シミ取り

シミ取りの時期はいつがベスト?季節別の紫外線量や注意点を徹底解説!

顔にシミが増えてきたから、今度シミ取りをしようと思うの!シミ取りにベストな季節はある?

いい質問ね!シミ取りにはぴったりな季節と、そうでない季節があるわ。シミ取りの時期について詳しく説明するわね!

【結論】シミ取りにベストな時期は冬!

シミを取るのにおすすめの時期は冬です。
もう少し具体的に言うと、紫外線量が減少する12月から2月にかけての時期がベストだと言えるでしょう。

ただし、雪が積もる地域にいる方は冬も要注意。

冬は夏よりも紫外線量が減りますが、雪は多くの紫外線を反射するため気づかないうちに日焼けをしてしまいます。

日常生活はでもちろんのこと、スキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しむときも、しっかりとUV対策を行いましょう。

また、

夏に海やプールへ行っていない
日常生活でも紫外線対策をしっかりしている

このように日焼けをしなかった場合、秋にシミ取りを始めても良いでしょう。

日焼けをしたお肌にシミ取りのレーザーを当てると、ひどい痛みが生じたりヤケドをしてしまったりする危険性があるので、日焼けしてしまったら日焼けが引くまではシミ取りは避けるようにしましょう。

春も夏よりは紫外線が少ないイメージだけど、シミ取りの時期には適していないの?

シミ取りは複数回通う必要があるから、春に始めると終わるのは夏。一番紫外線が多い時期にかかってしまうわ。だから春にシミ取りを始めるのは、控えたほうがいいわよ。

シミ取りの時期を決めるために紫外線量を知ろう

シミ取りは紫外線が少ない季節に行うのがベストです。
そこでここからは、各季節の紫外線量を解説していきます。

シミ取りのあとに紫外線を浴びると、取ったはずのシミが濃くなってしまうことが多いです。

また、紫外線はメラニンの合成を増やす働きがあるため、紫外線を浴びるとシミが増えやすくなってしまいます。
紫外線の知識を身に着けて、しっかりと対策を行いましょう。

夏は一番紫外線が多い

太陽の強い日差しが照りつける夏。
夏は冬の約2倍、紫外線が降り注いでいます。

また、空から降ってきた紫外線は地面で反射するので、上からだけでなく、下からも紫外線を浴びてしまっていることを知っておきましょう。

そのため、帽子や日傘だけではなく、マスクをつけてシミを防いだり、日焼け止めを塗ったりする必要も出てきます。

春は注意して過ごすべき季節

紫外線にはレジャー紫外線生活紫外線があります。

ポイント
レジャー紫外線:春から夏にかけて徐々に増えて8月をピークに下がる
生活紫外線:4月と8月で量の差がほとんどない

つまり、春だからといって紫外線対策を怠ると、たくさんの紫外線を浴びることになってしまいます。
日差しが弱いからと言って、油断するのは禁物です。

秋から徐々に紫外線量は減る

秋から冬にかけては、レジャー紫外線も生活紫外線も徐々に減っていきます。

1番紫外線が少ない季節は12月です。
シミ取りを行うならばこの時期がベスト!

しかし、紫外線が0になることはないので、シミ取りを行った直後は特に、冬であってもしっかりとUV対策を行う必要があります。

夏場は特にSPFPAの値が強い日焼け止めをつける必要があるわ。できれば、日傘も使いましょう。

夏はなるべく外に出ずに、部屋の中にいれば安心ね!

いいえ、部屋の中にいれば安心というわけでもないわ。窓からも紫外線が入ってくるのよ。室内にいるときもしっかり紫外線対策をしましょうね。

シミ取りの時期は機器によっても変わるって本当?

シミ取りを行う機器には複数の種類があるのをご存知でしょうか。

シミ取りに使用する機器を大きく分けると、

1回で効果が出やすいもの
複数回通う必要がある

この2パターンの機器にわけられます。

出力が高く1回でも効果が期待できる機器には、「Qスイッチルビーレーザー」が挙げられます。

仮に1回で効果が出た場合、治療期間がダウンタイムを含めても1ヶ月前後であるため、春に治療を開始しても問題ありません。

一方で、

「フォトフェイシャル」
「フォトRF」
「レーザートーニング」

などは何度も繰り返し照射が必要で、シミ取りの回数は平均4~5回ほど。

ダウンタイム中は照射ができないので、シミ取りが完了するまでに5ヶ月ほどかかることもあります。

5ヶ月かかるシミ取りを4月に始めてしまったら、終わるのは9月です。
1番紫外線が多く、シミが濃くなりやすい夏をまたいでしまうのは避けたいところ。

複数回照射が必要な機器で治療する場合は、春や夏は避け、秋冬にシミ取りを開始しましょう。

イベント前のシミ取りはどの時期がベスト?

結婚式や子供の七五三写真撮影など、一生残る写真を撮る前にシミを取っておきたいと考える人は多いです。

また、結婚式は主役として人前に立つイベント。
できればきれいなお肌で式を挙げたいですよね。

大切なイベントや写真撮影にダウンタイムが響かないように、シミ取りは半年前くらいを目安に始めましょう。

シミ取りのレーザーを当てると、1週間前後でかさぶたになります。
かさぶたが取れると小さな跡が残っており、跡がきれいになくなるまでは数カ月かかることもあります。

また、シミ取りが1回で終わることは珍しく、通常は3~5回ほど通います。

照射から照射までの間は3~4週間開ける必要があるため、余裕を持って半年くらい前から始めるのがベストです。

シミ取りにおすすめのクリニック4選

シミ取りをどこのクリニックで行おうか迷っているの…。

それなら、シミ取りにおすすめのクリニックを紹介するから参考にしてみてね!

品川美容外科

美容整形

品川美容外科のシミ取りは、初回ホホのみ1回2,700円(税込)で行っています。

肝斑、くすみ、毛穴の治療は「レーザートーニング」が最適です。
従来困難とされてきた肝斑の改善が可能なレーザー治療となっています。
他のクリニックで効果に満足でき無かったあなたにおすすめです。

レーザートーニング コース料金
部位回数料金
顔全体3回23,760円
6回45,360円

※料金は税込み

公式サイトで詳しくチェック→

TCB東京中央美容外科

高速照射されるピコレーザーが、シミの原因となるメラニン色素を破壊します。
シミの他にも、ニキビ跡、そばかす、そのほか色素沈着肌に効果を発揮!

【こんな人におすすめ】

  • シミやそばかす、肝斑を治療したい
  • 肌の色味を改善させたい
  • 乳首の色味を改善したい

初回9,800円(税込)
2回目以降は1回12,850円

公式サイトで詳しくチェック→

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、シミ取り専用レーザーで色素を破壊し、自然な色味に改善していきます。
また、シミが再発しにくいお肌へと改善効果が期待できます。

シミが10個までなら「シミ取りレーザー10」、
20個以上のシミ取りなら「ピコスポット シミ取り放題」がお得です。
※「ピコスポットシミ取り放題」は対応院が異なります。詳しくは公式ページをご確認ください。

シミ取りコース料金
コース名料金
シミ取りレーザー10テン
大小問わず10個までのシミ
26,000円
ピコスポット シミ取り放題
シミ何個でも無制限取り放題!
63,000円

※料金は税込み

またシミの種類によって治療法が異なりますので、詳しくはカウンセリングで確認してください。

無料カウンセリングを予約→

紫外線が少ない冬はシミ取りの時期にぴったり!

シミ取りにベストな時期は、年の中でも紫外線が少ない冬です。
また、春は夏と同じくらい生活紫外線が降り注がれていることがわかりました。

シミをなくし、美肌を目指すためにはUV対策が必要不可欠です。
紫外線の量を考慮して、シミ取りの時期を決めていきましょう。

-シミ取り

美容整形