現代人の悩み、家庭環境やママ友関係も電話占いにお任せ!

41.現代人の悩み、家庭環境やママ友関係も電話占いにお任せ!

現代の悩みのひとつに家庭環境やママ友などがあります。これらの悩みにもプライバシーをしっかりと守ってくれる電話占いは大きなアドバイスを貰える場と言ってもいいでしょう。

現代の悩みは対人だけではなく、子供を主体とした関係の悩みである独自の関係のママ友などもあります。

ママ友問題はドラマなどにもなるほどのものであり、ネットの掲示板などでもママ友との関係やボスママなどという単語が出てくるほどです。

このような自分だけではない関係の悩みに強いのは電話占いになります。

複雑化しているママ友問題

複雑化しているママ友問題
ママ友は子供を介した関係であり自分自身の友人ではないことがほとんどです。

ママ友の中でも序列があり、ママ友カーストいう言葉などが生まれるほど現代の悩みのひとつになっています。
このママ友問題に強いのが霊視能力をもった占い師になります。

人間関係の感情や、ママ友の背後の家族関係などを霊視してもらうことで事前に危険を回避することにも繋がります。
特に、幼稚園~中学まではスポーツ部活、習い事などにもママ友関係は出てきます。

円滑な関係や的確な判断をしたい場合には電話占いでの鑑定がおすすめと言えます。

ママ友や家庭問題に強い電話占いサイトはどこ?

ママ友や家庭問題に必要な鑑定士は高い霊視や透視ができる鑑定士になります。
ここでは高い霊視のできる鑑定士が多く在籍している電話占いサイトを紹介させていただきます。

電話占いウィル

電話占いウィル https://d-will.jp/

人間界と言えばウィルというほどの高い霊感をもつ鑑定士が多く在籍しています。

マンスリーキャンペーンなども豊富なのでじっくりとした鑑定をリーズナブルにうけることができます。
電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニ https://vernis.co.jp/

15年の実績を持つ電話占いサイトであり老舗といえる存在です。豊富な鑑定士の数を誇り、必ず自分になった鑑定士に出会うことができます。

電話占いフィール

人間関係の悩みを24時間相談できるサイトであり、人間関係に強い鑑定士を多くホールドしています。

業界内でも鑑定依頼の来る鑑定士も在籍しており深い悩みにも対応できます。

電話占いピュアリ

電話占いピュアリ https://pure-c.jp/

男性のユーザーも多く男女どちらからの支持も高い電話占いサイトです。
メディア展開も多く、鑑定士の質の高さも特徴になっています。

電話占いマヒナ

電話占いマヒナ https://078319.jp/

占い師が占いや鑑定アプリなどの監修を求められるほどのクオリティをもっている電話占いサイトです。

占い師のランクごとの料金システムで使い過ぎなども防止できるようになっています。

対人鑑定で大事な事

対人関係の鑑定の際にはこちらの事は包まずに伝えることが大事になってきます。

先生方の多くは霊視などで見抜いていますが、正しく伝えることは先生方との信頼関係などを築くうえでも大事な部分になると考えておきましょう。

家庭問題やママ友問題に強い先生はズバリこの先生

家庭問題やママ友問題に強い先生はズバリこの先生

杜夜(もりや)先生 電話占いヴェルニ

ヴェルニ杜夜もりや先生

【専用ページ】
https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=npT6uLTTp

ヴェルニに在籍前は芸能事務所などでの鑑定を専門にしていたのが杜夜先生になります。

複雑な人間関係や家庭問題などを高い霊視能力で、当日にならないと待機スケジュールが出せない先生の一人です。

ママ友問題や学校問題にも強く、どの人がキーマンになるのか、こじれている原因の特定なども可能であり、時には不要なママ友や遠方の親族縁などのカットも行ってくれます。

待機を見た場合にはすぐに予約を入れていい先生と言ってもいいでしょう。

占いの種類

透視 霊視 霊感 霊聴 レイキ 送念 スピリチュアル エネルギーワーク 遠隔ヒーリング 守護霊対話 オーラ チャクラ ダウジング

得意な相談内容

相性 結婚 離婚 復活愛 略奪愛 不倫 縁結び 縁切り 年の差 遠距離 同性愛 三角関係 前世 金運 仕事 対人関係 家庭問題 子育て 運勢 開運方法 霊障害 パワーストーン ペットの気持ち

翔生先生 電話占いマヒナ

翔生先生 電話占いマヒナ

【専用ページ】
https://078319.jp/sampleshow.php?idcode2_e=Bichfhcne8

メディアの生番組や鑑定イベントなどでも抜群の霊感霊視を行えるのが翔生先生になります。

高い霊感でどの部分がこじれているのか、なぜそうなっているのかなどの因縁の特定を具体的に表現してくれることからリピーターが続出している状態です。

霊能読心術を持っているので相手の心の最も奥を見ることができ、双方に一番いい結果を判断してくれる先生になります。

未来視の高さに定評があり、待機時間なども夜間などになることが多いので仕事や家庭の事をひと段落させてから相談することができる先生とも言えます。

こちらの情報がほとんどなくても問題なく鑑定をうけることのできる霊能力者の先生になります。

占いの種類

霊感・霊視/守護霊対話/霊感タロット/ダウジング/夢占い/姓名判断/

得意な相談内容

恋愛/仕事/お金/人間関係/精神/その他/相性/相手の気持ち/縁結び/浮気/復縁/略奪愛/結婚/不倫/離婚/縁切り/出会い/三角関係/ペットの気持ち/家族問題/子育て/夫婦問題/近所問題/進路/適正/仕事運/転職/職場問題/金運/就職/パワハラ/人生全般/方向性/いじめ/守護霊/

香々(かか)先生 電話占いフィール

ピュアリ香々(かか)先生
【専用ページ】
https://pure-c.jp/G/OPERATOR/INDEX/OPID/145/

高い霊能力で鑑定中にストレスなどですり減った魂を強化してくれるレイキヒーリングを同時に行ってくれるのが香々先生になります。

遠隔ヒーリングなどもできるので、どうしてもうまくいかないママ友などの心をいやすことで関係の改善につなげていくこと可能であり、香々先生の鑑定のあとから人間関係が劇的に変わってきたなどの口コミがダントツで多いのも特徴になります。

未来視も可能なので、イベントの前などに関係をどうしたらいいのかなどの鑑定もOKなのが香々先生のうれしい部分の一つでもあります。

はっきりと伝えてくれるので明確な答えが欲しい人におすすめの先生であり、魂ごとの関係のつながりの強化整理も可能な霊能者と言ってもいいでしょう。

占いの種類

霊感・霊視・守護霊・守護神・透視・前世・香々流オリジナル占術(西暦)・未来透視・未来予知・思念伝達・遠隔ヒーリング・波動修正・スピリチュアルリーディング・レイキヒーリング・チャネリング・チャクラ・霊障

得意な相談内容

恋愛全般・複雑な恋愛・不倫・結婚・離婚・片思い・浮気・出会い・相性・相手の気持ち・略奪愛・前世・未来予知・霊的なご相談・ご先祖様・運命の開き・愛の問題・魂の本質・霊的問題・男心・女心・人間関係・家庭問題・夫婦問題・対人関係・育児・シングルマザーの悩み・親子の問題・子育て・兄弟・姉妹・舅・姑・婿養子・嫁・トラウマ・仕事・仕事に関する人間関係・適職・転職・天職・進路・就職・経営相談・夢・目標・開業・廃業・パワーハラスメント・セクシャルハラスメント・金運・金銭トラブル・相続・健康運・容姿・外見・開運指導・パワーストーン選択・鬱・情緒不安定・不倫成就

しんしん先生 電話占いフィール

しんしん先生 電話占いフィール

【専用ページ】
https://feel-i.jp/detail.php?if=1&char_id=20244

しんしん先生は普段は整体師として活動を行っています。

直接体に触れる整体は骨格などを修正しながら同時に先生の持つパワーを流し込むことができることなどから人気の先生です。

高い霊能力だけではなく執筆活動なども行っており、先生の書籍を読んでフィールに登録胃したというユーザーも多くいます。

子供さんの問題やママ友、家庭問題の鑑定能力が高く、子供さんが何に悩んでいるのか、どの言葉を言ってはいけないのかなどの鑑定能力の高さはフィールトップともいえる存在になります。

フランクな語り口の先生なので、緊張しやすい人にもおすすめの先生になります。

占いの種類

霊感・霊視 / 波動修正 / 遠隔ヒーリング /

得意な相談内容

恋愛, 不倫, 縁結び, 復活愛, 復縁, 縁切り, 金銭, 仕事, 健康, 人間関係, 家庭, 開運, 性の悩み

明讃(めいさん)先生 電話占いピュアリ

ピュアリ 明讃(めいさん)先生

【専用ページ】
https://pure-c.jp/G/OPERATOR/INDEX/OPID/398/

明讃先生は長らくアマチュアで鑑定を行ってきた先生であり、その噂を聞いたピュアリが直接スカウトをした経歴をもっています。

明讃先生は自分ではどうすることもできない縁の絡まりを切ってくれる式神を使うことのできる先生であり、人間関係のリセットなどをも行ってくれます。

どうやっても関係が改善しない場合にはお互いにかかわることがないようにその縁自体をなかったことにすることができる驚異的な能力をもっている先生です。

家庭内に持ち込まれた悪い縁なども先生ならばカットすることが可能であり、鑑定後には家庭なども円満になったなどが多く寄せられています。

また、引っ越してきたばかりなどで後ろ盾がないなどの場合にはボスママなどとの縁をしっかりと作ったりすることのできる西洋魔術と式神の融合による超強力な縁結びなどの最終手段を強行することのできる先生でもあります。

どうにもならないほど悩んでしまった場合には明讃先生に鑑定をお願いしてみてはいかがでしょうか?

占いの種類

霊感・霊視・霊聴・透視・遠隔透視・未来透視・未来視・過去視・未来予知・守護霊対話・故人との対話・チャネリング・ソウルメイト・思念伝達・想念伝達・縁結び・祈祷・ヒーリング・レイキヒーリング・遠隔ヒーリング・コンサルテーション・波動修正・エネルギー調整・タロット・霊感タロット・スピリチュアルリーディング・アニマルコミニュケーション・ペットの気持ち・ペットへのヒーリング・気学オーラリーディング・カラー診断・家相・オーラ診断・故人との会話・オリジナル占術・サイキックパワー・サイキックリーディング・開運気学・西洋魔術と式神の融合による超強力な縁結び

得意な相談内容

恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・縁結び・男心・女心・対人関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・経営相談・人事・開業・廃業・夢・目標・ビジネスチャンス・ビジネスパートナー・パワーハラスメント・セクシャルハラスメント・家族関係・夫婦関係・家庭問題・夫婦問題・親族問題・育児・子育て・シングルマザー・ドメスティックバイオレンス・相続関係・美容・精神問題・心の問題・うつ・トラウマ・ストレス・いじめ・人生相談・健康運・金運・金銭トラブル・様・守護霊様・お墓参り・引越し・開運指導・ペットの気持ち・ペット交信・ペットへのヒーリング

思わぬところから結果が出ることがある

思わぬところから結果が出ることがある
ここで紹介させてもらった先生は縁を作る、縁を切ることもできる先生方になります。
思わぬところから予想外にいい結果につながることも出てきます。

驚きも多いかもしれませんが、先生方の能力が高いからこそできることになります。

特に家庭内の問題などは不要な縁などが複雑に絡まっていることなども原因になることが多く、子供さんなどに外からの縁がとりついてしまっている場合なども出てきます。

この場合でも先生方は霊視でその縁が不要な物であればカットしてくれますし、必要な縁が汚れている状態ならば浄化も行ってくれます。
家庭問題などはこのような縁のよごれも関係してきます。

綺麗に整理された縁になることで改善が目覚ましく見られることも多く、鑑定を受けてよかったという口コミが多いのも納得できるかと思います。

家庭問題やママ友問題

家庭問題やママ友問題は斜頸減少になるほどの問題です。
本来ならば安らげたり、助け合ったりできる関係のはずが真逆になっている。
この場合には自分では解決できない場合が多いのも事実です。

ここで紹介させていただいた先生方は高い霊能力をもっており、霊視で不要な縁などを見極めてくれます。

また、自分では外すことのできない負の連鎖なども先生方の霊力でカットすることも可能であり悩んでいる一秒を鑑定に向けることで、改善はより早くなります。

対人関係や家庭関係はある程度の特化した先生が必要になります。

上記の5つの電話占いサイトは対人関係に強い占い師が多く在籍しており、独自の鑑定方法を確立している先生もいるほどです。

ここで紹介した先生はあくまで一部の先生であり、まだまだ多くの先生が在籍しています。

他の先生をもっと知りたい!と感じた場合には各電話占いサイトにあるコンシェルジュシステムの利用がおすすめになります。

コンシェルジュシステムは鑑定内容などからおすすめの先生を紹介してくれるシステムであり、口コミなどからも判定してくれます。

ここで紹介させていただいた電話占いサイトは全てユーザーファーストを掲げており常に真摯に向き合ってくれます。

この記事が少しでもお役にたてたらうれしいです。

人は皆つながっている

人間はひとりきりでは生きていくことはできません。

取り巻く環境に親兄弟、親戚や友だちなどが存在せず「天涯孤独」という状況の人であったとしても、やはり他人とはつながっているのです。

人も近寄らないような山奥でひとり、自給自足の生活でも行なわない限り、世の中とのつながりを断ち切ることはできません。

食事をする場合には、米や野菜、魚、肉、牛乳などなど、あらゆる食材は農家の人や漁業関係者、酪農関係者たちによって供給されています。

身にまとう洋服もまた誰かが作っているわけですし、寝起きする住宅もまた、建築業の人たちによって建てられたものなのです。

このように血縁関係や友人関係といったつながりはなくても、世の中と全くつながりを持たないという意味での「天涯孤独」というものは存在しないのです。

したがって、「自分は世の中に独りぼっち」「自分を気遣ってくれる人など存在しない」といった考え方は間違っているといえるはずです。

人間関係が希薄になっているといわれる昨今ではありますが、それは世の中の仕組みの変化によるもので抗いようがありません。

だからといって、自分から人間関係を放棄する必要はないのです。

家族の関係も変化している

人間関係の変化とともに、家族関係、家庭関係も昔とは違ってきています。

昔はひとつの世帯におじいさん、おばあさん、その子ども夫婦と孫たちといった三世代が同居していることは珍しくありませんでした。

しかし現在は「核家族」といわれるような親子の二世帯だけで生活をする家庭が大半を占めています。

三世代が一緒に住む場合でも、ひとつの土地にひとつの建物は建っていながらも玄関はふたつであったり玄関はひとつでも屋内には台所や風呂、トイレなどがそれぞれの世代に存在するいわゆる「二世帯住宅」様式が一般的となっています。

こういった状況に昔ながらの家庭関係を求めるのは、はっきりいって難しいですし意味もありません。

その時代や状況に応じた家庭における関係を作り上げることが大切なのです。
ただし、昔とは異なる家庭環境は家族の関係を複雑にしています。

そのため、家族関係において悩みを抱く人も少なくなく、その内容は昔よりも複雑かつ困難なものとなっている様子が見られることも多いのです。

家族間での悩みやもめごと、トラブルは他人同士のそれよりも結びつきが強いだけに一旦こじれるとなかなか修復が難しいものです。

他人であれば最悪の場合関係を断ち切ってしまうという手段もあり得ますが、家族となるとそうもいきませんし、そうなったならもはや家族というかたちは消滅してしまいます。

そんな事態になる前に、きちんと何らかの手立てを講じる必要があるのです。

もちろん自分の力や家族間で話し合ったりして問題を解決できるに越したことはないでしょう。

それができなければ、誰か第三者の力を借りるしかなくなるわけです。
そんなときには、占いを利用してみてはいかがでしょうか。

占いからアドバイスを受ける

占いからアドバイスを受ける
家庭関係の問題の解決について好ましいのは、第三者の立場からアドバイスを得ることです。

当事者同士では冷静な判断ができませんし、親戚や知り合いに間に入ってもらうとしても中立な立場で判断してもらうのはなかなか難しいものです。

まして、トラブルの内容によってはあまり他人には知られたくないといったケースもあり得るかと思います。

占いなら、まったく関係のない第三者の立場から冷静な判断ができるだけでなく、適切なアドバイスを受けることも可能です。

そのうえ、知り合いなどには知られたくない内容でも、あくまでも「見ず知らずの他人」である占い師になら打ち明けることもできるでしょう。

家庭問題も占いで

「占いは恋愛や結婚などの問題の場合に利用するものじゃないの?」
「占いなんて信頼できるかどうかわからない」

そう考えている人も少なくないようですが、それは大きな誤解です。

確かに恋愛や結婚などの悩みを占いで解消しようとする人はたくさんいますが、家庭関係の問題を相談する人も少なくありません。

そもそも恋愛や結婚というのは男女の人間関係を鑑定するものですから、家族というかたちの人間関係を鑑定するのもまったく問題はないわけです。

また、占いが信頼できるかどうかという問題はその人の考え方によります。

昔から「当たるも八卦当たらぬも八卦」といわれますが、家庭関係の問題で膠着してしまった状況を打開するために第三者のアドバイスを活用してみるのも意義のあるひとつの方法といえます。

子育てママの悩みは電話占いで解決

子育てママの悩みは電話占いで解決
近年は少子化が社会問題ともなっており、その原因はいろいろ挙げられています。

それぞれの家庭にそれぞれの事情があるので一概に原因を特定することは難しいのですが、育児の大変さを知ると「もうこれ以上は無理」と二人目、三人目の子どもを持つことを諦めてしまうケースも珍しくはないようです。

子育ては夫婦でするもの

子育ては、母親だけのものではありません。

最近では子育てに積極的に参加する男性が「イクメン」などといわれてもてはやされていますが、そもそも子育ては夫とお互いに協力し合いながら行なうべきなのです。

それを今さらイクメンなどともてはやすのは、いささか見当はずれともいえるでしょう。

また、まだまだ世間には子育てに積極的に参加しない男性が多いどころか、母親にまったくまかせっきりというケースも少なくありません。

これは男性の根本的な考え方が改まっていないこともありますが、社会の仕組み自体が男性の育児への参加を難しくしているという面も挙げられるでしょう。

育児をする母親の悩み

いずれにせよ、子育てをする女性は不安やイライラ、ストレスを感じることが多いものですが、ママたちはどんなことが理由でそんな気持ちを抱いているのでしょうか。

まず、0歳から1歳くらいまでの子どもの場合に多いのが、頻繁に起こる夜泣きです。

昼夜関係なく泣くのでそのたびに面倒を見なければならないため、ストレスが募るだけでなく寝不足にもなりがちです。

子どもが少し大きくなると、夜泣きのストレスからは解放されますが、今度は「子どもをどのように叱ればいいのかわからない」という点が悩みとなってきます。

最近では育児書やインターネットなどで子育てに関する情報が手軽に手に入りますが、子どもの叱り方もいろいろな方法を知ることができます。

しかし子どもは機械ではないので、必ずしもそのような「マニュアル」が当てはまるとは限らず、試行錯誤を重ねて叱るしかないのです。

その時は自分では正しく叱ったと思っても、あとで「あの叱り方でよかったのかな?」などと思い悩むこともしばしばです。

食事の好き嫌いに関する悩みも多くの母親が持っています。
栄養バランスを考えて作った食事なのに、食べてくれない、一定のおかずしか口にしないとなると、母親としては不安になるのは当然です。

さらに子どもが大きくなると生じる悩みに、子どもの将来があります。
親とすれば将来子どもにできるだけ幸せになってもらいたいという思いから、良い教育を与えたいと考えます。

子どもに掛かる教育費は、幼稚園や保育園から始まり大学まで進学させたとして平均で2000万円ほどにもなるとされています。

私立校か公立校かなどによって費用は異なりますが、どんな道を進んだとしても最低1000万円は必要だといわれています。

教育費の問題ももちろんですが、学力や友人関係、反抗期などなど、子育てには数多くの悩みが付きまとうものなのです。

悩みの解消方法

これらの悩みを解消させるための手段はいくつか挙げられます。

夜泣きは赤ちゃんの生理的な現象で専門家の間でもなぜ夜泣きをするのか原因はわかっていません。

したがって夜泣きをやめさせるのは難しいのですが、なるべく時間を見て休息をとるなどして体力を保つことが大切です。

正しい叱り方も難しい問題ですが、絶対にNGなのが「怒りにまかせて子どもを怒鳴る」ことです。
常に冷静に優しく「どうしてこんなことをしたの?」などと子どもの言い分も聞く余裕が必要です。

そのうえで「でもそれはいけないことだ」と教えてあげると、子どもは自分の意見が聞いてもらえたと母親の話を受け入れることもできるというわけです。

好き嫌いには、子どもが食べやすいように料理をすることが重要です。
嫌いな野菜は細かく刻んで他の食材に混ぜたり、魚なら骨や皮を取り除くといったひと手間も大切です。

また、それらを食べなければならない「理由」をきちんと伝えることも必要でしょう。

たとえば「野菜を食べないと病気になって遊べなくなるよ」などと、子どもでもわかりやすく説明することがポイントです。

身体にいいからと無理やり食べさせようとすると却って拒絶反応を示すことも少なくないので、そんな場合には同じような栄養素を持つ別の食材に変更するのもひとつの方法です。

教育費については、国や自治体の子育てサポート制度を活用することをおすすめします。

「出産育児一時金」「児童手当」「育児休業給付金」などいくつかあるのでチェックしてみましょう。

また、学資保険を利用すれば進学時の費用負担を軽減できるかと思います。

そしてさらに重要なのが、子どものために少しでも貯蓄をしておくことです。
そのためには家計の見直しなどをして節約を日ごろから心掛けるようにしましょう。

悩みはひとりで抱え込まないで シングルマザーにこそ占いを

悩みはひとりで抱え込まないで シングルマザーにこそ占いを
欧米におけるシングルマザーはいわゆる「未婚の母」、または「結婚は望まないけれども子どもは欲しい」という女性が体外受精で出産する場合を指すのです。

しかし、日本では離婚や死別によって「独身」となった女性であっても、ひとりで子育てをしている場合はすべて「シングルマザー」と呼ばれています。

シングルマザーの現状

シングルマザー以外にも女性がひとりで子どもを育てている状況を指す言葉があり、たとえば「母子家庭」がそうですが、これはシングルマザーと20歳以下の子どもがいる家庭をいいます。

父親がひとりで子育てをしているのであれば「父子家庭」であり、父親は「シングルファーザー」となるわけです。

シングルマザーになった時の平均年齢は33.0歳で、

30~39歳が約40%
20~29歳が約30%
40~49歳が約16%

と、これらで80%以上の割合を占めています。

では母親がシングルマザーになった時の子どもの年齢は?というと、平均年齢は4.7歳でシングルファーザーの6.7歳よりも低くなっています。

内訳は、

0~2歳が約34%
3~5歳が約20%
6~8歳が約12%

その後は年齢が高くなるにつれて減っていきます。

シングルマザーになった理由は前述したように離別、死別、未婚の3つですが、年々死別の割合が減り離別の割合が増え続けている傾向にあります。

シングルマザーの就業状況は徐々に向上している様子がみられますが、一方収入はかなり水準を下回っているのが実情です。

子どものいる一般世帯の平均収入が約650万円なのに対して、シングルマザーでは220万円程度と大きな差があります。

このような状況を鑑みて、シングルマザーの場合には一定の条件を満たすことにより「寡婦控除」を受けることが可能となります。

これは所得控除のひとつで、通常で27万円、特定の寡婦と認められれば35万円の控除を受けられます。

しかしながら寡婦控除が受けられるのは死別や離別による場合のみで、未婚で子どもを産んだ女性は対象外なのです。

ただし未婚で子どもを育てる女性が増えているという現実から、「みなし適用」を実施している自治体もあります。

そんなシングルマザーの代表的な悩みといえばやはり生活に関すること、特に金銭的な問題が多く見受けられます。

他にも仕事や育児、教育など一般の母親と同じような悩みもあれば、子どもと実の父親との関係の悩みのタネという人も少なくありません。

さらに普通の女性としての恋愛や再婚に関することやそれに伴う相手の男性や子どもへの接し方、対し方など悩みは尽きないようです。

悩み多いシングルマザー

シングルマザーは母親の役割だけでなく父親としての役割もこなさなくてはならないため、肉体的、精神的にも非常にきついです。

また、近年はシングルマザーに対する世間の認識も変わってきており、以前ような偏見でみられることも少なくなってきつつあるとはいえ、まだまだ白い目で見られることもあるようです。

そんな状況や自分自身に不必要に引け目を感じるなどから非常にストレスを抱えているケースも目立つのですが、それを発散させる手段をあまり持っていないのも現実です。

シングルマザーにはシングルマザーにしかわからない悩みや問題がありますから、それを一般の主婦をしている友だちなどには相談できません。

親に対しては自分の決めたシングルマザーという道なので甘えられない、という思いもあります。

そんなことから、悩みやトラブルが発生しても自分一人ですべて抱え込んでしまいがちなのがシングルマザーの特徴でもあるのです。

悩んだら占いに頼ってみては?

そこでそんなつらい思いや状況を少しでも軽くするためにおすすめなのが、占いに相談してみることです。

占いというと悩んだ時、迷ったときなどに適切なアドバイスを受けて新たな道が拓けるといったイメージを持つ人も少なくないかと思います。

確かにそれも素晴らしい解決方法ですが、悩んだ時、迷ったときに誰かに聞いてもらうという行為そのものもまた、ストレスの発散になるのです。

占い師はあくまでも第三者の立場なので、親しい知り合いや友だちとはいえ相談するのには躊躇するようなトラブルや問題、内容でも気軽に話せるはずです。

人は悩んだ時、迷ったとき、それを誰かに打ち明けることで大半は満足するといいますが、占いならそのうえ的確なアドバイスを受けることができるので、さらに好都合というわけです。

電話占いで手軽に相談

「でも忙しくて占い師のところへ行く時間がない」
「いくら見知らぬ第三者である占い師でも面と向かっては話しにくい内容だから…」

そんな人たちには、ぜひ電話占いを利用してはいかがでしょうか。

電話占いは従来の対面式の占いとは違って、電話を介して鑑定をしてもらうというものです。

わざわざ占い師のもとへ出向く必要がない上に夜遅くまで対応してもらえるので忙しい人や時間のない人でも大丈夫です。

また、電話越しの対応なのでお互いの顔は見えないから恥ずかしい内容などでも気兼ねなく相談できます。

電話占いを行なうサイトはインターネット上にたくさんあります。
その中から自分に合うと思われるサイトを探し、そこに所属する占い師を選んで相談すればいいのです。

シングルマザーの相談に向いている占い師の特徴とは?

ただし、電話占いサイトの数は非常に多いですし、それぞれのサイトに所属している占い師もたくさんいます。

そんな中から自分に合った占い師を見つけ出すのはなかなか難しいかもしれませんが、ここでシングルマザーの相談に向いている占い師の特徴をいくつかピックアップしておくので参考にしてみてください。

まずひとつ目が、シングルマザーの経験のある占い師です。
やはり実際に経験をしているという点において、その状況や苦しみ、悩みなどを共有できるのは非常に大きな要素といえます。

そのうえで、的確なアドバイスを与えることもできるはずです。

ふたつ目が、聞き上手な占い師です。

特に子どもが小さいシングルマザーの場合には、日ごろどうしてもなかなか話をする相手が存在しません。

ただ誰かに悩みを聞いてもらうだけでもストレスが発散されったり気分がスッキリすることもあるので、聞き上手な占い師なら適任だといえます。

ただし注意しなければならないのは、ただダラダラと愚痴や悩みを言い募るというのはNGであるということです。

電話占いの多くは通話時間に料金が掛かってくるので、気が付いたときには思わぬ支払いになっているかもしれませんからね。

介護に関する悩みは誰かほかの人に悩みを吐き出したほうが楽になれる

介護に関する悩みは誰かほかの人に悩みを吐き出したほうが楽になれる
自宅で親の介護をしている過程が多くいるかもしれませんが、多くの場合何らかの悩みを持っていることがあるでしょう。

介護の場合は先々の見通しや目標を見出しにくいということが言えるでしょう。

介護される者だけでなく実際に介護をする人にとってもつらいことでしょう。

今回は介護の悩みについてどのように解決していけばいいのかということについて説明させていただきます。

終わりが見えないというつらさがある

育児や看病などと違って介護は近い将来について予測することができなかったりします。

最初の頃であれば必要だからということで負担に感じることがないわけですが、介護をしなくていい状況になることはあり得ませんので、時間が経過するほど不安に感じることがあるでしょう。

常に一人で介護をしている人にとっては、なかなか悩みを打ち明けるタイミングが無く、燃え尽き症候群や介護うつにかかったりし、場合によっては親などの介護される者を殺すというような残虐なことだってあり得ることです。

介護される側が無くならない限りずっと続くと言ってもいいでしょうから、される方の高齢化と体力の低下、する側も同様に高齢化による老老介護という問題が出てきます。

いわば、介護の共倒れ状況に陥ったりします。

家族のバランスが崩れる

介護というと家族問題という側面があり、肉親を介助するのは誰かという問題が出ています。お互いが負担を押し付け合うということもありますし、家族のバランスが崩れてしまうということもあります。

誰かに負担を押し付けたり受け取ったりということがありますので、家族のいざこざが絶えなかったりするでしょう。

肉親を無理に介護するということになると、場合によっては夫が会社を辞めたりします。まだ子供がいて教育費にお金がかかるという時に辞められると困ってしまいます。

だからと言って、介護する人がいないのであれば、夫がやらなければいけないので、その場合は会社を辞めてでもやらないといけないケースが出てきます。

肉親を無理にでも介護をするともなると、お互いがお互いのことをつらく当たってしまい自己嫌悪に陥ってしまい、お互いが介護ということでケンカをしてしまうことが起きます。

お互いの家族が何を望んでいるのかということを確かめ合わないといけないでしょう。

経済的な負担がかかってしまう

介護については終わりが見えませんので、そのために経済負担が馬鹿にならないです。

在宅介護の場合ですと1か月に平均7万円ほどがかかるというデータがあるように、それなりにお金がかかります。

ショートステイや住宅改修などをするとなるともっとお金がかかります。
さらに病状が悪化して入院や手術の費用だって掛かるでしょう。

要介護度が低い状態であれば、まだ自分たちでもやれることがありますが、要介護度が高くなったり医療に依存することが多くなるともう自宅ではどうにもならないことがあります。

在宅介護ではなく施設介護になるともってお金がかかるという状況に陥ります。

確かに介護保険制度がありますが、それでも自己負担をする必要があったりします。

お金がない場合はリバースモーゲージという方法でお金を借りることが可能

お金が無くて介護費用が賄えないということであれば、持ち家がある人に限ってはリバースモーゲージという方法でお金を借りることができます。

持ち家を担保にすることにより銀行や自治体からお金を借りるという方法になります。

借りたお金については介護費用としてデイサービスを受けたり、施設に入れるということが可能です。

融資ということであれば、金融機関や自治体にお金を返さないといけないと思うかもしれませんが、リバースモーゲージの特徴として借りたお金は介護をされる側が死亡した時に、担保として差し出した家を売却することで返済をしていきます。

残された家族としては家が無くなることは確かにデメリットに当たりますが、介護費用が賄えなくて困っているならば検討する価値はあります。

介護の担当者に相談をする

介護保険を利用してサービスを受けているのであれば、担当のケアマネージャーがいたり、ホームヘルパーや地域包括センターの職員などがいるのではないでしょうか。

一番大事なのは悩んでいることを包み隠さないことです。

自分の気持ちを我慢する人はとても多いですが、不安なことは不安だとかしんどいことはしんどいということを吐き出したほうがいいです。

こういう気持ちをきちんと伝えることにより、最悪な状況を防ぐことができます。

介護保険制度は確かに介護される人が重要なことではありますが、介護する側の負担軽減も目的としてあります。
家庭にずっと押し付けてきた介護ということを、社会全体で担って行こうというのが趣旨です。

現状に合っていないのであれば、ケアプランを変更することを考えてみてはいかがでしょうか。

介護を受ける川の状況も変わっていきますので、都度見直しを検討するべきです。

介護保険の制度上の相談については介護担当者に当たる人に相談をすればいいでしょうし、介護保険を利用したいのであれば自治体に相談すればいいでしょうし、介護に纏わる家族問題で悩んでいるのであれば占い師に相談してみるという手があります。

介護保険の制度上のことについては占い師に相談しても適切な返答は返ってきませんが、家族のバランスが崩れているなどのことで悩んでいるのであれば、相談する価値はあります。