いまいちよくわからない人必見!霊感、霊視、透視占いについて徹底解説!

霊感、霊視、透視占いについてあなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
何となく怖いイメージがある、当たっているこどがある、信じられないことが多い、危なそうな占いであるなど、人によりいろいろなイメージを持っていると思います。
霊感、霊視、透視占いについてこの記事では徹底解説しますのであなたのご参考になれば幸いです。

そもそもよく聞くワード①霊感とは何か?

霊感とは、みなさん一度は耳にしたことあると思います。霊感がある、霊感がないという人に分かれます。また霊感を信じる、信じないと分かれるパターンもあります。
霊感は英語でinspiration(インスピレーション)と言います。
インスピレーションはよく使う用語です。
霊感は、神や仏が表す霊的な応答やコミュニケーションです。それら神や仏が人に乗り移るようなもので、人のさまざまな感覚を指します。

よく聞くワード②霊視とは一体何?

霊視とは、肉体的な感覚を使わないで霊を見ることです。
霊的なものを見ることに大変優れている人を霊能者と呼んでいます。

よく聞くワード③透視とはどのようなことか?

透視とは、超感覚的知覚であります。これは、普通に見るのではなく、目で見えないも見ることです。
例えば、超能力者や霊能者が遠くにある封をされた手紙の中身などを見ることです。
また、遠くに離れていても遠くに離れた人が何をしているか言い当てることも透視です。
また、透視する能力があるとも言います。

占い師
霊感、霊視、透視についてわかりましたか。
インスピレーションは、よく聞くワードでもあります。霊感、霊視、透視についてしっかり押さえておくとよいです。
はい。なんとなくわかりました!

明治時代に騒がれた透視能力は本物か?千里眼事件

明治時代末に透視や念写ができる千里眼能力がある御船千鶴子が現れました。
京都帝国大学の今村新吉が明治43年2月にカードを用いた透視実験を行い、御船千鶴子は高い的中率をしました。
明治43年4月に東京帝国大学の福来友吉と今村新吉の2人によって厳重に封印されたカードを使って透視実験をしましたが失敗しました。
その後、また4月に方法を変えて透視実験をすると当たっていました。
福来友吉が東京帝国大学内で投資実験報告をして、さまざまな人から注目されるようになりました。
9月には、いろいろな科学者などをを集めて透視の公開実験がされました。
結果は、試験物のすり替えがあり千里眼能力があるのかないのかわからないまま巷に噂が立ちました。
これを千里眼事件といいます。

占い師
今でも本になるほど有名な明治時代の事件で、このことで日本に透視と言う概念が広まったと考えても良いです。
私は初めて知りました。明治の終わりにこんな事件があったのですね。非常に興味深いです。

よくわかる!簡単解説!霊感占いと霊視占いについて

霊感占いとは、霊と交信して行う霊能者による占いです。
また、見えないものを特殊な見る力を用いた占い方法です。
霊能者は霊感があることが大前提です。この霊感は生まれつき霊感があるタイプの霊能者と、修行により霊力を授けられたタイプの霊能者の2つのパターンの霊能者がいます。
霊能者というものはいかに低級な霊に迷わさられず、高級な霊とのコミュニケーションができることが大切になってきます。
低級な霊とのコミュニケーションをしている霊能者は、人格的に良くないとされています。
一方の高級な霊とのコミュニケーションができる霊能者は、人格的に優れており、常に自分を律しながら人間の欲望につぶれない人です。
では、霊視占いとは一体何でしょうか。
この霊視占いは、霊的な見えないものを視る占いです。
霊視により、クライアントの過去や未来、周りの風景をみます。そこから、人間関係や恋愛、仕事などの占いができます。
また霊視占いは、クライアントの守護霊とコミュニケーションを取りながらみる方法もあります。
守護霊は、ご先祖様だと思う人が多いですが、ご先祖様や家族だけではなくクライアントと同じような魂を持つものが守護霊であるケースがあります。ですから守護霊が、きつねなどの動物霊であることもあります。
守護霊は常にあなたを見ているので前世からあなたの行いなどを全て知っていると考えられています。
また、守護霊は高い波動を持っています。
霊能者の中で霊感があるのに守護霊と他の霊を間違えて、コミュニケーションを取り間違った情報をクライアントに伝えるケースもあります。
ですから、霊能者や占い師を選ぶ際は、経験値や評判も大切です。

霊視を受ける際にクライアント注意する事は主に3つのポイント

霊能者や占い師による霊視を受ける際には、一番大切なことはクライアントの心身がある程度健康な状態であることが重要です。
クライアントが疲れきってしまっている際はある程度回復するまで待ってから霊視を受けた方が良いです。
次にクライアントが注意する事はまずリラックスしている状態が大切です。とても緊張していると霊視がわかりづらいです。
最後にクライアントが霊能者や占い師にある程度の信頼を寄せていることも重要なポイントです。クライアントが全く心を開かないと正しい霊視や占いができません。

占い師
霊視占いを受ける際には、心身がある程度健康であること、リラックスしていること、霊能者や占い師に信頼があることの3つが重要です。ぜひ覚えておいてくださいね。
はい!とても参考になります。私が霊視占いをする際の参考にします。

ポイント!どのような霊能者や占い師を選べば良いのか?

霊感占いや霊視占いを行えるのは、優れた霊感を持った霊能者や占い師です。
では、一体どのような霊能者や占い師が良いのでしょうか。
それは、先ほど述べたように人格的に優れた
人がおすすめです。
人格的に優れた霊能者や占い師とは、平等にクライアントに対して助言を行うことができます。なおかつ平等にクライアントに接することができる人です。
また、クライアントを批判したり、過度な脅しを一切しない人です。霊能者や占い師自身の価値観を一方で的に押し付けない人でもあります。
金銭やクライアントの行動について常識の範囲外の要求をしない霊能者や占い師も選ぶと良いでしょう。
クライアントの人柄や考え方に対して肯定することができて、寛大な心を持って接することが常にできているのもポイントになります。
日々の修行を行って毎日神仏に祈っていたり、日本のいろいろな神社やお寺に行って常に勉強をしている霊能者が良いです。
さらに、霊能者や占い師が精神的に健全であることや前向きであること、プラス思考や前向きであることも大切な要素です。
霊能者自身が自分自身を冷静に保っていることも大切なポイントです。
これらの要素を霊能者や占い師が兼ね備えているかじっくり見て自分に合った霊能者や占い師を選んでみてください。

占い師
霊感や霊視ができる占い師を選ぶ際に、人格的に良い人であり、過度な脅しや批判をしていないかなどぜひ参考にしてみてください。
とても勉強になります。ぜひ、霊感や霊視の占い師さんを探す際に参考にしてみます。

占い方法①チャネリング

占い方法としてチャレンジングという占い方法があります。これは高い次元にいる守護霊などと霊能者がコミュニケーションをとりクライアントにとって大切な助言をする方法の占いです。

占い方法②霊感霊視による方法

霊感霊視による占い方法はクライアントの前世を見たりして占い師や霊能者が見た風景や映像などからクライアントの知りたいことを占う方法です。

オーラから占う方法③オーラリーディング

オーラから占う方法はオーラリーディングとされる占い方法です。
霊能者や占い師の中には、クライアントのオーラがわかる人がいます。それらのオーラからクライアントの未来などを占うことができます。

占い師
主に3つの占い方法についてまとめてみました。占い方法を選ぶ際の参考にしてください。
初めて知る占い方法ですが私はチャネリングが一番気になりました。占う際はチャネリングを得意とする占い師さんに占って欲しいです!

実例!ケース①悪い霊能者や霊感、霊視占い師に占ってもらいどうなった?

会社員の男性Aさんは、知人から霊視や霊視占いができる霊能者の占い師を紹介され、占いに行きました。
最初Aさんは霊視や霊感占いは怖いと思っていましたが、霊能者は女性で柔らかい物腰の人でした。
次第にAさんは霊能者を信頼するようになり、心を開いていろいろな悩みを相談していくようになりました。
すると、霊能者はAさんの食べる物まで干渉し決めていくようになりました。
「今日から1週間は、たんぱく質を摂取してはダメです。」とか「1ヶ月間野菜を食べては行けません。」などの食べる物への要求です。
Aさんは、みるみる不健康になっていきました。心配した会社の人がAさんから事情を聞くと心配して、違う霊能者を紹介してくれ鑑定に行くことになりました。
会社の人が紹介してくれた霊能者が言うには、その霊能者は低級霊に支配されているということで、すぐにAさんとの縁を切ってくれました。
Aさんは、身体の健康も心の健康も取り戻して、本当に困ったときのみ会社の人が紹介してくれた霊能者のところに相談しにいくようになりました。

占い師
これは、悪い霊能者に当たってしまったケースです。低級霊に支配されている霊能者はろくな結果が出せません。
怖い実例ですね。良い霊能者か悪い霊能者か見極めるのが本当に大切だと改めて思いました。

実例 ケース②悪い霊能者や霊感、霊視占い師に占ってもらいどうなった?

会社員女性のBさんは、最近怪我などのトラブルが多く、知人の紹介で霊能者に見てもらうことになりました。
霊能者の家に行き占う方法でした。
霊能者の占いをする部屋は、とても狭く、霊能者は最初おかしな話しばかりしていました。
しかし、Bさんに「あなたの怪我が多いのはあなたの前世が悪いから!悪霊がたくさんついてる!」などと次から次えと脅し文句がいい、Bさんは泣き崩れてしまいました。
霊能者は、「私が神仏にお願いして、あなたの怪我などのトラブルをなくしてあげます。神社に行きます。その費用を出して下さい。私の銀行口座を教えます。そこに10万円でいいから振り込んでください。これからあなたにはトラブルが何もなくなりますから安いですよ。」と言いました。
Bさんは初めて会った霊能者に密室でとじ込まれて、脅し文句を言われたためパニックになりなんと10万円をその日のうちに振り込でしまったのです。
Bさんは、数日後ぼーっと歩いていたら怪我をして、霊能者のウソに気付きました。
紹介者も、問い詰めたところ実は霊能者から紹介料をもらっていることがわかりました。

占い師
これは本当に悪いケースの霊能者です。法外なお金を要求したりする霊能者は低級霊に支配されているため、正しい判断ができません。
あるタレントが言ってるように霊能者の99%はエセであり、1%の霊能者のみ本物であると公言しています。
ですから、おかしいと自分自身が感じたら、まず立ち止まってその霊能者の真贋を確かめるべきです。
私はこの話を聞いて驚きました。
知り合いの紹介でも危ないケースもあるのですね。勉強になりました。

霊感、霊視、透視占いは、電話占いが一番おすすめ!!

霊感、霊視、透視占いは、電話占いが一番おすすめです。
何故ならば、占い師の実力がすぐわかるからです。また、紹介者などからクライアントの情報が一切入らないからです。
霊感、霊視、透視占いは、対面による占い、メールやチャットによる占い、電話による占いがあります。
対面の占いですと、クライアントの顔の表情やリアクションからさまざまなことを汲み取り、クライアントに話題を合わせたりする占い師もいます。
ですが、電話による占いはこのようなクライアントの顔の表情やリアクションから、話題を合わせたりすることができません。
電話による霊感、霊視、透視占いは、占い師の今まで培った本当の実力が試されます。
ですから、電話による霊感、霊視、透視占いがおすすめです。
また、先程悪い霊能者の例で述べたように対面による占いでよくありがちなのはクライアントを脅かしたり、恐怖に陥れたりする悪い占い師も存在します。
クライアントは、悪い占い師から逃げればよい話しですが、その場でパニックになってどうすることもできない状況になることもあります。
そういう意味でも、電話による霊感、霊視、透視占いは、一番おすすめの安全な占い方法が無難です。
知り合いから紹介して霊能者や紹介されるケースもあります。
その時の注意点ですが、紹介してくれた人が霊能者と一緒になって情報を共有して、クライアントにとって非常に当たっている占いになり、クライアントが霊能者を信じきってしまうケースも稀にあります。
例としては、クライアントが知人に最近頭が痛いとか、親戚が亡くなったなどの話題をしていたとします。
そのような話をクライアントの知人が霊能者に話し、霊能者があらかじめクライアントの情報を知っており、クライアントが相談に行くと「最近頭が痛いのは、悪霊のせいです。」とか「最近死んだあなたに親しい人が見守ってくれてます。」などというようにあたかも当たっているような話しをする霊能者や占い師がいますので、その点は注意が必要です。

占い師
電話による霊感、霊視、透視占いは安全でおすすめですし、占い師の本当の実力がわかるため良い占い師方法です。
はい。対面による霊感、霊視、透視占いも興味はありますが、まず電話占いから始めてみようと思います!
霊感、霊視、透視についていろいろな情報をあなたにお伝えしました。少しは参考になったでしょうか。
霊感占いとは、霊と交信して行う霊能者による占いであり、霊能者は霊感があります。
霊能者や占い師は、高級な霊とのコミュニケーションがとても大切なので、霊能者や占い師自身が高い人格であることが大切です。
悪いとされる霊能者や占い師の中にはあらかじめクライアントの情報を知人などから入手し、占いが当たっているようかに振る舞います。そして、法外なお金を取る霊能者や占い師もいるため注意が必要です。そのような霊能者や占い師は、対面占いが多いとされています。
一方の電話占いによる占い方法ですと、あらかじめクライアントの情報を入手するのは困難であるため、霊能者や占い師の本当の実力が試されため占いの質が高いです。
ですから、電話占いによる霊感、霊視、透視占いがおすすめです。
また、クライアントが霊感、霊視、透視を受ける際には、クライアントの心身がある程度健康な状態であることやリラックスしている状態であること霊能者や占い師にある程度の信頼があることが大切です。
占い方法としては、チャネリングと呼ばれる高い次元にいる守護霊と霊能者や占い師がコミュニケーションをとりクライアントに助言をする方法があります。
霊感霊視による占い方法はクライアントの前世を見たり、風景や映像などからクライアントの知りたいことを占うことができます。
さらにオーラから占う方法であるオーラリーディングもあります。
ぜひ興味のある方はあなたに合った方法でこれらの占い方法を活用し、あなたの人生を前向きに方向転換することもできます。