や背中脱毛といったうぶ毛を主に脱毛したい人には、あまり向いていません。

光脱毛の3つの脱毛方式で比較すると、IPL脱毛は他の脱毛方式よりも脱毛効果を早く実感しやすいです。
脱毛効果を早く実感したい人は、IPL脱毛を選びましょう。
また、同じ脱毛方式のレーザー脱毛は、IPL脱毛よりもパワーがあり、脱毛効果が高いです。

しかしその分施術の痛みが強いため、脱毛効果は少し劣っても、痛みの少ない脱毛をしたいという人にIPL脱毛が向いています。

IPL脱毛を採用している脱毛サロン

では、IPL脱毛を採用している脱毛サロンを紹介いたします。

全身脱毛の料金をまとめたので、料金と一緒に比較してみましょう。

店舗名採用する脱毛機全身脱毛プラン回数脱毛部位料金
キレイモIPL脱毛機
SHR脱毛機
全身脱毛お試しプラン4回顔、VIO含む全身87,780円
銀座カラーIPL脱毛機ストレスフリー全身脱毛脱毛し放題VIO含む全身277,600円
ストラッシュIPL脱毛機
SHR脱毛機
全身脱毛通い放題(半年)脱毛し放題顔、VIO含む全身227,000円
シースリーIPL脱毛機全身6回完了コース6回顔、VIO含む全身95,000円
SASALAIPL脱毛機
SHR脱毛機
全身38ヵ所脱毛12回顔、VIO含む全身277,200円
リシェルIPL脱毛機
SHR脱毛機
全身脱毛プランB6回顔、VIO含む全身99,495円

キレイモは、基本的にはIPL脱毛を使用しますが、肌の状態などを見て必要であればSHR脱毛を使用します。

ストラッシュとリシェルは、IPL脱毛とSHR脱毛を同時に行う脱毛方法です。

SASALAは、IPL脱毛とSHR脱毛の両方を切り替えて脱毛可能な脱毛機を導入し、広い部位はSHR脱毛、細かな部分はIPL脱毛と部位によって使い分けています。

IPL脱毛だけを採用しているところと、SHR脱毛も導入しているサロンがあります。
肌への負担が気になる人は、SHR脱毛も採用しているサロンだと安心ですね。

IPL脱毛を採用している家庭用脱毛器

お家で手軽に脱毛ができる家庭用脱毛器にも様々な種類があり、IPL方式の家庭用脱毛器もあります。
そこで人気のIPL脱毛を採用している家庭用脱毛器を紹介。

商品名値段
ケノン69,800円
BRAUNシルクエキスパート82,280円
IPL光脱毛器6,880円

紹介した家庭用脱毛器は、全てIPL脱毛を採用した脱毛器。
ですが、価格に大きな差があります。

  • カートリッジを交換できるタイプ
  • パワーの細かな調整ができるタイプ

など、仕様の違いによって価格にも違いが出るのです。

家庭用脱毛器なら、自宅で手軽に脱毛ができるね。
エステに行くよりも価格がお手ごろなのも嬉しい!

脱毛効果を実感するまで時間がかかる、自分で脱毛をする面倒、背中などの手が届かない部位は難しいといったデメリットもあるわよ。

家庭用脱毛器について詳しくはこちら
家庭用脱毛器おすすめ機種の探し方【価格・効果・口コミを比較調査】

IPL脱毛のまとめ

光脱毛の1種であるIPL脱毛は、太く濃い毛に効果の高い脱毛方式です。

レーザー脱毛ほどの痛みはないものの、他の光脱毛と比較すると痛みを感じることもあります。

IPL脱毛を採用する脱毛サロンや家庭用脱毛器は多く、様々な種類から自分に合ったIPL脱毛を選べるというのも一つのメリットです。

「SSC脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

SSC脱毛の仕組みやメリット・デメリットを徹底解説!SSC脱毛を受けられるサロンも紹介!

SSC脱毛ってなんだろう?

光脱毛っていろんな脱毛方式があって、なんだか難しく感じちゃうよね。
でも脱毛方式を知っておくと、自分に合った脱毛を見つけやすくなるからおすすめ!

SSC脱毛は、大きく分けて3種類ある光脱毛の脱毛方式の1種です。
抑毛効果をあるジェルを塗って、その上から光を照射することで、ジェルと光のW効果を期待できます。

脱毛方式によって、

  • 得意な部位や施術の痛み
  • 効果の出方

などに違いがあり、どの脱毛方式を選ぶのかが大切です。
ここからは、SSC脱毛に焦点を当てて詳しく解説します。

SSC脱毛のメリット・デメリットも解説しているので、あなたがSSC脱毛を検討しているならぜひ参考にしてください。

脱毛方式ごとにどんな違いがあるの?SSC脱毛の仕組みを徹底解説!

SSC脱毛の最大の特徴は、抑毛効果のあるジェルと光の相乗効果を期待できることです。
ジェルの効果でお肌に優しいのが嬉しいですね。

SSC脱毛の仕組みを分かりやすく、簡単に解説します。
「脱毛方式は難しそう…」と敬遠しがちですが、知っておくとエステや家庭用脱毛器選びにも有効です。
他の脱毛方式との違いを表にまとめたので、一目で違いが分かります。

SSC脱毛の仕組み

SSC脱毛は、スムーススキンコントロールという正式名称で、イタリアの大手医療メーカーDEKA社が考案した脱毛方式
使用するのはクリプトンライトという希ガスを用いたライトで、効率よく光を照射可能です。

抑毛効果のあるトレジャービーンズを配合したジェルを塗り、その上から照射します。
照射すると、トレジャービーンズが割れ、肌に浸透するのが植物由来成分が含まれた成分フィニリーブです。

照射によって温められ開いた毛穴からフィニリーブが浸透し、毛の抑毛効果を期待できます。
フィニリーブは、抑毛効果だけではなく美肌にも効果的なのがポイント。
脱毛をしながら肌を労れちゃいます。

クリプトンライトは、ジェルにしか反応しないのも肌に優しい秘訣です。
肌への刺激が少なく、痛みの施術ができます。

SSC脱毛は、毛を減らすというより「制毛」表現が合ってるのよ。
抑毛効果によって毛を細くしていって、毛を生えにくくする脱毛方式なの。

SSC脱毛と他の脱毛方式との違い

脱毛方式は分かってきたけど…もっと脱毛方式ごとの違いを知りたい!

気になる特徴を7つのポイントで比較したわ。
光脱毛3つ以外に、レーザー脱毛とも比較したから、参考にしてみてね。

光脱毛の3つの脱毛方式は、いずれも脱毛サロンで受けられる脱毛方式です。
レーザー脱毛は、クリニックでしか受けられません。
光脱毛にするかレーザー脱毛にするかで、あなたも迷っているかも。

そこで光脱毛の3つの脱毛方式にレーザー脱毛を加えて、4つの脱毛方式で特徴を比較しました。

脱毛方式SSC脱毛IPL脱毛SHR脱毛レーザー脱毛
施術の痛み×
脱毛効果
うぶ毛への効果
肌トラブルの起きやすさ
日焼け肌への施術×××
施術の頻度
得意な部位うぶ毛の多い部位ワキやVIOなどの濃い毛が生える部位うぶ毛の多い部位ワキやVIOなどの濃い毛が生える部位

脱毛をするときに気になるのが、施術の痛みです。
SSC脱毛は、IPL脱毛やレーザー脱毛よりも痛みは少ないものの、SHR脱毛と比較すると痛みを感じることがあります。

比較的痛みが少ない脱毛方式なので、痛みを抑えたいあなたにおすすめです。

脱毛効果は、IPL脱毛やレーザー脱毛よりも脱毛効果が出にくいと感じる人が多いでしょう。
IPL脱毛やレーザー脱毛は、脱毛後、毛が抜けてくるといった分かりやすい効果を感じることがあり、「SSCはどうして毛が抜けないんだろう?」と不安に思う人もいます。

SSC脱毛は、ジェルの抑毛効果によって毛を生えにくくする脱毛方式です。
だんだんと毛が細くなっていき生えにくくなるという工程なので、即効性を感じることはありません。
地道に脱毛し続けると、だんだんと効果を実感していきます。

SSC脱毛は、IPL脱毛やレーザー脱毛が苦手なうぶ毛の処理が得意
顔や背中といった細い毛がある部位でも効果を発揮します。

SHR脱毛は、毛の生え替わるサイクルである毛周期に左右されない脱毛が可能です。
SHR脱毛以外の脱毛方式は、毛周期に沿った施術が重要となるため、施術は1ヶ月から3ヶ月に1回となります。
施術できる時期が決まっているため、頻度を高めたくても無理なので注意してください。

SSC脱毛は、ジェルの美肌成分によって肌をキレイにしながら脱毛ができます。
ジェルの上から光を照射するため、肌への負担も少ない方法です。
あなたが肌が弱めなら、IPL脱毛やレーザー脱毛よりもSSC脱毛を選んだほうが肌への負担を減らせるでしょう。

SSC脱毛は、肌が弱めの人や肌を労りながら脱毛した人向けって感じなのね。
うぶ毛に強いから、顔脱毛をしたい場合にも良さそう!

顔脱毛について詳しくはこちら
【顔脱毛】料金・効果・痛み比較!クリニック、サロンどっちがオススメ?

SSC脱毛のメリット・デメリット

SSC脱毛は肌への負担が少ない脱毛ができるメリットがあるけれど、デメリットも。デメリットも知ることが大切よ。

どんな脱毛方式もメリットだけではなくデメリットもあります。
SSC脱毛のメリット・デメリットをまとめました。

SSC脱毛のメリット

SSC脱毛には、肌への負担が少ない以外にも様々なメリットがあります。

  • 肌への負担が比較的少ない
  • 痛みがほとんど無い
  • 施術時間が短い
  • 美肌効果を期待できる

4つのメリットを1つずつ解説していきます。

肌への負担が比較的少ない

SSC脱毛の最大のメリットは、肌への負担が少ないということです。

SSC脱毛は、抑毛効果のあるジェルを塗って光を照射するため、光が肌に直接当たることがなく、肌への負担を少なくできます。

SSC脱毛の仕組みは、ジェルの抑毛成分で毛を生えにくくする仕組みです。
ジェルの抑毛効果を利用しているため、光を強く当てる必要はなく、弱い光の照射で脱毛ができます。

光のパワーが強いほど、肌への負担は大きくなるものです。
SSC脱毛は、弱い光を照射するため肌への負担は、IPL脱毛やレーザー脱毛よりも少なめとなります。

痛みがほとんど無い

SSC脱毛はジェルの上から照射するため、光が肌に直接当たらず感じる痛みも少ない方法です。
弱い光で済むのも、痛みを少なくしてくれています。

IPL脱毛やレーザー脱毛は、パチンのゴムで弾いたような痛みや静電気のようなバチンという痛みを感じる人も。
SSC脱毛は、施術の痛みをできる限り感じたくない人に向いています。

施術時間が短い

脱毛方式によって、ピッピッと1発ずつ照射するものもあれば、肌の上を滑らせるだけで照射できるものもあります。

SSC脱毛は、ジェルを塗った上をスーっと滑らせていくだけなので、施術時間が短いのが特徴です。
全身脱毛する場合、通常1時間半から2時間ほどかかるところを、SSC脱毛なら1時間と早く脱毛ができます。

忙しくても、短い時間で済むなら脱毛に通いやすくなるね!
施術時間が短いって意外と重要!

美肌効果を期待できる

SSC脱毛で使用するジェルには、抑毛効果の他に美肌効果があります。
肌を整え、毛穴の引き締め、保湿、黒ずみの解消などに効果的です。

長年カミソリで毛を処理していると、悩むことが多いのが黒ずみですよね。
黒ずみを解消したくても、剃っているうちはなかなか解消できません。

カミソリで処理する回数を減らせる脱毛をするだけでも、黒ずみ解消効果を期待できます。
でもSSC脱毛なら、ジェルの美肌効果もプラスでより黒ずみ解消を期待できます。

脱毛をすると肌が乾燥するイメージだったけど、SSC脱毛ならジェルの効果で美肌も目指せちゃうのがうれしい!

美肌など脱毛以外の効果について詳しくはこちら
脱毛で期待できる美肌効果!黒ずみの予防・改善や毛穴レスになる理由

SSC脱毛のデメリット

メリットがある一方でデメリットもあります。

  • 採用するサロンが少ない
  • ジェルが必要(ジェルが冷たい、塗る手間がかかる)
  • すぐに効果を実感しにくい

1つずつ解説していきます。

採用するサロンが少ない

昔からあるIPL脱毛を採用する脱毛サロンが多く、SSC脱毛を採用している脱毛サロンはまだ少ないです。

SSC脱毛を受けたいと思っても、採用している脱毛サロンが身近に無いという可能性があります。

大手なら、ミュゼ脱毛ラボがSSC脱毛を採用しているので、近くに店舗があればSSC脱毛を受けられるでしょう。

ジェルが必要

SSC脱毛にはジェルが欠かせません。
ジェルを体に塗るのが嫌だという人には、SSC脱毛は向いていないでしょう。

ジェルがひんやりとしていて気持ちが悪いと感じる人もいます。
SSC脱毛以外ならジェルを塗らずに施術をする脱毛サロンがあるので、SSC脱毛以外の脱毛方式を選ぶのもあり。

SSC脱毛は施術時間が短いけど、ジェルを塗る手間が必要です。
ジェルを塗る時間がもったいないと感じる人にとっては、SSC脱毛はおすすめできません。

ジェルはひんやりすることはあっても、冷たい!と驚くほどではないわよ。
施術が終わったらキレイに拭き取ってもらえるから、安心してね!

すぐに効果を実感しにくい

IPL脱毛は、施術後3日から4日ほどで毛が抜けてきます。
そのため脱毛できているという実感ができるのです。

SSC脱毛は毛が抜けてくることはありません。
生えてくる毛がだんだんと細くなっていき脱毛完了します。
すぐに効果を実感できる脱毛方式ではないため、最初のうちは半信半疑になってしまう人もいるかもしれません。
しかし脱毛を続けているうちにだんだんと効果を実感してくるので、気長に脱毛をしましょう。

脱毛って何度もするうちに効果を実感できるっていうけど、毛が抜けてくるって即効性を感じちゃうなあ。
SSC脱毛は不安になっちゃうのも分かる…

SSC脱毛を採用している脱毛サロン

SSC脱毛で脱毛したいあなたにおすすめの脱毛サロンを紹介します。

店舗名採用する脱毛機全身脱毛プラン回数脱毛部位料金
ミュゼプラチナムSSC脱毛機全身美容脱毛コース期間、回数無制限顔、VIO含む全身198,000円
脱毛ラボSSC脱毛機回数パックプラン18回顔、VIO含む全身406,980円

大手の脱毛サロンでSSC脱毛を採用しているのは「ミュゼ」「脱毛ラボ」です。

ミュゼの全身脱毛は

  • 回数制
  • 回数・期間無制限

と2つのプランがあります。
回数制は1回、4回、6回の3種類しかなく、たっぷり脱毛をするなら物足りなさを感じる回数です。

しっかり脱毛完了するまで脱毛をしたいなら、回数・期間ともに無制限の全身美容脱毛コースがおすすめ。

脱毛ラボは、回数パックプランまたは月額制の2つのプランがあります。

月額制なら料金の負担が少なく好きなときに辞められますが、1回の来店で施術できる部位が少ないです。
全身の施術が終わるのに14回もかかってしまいます。

回数パックプランなら1回で全身の施術を行ってもらえ、月額制よりも早く脱毛完了を目指せるためおすすめです。

脱毛ラボで18回コースを選択すると、1回あたり22,610円となります。
ミュゼは通い放題ですが、18回通うとすると1回あたり11,000円と脱毛ラボの約半額です。

安さで選ぶならミュゼのほうがよいでしょう。

ミュゼも脱毛ラボも大手で人気店だよね!
店舗数が多いから、通いやすいお店を見つけられるかも!

SSC脱毛を採用する家庭用脱毛器

SSC脱毛はジェルが必要となる脱毛方式なため、家庭で行うのは難しく、SSC脱毛を採用した家庭用脱毛器は1種類しかありません。

商品名値段
SSCエピフォトスキンケアプロ79,200円

SSCエピフォトスキンケアプロは、ミュゼが販売しているSSC脱毛を採用した家庭用脱毛器です。

サロンで使用しているジェルを家庭で使いやすいようにローションにしたものが付属しています。
ジェルよりも塗りやすく、拭き取りはいりません。
30万発打てる上に、5年保証付きで5年以内ならランプを交換し放題です。

自分でケアにしくい背中などの部位をミュゼで脱毛してもらえる無料チケット付きとお得なセットとなっています。
美肌ケア用のアタッチメントもついているので、ハリのある肌を目指したい人にもおすすめです。

SSC脱毛ってジェルの扱いが難しそうよね。
でも使う人のことを考え尽くされたミュゼの家庭用脱毛器なら安心!

SSC脱毛のまとめ

抑毛効果のあるジェルを使ったSSC脱毛は、肌への負担が少なく痛みの少ない脱毛ができます。

ただ、脱毛効果を実感するには脱毛回数が必要です。

  • 肌が弱い人
  • 施術の痛みを抑えたい人
  • 気長に脱毛に通える人

このような人はSSC脱毛が向いています。

SSC脱毛を採用する脱毛サロン・家庭用脱毛器は少なく、選択肢はあまりないのが難点です。

大手脱毛サロンや大手脱毛サロンが販売する家庭用脱毛器と、安心感のあるところばかりなので選びやすいでしょう。

「THR脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

光脱毛やレーザー脱毛など、脱毛には様々な種類があります。
その中でも注目を集めている施術が、THR脱毛です。
今までの光脱毛における欠点をカバーできると言われていて、取り扱うサロンも増えてきています。

そんなTHR脱毛の仕組みや他の脱毛方法との比較、メリットやデメリットなどを詳しく介せる。
あなたがTHR脱毛をしようと考えているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

THR脱毛の仕組み

THR脱毛とは、サーモヒートリムーバーと呼ばれる脱毛方法。
赤外線に近い光を使い、毛を生やす司令塔である毛包のバルジ領域にダメージを与える施術方法です。
エステサロンで使用されていて、比較的最近登場した新たな脱毛方法として注目を集めている蓄熱式脱毛です。

バルジ領域に定期的にダメージを与え続けることで、毛を生やす指令が届かなくなり、新しい毛が段々と生えてきにくくなります。
これを繰り返すことにより、脱毛効果を得るという脱毛方法として注目を集めています。

THR脱毛は他の脱毛の良いとこ取り!と言われている方法なの!

他の脱毛方法との違いは?

THR脱毛は他の脱毛方法とどんな違いがあるのでしょうか?
詳しくご紹介します。

SHR脱毛との違い

SHR脱毛も蓄熱式脱毛で、脱毛の仕組みはTHR脱毛とほとんど同じです。
バルジ領域に対して光を照射することで、ダメージを与える方法になります。
THR脱毛との大きな違いは、連続照射を行う際の出力の違いです。

SHR脱毛の場合、連射を行うことで威力に変化が出てくるため、徐々にパワーダウンしてしまいます。
だけどTHR脱毛はそういったことがなく、常に同じ出力で照射することが可能です。

IPL脱毛との違い

IPL脱毛とは、毛のメラニン色素に向かって光を照射する方法を指します。
成長期の毛に照射することで効果を得る方法のため、毛周期に合わせて照射を行う必要があります。
また、メラニンに反応してダメージを与える方法のため、ほくろや日焼けした部分には照射できない方法として知られています。

THR脱毛は色素関係なくバルジ領域に照射する方法だから、成長している毛以外にも照射可能です。

SSC脱毛との違い

SSC脱毛とは、抑毛効果があるジェルを肌に乗せ、そこに光を当てることによって肌に浸透し、脱毛効果を実感できる照射方法だと言われています。
光で感じる痛みを軽減する効果があると言われているため、肌への負担が少なくなっています。

SSC脱毛は成長中の毛に働きかける効果があるため、THR脱毛とは全く異なり毛周期を意識して照射を行う必要があります。

レーザー脱毛との違い

レーザー脱毛で使用するのはレーザーとなっており、医療の専門知識を持った人のみが施術ができる脱毛方法です。
レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応する働きを利用して脱毛する方法で、IPL脱毛よりも威力が強くなっており永久脱毛が叶うと言われています。

脱毛サロンでのみ取り扱っているTHR脱毛よりも効果が高い照射方法ですが、多くの方が痛みを感じやすいという治療法です。

ニードル脱毛との違い

ニードル脱毛とは、電気を使用して毛1本1本にダメージを与えていく方法になります。
他の脱毛方法が広範囲を一気に脱毛できるのに対して、ニードル脱毛の場合は1本1本にダメージを与えることで、脱毛効果を得る方法です。

THR脱毛と比べると料金や痛みに差があり、1本1本丁寧に行っていく必要がある技術がいる施術となるため、高額となるケースが多くなります。
また、痛みを感じやすい脱毛とも言われています。

こうしても見ると、いろいろな脱毛方法があるんだね!

THR脱毛のメリットとは?

THR脱毛はSHR脱毛の欠点を補うことができる脱毛方法として、注目を集めています。
THR脱毛のメリットについて詳しく紹介。

痛みが比較的感じにくい

THR脱毛のメリットは、痛みを比較的感じにくい点です。
肌に影響が少ないとされる波長を使用した脱毛のため、今まで敏感肌で施術に躊躇していた方でも安心して受けられる脱毛方法。

個人差はありますが痛みに弱い方でも、安心して受けられるほど痛みを感じにくいと言われています。
だからあなたがIPL脱毛やレーザー脱毛で痛みに耐えられなかった場合も、挑戦しやすい脱毛方法です。

毛周期に関係なく施術ができる

THR脱毛は毛の成長に関係なく照射を行うことができる脱毛方法です。
そのため、従来の脱毛よりも早く脱毛を終わらせられます。

IPL脱毛やレーザー脱毛は、成長期の毛のみに効果を発揮するような脱毛方法。
1度の施術の後に2~3か月間をあけなくてはいけないこともあり、脱毛完了までに時間がかかってしまうことがほとんどです。
あなたができるだけ早く脱毛を完了させたいと考えているなら、あまり向かなった脱毛方法でした。

でもそういったデメリットを克服できるのがTHR脱毛です。
成長期の毛に照射するのではなく、バルジ領域へ照射を行う方法のため、間を長く空ける必要がありません。

確かに夏までに!って目標を持って脱毛しようと思っても、毛周期が関係して脱毛できないのは辛い!

産毛にも使える

THR脱毛は産毛にも効果を発揮する脱毛方法として知られています。
毛が薄いからこそ早く脱毛が完了できそうと考える方もいますが、従来の脱毛方法では全く逆です。
IPL脱毛やレーザー脱毛の場合、毛の黒い部分に効果を発揮する照射方法のため、メラニン色素が元々薄い産毛には効果を発揮しにくくなります。

そのため、脱毛完了までには、さらに時間がかかるとされていた産毛ですよね。
でも色味に左右されることなく、脱毛効果を発揮するTHR脱毛では産毛にも最適です。
産毛以外にも、毛が細い部位の脱毛にも最適な方法です。

美肌ケアにも効果的

THR脱毛は美肌ケアにも効果を発揮します。
サーモヒート効果と呼ばれる潤いケアが叶う脱毛方法だとされていて、肌のターンオーバーを促進。
美肌を目指せる脱毛方法だと言われています。

元々の肌への負担を軽減している脱毛方法であるため、さらにプラスして美肌効果を発揮するとして人気を集めています。

脱毛をしながら美肌効果も得られるのは本当に画期的!
しかも肌への負担が少ないのも最高!

THR脱毛のデメリットとは?

THR脱毛にはいくつかデメリットが存在しています。
THR脱毛のデメリットについて詳しくみてきましょう。

扱っているサロンが少ない

THR脱毛のデメリットの1つは、扱っているサロンがまだ少ないという点です。
現在の脱毛は光脱毛とレーザー脱毛がメインとなっていて、サロンで取り扱っているものはIPL脱毛が多くなっています。

SHR脱毛が少し前から有名になってきている脱毛方法。
だけどSHR脱毛のデメリットを克服した照射方法として出てきたTHR脱毛については、まだ知名度がない状態になります。

住んでいる地域によっては、THR脱毛を取り扱っているサロンが近くにないというケースも。
選択肢に入れたいと思っても、なかなか実現できない方も多いです。

実績が少ない

THR脱毛の取り扱っているサロンが少ないことにも繋がりますが、実績が少ないため口コミなども少ない状態になります。
サロン選びにおいて、口コミを参考にして選んでいる方もいるかと思います。
ですが実績が少ないため、そこまで多く出回っていない可能性が高いです。

この脱毛方法に効果がないというわけではなくて、まだ知名度が少ないってこと!
だから今後広がっていく可能性は多いにありますね。

永久脱毛が叶うわけではない

THR脱毛では永久脱毛は叶わないということは、頭に入れておくようにしましょう。
永久脱毛が叶う主な脱毛方法は、レーザー脱毛になります。
安全性を第一に考えて施術を行っているエステ脱毛は、何度も定期的に照射を行うことで毛が気になりにくくなることはあっても、一生生えてこない状態になる効果は認められていません。

ただし、自己処理の頻度を減らす程の脱毛効果については、十分な回数を照射すれば可能になります。
いつか生えてくる可能性はあっても、自己処理の頻度を減らしたり剃刀負けを防いだりしたい方には安全で最適です。

こんな人におすすめ

THR脱毛はどんな人におすすめできる脱毛なのでしょうか?
詳しくみていきましょう。

痛みが少ない脱毛をしたい方

THR脱毛は、痛みに弱い方に最適な脱毛手段です。
IPL脱毛やレーザー脱毛などを体験した経験がある人の中で、強い痛みを感じてしまいそれがトラウマになってしまって諦めてしまったという方も少なくありません。

そんな脱毛で痛みを感じた経験がある方でも、安心して施術ができるような方法がTHR脱毛です。
だから過去に諦めてしまったあなたにおすすめです。

確かにこの方法なら諦めてた人でも大丈夫かもしれないね!

そうそう!万が一痛みが気になる場合はカウンセリングや施術の際にスタッフさんに正直に話してみるのがおすすめ。
安心して受けられるような工夫をしてくれるはずよ。

短期間で脱毛を終わらせたい方

THR脱毛は、できるだけ短期間で脱毛を終わらせたい方におすすめできる方法です。
THR脱毛は毛周期に関係なく照射が可能なため、1度の施術毎に2~3か月ほど間を空ける必要がありません。

サロンによっては、最短2週間で施術可能なところもあるため、脱毛完了までの期間が大きく短縮されることが分かります。
いつまでに脱毛完了したいという目標がある方や、長く通えない事情がある方におすすめです。

産毛の部分を施術したい方

THR脱毛は、産毛の脱毛や細い毛の脱毛をしたいと思っている方におすすめの照射方法です。
THR脱毛はメラニン色素に左右されない脱毛方法だから、なかなか効果が出にくいとされる産毛や細い毛にもしっかりと効かせることができます。

過去にIPL脱毛やレーザー脱毛で脱毛したことがあっても、産毛の部分だけ効果を感じられなかった方の部分脱毛にも最適です。

肌を綺麗にしたい方

THR脱毛は脱毛効果と共に美肌効果も期待出来る方法。
特に元々肌が弱い方にとって、肌への負担を極力減らした状態で脱毛ができると言われており、肌への優しさを重視している方に最適です。

その上でサーモヒート効果による美肌効果も期待できることから、できるだけ肌の負担を減らしながら、潤いを保つハリ感のある肌を手に入れたい方におすすめできます。

THR脱毛を採用している脱毛サロン

THR脱毛を扱っているおすすめのサロンを紹介します。

恋肌

恋肌は全国に展開している脱毛サロンでTHR脱毛を使用しています。
全身脱毛プランでは美容成分がたっぷり入ったコラーゲンパックが無料で付いてくるため、美肌を目指す方に最適です。
最短で2週間ペースの脱毛が可能で、最短3か月でツルスベ肌を手に入れることも夢ではありませんよ。

脱毛サロン「恋肌」の脱毛プラン
プラン名料金(税込み)
全身脱毛6回パックプラン109,780円
全身脱毛6回学割パックプラン99,800円
脱毛可能範囲
おでこ/顎/頬/鼻/鼻下/両脇/両肩/胸/背中/両腕/両肘/手の甲と指/両脚/両膝/足の甲と指/トライアングルライン/Iライン/Vライン/Oライン/おしり

アドラーブル

アドラーブルは、西日本を中心に展開している脱毛サロンです。
月額制を採用していて、月々3,000円~脱毛が試せるとして話題を集めています。
フェイシャルエステを取り扱っているサロンでもあるため、美肌効果にも力を入れています。
予約の取りやすさにも定評があります。

脱毛サロン「アドラーブル」の脱毛プラン
プラン名月額料金(税込み)
全身脱毛フルコース3,300円
全身脱毛5か所セレクトコース3,000円
顔orVIOコース3,000円

※月額は、総額を分割ローンで支払ったときの毎月の金額

脱毛可能範囲
おでこ/顎/もみあげ/頬/鼻下/両脇/胸/背中/両腕/両肘/手の甲と指/両脚/両膝/足の甲と指/トライアングルライン/Iライン/Vライン/Oライン/ヒップ

THR脱毛のまとめ

THR脱毛は、SHR脱毛のデメリットを克服した脱毛方法として人気を集めています。
毛周期に関係なく照射できる上に肌への負担が少なく、安定した強さで施術が可能。

あなたができるだけ早く脱毛を完了させたいなら、おすすめできる脱毛方法です。

まだ知名度が低い脱毛方法であるため、取り扱っているサロンも少ないけれど今後期待が高まる脱毛方法です。

「ハイパースキン脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって使用する脱毛機の種類が様々ありますが、種類によって熱さ、痛さ、赤みなどのリスクがあります。
そんな中、熱さや痛みを気にしなくても良い「ハイパースキン脱毛」の人気が高まってきています。
「ハイパースキン脱毛」がどんな脱毛なのか、どんな効果があるのか、他の脱毛機との違いなどを詳しく紹介。

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛とは、光脱毛に分類される脱毛です。
脱毛サロンで使用されている脱毛機は、大きく分けると蓄熱式脱毛と単発式脱毛の2種類に分けられます。

ハイパースキン脱毛は蓄熱式脱毛に分類される脱毛機。
IPL脱毛、SSC脱毛と違い、毛周期や日焼けなどを気にせずに脱毛効果が期待でき、熱さや痛みがほとんどありません。
だから脱毛はしたいけど、痛みや熱さは嫌だというあなたに特におすすめの脱毛方法です。

ハイパースキン脱毛の特徴と効果

ハイパースキン脱毛の特徴は、「蓄熱式脱毛」と言われる、バルジ領域の発毛因子に働きかけることです。
メラニン色素に反応し、毛周期に合わせて照射していく単発式脱毛と違い、休止期の3ヶ月の間に照射。
これから生えてくる毛に光を照射して、生えるのを遅くする脱毛です。

通常よりも弱い光でも効果があるので、痛みを我慢しなくても良いのが人気の理由の一つ。
また、ハイパースキン脱毛は色素が薄い産毛にも効果的なので、蓄熱式脱毛で産毛に効果が見えなかった人も効果が期待できます。

ハイパースキン脱毛って初めて聞いた脱毛だわ~!
脱毛が色々ありすぎて、どれが良いかわからない…

ほんとよね~、どんどん新しい脱毛機が出てきて脱毛が進化しているわ!

ハイパースキン脱毛って痛みと熱さがないって本当?!
VIOとか顔は痛くない方がありがたいや~

ハイパースキン脱毛の一番のメリットは、痛みと熱さがないことなのよ!
痛くても薄い毛に効果が弱かったら、何のために我慢してるのかわからなくなるわよね。

そうなのよ。
痛くても熱くても効果が目に見えてわかれば我慢できる!
他にはハイパースキン脱毛ってどんな特徴があるの?

他の脱毛とは色々違うところがあるから、それを今から説明するわね!

ハイパースキン脱毛と毛周期

ハイパースキン脱毛で気をつけるのが毛周期です。
通常脱毛は、生えている成長期の毛のメラニン色素に光を照射し、その後抜け落ちてきます。
ですが、ハイパースキン脱毛は、休止期の毛に照射します。
単発式の脱毛機と比べると全く反対のサイクルになるので、照射のタイミングには注意が必要です。
成長期に合わせる単発式の脱毛機は2、3ヶ月に1回の照射で効果を発揮します。
でも休止期の毛に照射するので、1ヶ月に1回の照射が可能です。

施術の流れ

次は施術の流れを解説。
基本的には他の脱毛と同じ流れですが、ジェルの温度などは通常と異なります。

1.消毒

施術する部位は、全て最初に消毒します。
施術部位を消毒コットンで拭き取ります。
顔の脱毛は、メイクを落とした状態から開始。

2.シェービング

照射前に生えている状態のムダ毛は、シェービングをします。
サロンによっては自己処理が必要ですが、手が届かない部位はお手伝いします、というところも。
カウンセリングのときに確認しておきましょう。

3.ジェル塗布

ハイパースキン脱毛は、照射の際の熱が36度程度と熱さがほとんどない脱毛機です。
そのため、照射の前に塗布するジェルも冷やす目的ではないので、温かいジェルを使用します。

4.照射

施術部位の照射をしていきます。
熱さや痛みはほとんど感じないので、安心して施術ができます。

5.ジェルの拭き取り

照射前に塗布したジェルを拭き取ります。

6.保湿ローションでアフターケア

最後に保湿効果と美肌効果のあるローションを塗布して終了です。
痛みや違和感がある場合は、この時に施術者に伝えましょう。

ハイパースキン脱毛に必要な回数と期間は?

ハイパースキン脱毛は、痛みや熱さがほとんどない脱毛。
ですが、その分、脱毛の即効性は弱いと言われてます。

通常の単発式脱毛の場合、照射してから1週間前後で抜け落ちてくるのを実感できます。
でもハイパースキン脱毛は抜け落ちるのを確認しにくく、確認できたとしても時間がかかります。

最低でも10回前後は定期的に照射して、効果が実感できるようになります。
VIOなどの痛みや熱さを感じやすい部位でも、痛みや熱さがほとんどありません。
だからその点は安心して脱毛ができますが、効果を実感するには半年以上、1年前後の期間が必要になります。
あなたが早く効果を実感したかったり、忙しくて定期的に通えないならあまり向きません。

SHR脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛との違い

次に脱毛サロンで使われていることが多い3種類の脱毛機と違いを比較。
それぞれの特徴があるので自分に合った脱毛を選ぶようにしましょう。

SHR脱毛との違い

SHR脱毛はハイパースキン脱毛と同じ「蓄熱式」の脱毛機です。
バルジ領域に照射することで発毛を抑制するので、産毛や色素が薄い毛にも効果が期待できます。

多少の日焼け肌なら照射が可能で、ほくろやニキビが合っても照射できます。
ハイパースキン脱毛に比べて美肌効果が劣ります。
照射の温度は低温なので、痛みや熱さに弱い人でも安心して照射ができます。

IPL脱毛との違い

IPL脱毛はハイパースキン脱毛とは違う「単発式脱毛」です。
生えている成長期のムダ毛に反応して脱毛するので、熱さや痛みが伴います。

毛のメラニン色素に反応して抜け落ちるので色素の薄い産毛や白髪には効果がありません。
濃い毛にはとても効果的ですが、色素が濃いと痛みや熱さも感じやすくなります。
日焼け肌には照射はできません。

SSC脱毛との違い

SSC脱毛は、IPL脱毛と同じ「単発式脱毛」です。
抑制効果のあるジェルに光が反応して脱毛される仕組みなので、IPL脱毛と同じく痛みや熱さは強く感じます。

ジェルを塗ることで照射の痛みや熱さがマイルドになりますが、全く感じないわけではありません。
産毛や白髪、色素の薄い毛には反応しないので効果がありません。
日焼け肌にも照射はできません。

ハイパースキン脱毛と他の脱毛方式との特徴比較
効果ハイパースキン脱毛SHR脱毛IPL脱毛SSC脱毛
仕組み蓄熱式蓄熱式単発式単発式
痛み・熱さなしなしあり強め
産毛・薄い毛効果あり効果あり効果なし効果なし
日焼け肌照射可能照射可能照射不可照射不可
即効性
美肌効果あり少しあり少し

ハイパースキン脱毛のメリットデメリット

次にハイパースキン脱毛のメリット・デメリットを紹介。
メリットも多くありますが、デメリットもあるのでハイパースキン脱毛を検討している人はデメリットもしっかり確認しましょう。

ハイパースキン脱毛のメリット

最初にメリットからお伝えしていきます。
蓄熱式の脱毛は、単発式とは違うメリットがあるのでご紹介していきます。

メリット①産毛・白髪・色素の薄い毛にも効果的

ハイパースキン脱毛は蓄熱式脱毛なので、色素の濃い薄いに関係なく脱毛が可能です。
単発式脱毛の効果が発揮する生えている色素の濃い毛に反応するのではなく、これから生えてくる毛の発毛因子に反応するので色素に関係なく効果が実感できます。

メリット②痛み・熱さがない

脱毛する時に悩みとなるのが痛みや熱さです。
脱毛が初めての人は痛みや熱さに対して不安があると思います。
以前脱毛サロンや医療脱毛をした際に、痛みや熱さが我慢できなかったという人もいます。

痛みや熱さを我慢しても、産毛や色素の薄い毛には効果が見えにくいことも。
痛みや熱さが少なく、効果が実感できるのは嬉しいメリットですよね。
子供でも安心して照射できる体温に近い36度なので、顔やVIOも安心です。

メリット③日焼けや肌質にも左右されない

ハイパースキン脱毛は、肌質に左右されません。
従来脱毛照射を控えた方が良いとされていた、

  • アトピー肌
  • 敏感肌
  • ニキビ肌
  • 乾燥肌

でも安心して照射できます。
これから日焼けをする予定がある時も照射はできませんでしたが、

  • 日焼け
  • 色素沈着
  • シミ
  • ほくろ

などがあるお肌にも照射が可能です。

メリット④短いスパンの照射が可能

ハイパースキン脱毛は、通常よりも短いスパンでの照射が可能です。
従来の成長期に合わせた照射サイクルではなく、休止期の毛に照射ができます。
だから2~3ヶ月だった照射サイクルが、2~4週間ペースで照射可能です。

メリット⑤ジェルが温かく、美肌効果もある

脱毛をする時に、冷却ジェルの冷たさが我慢できない人もいますよね。
脱毛で使用する冷却ジェルは、とても冷やされているので塗布する時のひんやりする感じが嫌だと言う人は多いです。

しかしハイパースキン脱毛は照射の温度が高温ではないので、使用するジェルも温かいものを使用。
照射の光もフォトフェイシャルと同じで、ターンオーバーを促進し美肌効果も期待できます。

ハイパースキン脱毛のデメリット

次はハイパースキン脱毛のデメリットを紹介していきます。
重要なので、メリット同様にしっかり確認しておきましょう。

デメリット①効果を実感するまでに時間がかかる

ハイパースキン脱毛は、単発式脱毛よりも痛みや熱さがマイルドです。
照射の時には痛みや熱さは実感しにくいので良いですが、その分照射後毛が抜けるのがあまり実感できません。
照射回数を重ねれば効果は実感でいますが、最初は特に抜け落ちるのが確認しにくく、不安になってしまう可能性もあります。

デメリット②導入しているサロンが少なく、費用が高めの設定

ハイパースキン脱毛は、従来の脱毛と比較して金額が少し高めの設定になっています。
まだ導入しているサロンも少ないのがその理由です。

今後ハイパースキン脱毛が浸透してくれば、安くなって来る可能性もあります。
あなたができるだけリーズナブルに脱毛をしたいなら向きません。
お肌に負担が少ないので、値段が高くても肌質に不安がある人におすすめです。

ハイパースキン脱毛はデメリットよりもメリットの方が多いのね。
ますます興味がわいてきたわ!

そうね!まだこれから浸透していく脱毛といったところかしら。
でも比較的メリットの方が多いわよね!?

メリット、デメリットも人により様々よね!
向いている人と向いていない人がいそう

そうそう!脱毛に対しての感覚も人それぞれだしね!
次はハイパースキン脱毛が向いている人と向いていない人を紹介するわね

ハイパースキン脱毛はどんな人に向いている?

ハイパースキン脱毛のメリット、デメリットを紹介してきました。
これを踏まえたうえで、ハイパースキン脱毛が向いている人、向いていない人を紹介します。

ハイパースキン脱毛に向いている人

ハイパースキン脱毛が向いている人はこちらです。

  • 脱毛の痛みや熱さが嫌な人
  • 産毛や色素の薄い毛も減らしたい人
  • 美肌効果が欲しい人
  • 敏感肌や肌トラブルが起きやすい人
  • 脱毛照射で肌荒れしてことがある人
  • 冷却ジェルの冷たさが嫌なな人

先程メリットでお伝えしたように、熱さや痛みがマイルド。
だからあなたができるだけ熱さを実感せずに、産毛や色素の薄い毛の脱毛をしたいならおすすめです。
脱毛は毛質はもちろん、肌質も結果を左右します。
肌が弱くトラブルが起きやすいなら、ハイパースキン脱毛に向いています。

ハイパースキン脱毛に向いていない人

ハイパースキン脱毛に向いていない人はこちらです。

  • 早く効果を実感したい人
  • 抜け落ちるのがわかりやすい方が良い人
  • リーズナブルな金額の脱毛が良い人

脱毛を始めたら、できるだけ早く効果を実感したい人にはおすすめできません。
これから流通が増える可能性が高い脱毛機ですが、まだ値段が高めです。

施術ができない人・注意点

次はハイパースキン脱毛の施術ができない場合について解説します。
以下に当てはまる人や部位は照射できない場合があるので、事前にカウンセリングで相談しておきましょう。
今は完治していても既往歴がある場合は、事前に主治医に確認しておくと安心です。

  • 妊娠中・授乳中の人
  • 過度な日焼けをしているとき
  • お肌にトラブルがある人・部位
  • お薬を服用中の人(内服・外用薬)
  • 既往歴・持病がある人

ハイパースキン脱毛を採用している脱毛サロン

気になるハイパースキン脱毛を採用しているサロンを紹介。
あなたがハイパースキン脱毛を試してみたいなら、無料カウンセリングがあるのでお試しできます。

脱毛サロンDione(ディオーネ)

脱毛サロンディオーネ
全国120店舗を展開する、脱毛フェイシャルサロンです。
脱毛は顔を含むVIOの全身コースもあるので、痛みが気になる部分も安心して照射できます。

ディオーネの特徴

  • 全国100店舗位以上、営業10年以上で信頼の実績
  • ハイパースキン脱毛法を採用
  • 丁寧な施術
  • アトピー肌など敏感肌で施術が不安な方むけ
  • 子供、未成年の方OK(最年少は3歳)

エステサロンKAREN(カレン)

脱毛サロンカレン
カレンは九州地方を中心に全16店舗を展開するサロンです。
東京に1店舗がありますが主に九州、沖縄などにあるサロンなので、都心にないのが残念なポイントです。

カレンの特徴

  • 大人から子供まで通えるサロン
  • 九州地方を中心に東京も併せ16店舗
  • ハイパースキン脱毛法を採用
  • ハイパースキン脱毛機メーカーの直営エステサロン
  • サロンで使用する脱毛機がレンタルでき、自宅で使える

ハイパースキン脱毛のまとめ

「ハイパースキン脱毛」についてお伝えしてきました。
痛みや熱さが少なく、産毛など色素の薄い毛にも効果が期待できるのは嬉しいですね。

即効性は実感できないものの、回数を重ねて照射していけば生えてくる毛が薄いことを実感できます。
まだ導入しているサロンは少ないようですが、今後増えることが期待される脱毛なので、気になっている人はぜひ検討してみてください!

「HHR脱毛(ハイブリッド脱毛)」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

ここ数年で美容脱毛がかなりの進化を遂げています。
大きく分けて単発式と蓄熱式に分かれていましたが、そのどちらにもメリット、デメリットがありました。

そこにどちらの良い点も持ち合わせている「HHR脱毛」というハイブリッド脱毛が登場。
最新式の美容脱毛とも言われる「HHR脱毛」とは一体どんな脱毛なのでしょうか?
「HHR脱毛」の

  • 特徴
  • メリット
  • デメリット
  • 向いている人
  • 向いていない人

などについて解説します。

「HHR脱毛」(ハイブリッド脱毛)とは?

HHR脱毛とは、「IPL脱毛」と「SHR脱毛」の良いとこどりをした新しいタイプの脱毛方式のことです。
「ハイブリッド脱毛」とも言います。

熱さや痛みが強いが色素の濃いムダ毛に効果を発揮する単発式脱毛の「IPL脱毛」、熱さや痛みが弱いが色素や毛周期を気にせずに施術ができる蓄熱式の「SHR脱毛」があります。

HHR脱毛は、メラニン色素とバルジ領域の両方に反応。
産毛や色素の薄い毛にも効果を発揮して脱毛効果を実感しやすいのが特徴です。

HHR脱毛の仕組み

HHR脱毛は、「毛根」と「毛包」に反応して脱毛していきます。
そのため毛周期に関係なく照射できます。

肌を冷却しながら発毛を促すバルジ領域や毛根にダメージを与えて脱毛していきます。
IPL脱毛とSHR脱毛を使い分けることができるので、日焼けしたお肌やほくろにも照射可能。

濃い色素の毛から色素の薄い産毛まで対応しやすいんです。
刺激が少ないので、

  • 痛みや熱さに弱い
  • お肌がデリケート

でも施術可能。
顔やVIOなど、毛質や濃さが違う部位にも対応できます。

ハイブリッド脱毛なんて初めて聞いたわ~!
脱毛ってどんどん進化しているのね!

そうなのよ!HHR脱毛は今まであった脱毛の良いところを両方兼ね備えている最新の脱毛なのよ

確かに今までの脱毛って、痛いのに薄い毛には効果が弱いのは気になってたわ。
痛いの我慢してるのに効果が弱いって残念だもの。

そうよね、それにお肌が敏感肌だと痛みや熱さが気になるしね

HHR脱毛は肌質とか毛質は関係なくできるのね!
他の脱毛との違いを詳しく教えて!

SHR脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛との違い

一般的に使われている脱毛方式の特徴を比較。

SHR脱毛
SHR脱毛は蓄熱式脱毛と言われる脱毛機なので、発毛の指令を出すバルジ領域に照射することで発毛を抑制します。
次に出てくる毛の発毛を遅らせる効果が期待できます。
メラニン色素に反応するのとは違い、痛みや熱さがマイルドで、日焼け肌や色素の薄い毛にも照射が可能です。
IPL脱毛
IPL脱毛は美容脱毛の中では最も医療脱毛に近いと言われる脱毛機で、毛乳頭や毛根にダメージを与えメラニン色素に反応して毛が生えにくくなる脱毛です。
メラニン色素が多い濃い毛にはとても有効で、ワキやVIOは結果がわかりやすいのがメリット。
しかし、濃い毛には反応しやすい代わりに、痛みや熱さが強いのがデメリットといえます。
また、お肌への負担も大きいので、敏感肌など不安がある人は避けた方が良いです。
SSC脱毛
SSC脱毛は、IPL脱毛から派生した脱毛機で、ジェルを塗りクリプトンライトで浸透させて抑毛する仕組みの脱毛です。
IPL脱毛に比べて弱い光を照射するので痛みが少なく、産毛や色素の薄い毛に対して効果が期待できる脱毛と言われています。
抑毛成分が浸透するので、美肌効果も期待できます。
痛みや熱さが少ない分、脱毛効果は即効性がないのがデメリットといえます。
脱毛方式ごとの特徴比較
HHR脱毛IPL脱毛S HR脱毛SSC脱毛
種類蓄熱式+単発式単発式蓄熱式蓄熱式
産毛
濃い毛
痛み
日焼け×
即効性

HHR脱毛の特徴と効果

HHR脱毛(ハイブリッド脱毛)は、光を照射して、毛根とバルジ領域も両方にダメージを与える脱毛です。

  • IPL脱毛:毛根にダメージを与える
  • SHR脱毛:バルジ領域にダメージを与える

の両方が1台の機械で行えるので、毛根のダメージを受けた毛は抜け落ち、バルジ領域にダメージを受けた毛は生えにくくなる効果があります。

そのため色素が濃い毛にも、色素の薄い産毛にもどちらにも効果が期待できます。
痛みや熱さもマイルドなので、あなたが痛みに弱かったり肌が敏感でも安心して施術ができ、全身のムダ毛に対応できます。
毛根・毛包の両方にダメージを与えられるので、施術時間も短く、脱毛期間も最短で6ヶ月で終了します。

HHR脱毛と医療脱毛の違い

現在医療脱毛クリニックで使用されている脱毛機は、単発式の熱破壊式脱毛機と蓄熱式脱毛機が一般的です。
主に効果が実感できると言われるのが熱破壊式ですが、医療脱毛はパワーが強く、美容脱毛よりも痛みや熱さが強いのでお肌に負担がかかることもあります。

蓄熱式脱毛機も使用されていますが、美容脱毛と同じく即効性が期待できない、抜け落ちたのが分かりにくいと言われています。
しかし回数を重ねていくことで効果は実感できます。

医療脱毛クリニックでは、どちらの効果も期待できるハイブリッド脱毛として導入されているクリニックもあります。
医療脱毛は、全体的に照射出力が高いので効果が期待できます。

施術の流れ

次にHHR脱毛の施術の流れを紹介。
照射の流れは、おおよそ他の脱毛と同じ流れです。
事前にカウンセリングで毛質や肌質などの相談して、不安点や疑問点は確認しておきます。

1.消毒
施術のときは、最初に施術部位の消毒をして清潔にしてから開始します。
その日のお肌のコンディションや毛の状態を確認します。

2.シェービング
照射部位のシェービングをします。
事前のシェービングが必要なサロンがほとんどなので、自己処理をしておくこと。
シェービングをして貰う場合は、有料の場合も。
カウンセリング時に、どこまでシェービングをしたほうが良いか確認しておきましょう。

3.ジェルを塗布
HHR脱毛はホットジェルを塗布して照射を開始します。
お肌を守り美肌効果が期待できます。

4.照射
施術箇所の照射をしていきます。
痛みや熱さがマイルドなので、顔やVIOなど刺激が気になる部位も安心して照射が可能です。

5.ジェルを拭き取り終了
照射が終わったらジェルを拭き取り、保湿効果の高い美容液で鎮静して施術終了です。
施術時間も全身で1時間前後と、短時間での照射が可能です。

HHR脱毛に必要な回数と期間

通常の脱毛に必要な期間は2~3ヶ月に1回の照射で、1~2年前後の期間が必要になります。
短いサイクルで照射できても1ヶ月に1回の照射程度でした。

でもHHR脱毛は毛周期を気にせずに照射ができるので、成長期に合わせる必要がありまえせん。
そのため2週間に1回と最短での照射ができます。
その分、効果も早く実感できます。
照射スパンが早いので、最短で6ヶ月などの期間で脱毛完了できます。

HHR脱毛のメリット・デメリット

HHR脱毛のメリット・デメリットを紹介。
脱毛が初めての人はもちろん、脱毛に通ったことがある人もHHR脱毛に興味があるならぜひ参考にしてみてください。

HHR脱毛のメリット

最初にHHR脱毛のメリットから紹介していきます。

メリット① 濃い毛、薄い毛、どちらも対応できる

メラニン色素に反応する単発式は濃い毛に、バルジ領域に反応する蓄熱式は薄い毛に効果的とされてきました。
そのため、毛質の違う部位には結果にムラがあったり、同じ期間に同じ回数照射しても効果が見えにくいことが。
しかし両方の良いとこどりをしたHHR脱毛は、様々な毛質に対応できるので、今まで減りにくいと感じる部位もムラなく対応できます。

メリット② 全ての肌質に対応可能

脱毛は毛質と同じく肌質も重要です。
メラニンに反応する単発式は、肌に負担がかかることが多く日焼け肌には照射ができなかったり肌トラブルが起きやすい方法でした。
HHR脱毛は肌質や毛質に関係なく照射が可能なので、敏感肌や乾燥肌など肌に不安があっても施術可能です。

メリット③ 痛みや熱さを気にせず照射できる

HHR脱毛には、蓄熱式のSHR脱毛の良さもあります。
それは痛みや熱さがほとんどなく、安心して照射ができることです。
ジェルもホットジェルを使用するので、冷却ジェルの冷たさが苦手な人も気にせず施術ができます。
特にVIOなどは痛みや熱さを感じやすい部位なので、痛みがほとんどないのはメリットですね。

メリット④ 毛周期を待たずに照射可能

HHR脱毛は、蓄積式と単発式の良いとこどりの脱毛機です。
毛周期を気にせず照射ができるのもメリット。
成長期に合わせて照射しなくても効果を実感できます。
これからの発毛を抑制する効果が期待できるので、2週間後の照射も可能です。

HHR脱毛のデメリット

次はHHR脱毛のデメリットについて紹介していきます。

デメリット① 出力は控えめで即効性が薄い

HHR脱毛機のデメリットといえば、やはり照射出力が弱いことです。
あらゆる毛質、肌質に対応できるので痛みが少ない反面、照射出力はやや弱めに設定されています。
一般的な他の脱毛機と比較して、脱毛効果が見えるまでに時間がかかる可能性があります。

デメリット② 導入サロンが少なく脱毛効果が分かりにくい

HHR脱毛はまだ導入しているサロンが少ないのが現状です。
少しずつ増えて来ていますが、情報が少なく料金の相場が分かりにくいことも。
他の脱毛と比較して、メリット・デメリットが分かりやすいけど、脱毛効果が分かりにくいことがあります。
あなたが新しい脱毛を試してみたいなら、そこをふまえた上で行くようにしましょう。

ハイブリッド脱毛って、メリットがたくさんあるのね。
今までの脱毛の良いところがミックスされてるって感じね!

そう!痛みや熱さはもちろんだけど、お肌に不安がある人も、薄い毛も濃い毛も効果が欲しい人には嬉しいわね!

でも、脱毛ってそれぞれその人に合うポイントと合わないポイントがあるわよね。

確かに毛質も肌質も環境も人それぞれだから自分に合った脱毛を選ぶのが大切よね。

ハイブリッド脱毛が向いている人はどんな人かしら?

そうね、次はハイブリッド脱毛が向いている人、向いていない人を説明するわ!

HHR脱毛が向いている人・向いていない人

次は、HHR脱毛が向いている人、向いていない人を解説。
脱毛の種類が増えて来ているので、あなたに合った脱毛方法を選ぶようにしましょう。

HHR脱毛が向いている人

HHR脱毛が向いている人は、こちらです。

  • 脱毛の痛みや熱さが嫌な人
  • お肌が敏感肌や乾燥肌で不安がある人
  • 産毛や色素の薄い毛・白髪にも効果が欲しい人
  • 美肌効果が欲しい人
  • 脱毛照射で肌荒れしたことがある人
  • ホットジェルが良い人
  • 他の脱毛を色々試して効果が見えにくい人
  • 新しい脱毛を試したい人

HHR脱毛は、痛みや熱さに弱い人はもちろん、敏感肌などお肌に不安がある人におすすめです。
冷却ジェルを使用しないので、冷たいジェルに抵抗がある人も気にせず施術できます。

HHR脱毛が向いていない人

HHR脱毛に向いていない人はこちらです。

  • 確実な脱毛効果が欲しい人
  • 脱毛に即効性が欲しい人
  • 抜け落ちた実感がわかりやすい方がいい人

痛みや熱さはあっても、確実な脱毛の効果を求める人にはHHR脱毛は向きません。
痛みや熱さがマイルドな分、目に見えて脱毛効果は期待できません。

施術ができない人・施術の注意点

以下の人はHHR脱毛の照射ができません。
事前に確認してから行くようにしましょう。

  • 生理中
  • 妊娠中・授乳中
  • お薬を服用している(内服薬・外用薬)
  • 心臓病・ペースメーカーを使用している
  • アレルギー体質
  • 日光過敏症
  • 皮膚疾患がある人・部位
  • 持病・既往歴がある人、部位

現在は完治している病歴がある場合などは、事前に主治医に脱毛をしても問題ないかを確認してから行くとスムーズです。

HHR脱毛を採用している脱毛サロン

HHR脱毛を導入している脱毛サロンを紹介。
あなたがHHR脱毛を検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

エステサロンLAULEA

脱毛サロンlaulea
脱毛サロンの「LAULEA」は銀座、愛媛西条、松山の3店舗を展開するエステティックサロンです。
脱毛はHHR脱毛を導入しています。

LAULEAの特徴

  • 強引な勧誘無し
  • 表示料金以外は一切不要
  • 回数保証で予約がとれる
  • クレジットカード現金払いOK
  • パッチテストによる無料体験が可能
  • 万全な衛生管理

セルフ脱毛サロンハイジ


セルフ脱毛サロンハイジはセルフ脱毛ができる脱毛サロンで、現在東京に15店舗、東京以外の関東に3店舗、中部・近畿に10店舗、九州・沖縄に1店舗、北海道に1店舗を展開する定額制24時間営業の脱毛サロンです。

最先端の脱毛スタイルでHHR脱毛が可能です。
施術者がいないセルフ脱毛なのでコスパが良いと話題です。

セルフ脱毛サロンハイジの特徴

  • 自分で脱毛器を操作して施術するので恥ずかしくない
  • 最先端の脱毛器を使い放題
  • 完全無人のセルフ式だから料金がグッと安い
  • 24時間営業で好きな時間に通いやすい
    ※一部24時間じゃない店舗もあり
  • メンズもレディースも利用OK

HHR脱毛のまとめ

HHR脱毛について解説してきましたが、脱毛の世界はどんどん進化していますね。
痛みや熱さが少なく、どんな毛質や肌質にも対応できるのは嬉しい特徴です。
今まで脱毛効果がムラになってしまった人や部位や毛質により結果が見えにくかった人は、新しい脱毛HHR脱毛をぜひ試してみてください!

「LED脱毛」の特徴・脱毛効果・採用している脱毛サロン

LED脱毛ってなかなか聞かない脱毛方法だけど、どんな脱毛方法なんだろう?

LED脱毛は、まだ導入しているサロンが少ない脱毛方法なの。
肌へのダメージを抑えた脱毛ができるわよ♪

LED脱毛は、名前を知っている人さえまだ少ないほど、知名度の低い脱毛方法です。
しかしダメージが少なく、スピーディな脱毛ができる注目の脱毛方法でもあります。

そこで注目のLED脱毛の仕組みや他の脱毛方法との違い、メリット・デメリットなどを解説しました。
読めば、LED脱毛について詳しく知れます。
ぜひ最後まで読んで、脱毛方式を選択するときの参考にしてください。

LED脱毛の特徴を解説!どれぐらい効果を期待できる?

LED脱毛ってホントに言葉しか知らなくて全く分からない!
どんな脱毛なのか教えて!

LED脱毛とはどのような脱毛方法なのでしょうか。
脱毛の仕組みについて分かりやすく、詳しく解説していきます。

脱毛をするときに最も気になるのが脱毛効果ですよね。
脱毛効果は本当にあるのかについてもまとめました。
その他にも施術の痛みなど気になるポイントを解説したので、あなたがLED脱毛について全く知らなくても理解できる内容です。

LED脱毛の仕組みとは?

LED脱毛は、毛を作ることを促すバルジ領域にダメージを与えて、毛を生えにくくする脱毛方法です。

LED脱毛では、皮膚の中の毛の黒色にLEDを反応させ、熱を与えます。
バルジ領域に熱でダメージを与えることで、毛が成長しにくくなる方法です。

毛が成長しにくくなる脱毛方法なので、IPL脱毛のように施術後しばらくすると毛が抜け落ちるといった効果は期待できません。
だんだんと毛が細くなっていき、抜けやすくなり、毛が生えにくくなります。

バルジ領域は、2000年代に発見された比較的新しい毛根の部位。
だからバルジ領域にダメージを与えるLED脱毛も新しい脱毛方法なの!

LED脱毛は産毛から剛毛まで幅広い毛に効果あり!

脱毛方式によって苦手な毛があります。
例えばIPL脱毛は、剛毛には強いけれど、産毛には弱いなど。
では、LED脱毛はどうなのか見てみましょう!

LED脱毛は、毛を作ることを促すバルジ領域にダメージを与える脱毛方法です。
バルジ領域にダメージを与えるため、今生えている毛に作用しているということはではありません。

これから生えようとする毛への作用を期待できます。
つまり、毛の太さに関わらず、全ての毛への作用を期待できるということ。
顔などの産毛や、VIOやワキなどの濃い毛、剛毛に悩む人の毛までしっかり脱毛できます。

どんな毛でも脱毛効果を期待できるのは嬉しいわね!
全身まるっとLED脱毛でキレイにできそう!

痛みが少ない?LED脱毛の施術の痛みを解説

LED脱毛は、比較的痛みの少ない脱毛方法で、ほとんど無いとも言われています。
従来の光脱毛(IPL脱毛など)は、強い光を必要とし、痛みを伴うこともありました。
濃い毛を照射するときには特に痛みを感じることがあり、バチンと輪ゴムで弾いたような痛みと例えられることも…

LED脱毛は、バルジ領域に最適な温度の熱を与える脱毛方法なので、強い光を必要としません。
だから痛みの少ない脱毛を実現できるのです。

照射頻度は2週間に1回!どうして頻度が高いの?

従来の光脱毛は、毛の生え替わりのサイクルである毛周期に沿って脱毛を行う必要がありました。
従来の光脱毛は、生えている毛にしか作用せず、退行期や休止期の毛には作用しないため、毛周期が重要となります。

しかしLED脱毛は、生えている毛に作用するのではなく、毛を作らせないためにバルジ領域に作用させる脱毛方法。
なので、毛周期を気にせずに脱毛ができます。
だからこそ2週間に1度という、短いスパンで脱毛に通えるのです。

毛周期を考えなくていいから、早く脱毛を進めたい!という人にぴったりかも!

LED脱毛は肌への負担が少ない!肌が弱い人でも脱毛しやすい

LED脱毛は、肌表面の色に左右されない脱毛のため、色黒肌や日焼け肌にも照射できます。
強い光での照射ではなく熱を与えるLED脱毛は、肌への負担が少ないのもメリットの一つです。
肌への負担が少ないことから、アトピーの人でも脱毛ができます。

脱毛は肌への負担が気になるもので、肌が弱いからできなかったという人もいるわよね。
そんな人でもLED脱毛なら、肌に優しく脱毛ができるかも!

LED脱毛と他の脱毛方法を比較!

LED脱毛の特徴は分かってきたけれど、他の脱毛方法と何が違うのかが分からないなあ。

ここからはLED脱毛とIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛の3つの光脱毛と、レーザー脱毛と比較していくわね!

LED脱毛と他の脱毛方法の特徴比較
脱毛方式LED脱毛IPL脱毛SSC脱毛SHR脱毛レーザー脱毛
受けられる場所サロンサロンサロンサロンクリニック
脱毛の痛み少ないある少ない少ない強い
効果産毛◎
剛毛◎
産毛△
剛毛◎
産毛◎
剛毛◎
産毛◎
剛毛◎
産毛△
剛毛◎
毛周期に沿った施術なしありありなしあり

LED脱毛と他の脱毛方法を比較すると、脱毛の痛みや効果、毛周期に沿った施術の必要性がSHR脱毛と同じ特徴ということが分かります。
SHR脱毛は、LED脱毛と同じようにバルジ領域に熱を与えてダメージを与える脱毛方法です。
そのため特徴が似ています。

では、LED脱毛とSHR脱毛の何が違うのでしょうか。
LED脱毛は、脱毛に必要な光だけを照射でき、脱毛に必要ないまぶしい光を照射しません。
光を分散させにくく、肌に効率よく照射できるのです。
LED脱毛は、SHR脱毛よりも安全性が高く、効率のよい脱毛ができる脱毛方式と言えます。

痛みが少なく、様々な毛に効果を期待したいなら、LED脱毛やSHR脱毛がおすすめね!
より効率よく脱毛したいならLED脱毛がいいかも!

LED脱毛のメリット・デメリットとは?

LED脱毛には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
メリット・デメリットを知ると、脱毛方法を検討しやすくなります。
あなたがLED脱毛を考えているなら、ぜひ参考にしてください。

LED脱毛のメリット

LED脱毛のメリット

  • 産毛から剛毛までしっかり脱毛できる
  • 痛みの少ない脱毛ができる
  • 日焼け肌など肌の色に関係なく脱毛ができる
  • 肌への負担が少ないからアトピーでも脱毛ができる
  • 2週間に1回照射できる

LED脱毛は、産毛から剛毛までどんな毛でも脱毛効果を期待できるため、全身脱毛にぴったりです。
強い光を必要とせず、痛みの少ない脱毛ができます。
肌への負担が少ないため、肌が弱くて脱毛を躊躇していた人でも受けられるのがうれしいポイントです。

肌表面の黒いメラニンに反応させないため、日焼けした肌や色黒な人にもぴったり!
夏でも脱毛がしやすいのもメリットです。

従来の光脱毛では、2~3ヶ月に1回の施術で、脱毛完了までに2~3年かかってしまうのが難点でした。
LED脱毛なら2週間に1回通えるため、脱毛をスピーディに進められます。

スピーディに脱毛を進めたい人、肌への負担が少ない脱毛を選びたい人、産毛までキレイにしたい人にLED脱毛がおすすめね!

LED脱毛のデメリット

LED脱毛のデメリット

  • 施術後、毛が抜けることがないため脱毛の実感が湧きにくい
  • LED脱毛を扱うサロンが少ない
  • 経験者が少なく口コミがあまりない
  • 新しい脱毛方式なため実績がない

バルジ領域にダメージを与えるLED脱毛では、毛が抜け落ちるということはありません。
毛が抜け落ちたほうが、脱毛効果を目で確認できる気がしますよね。
LED脱毛はすぐに分かる効果を実感できませんが、だんだんと毛が細くなっていき、毛が生えにくくなる効果を実感できるので、根気強く脱毛に通ってみましょう!

LED脱毛は、知名度が低く、日本でLED脱毛ができるマシンはかなり少ないです。
LED脱毛を受けたことがある人も少なく、口コミを参考にしようとしても、その数が少ないというデメリットがあります。

LED脱毛を受けたくても、導入している店舗が少ないため、通いやすい範囲にサロンが無い人もいるかもしれません。

他の脱毛方式は、施術を受けてから何年間脱毛効果を持続できるかなど、長期的な実績があります。
LED脱毛は、新しい脱毛方式なので、年単位の実績が無いのもデメリット。
不安を感じる人も…

LED脱毛を導入しているエステはかなり少なめ。
近くにあったらラッキーだからお試しで行ってみるといいかも!

LED脱毛を採用している脱毛サロン

LED脱毛を導入するサロンはまだまだ少なめですが、次の脱毛サロンがあります。

脱毛サロン「moyoni(モヨニ)」

大阪市の西区にサロンを構えるmoyoniは、LED脱毛機の他にエステメニューも充実したサロンです。

まるでクリニックのような白を基調とした店内は、清潔感があり、落ち着いた雰囲気。
化粧品の取り扱いもあるので、ホームケアを相談するのもおすすめです。

初回限定のクーポンを使えば、お手頃価格で脱毛できるため、初めてLED脱毛を受ける人でも通いやすいサロンになっています。
初回限定クーポンは男性も利用可能です。
男性の濃い毛でも脱毛効果を期待できるLED脱毛をぜひ体験してみてください。

サロンMoyoni(モヨニ)
住所大阪府大阪市西区北堀江1-2-16
おおきにサイタサイタビルヂングS-803
電話番号090-1480-8887
営業時間11:00~20:00
定休日無し

脱毛サロン「ビューティライフ」

ビューティーライフは、岐阜県にお店を構えるサロン。
別荘のようにキレイな外観のサロンで、内装からインテリアまでこだわりを感じる店内です。

土曜日なら、幼稚園教諭2種免許と保育証免許保有スタッフが子どもを見てくれる安心の無料託児ルームを利用できます。
平日でも相談すれば、子ども連れでも利用できることも。
忙しいママでも通いやすいサロンです。

初回限定で好きな1部位を選んで、LED脱毛を体験できるプランがあります。
1回1,100円とお手頃価格なので、お試し感覚で脱毛が受けられますね!

サロンビューティライフ
住所岐阜県美濃加茂市本郷町 7-56-1
電話番号0574-28-3678
営業時間10:30~17:00
定休日日曜、月曜、祝日定休

メンズ脱毛サロン「メンズガーデン」

メンズガーデンは、男性専用のサロンです。
完全個室でゆったりと受けられ、症例実績は1万件以上と多くの男性が利用しています。

脱毛後には、サロン独自のヒト幹細胞培養液とノーベル賞受賞成分であるEGFを使用したマッサージを受けられ、肌が弱い人でも通いやすいです。
ヒゲ脱毛は通常7,920円ですが、初回限定で2,000円と安く受けられます。
学生ならいつでもどのプランでも10%オフで受けられるので、学生のうちに脱毛に通うのもおすすめです。

濃いヒゲで悩む男性は多く、毎日の髭剃りにうんざりという人もいるのではないでしょうか。
男性の濃いヒゲも、LED脱毛でキレイにすれば、毎日の髭剃りやカミソリ負けを気にすることも無くなります。
ぜひ初回限定のお試しプランでLED脱毛を体験してみてください。

サロンメンズガーデン
住所名古屋市中区錦3丁目15-31モリヤス錦ビル4階西
電話番号052-953-3443
営業時間10:00~22:00
定休日無し

LED脱毛のまとめ

LED脱毛って肌への負担が少ないのに、細い毛にも剛毛にも効果を期待できる脱毛方法なのね!
痛みが少ないのもうれしい!

脱毛初心者や肌の弱い人にぜひ試してほしいわね!

LED脱毛は、肌への負担が少なく、痛みも少ない脱毛方法です。
細い毛から濃い毛まで脱毛効果を期待でき、女性や男性、子どもにも適しています。
毛周期を気にせずに脱毛ができるため、2週間に1度という短い間隔で脱毛が受けられ、スピーディな脱毛ができるのもうれしいポイント。

ただ、まだ日本では珍しい脱毛機なので、導入するエステが少ないというデメリットがあります。
通いやすい店舗でLED脱毛機がある人はラッキーかもしれません。

脱毛サロンで採用する脱毛方法のまとめ

脱毛サロンで利用できる、以下の7種の脱毛方法を解説してきました。

痛みや施術ペース、脱毛効果など、それぞれに違った特徴があります。
以前はIPL脱毛が主流でしたが、最近は痛みも少なく短いペースで通える脱毛方法が増えている状況。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、あなたの希望に合う脱毛方法を選ぶことが大切です。
そうすれば途中で挫折しにくくなり、最後までしっかりと通いやすくなります。

フラッシュ脱毛機の機種ごとの特徴について詳しくはこちら
脱毛サロンで採用される代表的な業務用脱毛器の、脱毛効果・痛み・導入店など徹底解説

魅力的なハイブリッド脱毛は、まだ導入店が少なく通いにくい状況です。
だからあなたが全身脱毛を希望しているなら、ストラッシュのように複数の脱毛器を導入している脱毛サロンがおすすめ。
毛質などによってSHR脱毛器とIPL脱毛器を使い分ければ、効率的な脱毛ができます。

-脱毛サロン

アリシアクリニック