お金に関する悩みを解決して豊かな生活を送ろう

8.お金に関する悩みを解決して豊かな生活を送ろう

お金が嫌い。

そのような方はいらっしゃらないでしょう。
お金は生きていくために必要ですし、人付き合いをするにおきましても大切なものともいえます。

そうした金銭的なものですが、中には借金を抱えてしまって生活もままならないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、極力早い段階で解決をしていただくのが良いかと思います。

そこでここでは、お金に関する悩みや解決方法などについて見ていくことにしましょう。

お金に関する悩みの内容について見てみよう

最初に、具体的な悩みの内容について触れていきたいと思います。

まずは「余裕」です。

生活するお金はあるけれど、趣味や好きなことに使用できるお金はないという場合です。

ただ生きるためだけのお金しかないとなると、精神的なストレスや落ち込みが生まれてしまう事もあり、悩みになってしまうかもしれません。

ぜいたくな悩みといわれてしまうのでは?と相談をできずに抱え込んでしまう方もおいでのようです。

そして「生活そのものが苦しい」という方もいらっしゃるかと思います。

真面目に生活をしている。真面目に仕事もしているのにお金が出ていく一方だ、それどころか赤字続きだという方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると、真面目に生活をしている分、その手立てや方法も見当たらなくなってしまいますので、八方ふさがりのような気持ちになり悩み続けているという方もおいでかと思います。

生活そのものが苦しくなると、心そのものさらには身体的な調子も崩す方もいらっしゃるようです。

また「借金」に関する悩みを抱えている方もおいででしょう。

ギャンブルなどの借金ばかりではなく、車や住宅ローンでお金がない借金がなかなか減らないという方もおいでかと思います。

また、近年ではメディアなどで取り上げられている奨学金の返済で苦しいという方もいらっしゃるかと思います。

まず普通の生活をするためには借金を返済しないといけない。

そんな気持ちから、切羽詰まってしまい悩みが解消されない状況が続き、自暴自棄のような感覚に陥ってしまう事もあるのではないでしょうか。

借金の返済はしているものの金利があるために完済までたどり着けないということもあるかもしれません。

こうした場合、延々と同じ状況が続くのではないか?と思ってしまいがちです。

だからこそ、悩みも深くなりますし自分自身の人生に対して投げやりな気持ちにもなってしまう方も少なく無いのです。

借金といっても自分自身で作ったものばかりではありません。

保証人になってしまった・遺産とともに借金も引き継いでしまったという方もおいでです。

こうした場合、割り切りも気持ちの切り替えもしにくいですし不条理さから苦しみが続いてしまう事もあるのではないでしょうか。

お金に関する悩みを解決する方法

お金に関する悩みを解決する方法
解決策についても考えていくことにしましょう。

相談という点ではまずは「公的機関」を利用することです。

各役所などで相談を受け付けている場合もありますし、弁護士事務所などでも相談を受け付けていることもあるでしょう。

役所の場合ですと無料の場合が大半ですが、弁護士ともなるとある程度の金額負担が生じてしまいます。

また、あくまで金銭的な対策・アドバイスですので、悩み・精神的なものへのフォローはないという形になります。

次にお金に余裕をという場合には、事量を増やす・ダブルワークをすることで解決をという方もおいでのようです。

これは、余裕という部分ばかりではなく借金に関する悩みの解決策として実践されている方もいらっしゃいます。

当然ながら、働くほどに収入は増えるでしょう。
ただし、自分自身の時間や心身のストレスというものも増えてしまう危険性があるのです。
この点も考えながら取り入れるべき解決策といえるかもしれません。

中には「元手となるものを増やす」という方法で解決使用する方もおいでのようです。

投資などがこれにあたるでしょう。

確かに、当たれば一気に借金も返済できますしお金に対する悩みも解決できるかもしれませんが、当然ながら「確実性」には欠いています。

この点も把握して取り入れなくてはなりません。

そして「占い」です。

お金と占いが直接的に結びつかないこともあるでしょう。

しかし、占いで鑑定をしてもらいアドバイスをもらう事で好転するというケースも多くあるのです。

また、お金に関する「心身的な疲労感」の解消という点におきましても占いは良い方法手段といえるでしょう。

料金が発生するアプローチではありますが、負担という点におきましては大きなものではないでしょう。

親金や借金に対する悩みにあっている占術とは

霊感霊視・霊感タロット

より直感的な占術ともいわれているものではありますが、だからこそ現状況を把握するのにピッタリですし、そこから導き出す未来を明るく照らすにはどのようにしたらよいのかというところも見られるのがこの占術のポイントでもあります。

お金に関する悩み・借金に関する悩みというものは、現状を把握し未来を見据えていくことが大切となってくるでしょう。
だからこそ、ぴったりのものともいえるかと思います。

算命学

学術としても有名な算命学は、人生のバイオリズムを知るのに良い占術ともされています。

全体を通してみることによって、なぜお金に対して悩みを抱くのかという原因を知ることが出来るかと思います。

原因がわかればそれに対する対策や解決策というものも見えてくるのです。

オーラリーディング

その人の持つオーラから読み解き未来を照らす占術となっています。
スピリチュアルな要素もあるものともいえるでしょう。

現在の悩みをオーラから読み取り、それを良い方向へと変換していくというアプローチができますので、良い環境へ・お金に関する不安感やストレスを解消するのにも良い占術といえるでしょう。

波動修正

先に触れたように、まじめに生活をしているのに金銭的に苦しい・借金が減らないなどという場合には波動修正というものも効果的です。

今の波動を占術によりみていくことによって、良い波動に修正していくというものになります。

波動を良いものにすることにより、状況が好転することも少なくないですし、精神的な要素におきましても軽くなるかとも思います。

ダウジング

イエス・ノーと言うシンプルなものから、過去な現在・未来を鑑定することもできるという占術になります。

全ての角度から問題を見て解決をすることによって「これ以上困らない」「困ることがない環境を作っていく」という事にも良い占術といえるでしょう。

おすすめできる占いサイトについて

では次に、おすすめしたい占いサイトについて触れていきましょう。

「ウィル」という電話占いサイトです。
老舗の電話占いサイトでもありますので、名前を耳にされた方もおいでのことでしょう。

対面式も実施しているウィルですが電話占いもありますので、今すぐに占いをという方にもおすすめできます。

料金は1分あたり220円からとなっており、明瞭な会計であり占い師の指名や予約などの料金発生はありませんので、お金で悩んでいる方におきましても利用をしやすいスタイルといえるでしょう。

また、多くの占い師が在籍しており中にはメディアに進出しているという方もおられるほど実力のある占い師がそろっているのがウィルなのです。
得意のジャンル・鑑定スタイルも多様ですので、自分にあった占いを取り入れていただけるでしょう。

おすすめの占い師をご紹介したいと思います。

「貞心」先生です。

聞く力・見る力が優れているということで人気を誇っている先生でもあります。

的中率も高く、またそれぞれにあった「霊感カウンセリング」も行っておられますので、お金とそれにまつわる精神的なストレスの軽減にもつなげていただけるかとも思います。

霊視霊感からタロット・水晶ダウジングから算命学などその占術も多岐にわたり、その人にピッタリのアプローチで悩みの解決に力添えをしてくれるでしょう。

小さなところからの修復という視点もお持ちの先生ですから、今すぐにでも始めていただけるアドバイスも受けることが出来るでしょう。

お金の問題を解決させよう

お金の問題を解決させよう
今回はお金という点について触れていきました。

大切なことではあるものの、誰かに相談がしにくいお金のこと。

だからこそ、占いという方法を取り入れて解決させてみるのも良いかもしれません。

世界のトップリーダーたちも経営の悩みを占いで解決しているらしい

経営者になれば、決断の毎日です。

悩んでいる暇はありません。
一時の迷いが失敗につながります。

とはいえ大勝負に出る際はどうすべきか。

自分を信じるべきですが、誰かに後押ししてもらいたいのが本音でしょう。

世界のトップリーダーたちが占い師の助言に従って決断するという話は有名です。

具体的な経営の悩みとは

具体的な経営の悩みとは

1.数字的な経営収支の問題

経営者が悩む典型的な問題は、数字的な話です。
それこそが経営です。

個人事業主であっても、その稼ぎで生活しています。養うべき家族がいます。

従業員がいれば、給料を払わなければなりません。大企業であれば、もっと影響は広がります。

もちろん一時的な変動に左右されるべきではありません。

一般的な会社であれば、帳簿上のマイナスを続けていても、直ぐに倒産するわけではないからです。

キャッシュフローがあれば、大きな借金があってもまったく問題はありません。

言い換えると借金ができるでしょうか。
銀行などの金融機関が継続的に融資してくれるか、そちらの方が重要です。

あなたの会社にいくらまで、第三者が投資してくれるでしょうか。
それこそが一番の悩みかもしれません。

2.後継者がいない問題

今日本の経済界が抱える一番深刻な問題は、後継者不足です。

需要が多く黒字が続いている企業であっても、後継者がいないことを理由に、現経営者の引退に従い閉業する会社が少なくありません。

特に中小企業であれば、子供に継がせたくないことが多いようです。

そもそもその経営者一代で築いた会社なら、後継者になった途端に信用が失われることもあります。

戦後に生まれた会社の中には、そうした理由で辞めるパターンが少なくありません。

大企業であっても話は同じです。
同じようなメンツが社外取締役になりあっています。
大きな会社こそ、任せられる人が少ないのです。

日本の社会は、目先の利益を優先して、後継者育成を怠ってきました。
一企業の問題ではなく、日本の将来にかかわる問題であり、現経営者らの責任は重大です。

3.使える人材不足の問題

労働者の人手不足も深刻な問題です。

もちろん一時的に好景気だからという理由もあります。
2020年の東京オリンピック以降は、景気が悪化するとの予測もあるため、今変に過剰な人材を抱えると将来的に経営リスクが生まれます。

とはいえ現状を乗り切るには、使える人材が必要です。

直ぐに辞めてしまう人ではなく、長期間働いてくれる人です。
そして仕事を任せられる人です。
ブラック企業ではなくても、多少の我慢をしてくれる人材が見つかりません。

つまり少子化は深刻です。

だから女性や高齢者に頼るべきでしょう。
ベテランを如何に使うか、それこそ経営手腕です。
しかし介護などの問題もあります。

長期間確実に人材を確保するにはどうするか。

4.新規事業への進出問題

経営者であれば決断の毎日です。

特に新規事業へ進出するか、難しい課題です。

もちろん多角経営すべき時代なので、世の中のニーズを敏感に察知すべきでしょう。
一時の迷いで後れを取ると、同じことなのに失敗することも珍しくありません。

しかし決断には勇気がいります
社員を路頭に迷わすこともあるし、日本社会が大きく影響を受けることもあるからです。

それができるからこそ、有能なリーダー、経営者と呼ばれるのも事実です。

とはいえ絶対的リーダーであっても不安はあります。
誰かに頼りたいこともあるでしょう。

そんな場合には、どうすればよいのでしょうか。

経営の悩みを解決するにはどうするか

経営の悩みを解決するにはどうするか

1.役員や社員に相談する

経営の悩みがあれば、第一に会社の役員や社員に相談すべきでしょう。
つまり彼らは一心同体だからです。そのための役員や幹部です。
特に中小企業であれば、苦楽を共にする戦友たちと真っ先に相談しましょう。

経営者が見えなかった企業の中身を、役員や社員は知っています。
あえて経営者まで上がってこない情報もあります。
それらをすべてオープンにして、隠し事をしない会議をしましょう。

とはいえ周りをイエスマンだけで囲っていませんか。
経営者が忖度されている会社なら、経営が行き詰るのも時間の問題です。

社長を蹴落とそうと画策しているかもしれません。
どこまで社員を信頼できるのか、そうした悩みも尽きません。

2.家族に相談する

昭和の時代であれば、家庭に仕事の話を持ち込まないのが美徳でした。

しかし家族こそ影響があります。

逆に家族、特に夫婦なら自分の長所や短所、健康上の問題を知っています。
秘密の相談もできるでしょう。
信頼できるのは、やはり家族です。

特に個人事業や家族経営であれば、家族会議が必要です。
家族が役員のパターンもあるでしょう。
生活の影響を受ける小さな子供の意見も尊重すべきです。

とはいえ肉親だからこそ、苦労はさせたくありません。親子故の甘さもあります。
今の仕事を息子に継がせるべきでしょうか。

最後は経営者自身が判断しなければならないのが現実です。

3.顧問に相談する

個人営業を含めて何らかの事業を営んでいれば、顧問契約をしている人がいるでしょう。

例えば税理士や弁護士、社労士、中小企業診断士などの士業と呼ばれる人たちです。
そうした人たちの助言を受けてみましょう。

そもそも経営的な悩みを相談するための人達です。
数字的な問題であれば税理士や公認会計士が最適です。

社内の問題なら社労士、経営的な話は中小企業診断士、法的なトラブルがあれば弁護士こそ専門家です。

行政書士や司法書士なども頼りになります。

とはいえ雇われている人であれば、都合の良い話しかしないかもしれません。
スパイということはありませんか。会社が乗っ取られるリスクもあります。

部外者にどこまで内部事情を伝えるべきでしょうか。

4.電話占いを試してみる

社員や家族、顧問に尋ねるのもよいですが、いずれも利害関係者です。

社長を忖度することもあるし、逆に蹴落とそうとしているかもしれません。
どこまで信用できるでしょうか。

ならばまったくの第三者に相談してみるのもよいでしょう。

例えば占いサイトです。

現実の問題を占い師に判断させてよいのか、批判はあるでしょう。
しかし著名な経営者や政治家など、占い師に大事な場面で相談する事例が多いと言われています。

何も恥ずかしいことではないし、後ろめたくはありません。

逆にそれが世界の趨勢です。

占いで経営判断して良いのか

占いで経営判断して良いのか

1.占いが悩みを解決してくれる理由

大切な経営問題を占いに任せてよいのでしょうか。

しかし多くの経営者や政治家は、大きな決断に際して占い師の助言を聞いているようです。

そもそも古代から指導者は、天啓を得て行動していました。
そこで良い判断ができる人を、有能なリーダーとして選んでいたのです。

今は役割分担が進んでいます。
天啓を受けるのが占い師や祈祷師などです。
その指示に従って経営者が実務を担当します。

海外でも宗教的指導者と国の運営者が別々になっていることが少なくありません。

日本人は精神世界を軽視し過ぎているのかもしれません。

2.経営相談しやすい占いサイトはミスティーライン

電話占いと聞けば恋愛や人生相談と考えているかもしれません。
もちろん細かい数字的な話であれば中小企業診断士などが適しています。

とはいえ経営における大きなアウトラインを描くことが最も重要です。
先が見えている鑑定士さんだからこそできる業です。

例えば経営の悩みに強い占いサイトは、ミスティーラインです。

創業20年以上も続いているので、経営的に成功している、時代のニーズを的確に把握している老舗的存在と言えるでしょう。

多様な占い手法を持つ鑑定歴10年以上のベテラン先生が多数在籍しています。
自分に合った先生が必ず見つかります。

3.経営占いに適した占術は霊視

経営の悩みを解決するのに適した占術は霊視です。

海外の著名リーダーたちも霊視に頼っていると言われるからです。
歴史に名を残すリーダーの背後には、有能な霊能者がいたそうです。

具体的に霊視とは、眼や耳などの肉体的な器官で感じるのではなく、霊的な力によって物事を視ることです。

大きく捉えれば、占いはほぼ霊視とも言えます。
とはいえ狭義の霊視は、霊的な存在を介して未来や過去を教えてもらう占術です。

霊と聞くと、霊感商法やオカルト的に考えがちですが、科学的に証明されていないだけであり、訓練によって感じ取ることは可能です。

それができる人が、いわゆる霊能者になります。
諸外国のリーダーが頼るのも霊能者たちです。

経営相談におすすめの占い師さんを紹介

電話占いミスティーラインの中から霊視で経営の悩みを解決してくれる先生を紹介します。

1.雅笙子先生

雅笙子(みやび しょうこ)先生は鑑定歴15年以上のベテランです。

主な占術として霊感霊視を使います。
得意分野は対人関係を含めた仕事の問題です。

会話しているだけで癒しのパワーがもらえます。
それが明晰な経営判断につながるでしょう。

雅先生の鑑定スタイルは、じっくりと話を聞くタイプです。

経営者になると、じっくりと話をする機会がなくなります。
そうしたストレスから経営に行き詰ることも珍しくありません。

自分の考えを整理するためにも、先生は優しく、時には厳しいアドバイスをしてくれます。

2.聖蓮先生

聖蓮(せいれん)先生は鑑定歴10年以上です。
主な占術として霊感霊視霊聴などを使います。

また名前を三回、言葉にして出すことによって占う姓名波動鑑定のエキスパートです。
そして得意分野は人間関係、仕事、将来の悩みなどです。

占いに疑いを持つのではなく、転ばぬ先の杖、元気の源として捉えるのが聖蓮先生のモットーです。

堅苦しく考えず、素直な心を持つことで、経営者として進む道が見えてくるでしょう。
先生と話すことで、明るい未来が拓けてきます。

時代を先読みして前へ進もう

100%正しい経営判断はありません。

同じ選択をしても、時代や環境によって結果は異なります。

大切なことは時代を先読みすることです。
二番煎じではいけません。

オリジナルな考えを続けていけば、必ずチャンスが見えてきます。