電話占い師とは?電話占い師の現状をご紹介します

電話占いの占い師とは?

電話占いの占い師とは、文字通り電話で占いをする人で、電話を待っている間は会社員のように一所に集まっているという事もありません。

いわゆる在宅ワークと言っていいでしょう。

在宅ワークとは言いますが、電話が使えて占いが出来る状況下であれば、たぶん外にいても問題ないのだと思います。

利用者に選ばれたら、電話が鳴って通話を始めるのですが、その間は別に何をしていても構いません。

基本的には分給という形をとっていて、1分○○円で働いています。

そして完全出来高制になりますから、全くお客さんが入らなければ無給という事もある職業です。

ただし電話占いサイトの中には、決められた時間待機しているとその分給料がある程度保証されているところもあります。

電話占いの占い師は専業と副業がある

電話占いの占い師には、専業の占い師副業の占い師がいます。

ですが、おそらくこの2つに明確な違いはありません。

待遇面でも大して変わらず、
どれだけシフトに入っているのか、電話占いだけで食べていけるのか、と言った位の違いしかないでしょう。

ただし、待遇は全員一律で同じというわけでもありません。

前述した通り、待機時間が長ければ給料が保証される等シフトをたくさん入れる人を優遇するところは少なくないでしょう。

電話占いの占い師はシフトを自由に決められるところが多い

電話占いで働くときの特徴として、シフトを自由に決められることがあげられます。

早朝から深夜まで、20時間営業24時間営業というのも珍しくなく、毎日深夜1時~5時までと言ったシフトの決め方もできるでしょう。

サイトにもよりますが、コンビニのバイトのように深夜に入っている人は待遇が良くなることもあります。

そのおかげで、自分の生活に合わせて仕事が出来る事が最大のメリットだと言えるでしょう。

ですから占い師は会社員とは違い、時間を自由に使っている人も多いのではないでしょうか。

強いて制限をあげるとしたら、利用者が多い時間帯や少ない時間帯があるという事ですね。

お客さんが来ないと1円にもならない以上、人が集まる時間帯にシフトを入れておいた方が収入には繋がるでしょう。

副業の占い師は普段何をしているの?

専用占い師だと1日の多くを電話占いの待機に使い、空いた時間で占いの勉強をする、趣味に当てるなどある程度は想像できますよね。

しかし、副業で占い師をしている人になると、普段何をしているのかは様々になるでしょう。

主婦をしながら空いた時間を占い師としての活動に当てている人もいるでしょうし、サラリーマンをやりながら夜や休日に占い師をしている人もいるかもしれません。

働きやすいので副業でやっている人でも、軌道に乗れば専業としてやっていこうと考えている人もいるようです。

目次

電話占いの占い師に向いている人

電話占いの占い師に向いている人

今の仕事を続けていけないと感じた時、
転職先の候補として電話占いの占い師があがるかもしれません。

もともと占い師を目指していて、電話占いに目を付ける人もいるでしょう。
そこで電話占いの占い師に向いている人がどういう人かをご紹介します。

電話占いの占い師になるとは

できれば電話占いの占い師になりたいという人は、案外少なくないのではないでしょうか。

別に占い一筋ではなくても働ける体制なのでなおさらです。

占いなんてやったことがないという人でも、働き始められるかもしれません。

実際の募集要項を見てみると、いくつかのコースに分けられていて中には素人でも大丈夫というものもあります。

そのため、会社を辞めてから始めることもできるでしょう。

給料がどれくらいになるかはわかりませんが、様々な条件次第で上手くいけば時給3000円は行きますし、月給100万円も目指せるような職業です。

ただし、完全出来高制のため会社勤めのように補償は一切ない事を頭に入れておきましょう。

可能性として、1か月1人もお客さんが来なければ月給0円という事にもなります。

会話をするためコミュニケーション能力は大切

会話をするためコミュニケーション能力は大切

会話でのやり取りしかできない電話占いでは、コミュニケーション能力は大切です。

どれだけ占いの技術が高くても、相手の悩みを聞き出せなければ占うこともできませんし、本心を語ってもらわなければ相手が求めるものが見えてきません。

それに空気を読まずに話してしまうと、どれだけ占いが当たっても評判が悪くなるのは避けられないでしょう。

むしろ、占いよりも相談相手として電話をかけてくる人もいるので、コミュニケーション能力が高ければ占いの知識が他の人よりも劣っていても、人気になれる可能性はあります。

それに、占いは占い師をしながらも勉強できますが、コミュニケーション能力は高めようと思っても難しいため、高いコミュニケーション能力はそれだけで武器になるでしょう。

占い内容を素早く的確に伝えるという意味でも、話す力はどこまでも求められます。

電話占いで大切になる人生経験

電話占いで鑑定依頼をする人の多くは、何かしらの悩みを抱えた人たちになります。

占い師は、そういった人の話に耳を根気強く傾けて、気持ちを吐き出させることが大切です。

それだけでも相談者の気持ちは楽になるかもしれませんし、占いもしやすくなるでしょう。

それから、占いの結果をもとに相手を導かないといけません。

その時に薄っぺらな言葉を並べても相手の心には響きません。
言葉に重さを持たせるにはやはり人生経験が必要になってくるでしょう。

人生経験が豊富な人ほど、直感第六感が働きやすいという話もあり、人生経験は占いをするうえで大きな財産になるはずです。

仕事や恋愛など様々なことに豊富な経験を持っている必要はなく、何か1つだけでも秀でた経験があれば、それを得意な相談としてやっていくという事もできます。

相談者から考える電話占いに向いている性格

誰にも気が付かれずこっそりと出来るという点から、電話占いを利用する人の多くが人には言えない悩みを持っています。

好きになった人が既婚者だったり仕事や転職と言った感じで、利用者は女性が多いのもあり恋愛に関する悩みが特に多いです。

どういった内容の相談でも相談者としてはとてもデリケートなものですから、例え占いの結果が相手の望まない事であってもズバズバと言ってしまう性格だと、傷つけられたと感じる人も出てきます。

言って欲しい事や言って欲しくない事を察知して、少しでも傷つかないように伝えることが出来る様な人が良いでしょう。

ただしズバッと話してしまう人が悪いのではなく、むしろはっきり言ってくれた方が助かるという人もいますから、一長一短ではあります。

当然占いに関する知識はあった方が良い

素人でも大丈夫と言った事を書きましたが、占いの勉強をしているに越したことはありません。

プログラマーの仕事をするのにパソコンを触ったことがないという人と、プログラムの勉強をしてきた人では、素人を募集していたとしても後者の方が採用率は高いはずです。

占いの場合、その技術だけで決まるものではありませんが、占いの勉強はしておいて損はないでしょう。

会社を辞めて占い師になりたいと考えた時には、辞めるまでの間に占いについて勉強しておくと良いでしょう。

電話占い師とは:電話占いで占い師になるために必要なもの

電話占いで占い師になるために必要なもの

まずは一般的な占い師になるために必要なものはありません。

免許資格が必要な職業ではなく、
誰でもなろうと思えばなれますし「今日から占い師」と言って占いを仕事にすれば、占い師と言えるでしょう。

ですが、流石に占いが出来なければどう頑張っても続けていくことは出来ません。

大手になるほど実力が求められます。

では、素人にはなることが出来ないかと言われたらそう言う事でなく、未経験の人でも応募出来るコースがある所も多いです。

占い師になるうえで、占いについて学んでおくことはプラスになる事は違いないので是非勉強してほしいですが、どうやって学べばいいのでしょうか。

独学が悪いと言う事はありませんが、素人が1から始めるとしたら占いの学校に通ってみるのが良いでしょう。

占いの学校も沢山ありますが、就職まで応援してくれるものを選ぶのがおすすめです。

学校に通う事は、学ぶだけではなくコネクションづくりにも役立つでしょう。

電話占いの月給は安い!?

電話占いの給料は安いと言われています。

実際10万円も稼げない人も少なくありませんが、月に何十万、何百万と稼いでいる人も存在しているのです。

まず電話占いの給料ですが、サイトに登録して行う場合は実際の鑑定額の25~30%が給料になるそうです。

仮に1分200円で相談を受けていたら、1分50~60円を貰えると言う事にますね。

時給にしたら3000~3600円なので、安くはありません。

しかし月に10万円程度しか稼げないのは、常に占いし続けているわけではないからです。

完全出来高制であるため、待機していても鑑定していなければその間は無給になります。

2時間待機しても1時間しか鑑定時間がなければ、1時間分の給料しかもらえない訳です。

さて電話占いの月給が安いと言われるのは、

そもそも働いている時間が短い人
人気がない人

全員をまとめて合算しているからだと言えるでしょう。

専業か副業かで変わってくる月給

専業か副業かで変わってくる月給

働く時間と言うのは、専業か副業かという問題でもあります。
ここでは単純に働く時間が長い人が専業、バイト感覚でやっている人が副業と言った大雑把なイメージでも構いません。

副業の人は週に3日の1日3時間待機すると言った感じになります。
これを月に換算すれば11万円程度です。

もしもこれが1日5~6時間で週5日になると、フルで働けたとして月収は40万になります。

それでもなお月収が10万円程度の職業だと言われるのは、専業がそれだけ少ないと言えるでしょう。

専業になるには、定期的に予約してくれる人が一定数居るようなレベルにならないといけません。

初回無料には気を付けて

実際に採用された後の話になりますが、
よく電話占いでは初回無料とか新人の無料期間など、名前を売り出してくれる代わりに、鑑定料が安くなっていることがあります。

利用者から見れば安く占いを受けることが出来るもので嬉しいサービスですが、占い師側から見たら無料キャンペーンの時間分の給料がもらえるのかを確認しておく必要が出てきます。

そうしなければ、無料期間でたくさん鑑定したにもかかわらず、1円も貰えないタダ働きをさせられる可能性があります。

もしもお金が貰えないのであれば、その会社は避けるようにした方が良いでしょう。

電話占いで占い師に採用されるためには?

電話占いの採用率は大手になるほど低くなり、数%にしかならないという話もあります。

かなり狭き門にはなりますが、占い経験がある人ほど、採用して貰える可能性は高いと言えるでしょう。

とは言え、素人でも採用されない訳ではありません。

採用情報を見る限り、素人だからお断りというものはほとんどありませんでした。

占い師経験があり、占いが出来るという人の場合には、オーディションを経て採用されることが多く、オーディションの結果で雇用条件(分給など)も決められるといえます。

未経験の人に求められているのは、共感力コミュニケーション能力で、簡単に言えばよく他人から相談を受けるというような人が求められています。

占い師は占いだけではなくて、相談者の悩みに共感して相手の不満を吐き出させる事も仕事の内だと思いますから、こういった能力が高いほど受かりやすいでしょう。

未経験であっても、採用時には審査がありますから、心してかかるようにしてください。

あと、電話占いという形をとっている以上、霊感がある人が優遇されるようです。

どの会社に応募したらいいの?

どの会社に応募したらいいの?

電話占いと言ってもたくさんの会社があり、どれか1つを選ぶのは難しいでしょう。

選ぶためには、まずその会社が信用できるかどうかを確認しておきます。

確認の方法としては、まず電話占いサイトから運営会社を調べて、その会社のホームページを見ます。

そこから会社概要などに行けば、電話占い事業をどれくらい続けているのかを知ることが出来るでしょう。

最低ラインを5年として、それ以上運営しているところを選ぶと比較的安心です。

続いていると言う事は、それだけ大きなトラブルには巻き込まれず、一定以上の売り上げがある所だといえます。

それから会社を選ぶ基準として、ノルマペナルティーがない事をあげておきます。

給料に関して完全出来高制が基本ではありますが、長時間待機するだけで一定額を支払ってくれるところもありますので、そういった会社に応募してみるのもいいのではないでしょうか。

電話占い師になるにはどうすればいいのか

電話占い師になるには、大きく分けて2つの方法があります。

1つは電話占いサイトに所属・登録する方法。
もう1つが個人的にSNSなどを使って、相談者を募集する方法です。

それぞれ、どうすればいいのか解説します。

電話占いサイトの募集に応募するのが一般的ななり方

大手電話占いサイトになると、常に優秀な占い師を募集しています。

など、公式サイトにも占い師募集のリンクがあるのでチェックしてください。

占い師募集のページでは、募集内容や採用までの流れなどが解説されています。
条件などを確認して応募し、採用されるのが一般的な電話占い師になる方法です。

もちろん実技試験があるため、占い師としての実力が必要になります。
しっかりと占い師としての勉強や経験を積んでいないと、合格できません。

でも電話占いサイトのシステムが利用でき、宣伝なども行ってくれます。
だから相談や鑑定に集中できるため、本業として電話占い師を目指すなら効率的でおすすめの方法です。

ちなみに、電話占い師の募集なので電話で実技試験を行う場合がほとんど。
地方に住んでいても、手軽に採用試験は受けられますよ。

個人的に募集すればすぐに始められる

電話占い師になるもう一つの方法は、あなたが個人的に相談者を募集するだけです。

こちらは特定の電話占いサイトに所属する必要がないため、採用試験などはありません。
占い師には公的な資格が必要ないので、自分が電話占い師だと言えばすぐに始められます。

でも電話占いの場合、集客が対面占いよりも難しいから注意してください。

街中で通りすがりの人をお客さんにはできません。
SNSやサイトなどを利用して、自分で宣伝する必要があります。

鑑定料の回収なども行うことになり、始めるのは簡単でも続けるのが大変です。

ただし、ココナラのような個人の特技を販売するサイトを利用する方法もあります。

占いもジャンルとして存在するので、いろいろな手間が省けるから便利。
それでも個人的に電話占いを行う場合、知名度や実績がないと相談者の確保が大変です。

採用試験がない分、実力を自分で示さなければなりません。

個人的に電話占い師になる方法は、副業程度に考えている場合におすすめ。
もちろん実績を積んでいけば、将来的には本業にもできます。

どんな方法で電話占い師になるとしても、占い師としての実力だけではダメです。
電話やパソコンなど、事前に準備しておくものもあるからしっかりと確認してください。

電話占い師になるためのよくある質問

[faq]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

恋人との問題で悩むようになり、誰にも相談できずにモヤモヤする毎日を送っていましたが、そんな時、顔を合わせずに話せる気楽さから電話占いを利用。

本音をさらけ出して相談するとができ、また的確なアドバイスで凄く助けられました。

恋人とは別れることになったのですが、色々と相談するようになると、占い師によって向き不向きがあると実感し、何となく選ぶよりも、占術なども参考に選んだ方が良いことを知りました。

分かったことをメモ代わりにちょっとした占い情報としてSNSに投稿していたところ、この内容が多くのフォロワーから大反響となり、この経験をより多くの人に知ってもらいたくてこのサイトでライターとして情報を発信しています。

目次