【電話占い体験レビュー】電話占いピュアリの良風(リョウフウ)先生に今後の出会いとついて相談した件

ryouhu purely

良風先生はどんな先生?

とっても明るくて、あたたかい対応をしてくださる先生です。良風先生は、ポンポンっととてもテンポ良く、本当に次から次へと鑑定結果を伝えてきてくださいます。すごくユーモアもある先生かと思いますので、相談者は先生のおっしゃることに笑ったりしながら、リラックスして「うん、うん」と鑑定結果を聞いていられるという感じです。

良風先生の話すスピードは、ちょっと速い方かなと思います。そして、本当にたくさん話してくれる先生なので、もしメモを取りながら鑑定を受けたいという人でしたら、ちょっと頑張らないといけないかもしれません。でも、特に聞き取りにくいと思われるようなところはないかと思います。

かなり明るくて元気な先生で、すごくユーモアもあって親しみやすいので、とても話しやすいと思います。ベテランの先生だけあって、相談者に対してすごく親身になって、鑑定結果を伝えてきてくださいます。相談しやすい空気を作ってくれる先生というような気がします。

良風先生は、とてもわかりやすく、ユーモアを交えて話してきてくださる先生です。たとえ話もよくされるようで、わかりやすく伝えようとしてくださる配慮が見られます。それほど良くない運勢が出てきたとしても、それに対して今からどうしていけば良いかというアドバイスを加えながら、優しく伝えてきてくれるはずです。

良風先生のおすすめポイント

良風先生の得意な占術とは?

電話占いピュアリ良風先生
良風先生は、霊感・霊視をはじめとして、かなりたくさんの占術を駆使して鑑定されています。私が鑑定してもらったときも、ピッタリの手法を13個くらい引っ張り出して見ていっているとおっしゃっていました。

電話占いピュアリ 良風先生の体験談

良風先生
もしもーし。
もしもし。
良風先生
はい、良風でございます。こんばんは。
こんばんは。
良風先生
はい。
よろしくお願いします。
良風先生
どちら様ですか?
はい、〇〇です。
良風先生
あ、はい、△△さん?
はい、△△〇〇です。はい。
良風先生
はい、はい。えー、どんなようなお話でございますか?
あ、はい、ま、ちょっと15分くらいで、何か、2個聞けたらなとかは思ってるんですけど。
良風先生
はい、良いですよ。はい、一緒に見ましょう。はい。
はい、えっと、まず、ま、今パートナーがいなくて、1人なんですが、何か、今後の出会い全般的にどんな感じかなと思うんですけれども。
良風先生
うん、それは、ま、あの、以前は付き合ってた人はいらっしゃるんですか?
最後はもう本当、3年くらいとか4年くらい前。
良風先生
うん、うん。それは、何で別れちゃったんですか?
ま、それはでも、もう本当に、あの・・・(笑)
良風先生
ま、まぁ、「もう、どうでもいいやー」ってな感じになっちゃった?
あはは(笑)。
良風先生
〇〇さん、生年月日はいつですか?
はい、えっと、〇〇年〇月〇日。
良風先生
〇月の〇日ね。うん。そっか、なるほど。「パートナーいないな」って気になるっていう感じが、何となく了解しました。いや、このまんまじゃ、私、何か、これ、どうか?みたいな感じ。それ、年じゃなくてね、あの、サイクルが、そういうサイクルになってきてる。うん、で、何か、自分、あの、これね、単なるパートナーを求めようとしてるんじゃないな、これ。
え?
良風先生
今ね、うん、ね、大体ね、この良風は13くらいの手法を使ってるから、判定するんですね、うん、いろんな、ね、占いあるけども。で、ピッタリのものを大体13くらい、こう、引っ張り出して見てくんですけども、こんなこと喋りながらどんどんどんどんやってるんですけどね。そうするとね、本当に単なる恋人がほしいなと思って、その、「何か誰もいないしなぁ、今後どうかなぁ」とかっていうふうに自分では単純に思ってるけども、何か、えー、どう言ったら、○○さんに理解していただけるかな・・・これはこうだから・・・あの、△△〇〇という人物は、一体どれだけの容量というか、キャパシティーがあって、で、これから、それをどういうふうに活躍しながら、活動しながら、使いながら、人生をやってくかっていうのが、たっぷりと缶詰じゃないけど、入ってるんだけど、缶詰のレーベルがなくって何が入ってるかわかんない缶詰の状態になってるんですよ。うん、だからそれをカパッて開けてくれて、「あー、中こんなんか」みたいな。じゃ、これから何に使って、どういうふうにしようかっていうふうに一緒に考えてくれる人をほしいんですよ。だから、一緒にお茶飲んだり、一緒に何か食べに行ったり、普通の恋人みたいな感じのそんな簡単な付き合い方をする人じゃなくて、自分のことをどんどん引っ張ってってくれる人を探さないといけないっていう、要は周期に入っちゃったってこと。うん、3年前、本当、5年前は、あの、単なる恋人っていうかね、そういうふうな付き合いの人で良かったの。うん、で、その3年前に別れたっていうのも、ここんとこにはっきりと出てくるんだけども、そういうふうな自分のこれからの自分を何か、「こっちの方向だぞ」とか「あっちの方向だぞ」っていうふうな方向性を示してくれるような人だったら良かったけど、何か、自分の方が、何かあの、〇〇さんに引っ張ってってもらうみたいな。「おい、ちょい違うだろ」みたいな感じになって、それで嫌になっちゃって。
あはは(笑)。まさにそれ!(笑)
良風先生
それで、そしてまた、その、何だろう、今度は周期が来たんだけど、いよいよ、おいおい○○さん、自分でこれ、どうもね、缶詰開かなかったから、自分でちょっとだけでも良いから、自分のパワーで少し開けてさって、それで見つけてもらえよーみたいのね、そういう感じなんだよね。ここでこれ、缶詰の絵描いて説明してんだけどさ(笑)。うん。ちょうどそういう周期に入ったってことなんだね。それでね、もう1つの方の形で見てみると、あの、もう、「これ、ちょっとやってみたいな」とか、ここんとこで、極端に「これ行ってみたいな」とか「これ食べてみたいな」とかってあるけど、あの、いつの間にか癖がついちゃって、「そのうちに」っていうのがすごく多くなっちゃってるんだよ。「チャンスがあったら」とか、「お金が貯まったら」だとか、何か、全部、後回しみたいのな、こう、あるじゃない?うん、その動きをしてしまってるんだよ。そのために、何か、缶詰の缶、自分の力では開けることができなくなっちゃって、えー、それこそ本当、何か、白馬の王子様が来てさ、缶切り持っておりてきて開けてくんないかな?みたいな状態に今、なっちゃってるから。うん、これはこの良風に電話をかけてくれたっていうことは、おいおい、ちょっと自分でもう何か少し、穴開けて飛び出ろよ、みたいなね、ことを占いで出てきてるんだよね。ということは、ちっちゃい穴からでも良いから、どういうことかって言うと、さっき言った、やってみたい、行ってみたい、食べてみたいから始まって、習ってみたいからで良いから、何でも構わないから、突破口だよね、要はね。何でも構わないから、スタートすれば良いんだよ。そうすると、ひとたびどこか開くと、当然匂いもあり、中身が何だかもわかりっていうふうになってくるのね。あと、△△〇〇さんっていう人はこんな人ですよっていうふうな1つのオーラって言ったらわかるかな?そのオーラが出てくるんだよね。だから、そのオーラに引き寄せられて、人やら物やらお金が寄ってくるっていう、そういう運勢。で、その波がちょうど来年の、ちょうど1年だよね、来年の3月の末までくらいの間、そういう波が来てるの。
うん、今から?
良風先生
うん、そうそう、また5年くらい、ポカーンって間が空いちゃって、それで何かまた波が来るんだけど、それでその次の波がちょっとちっちゃい。で、今回、今来てる波は、ちょっと大きな波だから、ここんところにやっぱりうまく乗っからないと、〇〇さんは人生、何か、つまんない人生になるぞ、これ。
あはは(笑)。
良風先生
たとえば、この次の波で、たとえば5年、8年後とかって、8年、6年とか7年後とかっていうふうなところに現れた人っていうのは、「ちょっと、まぁしょうがないなぁ、自分も問題あるけど、ちょっと問題あるけど、仕方ねえか。この人、相手にするか」みたいな感じでの生活になってくってことだよ。今年はね、うん、そうじゃなくて、本気になると、本当の本命、本命中の本命で、「おい〇〇、おい〇〇」で追いかけまわしてくれて、大事にしてくれるっていう人と巡り会うっていう、すごく強い周期になってるよ。うん、だから今までの何かこう、男の人こんなだみたいの、そんな人とは全然違ったタイプの人と出会うってことだね。うん。好みも変わる。
うん、それは違う、違う。
良風先生
今までの好みとまったく違うような人を探すっていうことも、はっきりとこれ、出てきてるよ。
もう、そんな、全然違う人を思ってる、思ってる。
良風先生
そして、あともう1つは、えーっと、人間っておもしろいようにやっぱり、ちっちゃなさざ波みたいに周期があるんだけど、それでこう、数字の並びからいくと、あの、何かこう、わかんないんだけど、この良風にね、電話かけてくる人みんな、この奇数の、あの、数字がすごく強い人が電話かけてくるんだよな。不思議でしょうがない。これ、何だろうと思ってるんだけど。あの、奇数がすごく強い数字なの、自分にとって。うん、だから、何か、奇数の月、たとえばこの5月だとか、次のチャンスは7月だなとか。その7月逃すと9月だぞっていうふうな、そういうふうな奇数の月の出会いっていうのは結構、本命にぶち当たるというふうなことだよということだよ。で、偶数のときは活動域だから、自分の力を蓄えるときなのね。だからさっき、たとえば、何か自分でやりなさいとか、この資格取ろうかなとか言ったの、その勉強を一生懸命やるだとか、何か習おうとかって思って、楽器の1つも習おうかとかっていって、やり始めたりとか、あ、これを何か、ちょっと食べに行こうだとか、この料理、うまくなってみたいだとか、こんなのちょっと習ってみようかなとか、そんなことをやってみるっていうのが偶数の月はすごく良い。どんどん頭にも入るし、やり始めるとね。
あー、先月ちょうどやり始めた。
良風先生
そう、奇数で、奇数の月からやり始めたやつは、あんまり身につかないというか、身につくまでに時間かかる。だから、同じことでも本当、偶数の月に始めると身につきやすいっていうか、自分が乗るんだね、そのリズムにね。それをね、ちょっと思ってた方が良いと思う。だから、宝くじ、極端な話では、「宝くじ買うぞ」って思ったら、自分の好きな奇数の数字がいっぱいこうある、たくさんね、そういう数字を選んで買うと当たるかもよっていうね(笑)。
あはは(笑)。
良風先生
うん、そんな感じ、うん。車のナンバーとかね、何か決めるぞなんていったときには、何か、奇数の数字の何かうまく、うまくサンドイッチでなるような数字ってなると、それは良いナンバーだよとかってなる。
うん、なるほど。
良風先生
うん、あともう1つは、ファッションが少し「どうでもいいや」になっちゃってるから。

(「バレてる」と思って笑う私。)

良風先生
ちょっと自分にぴったりと合った格好をしないと、これ、福の神寄らないよ、変な話が(笑)。わかりやすく言うとね。うん、自分のオーラがね、出てないよ。自分のオーラを、そのさっきの本当、缶詰状態なんだよ、閉めこんじゃっててオーラが出ないようにしちゃってるから、うん、自分の力やら魅力やら、そういったものが何にも、あの、飛び出てないっていう状態になっちゃってる。
うん。
良風先生
うん、それじゃ、今度は核心に触れて、そういうご縁ね、すなわち人の縁だとか者の縁だとか、そういうのはどうなのっていったら、この、今言ったようなことをちょっと守りながら、動き始めると、「あれ?あれ?」っていうように、こう、黙ってても寄ってくるっていう、要は、年に突入してるっていうこと。で、少なくとも来年の3月まではなかなか良い運気でいるぞってこと。運気自体が3月以降悪くなるわけじゃなくて、「何か待ってんだけど来ないな」とかね、「何かやろうかな」って思うんだけど何かの都合でできなくなっちゃったりとかって、そういうふうになるよって。今年だったらもう、「やろう」とか「行こう」とかって思うと、もう、すぐにできるよってこと。ほんで、何か急に何かそういうこと始めようとすると、何かどこ、どこからさ、そのクソ真面目なさ、考え方をさ、持ってきちゃうよっていうふうな、普段の〇〇さんじゃないじゃんみたいなね、ところがあるの。これね、ちょっと解説してあげる。たとえば、あ、じゃ、私、この、何かこの曲好きだから、この曲ね、聴いてるとすごく良いから、この楽器を自分で覚えようと思うじゃない。そしたら、それを教えてくれるところを探すっていうのが、今までの〇〇さんの考え方なのよ。ところが、そうでなくて、もう本屋さんだとか楽器店のところで、DVD付きの教本か何か買ってきて、で、もう、楽器はその、あとでいいやみたいな感じで、自分でできるからみたいな感じでね、DVD見ながら、「へー、こんなふうなのか」みたいな感じで、やってみようかなみたいなの。それはもうすでにね、やり始めたっていうことになるんだよ。手をつけるということは、そういうことだよっていうこと。うん、だから、料理なんかにしても、材料買いました、それで、それを作ろうと思ったんだけど私にはどうもできない、全部煮込んで食べちゃった、でもね、それをやろうと思って、材料を買いましたよとか、一式を用意しましたよっていうともう、その料理を作り始めましたよっていうことなんです。何でも手をつけなさいっていうのはそういうこと。習ってみたいなって思ったら、YouTubeでも何でも良いから探して、「あ、こんなことをやるんだ」って、「あ、こういうことなんだ」っていうふうに見てみるっていうのは、もうやり始めたよっていうことになるよってこと。
わかりました。でも先生、ちょっとね、私、予算的に厳しいので、ちょっともう時間が来そうなので(笑)。
良風先生
うん、ちゃんと、ちゃんとやろうとかって思うと、もう、そのさっき言った、後回しとか、そのうちにとかっていうと、せっかくのこの、今年の良いサイクルが去っちゃうとね、また、何、6年後くらいのまた、こう、ふわふわって寄ってくるときにまで寂しい思いするっていうことになるから、ちょっと、何でもかんでも、うん、やり始めてください。
わかりました。はい、すみません、ありがとうございます、めっちゃ急いで。すみません、ありがとうございます。
良風先生
これで、そろそろ時間じゃないかな?急がせちゃったよ。今後ともよろしく!
はい、ありがとうございます。はい、失礼します。
良風先生
はい、はい。

電話占いピュアリ 良風先生の体験評価

的中率

今後の出会い全般について聞きました。前の彼氏と別れた理由について、ビックリするくらい言い当てられてしまって、大笑いしてしまいました。私が鑑定をお願いした、この今の私の人生の周期がちょうど本命が現れるという周期のようで、その周期に巡り会うというその本命の人物像として、先生がおっしゃったことが、私がまさに求めているタイプでした(笑)。あとは自分次第というところもあるし、あえてマイナス1点にします。

予約

鑑定をお願いしようとしたときは、ちょうど良風先生は別のかたとの鑑定中だったので、予約をして待っていたのですが、数分で順番が回ってきました。それほど待つこともなく、スムーズに順番が回ってきたので良かったです。

すっきり度

良風先生の方から、すごくテンポ良く、テキパキとした感じで次から次へと鑑定結果を話してきてくださいました。私が話すスキがないくらいでした(笑)。でも、いろいろと伝えてきてくださって、特に追加の質問などもなかったので、私は本当に「うん、うん」と聞いているだけでした。ただ、今年来年の運気をまず見てくださって、そこからご縁について見てくださって、その辺の全般論がちょっと長くて、15分で2個質問したかったのに、出会いの相談1個で終わってしまいました(^_^;) それでも、不思議とすっきりです。

価格

良風先生の鑑定料は、1分あたり280円ですので、電話占い全体の相場で見てみると、ベテランの先生なのに、比較的リーズナブルな設定だと思われます。話しながら、鑑定結果を出しておられたようなので、全然待ち時間などもなかったので良かったのですが、次から次へとよく喋られる先生でしたので(^_^;)、私は鑑定時間を15分以内でお願いしたかったために、最後の方はかなり急いでしまった感じになりました。

対応

とても明るくて元気で、ユーモアのある感じの先生だったので、親しみやすくて話しやすかったです。良風先生の方から、こちらが話すスキがないくらいに鑑定結果を伝えてきてくださったので、私は先生のおっしゃることに対して、ときに笑ったりしながら、本当に軽く相槌を打ちながら聞いているだけという感じでしたので、とてもリラックスして和やかな雰囲気のなかで相談できました。

良風先生に相談した感想

良風先生はプロフィール写真から、「とても優しそうな先生」という印象を受けましたが、実際に話してみましたら、やはりそのとおりでした。さらに、とても元気で明るく、ユーモアを交えたりしながら、かなりテキパキとした感じで盛りだくさんに鑑定結果を伝えてきてくださる先生で、本当に楽しい雰囲気のなかで相談することができました。
15分という短い時間で2個相談したいことがあって、まず、今後の出会い全般について聞いてみたら、今年と来年の運勢を見て、そこから恋愛関係も探っていくということでした。前の彼氏と別れた理由として、先生がおっしゃったことが、「まさに、それが理由なんです!」というくらいピッタリでした。缶詰のたとえ話をして、私の現在の状況を教えてくれました。とてもわかりやすかったです。良風先生によると、現在、私は本命に出会うサイクルに入っているということでした。なので、こうしていけば出会えるというようなアドバイスを具体的に教えてもらったので、それを実行しながら、いろいろと切り開いていこうという気になりました。
15分という短い時間で2個聞きたかったのに、そんな話が続いて、15分が近づいてきたので、結局、2つ目は聞けませんでした(^_^;) でも、とてもテキパキと鑑定結果を伝えてきてくださる先生でしたし、私はあまり疑問に思うようなこともなく、笑ったりしながら聞いているだけで良かったので、とてもリラックスした鑑定でした。また今度、時間や予算に時間があるときに、もうちょっとじっくりと相談してみたいと思える先生でした。

良風先生はこんな方におすすめ?

鑑定を受けて元気になりたいかた

良風先生はとても元気でパワフルな先生ですので、相談者は話しているだけで、自然と元気をもらえる感じがします。鑑定結果も、とてもテンポ良く次から次へと伝えてきてくださいますし、ちょっと良くないような未来が見えたとしても、それを今からどう変えていけるかというアドバイスもくださるかと思いますし、ユーモアもある先生ですし、鑑定後にはポジティブな気持ちになれると思います。

リラックスして相談したいかた

鑑定師さんにすら、なかなか悩み事を伝えづらいというようなかたもいらっしゃるかと思いますが、そういうかたであっても、良風先生でしたら安心して相談できると思います。悩み事を少し伝えれば、先生はすぐさま鑑定を始めて、どんどんと結果を伝えてきてくださいますので、相談者はリラックスした状態で聞いているだけで大丈夫かと思いますので、そんな鑑定を希望されているかたにはピッタリかもしれません。

的確な鑑定結果がほしいかた

良風先生は、かなり多くの占術を使いこなしながら鑑定をされている、鑑定歴35年のベテランの先生です。私が鑑定してもらったときも13の手法を使っているとおっしゃっていました。その分、やはり、結果も的確になるかと思います。口コミでも「当たっている」との声も多く、ベテランの先生からの的確な結果を望んでおられるようなかたにはおすすめの先生です。