ひげ脱毛

脱毛する人11.3倍増!ヒゲ脱毛のメリット・デメリットを徹底解説

脱毛する人11.3倍増!ヒゲ脱毛のメリット・デメリットを徹底解説

毎日ヒゲを剃るのも面倒だし、ヒゲ脱毛って最近よく聞くから興味はあるけど…痛くて高くてよく分からないんだよな。りょうさん、実際どうなの?
俺は〇ヵ月くらい通っているけど、正直通って良かったね。色んな変化があったからヒゲ脱毛のメリット・デメリットやリスクを解説していくね。

メンズのヒゲ脱毛と聞くとまだまだ馴染みがなく「高い」「手間」「よくわからない」という人も多いですよね。脱毛と聞くと女性がするイメージで抵抗もあるかもしれません。しかし、ここ五年で脱毛をする男性は11.3倍まで増えており脱毛する事が求められているとともに、男性も非常に脱毛を受けやすい社会になっている事を意味します。
メンズリゼ契約者来院推移

引用元:PRTIMES/https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000020081.html

詳しくはこちら

そこで本日はヒゲ脱毛の基礎知識からメリット、デメリットを解説していきます。ヒゲ脱毛に通うか迷っている方、まずは知識をつけて検討したい方はぜひ参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛のメリット

まずはヒゲ脱毛をするメリットから解説していきます。

結論、メリットは5つあります。

・毎日のヒゲ処理が不要に【3,000時間以上の節約】
・ヒゲ処理にかかるお金の節約に【100万円以上】
・肌荒れ解消に繋がる
・清潔感出る【周囲に好印象を与えられる】
・人生の幸福度・仕事のパフォーマンス向上
一般的に高くて手間で意味がないというイメージを持たれるメンズのヒゲ脱毛ですがむしろ逆だよ!時間もお金もした方が節約になるし、俺は仕事の質も上がったし、日ごろのストレスからも解放されたね。

では具体的に一つ一つ解説していきます。

 

メリット①:毎日のヒゲ処理が不要に【3,000時間以上の節約】

ヒゲ脱毛のメリットで最も聞くのが時間の節約。時間は皆平等の中でこの時間を創り出すことができる人ができるビジネスマンとも言われています。では実際にどれくらいの時間でできるのでしょうか?

ヒゲ処理を1日5分した場合

5分×365日=30.41時間ロス!(1年間に1日分ヒゲ剃りに時間をかけている)

これを50年続けた時=1,520時間ロス!(生涯で63日分ヒゲ剃りに時間をかけている)

ヒゲ処理に10分以上かかる人は3,040時間以上(126日分)、ヒゲ処理に費やしていることに!

ヒゲ脱毛にいった場合

1時間×5-15回(ここでは15回行ったとします)

合計15時間のみでヒゲ処理が収まる

ヒゲ脱毛に行くだけで一生涯3,000時間以上、時間の節約になるという計算になります!
この時間の節約は仕事前までギリギリまで寝られるようになったり、自分の好きな事への自己投資もできます。なんといってもヒゲの剃り残しという煩わしさからも解放されますね!

 

メリット②:ヒゲ処理にかかるお金の節約に【100万円以上】

時間だけではなく、お金もかけたくない!これが本音だと思います。
一般的に高いとイメージされる“ヒゲ脱毛の金額”比較してみましょう。

  

ヒゲ脱毛に行かない場合

シェービングクリームやシェーバー、保湿クリームなどヒゲ処理には月1,000~3,000円程

50年間ヒゲ脱毛し続けると、なんと60万円~180万円!

ヒゲ脱毛にいった場合

5万円~15万円でヒゲ脱毛ができる

ヒゲ脱毛する事で、ヒゲ処理している時よりも約50~170万円の節約に!

よく「価格ではなく価値」と言われますがヒゲ脱毛は時間的にも金銭的にもまさしく良い例ですね。
 

メリット③:肌荒れ解消に繋がる

ヒゲ脱毛をせずにヒゲ処理をしているのは、実は肌荒れの原因でもあるのです。
ですのでヒゲ脱毛をする事で肌荒れ防止に繋がります。

ヒゲ処理をする肌荒れの仕組み
   シェーバー、剃刀で肌の角質層を傷つく

乾燥肌となったり、細菌が肌に入りやすくなる

ニキビや吹き出物・炎症など肌トラブル

実はこのように毎日肌を傷つけることを実はしてしまっているんですね。
肌荒れを解消できるという目に見えるものはもちろん、肌荒れした時に感じたストレスの軽減や肌荒れ処理にかけた時間やお金も節約できるんですね♪

メリット④:清潔感出る【周囲に好印象を与えられる】

あるデータでは半数以上の女性が「ヒゲの手入れをしてほしい」と回答しています。

青ヒゲ、剃り残し、無精ヒゲなども「印象が悪い」という人がなんと半数以上!もちろん女性に対する印象だけでなく仕事でのお客様に対する印象、社内の人への印象などヒゲ処理をし忘れた!青髭だった!などのヒゲ脱毛していないことによる問題は解消されます!

ヒゲ脱毛は青ヒゲも無くなるなど、清潔感という第一印象もよくする事ができます!

 

メリット⑤:人生の幸福度・仕事のパフォーマンス向上

ここまで、メリット①~④では目に見える時間やお金の節約。肌トラブルの未然防止目に見えない価値=小さなストレスが解消される事について説明しました。
実はこのヒゲ脱毛をキッカケにもっと多くの影響が実はあります。一覧をご覧ください。

・肌荒れが減り、自己肯定感の向上に繋がる⇒表情が明るくなる
・急なお誘いにもすぐに対応でき、かつ好印象となる
・清潔感があがり、仕事のパフォーマンスが上がる⇒昇進昇格に繋がる可能性
・時間お金の節約・目に見えない価値を実感⇒自分に自信がもてる

いかがでしょうか!?
たかがヒゲ脱毛、されどヒゲ脱毛です。皆さんが普段抱える小さなお悩みの解消に繋がる可能性があったり、身だしなみは自信の大きな要素の一つでもあるのであなたの人生の幸福にも繋がるんです。

ヒゲ脱毛のデメリットやリスク

ここまでメリットについて解説してきました。実際、ヒゲ脱毛は非常にメリットが多く魅力的に感じたと思います。では逆にヒゲ脱毛をする中ではどんなデメリットやリスクがあるのか。ここで解説していきます。

痛みを感じる可能性がある
生やしたくなっても生えない可能性あり
脱毛後の肌ケアが必要
確かに痛みはあったし、ケアも入念にしたなあ。ただそれが結果的にヒゲ脱毛した後に得られる時間とお金の節約に繋がったね!乗り越えるべきポイントを事前に押さえておけばデメリットもさほどデメリットにならないよ。

 

デメリット①:痛みを感じる可能性がある

個人差はありますが、ヒゲ脱毛時は痛みが生じることがあります。

脱毛時の痛みがある
脱毛後に炎症・赤みが発生する

など個人差はありますが生じる事もあります。日ごろから肌荒れが激しい方などは医師・クリニックの方に必ず伝えておきましょう!

 

デメリット②:生やしたくなっても生えない可能性あり

永久脱毛した部分については基本的に毛が生えてきません。ヒゲでのおしゃれを楽しむ方は注意が必要です。
生える想定をしていたのにヒゲ脱毛して生えてこなかった。なんてリスクもあります。

休日だけは伸ばしたいという方や抑毛を目的にしたい方は永久脱毛ではなく、薄くするに留めておくと良いでしょう。(後ほどの【方法】にて脱毛効果を確認していただき、自分に合う方法を選びましょう。)

また、仮に永久脱毛にしなかったとしても、抑毛によりヒゲ処理の時間は短縮できますのでメリットの享受もしっかりできますのでご安心ください。

デメリット③:脱毛後の肌ケアが必要

脱毛は毛根にダメージを与えるものですので、脱毛後に一時的に肌荒れする事もあります。

その他にも

・毛がなくなるので、乾燥しやすい
・日焼けした状態で脱毛しない方が良い(夏場は日焼けしすぎた状態で脱毛しない)
・アルコールを控える(血行促進につながり、肌のかゆみに繋がるため)
・お肌を必要以上に温めない

など、乾燥しないように保湿する努力や、夏場の日焼けへの配慮など、こちらも一生涯への投資に向けて我慢しなければいけない要素です。

改めて
1. 痛みを感じる可能性がある
2. 生やしたくなっても生えない可能性あり
3. 脱毛後の肌ケアが必要
様々なデメリット・リスクはありますがいずれも、方法をしっかり吟味して我慢できるのはもちろん、このデメリットを乗り越える事で大きなメリットを享受できることを忘れてはいけません。

何かを得るときには何かを失うともよく言います。

最後にメリットとデメリットを一覧化しましたので画面スクリーンショットを獲るなど、残しておきましょう。

メリットデメリット
毎日のヒゲ処理が不要に【3,000時間以上の節約】
ヒゲ処理にかかるお金の節約に【100万円以上】
肌荒れ解消に繋がる
清潔感出る【周囲に好印象を与えられる】
人生の幸福度・仕事のパフォーマンス向上
痛みを感じる可能性がある
生やしたくなっても生えない可能性あり
脱毛後の肌ケアが必要

ヒゲ脱毛を効果的にする【方法※一覧付】

「医療脱毛」「エステ脱毛」「ニードル脱毛」「家庭用脱毛機器」「除毛クリーム」「美容電気脱毛」「医療レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」脱毛について調べると沢山出てきますよね。

ここではヒゲ脱毛にどんな種類があり、どんな特徴があるのか、解説していきます。
他サイトでは様々な表現を活用していてややこしいと感じている人もいるかもしれません。例えば、エステ脱毛とフラッシュ脱毛などはほとんど同義になります。

しっかりと「ヒゲ脱毛とは」を理解していなければできる準備もできなくなります。ここでしっかりベースの知識を蓄えましょう!

 

ヒゲ脱毛の種類

まず、脱毛は大きく分けて【医療レーザー脱毛】【美容電気(ニードル)脱毛】【光(フラッシュ)脱毛】の三種類に分けられます。まずは解説致します。

 医療レーザー脱毛(医療脱毛)

医療機関でしか扱うことのできない【毛根のメラニン色素を破壊する治療】をしますので、医師または看護師が担当します。レーザーで毛根にダメージを与えるため少ない回数で永久脱毛したい方にはおすすめです。

痛みがその分伴う為、痛みに弱い方にはあまりおすすめしません。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)

こちらは毛穴に針を刺し電気を流す事で毛根にダメージを与える治療】です。
抑毛も期待はもちろん、永久脱毛も期待できる脱毛法です。

 光脱毛(フラッシュ脱毛)

医療機関ではなくクリニックで受けられることからサロン脱毛とも呼んだりします。
肌に光を当てる事でメラニン色素を少しずつ破壊する治療】なので毛根への作用が弱い為、通う回数なども多くなってしまう分、肌への負荷も少なくて済むため痛みも少なくて済みます。

ただ、医療レーザーや美容電気脱毛のような永久脱毛効果はなかなか得られない為、抑毛目的や急に毛が無くなるのを避けたいという方にお勧めです。

表にしてまとめました!

手法脱毛効果痛みどこで費用・回数
医療レーザー脱毛高い
永久脱毛〇
痛みが強いクリニック7~18万円程
5~13回
美容電気脱毛高い
永久脱毛〇
痛みがかなり強いどちらも15-35万円程
5~15回
光脱毛薄い/抑毛軽いサロン8~22万円万円程
8~25回

※回数や費用は目指す状態によっても追加費用などで変動有

他サイトでは別名が使われたりしていますがこの三つに集約されるでしょう。

まずは「自分がどうなりたいのか」「予算は」「痛みは」などしっかり決めたうえでお店選びをすると良いですね!

ヒゲ脱毛の【回数と効果】

医療クリニックに通った場合、実際何回でどのような効果が得られるのか、表にしてまとめました。※光脱毛に関してはこの倍の回数を想定

回数効果
3~4回青ヒゲ改善/ヒゲが薄くなる
5~6回ヒゲが薄くなり処理がかなり楽に
10回~ツルツル状態/ヒゲがほどんど無くなる。

ヒゲ脱毛をした人の【口コミ】

既に調べている人も多いかもしれませんが実際に使った人がどんな感想を持っているのか。一部を集約してまとめてみました。

 

口コミ-ヒゲ脱毛編

・ヒゲの永久脱毛をしたが投資して正解だった。
・ヒゲ処理の時間が減ってかなり楽になった
・白髪は脱毛できないから、早く始めればよかった。。
・若返ったといわれる(青髭がなくなったので)
・ニードル脱毛を選んだら費用が高過ぎた
・半日で青髭になるタイプだから後悔はない
・痛みはあったが脱毛したメリットが大きすぎる
・外出時シェーバーを持って行く必要がなくなり楽
・ヒゲを生やしたいと思ったことがないから後悔したことはない

口コミ-永久脱毛した人編

・出先などで堂々と着替えられるようになった
・海や川、温泉・銭湯にも行けるようになった
・永久脱毛するか悩んだが、永久脱毛じゃない友人と話してると永久脱毛にして良かった。
・脱毛した後は思ってたよりも肌の調子がいい
・コンプレックスがなくなって毎日が楽しくなった

 

口コミ-女性の意見編

・ツルツルの方が清潔感があっていい
・もじゃもじゃは嫌だ。
・全身脱毛をしているから彼氏にもして欲しい
・抑毛くらいであればOK
・体毛も魅力は感じないから全身脱毛してほしい
・どちらかと言えば永久脱毛してほしい。

ヒゲ脱毛をする際の【注意点】

最後に脱毛前、脱毛中、脱毛後それぞれで注意点がありますので解説します。

これをおさえないままいきなり店舗へ!なんてことだとせっかくのヒゲ脱毛が台無しになってしまう事も!しっかり押さえておきましょう!

 

肌ケアについて

「肌の乾燥・刺激を控えて当日は肌の状態を良くして迎える。」
乾燥しないように美容品を使うのはもちろんですが、例えばストレスや生活習慣でも肌の調子は悪くなります。肌は内面からとも言いますので、美容品などの外からのケアだけではなく内からのケアも心がけましょう!

・睡眠時間
・規則正しい生活
・食生活の栄養バランス

ヒゲ脱毛をするためにでもありますが、そもそも自身の健康にもつながります!

 

施術前のアルコールを控える

施術の前日などにアルコールを過剰に摂ると施術後に部位かゆみや肌の炎症になる事から、控えるべきです。

 

施術後の血行促進を控える

結構促進という観点で、施術後にサウナへ通う事や、熱い温度の長風呂などにも少し注意をしましょう。こちらもアルコール同様、施術部位のかゆみなどに繋がる可能性があります。

 

マスクを持参する

ヒゲ脱毛に限らず、脱毛後は施術部位が赤くなります。脱毛効果の高いものほど、それだけお肌に負担をかけている事になります。

帰宅時も紫外線など肌への影響が考えられますので施術後は【マスクを装着して帰宅】しましょう。

今はコロナウイルスの影響もあり、マスク持参はすでにされていると思いますが、今後マスク文化がなくなったときでもマスクを持参することをお忘れなく行いましょう。

ヒゲ脱毛でよくある疑問【Q&A】

 

Q:自宅でもできる?

A:家庭用に発売している脱毛器を使えば自宅でヒゲ脱毛を行うことは可能です。ただ医療脱毛とサロン脱毛の違いのように脱毛効果は低くなります。

 

Q:全くヒゲが生えなくなるのか

A:結論、完全にではありません。永久脱毛とは「生涯にわたってムダ毛の処理をしなくても済む脱毛」と定義されていてアメリカ政府機関のFDAが唯一認めた永久脱毛が美容電気脱毛になります。

(引用:一般社団法人日本スキン・エスティック協会HP https://jsa-cpe.org/salon/howto/)
(引用:アメリカ政府機関FDAによる見解(英表記) 
:https://jsa-cpe.org/assets/pdf/permanent_hair_removal20210810.pdf)

つまりほとんどのヒゲが生えなくなるものの、生命力の強いヒゲは時間が経つとまた生えることがあるという事です。

最後に-ヒゲ脱毛はメリットが上回る

ヒゲ脱毛に関してデメリットを強く主張する人や後悔したという声も実際にはあります。

しかしそれ以上にヒゲ脱毛した後は【時間】【お金】【ストレス】の無駄遣いを減らすことができ、さらに【仕事のパフォーマンス】【人間関係】にも大きなプラスとなるので、メリットがデメリットをかなり上回ります。

最初は通う事や痛みなど重たい腰となるのはとてもわかります。
ただここ重たい腰を上げると、違った景色が見えてくるでしょう!

-ひげ脱毛

ゴリラクリニック