シミ取り

シミ取りレーザーとは?をシミ取り治療したい人に向けて徹底解説!

ホームケアでは消すことがむずかしいお肌のシミ。
そこで、シミ取りレーザーでさっさと取ってしまおうと考える人はとても多いでしょう。
でも、レーザーってちょっと怖いな・・・など不安や疑問など抱えていませんか?

  • シミ取りレーザー治療はどんな種類があるの?
  • 施術後はどんな風になる?
  • どこのクリニックが良いかしら?
  • シミ取りレーザーで失敗したりしないの?

このような疑問や不安はここで丸ごと解決しちゃいましょう♪
はじめてシミ取りレーザーをする人に向けて、レーザー機器の種類やおすすめのクリニック、失敗しないための方法まですべて丸わかりです!

シミ取りの治療方法とは?

一口にシミといっても実は、さまざまな種類があり、それぞれのシミに最適な治療法があります。

具体的には、内服薬、外用薬、レーザー、光、ケミカルピーリング、イオン導入などがあるわね。

どれもシミを作り出すメラニンやメラニンを作るメラノサイトに作用する治療です。
たとえば、レーザー治療はメラニンを含んだ細胞を破壊し、ケミカルピーリングは皮膚のターンーバーを促進させてメラニンの排泄を促し徐々にシミを薄くします。

医療技術で手っ取り早くシミを取る方法はどれ?

それなら、断トツでレーザー治療です!
早い人だと1回の施術でキレイになることもあります。
ただ、シミ取り治療の効果は個人差もかなりあるので、1回で終わる人もいれば、何度か通わないとダメな人もいます。
とはいえ、セルフケアではむずかしい濃くて大きなシミもレーザーなら最短で治療できちゃいます♪

レーザー治療についてもっと詳しく知りたいわ!シミ取りレーザーにも種類ってあるんでしょ?

シミ取りレーザーや光の種類とは?

シミ取りに使われるレーザーにもさまざまな種類があります。
シミの種類によっては、適していないレーザーもあるので、シミの種類や肌の状態などに合ったレーザーを選ぶことがとても重要!
そこで、シミ取りレーザーの種類とそれぞれの特徴を紹介します。

  • ピコレーザー
  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット
  • Qスイッチルビーレーザー
  • Qスイッチヤグレーザー
  • ライムライト
  • フォトフェイシャルm22

シミ取りピコレーザー

ピコレーザーとは『ピコ秒』が搭載された最新のレーザーです。
ピコ秒とは1兆分の1秒・・・
0.000 000 000 001秒のことで、ナノ秒搭載の従来型より進化したレーザーです。

わかりやすく例えるなら、ガラケーからスマホやiPhoneに進化してハイスペックになったのとおなじような感覚よ。

シミ取りレーザーは4㎜スポットでシミにパチンと照射するのですが、このパチンとレーザーを照射している幅を『照射幅』といいます。
この照射幅がピコ秒になったことで、従来のシミ取りレーザーより施術時の痛みや術後の合併症リスクを大幅に軽減しています。

つまり、施術後のダウンタイムが大幅に減るってことなの。このピコレーザーには3つの照射モードがあるのよ!

  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット

ピコトーニング

ピコトーニングは、低出力のレーザーを広範囲に照射するレーザー治療です。
低出力のため、ガツンとシミにアプローチするわけではないものの、くすんだ肌のトーンを上げつつ徐々にシミも薄くすることができます。

たった1回の施術で肌がトーンアップする人も多いけど、シミ取り効果はだいたい5~10回程度施術すると実感できるわ。

また、高出力のレーザーを照射できない肝斑の治療にもピコトーニングは対応しています!
肌のクスミ、肝斑、シミ、そばかすを同時に治療できるので、悩める年齢肌にはとくにおすすめです。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは、皮膚に点状のレーザーを照射し、肌の深部(真皮層)の細胞を刺激して、皮膚の再生を促すレーザー治療です。

コラーゲンやエラスチンの生産を促して肌を作り変えるから、シミだけじゃなく、ニキビ痕、小じわ、スリ鉢毛穴、肌のハリ弾力などあらゆる肌質改善に期待できる治療よ!

しかも、深部に作用するレーザーなので、肌表面をほとんど傷つけず肌を守りながら治療ができます。

シミ取りピコスポット

ピコスポットは、境界がハッキリしている大きなシミ、濃いシミなど狭い範囲を集中的に照射するレーザー治療です。
高出力のレーザーを照射するので、多少の痛みは出てしまうものの、従来のレーザーと比べれば肌のダメージはマイルド。
ダウンタイムもほとんどなく、施術した当日にメイクすることもできます。

シミやソバカスはもちろんだけど、アートメイクやタトゥーの除去にも期待できるレーザーよ。

シミ取りQスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、高出力のレーザーを照射し、熱でメラニン色素を強力に破壊するレーザー治療です。
強力なシミやアザ、タトゥーなどの除去にも高い効果に期待できます。
そのため、痛みが強く施術後は火傷した状態になるので、数日間は施術箇所に保護テープを貼って過ごします。

施術後の火傷の炎症やかさぶたで一時的に見た目は悪くなるけど、1度の治療でも高いシミ取り効果に期待できるのよ!

レーザーを当てたシミは10日間くらいかさぶた状態が続き、10~14日程度で自然にかさぶたが取れます。
その間は、メイクできなくなるので、ダウンタイムの過ごし方に注意が必要です。

シミ取りQスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは、ルビーレーザーよりさらに高出力のレーザーを連続照射できるレーザーです。
2種類の波長を切り換えて照射できるため、より幅広いシミに対応します。

ルビーレーザーより性能は高いといえるけど、シミ取りの効果はルビーレーザーよりやや劣るっていわれているわ

照射後、徐々にシミが薄くなっていくものの、完全に治癒させるには数か月かかるケースもあります。
そのため、シミの漂白剤ともいわれているハイドロキノンやターンオーバーを促進させるトレチノインの外用薬を使用することもあります。

シミ取りライムライト

ライムライトは、米国キュテラ社と日本人医師が共同で開発した光治療です。
レーザーのような強い威力はないものの、日本人に多い薄いシミなら高い効果に期待できます。

シミ取りレーザーや光治療機器のほとんどが欧米製だから、白人向けに開発されているの。そこで、黄色人種の日本人の肌に合うようにライムライトを開発したのよ。

回数を重ねるにつれ、シミが薄くなるだけでなくお肌もトーンアップさせる治療です。
ビタミンCやトラネキサム酸などのイオン導入と組み合わた施術はとくに人気があり、白くかがやく素肌に導きます♪

シミ取りフォトフェイシャルm22

フォトフェイシャルm22は、厚生労働省より薬事承認を受けている光治療機器です。
ルミナス社が開発したフォトフェイシャルの最上位機種で、ひとりひとりの症状に合わせて最適な波長で照射が可能。

オーダーメイドできる光治療って考えるとわかりやすいわよ。

ライムライトとおなじく、回数を重ねるにつれ効果が増すので、定期的に通院する必要があります。

いろいろなレーザー機器があるようだけど、シミ取り治療でおすすめのクリニックはどこかしら?

シミ取りレーザー治療でおすすめのクリニック

シミ取りレーザー治療を検討するなら、予算だけでなく信頼と実績のあるクリニックを選びましょう!
そこで、おすすめのクリニックを5選紹介します。

シミ取りでおすすめのクリニック
クリニック名特徴
湘南美容クリニックメニューが豊富で最適な治療を見つけやすい。
圧倒的な実績数がある
品川美容外科薄いシミから濃いシミまで対応できるレーザー機器を複数導入。
身体の内側からシミケアする点滴メニュー
シロノクリニックレーザー治療専門の美容皮膚科。
ドクターシーラボを生み出したクリニック
銀座よしえクリニック冬からはじめるお得な治療支援制度。
モニター積極募集&シミ取り放題(限定)

実績や信頼のあるクリニックで治療するのが一番だけど、シミ取りレーザーで失敗したという人もいるのはなぜなの?

シミ取りレーザーで失敗しないためには?

残念ですが、シミ取りのレーザー治療をしたら、改善どころかひどくなってしまったケースも0ではありません。
それにはこんな理由もあります。

  • ドクターの診断や施術が悪い(医療ミス)
  • クリニックのシミ取りメニューが少ない(レーザー機器1台しかないなど)
  • 施術後のホームケアで適切なケアを怠った

とくに、シミ治療のメニューが少ないクリニックは要注意よ!レーザー機器1台しかなければ、どんなシミもこの1台でしか治療できないってことだから。

ドクターの誤診や機器が合わずに失敗することもあれば、自分自身で効果を台無しにしてしまうことも多々あります。
そこで、失敗しないためのポイントを紹介します。

  • ドクターによるカウンセリングをしっかり受ける
  • 施術後の過ごし方に気をつける
  • 信頼と実績のあるクリニックを見極める
  • 色白肌や痕になりやすい人は最新機種で治療する

ドクターによるカウンセリングをしっかり受ける

シミは種類によって治療法が変わります。
中には、レーザーを当てると悪化してしまうシミもあるので、看護師やスタッフではなく、ドクターのカウンセリングは必須です。

ドクターが診察するとはいえ、少しでも不安や不満を感じるカウンセリングで終わってしまったのなら、このタイミングでの治療はあまりおすすめしません。

シミ取りレーザーを照射する部位の多くは顔です。
カウンセリング中、目の前のドクターを信頼できるかしっかり見極めましょう。

施術後の過ごし方に気をつける

シミ取りレーザーの施術後は、副反応や再発を防ぐためにアフターケアや日常の過ごし方がとても大切です。

せっかくシミ治療しても、こする・ひっかく・紫外線によって色素沈着を引き起こしてしまうから要注意よ!

最新のレーザー機器は、ほとんどダウンタイムがなく直ぐにメイクができる場合もありますが、基本は炎症や腫れが落ち着いてからと考えましょう。
さらに、日中は日焼け止めを塗って、紫外線に当たらないようにします。

かさぶたができるようなダウンタイムの長い治療をするときはどう過ごすの?

クリニックで処置した保護テープを貼って過ごし、かさぶたができて自然にはがれ落ちるまで待ちます。
その間は、施術箇所を乾かさないように保湿を徹底します。

かさぶたを絶対に手で剥がしてはダメ!無理に剥がすとキ色素沈着の恐れがあるから、あくまで自然にはがれ落ちるのを待ってね。

スキンケアはピリピリしないアイテム、もしくはワセリンをポンポンと塗布して保湿をします。
ピーリングや過剰なスキンケアは擦るダメージを与えるので、シンプルで刺激のないお手入れを心がけましょう。

信頼と実績のあるクリニックを見極める

全国展開するクリニックや個人経営のクリニックまでさまざまありますが、全国展開や大手だから必ず信頼があるとも限りません。
全国展開しているクリニックでも、院によって評判はさまざま。
そこで、通う予定のクリニックの口コミは参考までに調べておきましょう。
SNSはもちろん、身近な人で通った人がいれば話を聞いておくのもありです。

色白肌や傷痕になりやすい人は最新機種で治療する

リーズナブルな価格でシミ取りレーザー治療を提供するクリニックもあるのですが、お肌が敏感な人や色白さん、傷痕が残りやすい人は要注意!

安さにつられて治療すると、施術後に後悔する人も結構いるから気をつけて!

リーズナブルな価格の場合、古いレーザー機器である確率がかなり高いからです!
実は、美容医療の機器は続々と最新機種が登場する目まぐるしい業界です。
とくにレーザー機器は、最新機種であるほど肌への負担が最小限に抑えられているので、ほとんどダウンタイムがなくシミを取ることができます。

具体的にどんな機種が古いのかしら?

レーザーの種類で紹介したQスイッチレーザーはハッキリ言って古い機種よ。

今も現役でバリバリ使っているクリニックもありますが、施術後の炎症が強く出るため、色白さんや傷跡が残りやすい人には満足な結果を得られないことも・・・。
結局、ほかのクリニックで施術してもらうケースもよくあるので、シミ取りするなら複数のレーザーを導入するクリニックや最新機種のレーザーがおすすめです。

シミ取りレーザー治療したあとの経過ってどんな感じ?

シミ取りレーザー治療後の経過とは?

シミ取りといっても、シミをかさぶたにして取るレーザーとかさぶたにせず、シミを徐々に薄くする方法とで経過が多少違います。
また、最新機種と従来のレーザーとではダウンタイムに大きな差もあります。

Qスイッチレーザーでかさぶたにしてシミを取る場合

  1. 施術後は火傷した状態なので赤く炎症したり、白っぽく色が変わる
  2. 1週間後くらいで茶色いかさぶたができる
  3. かさぶたができてから1~2週間で自然にはがれ落ちてキレイな皮膚が出てくる
  4. 3~6か月程度で炎症後の色素沈着(PIH)も周りの肌色となじんでキレイになる

Qスイッチレーザーで施術をすると、ダウンタイムは長くかかるの。旧型のレーザーだからダメージが強く回復に時間がかかると覚えておいて

最新機種のレーザーでかさぶたにしてシミを取る場合

  1. 施術後2~3時間でニキビ痕のような赤味が出る
  2. 翌日は照射したところが黒く変わり、まれに薄くかさぶたができるところもある
  3. 早ければ3日目でシミがキレイになってくる(かさぶた部分は2週間程度ではがれる)
  4. 早ければ6日でシミやソバカスが取れる

シミの種類にもよるけれど、ピコスポットなどの最新機種なら、ダウンタイムが短くて効果も早いわよ。

かさぶたにならないレーザーでシミを薄くする場合

  1. 施術後1~3日で肌が赤くなる
  2. 1週間~10日程度は、肌のザラツキ、発疹、点状出血などが出る場合もある
  3. メイクは当日からOKの場合もある
  4. 2~4週間ごとに通院して5回程度で効果をしっかり感じられる

ピコトーニングやピコフラクショナルは、レーザーの照射パワーが弱いからほとんどダウンタイム不要よ。ただし、1回では効果は出にくいので何回か施術は必要ね。

シミ取りレーザーによくある質問

シミ取りレーザーでよくある質問をまとめました。

シミ取りの治療でレーザーやお薬は保険適用になりますか?
ビタミンCやトラネキサム酸などの内服薬の処方や一部のレーザー治療のみ保険が適用されますが、一般的なシミへのレーザー治療は保険適用にはなりません。保険適用のレーザー治療は主にアザや脂漏性角化症(ふくらんだシミ)が対象です。
シミ取りレーザーをした数日後に、顔脱毛をやっても大丈夫でしょうか?
数日後では顔のレーザー脱毛はできません。どのようなシミ取りレーザー機器を使用したかにもよりますが、シミ取りレーザーをしてそれほど経過していなければ、脱毛の施術を断るクリニックがほとんどです。最低でも2週間以上経過してから医療脱毛で相談しましょう。
シミ取りレーザーは一度でキレイになれますか?
シミの種類やレーザーの種類によっては1度の施術でキレイになる場合もあります。
シミ取りレーザーをやりたいのですが、美容皮膚科か一般の皮膚科どちらの通院がおすすめですか?
一般の皮膚科は見た目をキレイにするわけではなく、単純にシミを取る施術なので、美容クリニックと仕上がりが違うかもしれません。
また、一般の皮膚科がどのようなレーザー機器を導入しているのかにもよります。
美しさも求めるなら少々高くても美容皮膚科がおすすめです。
シミ取りレーザー治療をしたあと、いつからメイクできるようになりますか?
どのようなレーザー機器で治療したかでダウンタイムが違います。
最新のレーザー機器であれば、早いと当日からメイクができる治療もあります。
従来(古い)のレーザー機器の場合は、2週間程度メイクができなくなります。
妊娠中にシミ取りレーザーはできるでしょうか?
『妊婦への美容治療は悪影響を与える』という科学的根拠はありません。
ただ、妊娠中はレーザーを含め、あらゆる美容治療を提供しないとするクリニックはとても多いです。
もしかしたら治療できるクリニックもあるかもしれませんが、シミ治療は麻酔や内服薬を使うこともあるので、妊娠中のシミ取りレーザーはおすすめしません。

まとめ

シミ取りレーザーについて紹介してきましたが、細かいシミ、濃いシミ、大きなシミもレーザーでしっかり治療ができます。
ただし、シミといってもレーザーが向いている場合とそうではない場合もあります。
素人では区別がつかないことも多いので、実績や信頼のあるドクターやクリニックで治療しましょう。

-シミ取り

美容整形