ほくろ除去

ほくろ除去におすすめのクリニック10選:相場や選び方、施術の方法

ほくろ除去におすすめのクリニック10選:相場や選び方、施術の方法
調査員:みさき このページでは、ほくろ除去について次の話題を詳しく解説しております。
  • ほくろ除去ができるクリニック一覧
  • ほくろ除去の後悔しない選び方・基礎知識
  • おすすめの美容クリニック10選
  • ほくろ除去の流れやダウンタイム
  • ほくろ除去に関するQ&A
顔や首筋のほくろを取りたい! と思っても、値段や痛み、治療方法など、どんなことするのか理解していないと不安ですよね? ではこのページで、ほくろ除去の方法や痛み、料金相場、おすすめクリニックを確認してきましょう!

ほくろ除去の基礎知識:クリニックの選び方6つのポイント

ほくろ除去は美容整形と違って、皮膚科のある病院なら対応して貰いやすい施術です。 ただ、施術方法や値段など、色々と違いがあります。 その為、安易に近所の病院を選ぶと、後悔する可能性大。 そこで、ほくろ除去に関する基礎知識や、後悔しない選び方のポイントを6つ解説します。 安くても満足できるクリニックを見つける参考にしてください。

ポイント1:ほくろ除去は皮膚科でもできるが美容皮膚科がおすすめ

ポイント1:ほくろ除去は皮膚科でもできるが美容皮膚科がおすすめ ほくろ除去は、一般的な皮膚科でも対応出来る施術内容です。 だからあなたは、わざわざ人気の美容クリニックを選ぶ必要は無いと考えているかも。 だけど、
  • 一般の皮膚科:保険診療が主、再発防止を重視した施術
  • 美容皮膚科(美容クリニック):自由診療が主、仕上がり状態も考慮した施術
といった違いがあり、やはりおすすめは美容クリニックにある美容皮膚科です。 特に人目につく顔のほくろを取りたい場合には、傷跡など除去後の状態が重要ですよね。 美容皮膚科であれば、術後の仕上がりも含めて考えてくれるのがポイント★ 傷跡が目立たないような施術を選ぶなど、顔のホクロ除去も安心できる対応です。 しかも美容目的での症例数や経験数も多く、満足できる可能性が高くなります。 だからどこがいいか迷った際は、上記一覧にあるような人気の美容皮膚科を中心に検討するのがおすすめです。 ただ、ほくろが急に大きくなったり色が変わるなど、皮膚がんといった悪性の心配している場合も。 一般の皮膚科では、病理検査を行ってくれることが多く安心感があります。 もちろん問題がある場合は保険適用になり、少ない自己負担額で治療して貰えるのも特徴です。 でも問題が無く美容目的でのほくろ除去になれば、結局は自由診療になり安くはなりません。
  • エルクリニック
  • TCB東京中央美容外科
のように、一部の美容クリニックでも病理検査が可能です。 だから顔のほくろが心配な場合も、美容皮膚科でしっかりと対応して貰えます。 結果的に同じ自費診療になるなら、経験豊富な美容皮膚科がおすすめ。 仕上がりがキレイになるように考えて貰えることは大切ですよね。 ちなみにクリスティーナクリニック銀座では、ほくろの除去は5,500円~になります。 でも保険適用のいぼ切除なら、約2,200円に。 あなたの状況によって値段が変わるので、安く取り除きたいならカウンセリングで相談して見てください。

美容目的でのほくろ除去なら、施術になれている美容クリニックがいいんですね。

普通の皮膚科でも傷跡を気にしてくれるけど、それ以上に再発しないことを重視する傾向があるのよ。

ポイント2:ほくろ除去方法の違いを確認

ポイント2:ほくろ除去方法の違いを確認 ほくろ除去の方法にはいくつかあり、1種類ではありません。 主な除去方法としては、
  • 炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
  • 電気メス(電気凝固法)
  • 切開法(切除法)
の3種類があり、それぞれ特徴が違います。
炭酸ガスレーザー切開法電気メス
対応サイズ小さなサイズ向き大きなサイズにも対応しやすい小さなサイズ向き
ダウンタイム1週間程度2週間程度1~2週間程度
効果まれに再発する場合あり再発する可能性が低いまれに再発する場合あり
料金リーズナブル高めリーズナブル
といった違いがあるんです。 その為、事前にどの施術方法に対応しているか、確認しておくことが大切。 炭酸ガスレーザーと電気メスには、似た特徴があります。 基本的にどちらも縫合の必要が無く、小さいほくろなら傷跡が目立ちにくいのがメリットです♡ ただし、ほくろの大きさによっては、カウンセリングで切開法をすすめられることがあります。 これは大きなホクロの場合、レーザーだと傷跡として残る範囲も広くなるため目立つ結果になる可能性があるから。 一旦は切ることになるものの、縫合した方が傷跡も小さくキレイな仕上がりになる可能性が高くなります。 その為、
  • エルクリニック
  • KM新宿クリニック
  • 聖心美容クリニック
  • TAクリニック
  • TCB東京中央美容外科
  • 西新宿杉江中央クリニック
  • B-LINE CLINIC
  • 水の森美容外科
のように、多くの美容クリニックでは、レーザーか電気メスのどちらかと切開法に対応しているんです。 除去するほくろの大きさなどに合わせて、対応できる方法が決まってくることもあります。 だからあなたの希望を伝えて、医師と良く相談して決めることが大切です。 もしあなたが切除法が不安な場合には、シロノクリニックがおすすめ。 炭酸ガスレーザーを使った施術ですが、大きさによっては数回に分けて施術を行ってくれます。 だから大きくても、切らずにほくろ除去が出来るので安心です。 ほくろが悪性か心配な場合は、切って摘出しないと病理検査が出来ないので注意してください。 炭酸ガスレーザーのように、上から照射するだけの施術では検査しようがありませんからね。 切るタイプの施術には切開法の他にくり抜き法もあり、TCB東京中央美容外科などで対応しています。

複数の施術方法に対応している美容クリニックも多いんですね。

しっかりと話を聞いて、納得した方法でほくろを取ることが大切よ。

ポイント3:保証やアフターケアが充実していると安心

ポイント3:保証やアフターケアが充実していると安心 あなたは一度ほくろの除去を行えば、そのまま再発しないと思っているかも。 でも中には根が深くて、再発してしまう場合もあるので油断しないようにしてください。 その点、保証が用意されている美容クリニックだと、再発時に無料で対応して貰えるから安心です。
  • シロノクリニック:5年保証
  • ザクリニック:1年保証
などは、再診料などもかからず対応して貰えます♥ 将来的に不安を感じているなら、保証が用意されているこれらのクリニックがおすすめです。 他にもエルクリニックでは、1年以内の再施術なら処置代3,000円のみ。 無料ではありませんが、安い料金で対応して貰えるから安心です。 ほくろ除去後は、すぐに元通りとはなりません。 しばらくはテープなどで保護をしておく必要があります。 保護中も薬を塗るなど、自分でアフターケアが必要になることも。 だからあなたが納得できるまで説明してくれる、評判のいい病院を選ぶことが大切なんです! 紹介しているクリニックは、術後のアフターケアもしっかりとしているので安心してください。 ただ、安いだけのクリニックの場合、術後の経過観察がなおざりになる可能性も。 切開方だと抜糸が必要な場合も多いから、アフターケアも大切な比較ポイントです。 どこがいいか迷ったら、口コミなども参考に信頼できるクリニックを選んでください。

再発するか分からなくても、5年保証のあるシロノクリニックなら安心ですね。

ポイント4:料金比較は値段の安さの他に分かりやすさをチェック

ポイント4:料金比較は値段の安さの他に分かりやすさをチェック ほくろ除去の値段は、上記施術方法によっても変わります。 でも他にも料金比較をする際のポイントがあるんです。 それは、
  • 大きさによる値段の変化
  • 個数による割引の有無
  • カウンセリング料金
  • 初診・再診料
  • 処置代
  • 麻酔代
  • 薬代
などになります。 その為、単に安さだけの比較だと、結果的に割高になって後悔する可能性があるので注意してください。 ほくろ除去は基本的に自由診療なので、値段の比較は後悔しないためにも大切なポイント。 しかも美容クリニックによって、サービス内容が違ってきます。 だからこそ、料金が分かりやすいクリニックかどうかが大切なんです。 各料金の確認は、怠らないようにしてください。 料金相場なども含めて、後で更に詳しく解説します。

ポイント5:症例写真で傷跡などをチェック

ポイント5:症例写真で傷跡などをチェック ほくろ除去をする際は、傷跡がどの程度目立つのかが気になりますよね。 そこで大切なチェックポイントが、症例写真です。 多くの美容クリニックでは、ほくろ除去に関するビフォーアフター写真を掲載。 症例写真で術後の状態を確認・納得できれば、安心して施術が受けられます。

ランキングよりも症例写真

症例数が多く、実績豊富な医師やクリニックだと安心ですよね。 経験豊富なら、それだけ目立たないように処置して貰える可能性も高まります。 ただ、症例数は確認できないことが多いので、ランキングなどを探しても意味がありません。 それよりも、症例写真を比較することが大切です。 安いだけのクリニックだと、ほくろは無くなっても傷跡が目立つ感じで残る可能性が。 その為、症例写真の確認は、満足度にも繋がる大事な比較ポイントなんです。 特に切開法やくり抜き法の場合、縫合を行う必要があります。 縫合が上手いかどうかは、症例数やおすすめランキングでは確認できません。 症例数が多くても、レーザーの施術が多くてあまり縫合をやっていない可能性があります。 でも症例写真をチェックすれば、簡単に自分の目で比較できるから便利です♡

希望に似た症例写真でビフォーアフターを確認

美容皮膚科の方が、一般的な皮膚科よりも美容目的での症例数が多いのは想像できますよね。 だけど同じ美容クリニックでも、施術方法などには違いがあります。 そこで役立つのが、あなたの希望に似た症例写真のチェックです。 ホクロの場所や大きさが同じような症例を見れば、自分の結果も想像しやすくなります。 仕上がり状態がチェックできるから、傷跡が目立たないかの参考にしやすくて便利★ どこがいいか迷った際は、症例写真でビフォーアフターを比較してください。 聖心美容クリニックのように、イボやほくろ除去の症例写真が豊富なクリニックもあります。 あなたが除去したい箇所と似た施術例も見つかる可能性が高く、安心して利用しやすいおすすめのクリニック。 ほくろ除去の症例写真を掲載していない美容クリニックもありますが、整形手術などの症例掲載はあることも。 他の施術ですが、縫合の上手い医師を見つける参考になります。 公式サイトには症例写真が無くても、カウンセリングで確認できることも多いので安心してくださいね。

希望と似た部分の症例だと、仕上がりが想像しやすくて便利なのよ。

ポイント6:評判のいい病院を選ぶ

ポイント6:評判のいい病院を選ぶ 美容目的でほくろ除去をする場合、評判のいい病院を選ぶことが大切です。 特にカウンセリングでは、施術方法ごとにメリットとデメリットの両方を説明してくれるか確認してください。 良いことばかり伝えるクリニックは、信頼性の面で疑問が残るのでおすすめできません。 レーザーを使ったほくろ除去は、メリットが多く人気が高い施術ですよね。 だけどまれに再発するなど、デメリットもあります。 どの施術方法にもリスクやデメリットはあるので、きちんと説明してくれる病院を選ぶことが大切です。 たとえダウンタイムが短くても、数ヶ月は色味が違って気になったりもします。 こういった経過についての説明まで、しっかり行うクリニックがおすすめです。 後述するおすすめのクリニック10選では、口コミ・体験談も紹介しています。 どこがいいか悩んだら、利用者のコメントを参考に評判のいい病院を選ぶ参考にしてください。 縫合などが上手いかは、症例写真で確認できます。 でも対応の善し悪しは、口コミなどの評判を確認することが大切です。

丁度良い口コミが見つからないこともありますよね?

カウンセリング対応でも、ある程度の評判は想像できるから安心してね。

評判のいい病院なら、大抵はスタッフや院内の雰囲気も良いですからね。

ほくろ除去の相場と料金比較のポイント

ほくろ除去の相場と料金比較のポイント ほくろ除去の選び方では、施術方法の他に値段が大きな判断材料になります。 安く済めば、気になるほくろを手軽に取れるから嬉しいですよね。 ただ、プラン料金が安く見えても、実際の支払い額が想像より割高になることもあるので注意。 後悔しないように、見落としがちな料金比較のポイントを解説します。

ほくろ除去の料金相場

ほくろ除去の料金相場は、
  • 炭酸ガスレーザー:7,057円(10医院の平均額)
  • 切開法:20,342円(11医院の平均額)
  • 電気メス:6,618円(9医院の平均額)
と施術方法によって違いがあるんです。 ただし、あくまでもこの相場は、1個当たりの最安値から算出した値段。 対象となるほくろの大きさは、1mmもあれば3mmまでの場合もあるなどバラバラです。 サイズが大きくなると、1mm当たりなどで追加料金もかかります。 同じサイズでの相場ではないから、あくまでも参考程度に考えてください。 炭酸ガスレーザーや電気メスは、どちらも相場が1万円以下とリーズナブル♥ 小さなほくろなら安く済むし、複数まとめて取りたい場合もコスパが良い施術方法です。 それに対して切開法は、他の施術方法と比較して相場が約3倍で1万円以上も高くなっています。 メスを使って切るなど、施術時間も長くなりやすい方法だから仕方がありません。 その分、再発の可能性は低くいし、大きなほくろでも傷跡が目立たないような処置をして貰えるから安心です。 相場より値段が安いと思っても、ほくろが大きいと思ったより高くなることもあります。 事前に自分でほくろの大きさを測り、いくら掛かるのか見当を付けておくこと。 プラン毎の最安値では無く、あなたが取りたいほくろの大きさで比較することが大切です。 クリスティーナクリニック銀座は、3mm×3mmまで5,500円なのが特徴。 最小が1mmの美容クリニックと違い、直径3mmまで同じ値段で済みます。 料金が分かりやすくて、安いのでおすすめです。 ちなみにほくろ除去の値段に関しては、保険適用になると大幅に安く済みます。 でも美容目的の場合は、自由診療なのであまり期待しないこと。

ほくろのサイズによって、料金が変わってくるんですね…

1mm毎に追加料金がかかる場合もあれば、ある程度の大きさ毎に分かれている場合もあるのよ。

だから取りたいほくろの大きさで、値段を比較することが大切なんですね!

まとめて取ると安く済む美容クリニックもある

まとめて取ると安く済む美容クリニックもある 美容クリニックによっては、取る個数が多い場合にお得なプランが用意されています。 だからあなたがほくろ除去を希望する場合、大きさの他に個数でも料金を比較することが大切です。 1個当たりだと、取りたいほくろの大きさによってそれぞれの値段が変わりますよね。 まとめて取れる割引プランがない場合、数が増えればその全てが加算されることに。 その為、カウンセリングでは、見積もりや請求金額をしっかりとチェックしてください。 大きさの扱いがあなたの想定と違った場合、思った以上に高くなってしまいます。 料金が分かりやすいクリニックだと、事前の想定と大きな違いが出ないから安心です。 取りたいほくろの数が多い場合は、水の森美容外科がおすすめ。 10箇所以上なら、個数に関係なく110,000円なんです! まとめてほくろを取れば、大きなほくろもお得に除去できちゃいますね♡ 取りたいホクロが小さくて顔にしか無い場合には、クリスティーナクリニック銀座が便利です。 5mm未満の顔のホクロに限りますが、54,450円~で取り放題プランがあります。

カウンセリングや初診料なども確認

ほくろ除去の値段は、ほくろの大きさや個数で決まってきます。 ただし、
  • カウンセリング料金
  • 初診・再診料
  • 処置代
  • 麻酔代
  • 薬代
など、その他にも別途費用のかかる可能性があるんです。 料金表の値段だけでは無く、その他にかかる費用がいくらかもチェックすること。 多くの美容クリニックの場合、カウンセリングは無料になっています。 だから気軽に予約が出来ますが、必ずしも無料だとは限らないので注意してください。 初診・再診料、処置代についても追加費用はかからず、ほくろ除去のプラン料金だけで済むことが殆どです。 麻酔代や薬代は、施術内容によって必要性が変わります。 自由診療だと金額にも違いがあるので、それぞれいくらなのか確認することが大切です。 ただ、施術料金に含まれていることも多く、気にせずに済むことも。 でも別途必用になる可能性があるので、カウンセリングできちんと確認してください。

追加費用はクリニックによって違うから、必ずカウンセリングで確認してね。

無料が多いだけで、有料の場合もあるんですね。

ほくろ除去で特におすすめのクリニック

クリスティーナクリニック銀座

対応除去方法炭酸ガスレーザー
主なプラン料金3mm×3mm:5,500円 5mm×5mm:8,800円
保証の有無再診療1,100円のみで再照射可能
営業時間11:00~21:00
店舗数1院
●クリスティーナクリニック銀座の特徴 クリスティーナクリニック銀座の特徴は、切らないほくろ除去が出来ることです。 基本的に炭酸ガスレーザーを使った対応になるので、切開法が不安なあなたも安心して相談できます。 しかも10mmサイズまで対応しているから、他のクリニックだと切開法をすすめられるサイズでも切らずに済む可能性大。 更に顔全体のほくろ取り放題プランもあり、
  • 月火木土日曜日:65,780円
  • 水金曜日:54,450円
となります。 曜日によって値段は変わるけど、取りたいホクロの数が多いほどお得に★ 対象は5mm未満なので大きなほくろは含まれません。 それでも小さなほくろをまとめて取れるのは、嬉しい特徴ですよね。 いぼ切除に関しては、保険診療にも対応しています。 もちろん保険適用外の可能性もあるけど、安くイボが取れる可能性もあるんです。 だから顔などに除去したいホクロなどがあるなら、一度カウンセリングで相談して見てください。 クリスティーナクリニック銀座の診療時間は夜21時までと遅く、ほくろ除去の施術時間は10分程度と短いのもポイント。 ほくろの数が多いと時間がかかるけど、利用しやすいから便利です。 注意点として、麻酔代が別途1,100円かかります。 それでも取り放題があるから、ほくろをまとめて取るならリーズナブル。 仕事帰りにも予約が取りやすく、利用しやすいイチオシの美容クリニックです。 ●クリスティーナクリニック銀座の口コミ・体験談
ここ数年で茶色いほくろがすごく増え、化粧でも隠せず気になっていた為。 ほくろ取り放題のメニューがあった為。あと駅から近かったから。 院長先生ではない女医さんでしたが、適度にさばさばした感じで話しやすくきちんと説明してくれました。 ほくろの数が20個と多かったので麻酔はもちろん痛かったですが、何度も声をかけてくれながら少しずつ注射してくれたので安心でした! レーザー中は全く痛くなく、でも痛みはないか確認しながらやってくれて、色々お話も出来て楽しかったです。 時間は受け付けから帰るまで1時間20分くらいでした。 30代・Pさん・女性 ・美容医療の口コミ広場より
沢山のほくろが気になっていて、テレワーク中に取りたかった。 個数制限がないほくろ取り放題プランがあり、口コミが良かったので決めました。 数は30個以上と多かったですが、予定通り1時間半で終わりました。 局所麻酔は多少痛いですが、焼く痛みはありません。 本当に小さい1ミリ未満のほくろは先生が麻酔せずに取りますと都度声を掛けていただき、麻酔と同等の痛みでとれました。 40代・うささん・女性 ・美容医療の口コミ広場より
首元にあるほくろが年々大きくなり気になっていました。 秋冬なら服で施術跡も隠れるのでちょうどいいと思い、取ることにしました。 口コミの良さ、金額が明記されていたこと、「再照射付き」に惹かれて決めました。 麻酔針は痛かったですが、麻酔のおかげでレーザーは痛みをほとんど感じませんでした。 1個だけでしたので、照射自体は数分で終わりました。 30代・リツカさん・女性 ・美容医療の口コミ広場より

ザクリニック(THE CLINIC)

対応除去方法電気メス/切開法
主なプラン料金1mm:11,000円
保証の有無1年間保証
営業時間10:00~19:00
店舗数5院
●ザクリニックの特徴 ザクリニックの特徴は、無料カウンセリングでもドクターが担当してくれることです。 カウンセラー相手とは違い、信頼感などが違いますよね。 ほくろの大きさなどを確認して、施術に関する提案をして貰えるから初心者も安心です♥ しかもカウンセリングから施術まで、1日で可能だから便利。 もちろん無料カウンセリングと別日にもできるので、まずはドクターに詳しく相談したいあなたも安心してください。 ザクリニックでは、術後1年間は保証制度が用意されているのも特徴です。 ほくろが根深くて再発した場合も、再診察や処置に追加費用がかかりません。 アフターケアも充実していて、初めてのほくろ除去も安心して行えるおすすめのクリニックです。

シロノクリニック

対応除去方法Qスイッチルビーレーザー/炭酸ガスレーザー
主なプラン料金1mm以内:11,000円 8mm~:一律88,000円
保証の有無5年間の保証制度
営業時間月~土曜9:30~19:00 日曜9:30~18:00(店舗により異なる)
店舗数5院
●シロノクリニックの特徴 シロノクリニックの特徴は、大きなほくろは数回に分けて除去してくれることです。 除去方法はレーザーになるものの、傷跡が残らないように考えてくれるので安心。 大きなほくろを切らない方法で取りたいなら、ピッタリのクリニックです。 しかも料金は1mm毎に11,000円ずつ上がっていきますが、8mm以上は一律料金なのも嬉しいポイント。 サイズの大きなほくろで悩んでいるあなたも、料金が分かりやすいから安心して相談できます。 シロノクリニックのほくろ除去には、5年間の保証制度があるのも特徴です。 5年間と長期の保証があるので、将来的な再発が心配なあなたも安心できますよね☆ 大きなほくろをキレイに除去したいあなたに、ピッタリの美容クリニックです。 ●シロノクリニックの症例写真 ●シロノクリニックの口コミ・体験談
カウンセリングはとても丁寧です。 以前の施術経過も同時に診ていただきました。 他気になる箇所も相談しカウンセリングいただきました。 瞼1mmほくろと、気になっていた右頬2箇所の追加で合計3箇所のほくろ除去を行いました。 以前の施術経過も同時に診ていただき保証内で再度レーザーをあててくれました。 施術時間は5分もかからずすぐに終わったかと思います。 40代・nekotamaさん・女性 ・美容医療の口コミ広場より
ホクロが大きくなり困っていた為。 その他シミのサイズも大きくなり、一緒に施術を考えました。 レーザーなのですが、チクッと一瞬しますが耐えられます。 とても丁寧な説明ですので、カウンセリングを受けるだけでもいいので、一度聞いてみるといいかもしれません。 お値段やどのくらい通えば消えるかなど教えて頂けます。 30代・ミリーさん・女性 ・美容医療の口コミ広場より
昔はなかったのに最近になって唇上のホクロが出来てしまってどうしても気になって除去したいと思いました。 あと頬上のシミも気になったので同時に施術したいと思った。 ホクロ除去、シミ除去 ホクロの施術は麻酔していたので全然痛くなかった! シミの方は光が当たると弾かれたような痛さで結構痛かった。 30代・tomさん・女性 ・美容医療の口コミ広場より

ほくろ除去をおすすめする理由

あなたは気になるほくろがあるものの、除去しようか迷ったまま過ごしているかも。 そこでほくろ除去をおすすめする理由やメリットを解説します。 デメリットも解説するので、検討する際の参考にしてください。

ほくろ除去のメリット

ほくろ除去のメリット ほくろ除去を行うメリットには、
  • 皮膚がんを発見・除去できる
  • メイクがしやすくなる
  • 自信が持てるようになる
  • 短時間の施術で取れる
などがあります。 ほくろには悪性の場合があり、後述する皮膚がんなどの可能性が。 ほくろ除去により、皮膚がんを早期発見・除去できるのは大きなメリットです★ もしかしたら悪性かも、と心配に思うなら早めに医療機関で相談するのがおすすめ。 顔に大きなほくろがあると、メイクの際に邪魔になることがりますよね。 小さなほくろもメイクで隠そうと思うと、厚めのメイクになりがちです。 でもほくろを除去してしまえば、メイクがしやすくなるのはメリット。 薄めのメイクで充分になれば、化粧の手間も減らせて便利です。 顔などの目立つ部分にほくろがあると、コンプレックスの原因になっていることが。 でもほくろ除去を行えば、見た目のコンプレックスを解消できて自信が持てるようになります。 整形手術のイメージと違って、切らずに済むことが多いのも嬉しいメリット。 ほくろ除去は短時間の施術で済むケースが多く、利用しやすさもおすすめする理由です。

顔の目立つホクロがなくなると、気分も上がるし自信に繋がりますからね。

ほくろ除去のデメリット

ほくろ除去のデメリット ほくろ除去のデメリットには、
  • 再発の可能性がある
  • 大きさによっては複数回の施術が必要
  • 抜糸などで再来院が必要
  • 1週間程度は保護が必要
  • リスクがある
などがあります。 ほくろの原因が根深い場合など、一度除去しても再発する可能性があるのはデメリット。 せっかくキレイに取れたと思っても、またホクロで悩むことになります。 ただし、シロノクリニックの5年保証のように、保証がある美容クリニックもあるので安心してください♡ 再発した際に追加費用がかからなければ、気軽に処置して貰えます。 ほくろ除去は、1度の施術で取れることが殆どです。 だけどサイズが大きい場合は、2回に分けるなど複数回の施術が必要なケースもあるのがデメリット。 更に切開法などで縫合した場合は、抜糸のためにも再来院が必要になります。 1回で全て終わらない可能性があるのは、手軽に済ませたい場合にはデメリットですよね。 だけど傷跡を残さないための判断も関係しているので、アフターケアの安心感も含めるとメリットもあります。 ほくろ除去の施術後は、テープなどで患部を保護しておく必要があるんです。 負担の少ないレーザーでの除去も、1週間程度はテープを貼ったままにしておく必要があります。 保護テープが目立つのはデメリットですが、あくまでも1~2週間のこと。 テープが取れれば、ほくろも無くなっているから満足できるはずです。 ほくろ除去は切らない方法もあるから、利用しやすい美容施術になります。 でもリスクもあり、
  • 腫れ
  • 赤み
  • 痛み
  • 傷跡
などの可能性が。 もちろん医療機関で行うため、もしものトラブル時も迅速に対応して貰えるから安心してください。 傷跡が残らないか心配ならば、切らない方法を選ぶのもあり。 ただ、大きなほくろは、切開法の方が傷跡が小さく目立たなくなるケースもあります。 上記口コミ・体験談や症例写真などをチェックして、評判の良いクリニックを選ぶのがおすすめです。 ちなみに市販のほくろ除去クリームを使ったセルフケアには、様々な肌トラブルの報告があります。 ヤケド跡を残すぐらいなら、医師に施術をして貰う方が断然安心ですよね。

ほくろ除去にはリスクもあるけど、セルフケアよりも安全性は高いから安心してね。

ほくろ除去はおすすめの施術

ほくろ除去はおすすめの施術 ほくろは顔や首筋など、様々な場所にできてしまうものですよね。 中にはチャームポイントとして、あっても良いと思える場合もあります。 だけど目立つ場所にできると、コンプレックスに感じやすいものです。 それこそ大人だけではなく、子どもでもほくろで悩んでいる場合があるほど。 顔相などで、ほくろが運気を下げていると鑑定されることもあります。 あなたは運勢を変えるために、ほくろ除去を考えているかも。 開運目的だけだと迷うとしても、コンプレックス解消により自信が持てるのは大きな変化です。 ほくろ除去を整形だと思うと、ちょっと躊躇してしまうのも仕方がありません。 だけど皮膚がんの心配が減ることを考えれば、健康面でも意味のある施術。 美容目的だけではないから、気になるほくろがあるなら治療と思って取ってしまうのがおすすめです★ ちなみにTCB東京中央美容外科では、10歳以上からホクロやイボの除去が可能。 子どものコンプレックス解消にもなるから、ほくろ除去で悩んだら無料カウンセリングで相談してみてください。

鏡を見る度にホクロで悩むぐらいなら、早めに取った方が精神的にも良いですよね。

美容目的だと整形のイメージがあって躊躇しやすいけど、健康面でも意味のある施術なのよ。

ほくろを自分で取るのはリスクが高い

ほくろを自分で取るのはリスクが高い 最近はネット通販などで、ほくろ除去クリームを見かけることがあります。 だから除去クリームを使えば、あなたは自分でもほくろが取れると考えているかも。 でもほくろをとる方法としては、美容皮膚科の利用がおすすめです。 なぜなら自分でほくろを取るのは、リスクが高いから。 しかも上手くほくろが取れるとは限らないので、セルフケアには注意してください。 ほくろの除去クリームは、塗った部分をヤケドしたような状態にする仕組みです。 だからほくろに塗っても、キレイに無くなるとは限りません。 それどころかヤケド跡が残るなど健康被害のリスクもあり、後悔する可能性が高いんです。 自分で切る方法もありますが、痛みやアフターケアを考えれば絶対にやらない方が良い方法。 自分でほくろを取ろうとすれば、様々なリスクがあるので安易に考えないこと! 確かにほくろ除去のために、病院まで通うのは手間かもしれません。 だけど施術時間も短く、殆どの場合は1日で終了します★ それでいて傷跡が目立たないように施術をしてくれるから、ほくろ除去は美容皮膚科で行うのが断然おすすめです。

ほくろは自分で取ろうとせずに、専門医に相談することが大切よ。

手軽だったとしても、傷跡が残ったら後悔するだけですからね。

単なるほくろ?除去する前に知っておくべきほくろの種類

単なるほくろ?除去する前に知っておくべきほくろの種類 一口にほくろと言っても、いくつかの種類に分けられます。 更に似た病気もあるため、あなた自身では単なるホクロなのか判断しにくいことも。 心配ならばカウンセリングなどで、実際に見て判断して貰うのがおすすめです。 ほくろの種類としては4つあり、
  • Unna母斑:やわらかく、盛り上がっているタイプ
  • Miescher母斑:顔などに出来やすく、毛が生えていることもあるタイプ
  • Spitz母斑:急に大きくなることがあるタイプ(皮膚がんとの見極めが大切)
  • Clark母斑:色が外側にいくほど薄いタイプ
と分けられます。 特にSpitz母斑に関しては、皮膚がんかもと心配になりやすいタイプ。 もし不安に感じたならば、病理検査も受けられる
  • エルクリニック
  • TCB東京中央美容外科
などで除去するのがおすすめです。 ほくろに似た病気には、
  • 皮膚線維種
  • 神経線維種
  • 軟性線維腫
  • 脂漏性角化症
  • 基底細胞がん
  • 悪性黒色腫(メラノーマ)
などいくつもあります。 あなたは単なるほくろだと思っていても、本当は違う可能性もあるので注意してください。 勝手に判断せずに、医師に診察して貰うことが大切です。 これらは病気として扱われるので、除去する場合には保険適用になる場合が多いのもポイント。 もしカウンセリングで病気と診断された場合は、普通の皮膚科で除去することも考えてください。 もちろん美容皮膚科でも、再発しないようにしっかりと対応して貰うことは可能です。 ほくろ除去について、あなたは美容目的の整形だと思っていたかも知れません。 だけど実際には、病気の治療として行うこともある施術なんです。 だから気になるホクロがあるなら、堂々と除去してしまうのがおすすめ。 ちなみに基底細胞がんや悪性黒色腫などが、皮膚がんと呼ばれるタイプです。 加齢によってできる老人性イボは、脂漏性角化症に含まれます。

ホクロだと思っていても、実は病気の可能性もあるんですか?

悪性の場合もあるから、心配なら専門医に診て貰うと安心よ。

ほくろ除去の流れや施術時間

ほくろ除去の流れや施術時間 ほくろ除去の流れについて解説します。 施術自体は、カウンセリングを含めても1日で終わることも多いんです。 ただ、利用しやすいと思っても、施術後の保護などもあるためしっかりと流れを確認してください。

ほくろ除去の一般的な流れ

ほくろ除去は、
  1. カウンセリング予約
  2. カウンセリング・初診
  3. 施術
  4. アフターケア
という流れが一般的です。 美容クリニックの場合、完全予約制の場合が多いので注意してください。 まずは公式サイトや電話から、カウンセリング予約を申し込む必要があります。 申し込みは、スマホからも数分で終わる程度の簡単なものです。 カウンセリング当日に施術も出来ることが多いので、余裕のある日を選ぶのがおすすめ。

普通の皮膚科なら予約不要の場合もあるけど、美容クリニックだと完全予約制が多いから注意してね。

カウンセリングでリスクなどの説明を受ける

予約当日に病院に行くと、まずはカウンセリングや初診があります。 いきなりほくろ除去をする訳ではありません。 リスクや料金などの説明があり、納得すれば契約となります。 複数の除去方法に対応している美容クリニックの場合、どの方法が合っているかなども判断。 分からないことや不安な点は、しっかりと質問して解消しておきましょう。 契約後はそのまま施術まで進むケースも多いんです。 その為、カウンセリング当日は、代金を用意していくと焦らずに済みます。 ホクロの大きさなどによって金額が変わるので、少し多めに用意しておくと安心です。 もちろん施術方法などに納得できない場合は、契約する必要はないので安心してください。

納得できなければ、申し込む必要は無いんですね。

ほくろ除去にかかる時間

ほくろ除去にかかる時間 ほくろ除去にかかる時間は、ほくろの状態や大きさなどで変わります。 麻酔~施術という流れになりますが、施術だけならどの方法でも5~10分程度。 大きめのほくろを切開法で除去する場合に、20分程度かかるぐらい。 麻酔時間を含めても、施術時間は30分以内に終わることが多いから安心です☆ 口コミにあるように、1時間以上かかる場合もあります。 これはあくまでも、まとめて複数のほくろを除去する場合です。 個数が少なければ、どの方法でも短時間で終わるから安心してください。 だからこそ、カウンセリング当日に施術まで出来るんです。 もちろんカウンセリングと施術は、別日にすることもできます。 アフターケアの予定も含めて、余裕のある日程を相談して決めてください。

局所麻酔を含めても、施術時間は短いからすぐに終わるのよ。

再来院が必要な場合もある

ほくろ除去では、
  • 複数回に分けて施術
  • 抜糸
  • 経過観察
など、再来院が必要な場合があります。 大きなほくろの場合、1回の施術では終わらない可能性があります。 1回当たりの施術時間は短いものの、複数回に分けて除去する場合もあるので注意してください。 傷跡を目立たないようにする為もあるので、カウンセリングでよく相談すること。 切開法などで縫合を行った場合、抜糸のために再来院が必要です。 炭酸ガスレーザーなど、負担が少ない方法は術後の経過観察を必要としない場合もあります。 でも状態によっては、アフターケアとして経過観察が必要と判断されることも。 エルクリニックでは、術後に一度フォローアップの診察があります。 術後が心配なら、アフターケアが充実しているのでおすすめの美容クリニックです。 再来院が必要ない場合も、患部へ薬を塗るなど自分でアフターケアを行う必要がある場合があります。 カウンセリングではしっかりと説明を聞いて、注意事項は守るようにしてください。

縫合していなくても、再来院の必要があるかも知れないのよ。

手間ですけど、患部の状態を確認して貰った方が安心ですよ。

メイクはすぐにできる?施術後の注意点

メイクはすぐにできる?施術後の注意点 カウンセリング当日は、施術をする場合もメイクをしていて問題ありません☆ だから仕事帰りにも、利用しやすいので安心してください。 必要に応じて、施術前にほくろ周辺のメイクを落とします。 ほくろを取った部分は、施術後にテープなどで保護をします。 これは10日程度は続けることになるので、施術時間は短いけれど長期休暇前に行うのもおすすめです。 ただ、目立たない色のテープを使うことが多いので、あまり気にしすぎないこと。 メイクについては、保護テープの上からならすぐに出来ます。 患部はデリケートな状態だから、保護テープ部分は避けて行うのがおすすめ。 10日間ほど経ち、保護テープが取れた段階から直接メイクをすることも可能です。 保護テープが取れても、患部の色がピンクの状態が2~3ヶ月程度は続きます。 この間はまだデリケートなので、紫外線を避けることも大切です。 洗顔やシャワーは、基本的に翌日から。 ただ、レーザーなど負担が少ない方法の場合、当日からシャワーが可能な場合もあります。 テープで保護した状態でシャワーを浴びるので、患部は濡らさないようにしてください。 赤みが引くまでは、激しい運動や飲酒も避けるのがおすすめです。

保護テープは必要だけど、メイクがすぐに出来るのは助かります。

飲酒などの注意点は、説明があるからしっかりと守るのよ。

ほくろ除去に関するQ&A

ダウンタイムはどのくらいかかりますか?
ほくろ除去のダウンタイムは、患部の大きさや施術方法などによって変わります。
個人差もありますが、概ね

  • レーザー:1週間

  • 電気メス:10日間

  • 切開法・くり抜き法:1~2週間


となり、この間はテープなどの保護が必要です。
患部の傷跡や赤みなどが目立たなくなるまでは、どの方法でも1ヶ月程度かかります。

ダウンタイムについては、こちらの記事でも紹介しているので、読んでみてください。
ほくろ除去のダウンタイムはどのくらい?期間を長引かせない方法も解説!
ほくろを取ればもう戻らない?再発しませんか?
ほくろを取ったとしても、再発する可能性はあります。
レーザーや電気メスは、ほくろの原因が奥にあると再発する可能性が比較的高い施術です。
その為、再発が心配な場合は、切開法やくり抜き法を含めてカウンセリングで相談してください。

将来的に再発が不安なら、

  • シロノクリニック:5年間

  • ザクリニック:1年間

  • 品川美容外科:1年間(電気メス)


のように保証があり、再発時に無料対応してくれる美容クリニックが安心です。
除去した部分の保護はいつまで?
ほくろを除去した患部は、テープなどで保護をします。
患部の大きさや状況によって期間はかわるものの、概ね1~2週間程度です。

切開法やくり抜き法の場合は、基本的に抜糸と共に保護テープも取れます。
期間はやはり1~2週間となり、施術方法による大きな違いはありません。
ほくろは一度に何個もまとめて取れますか?
はい、一度に複数のほくろをまとめて取ることも可能です。
ただし、個数が増えると、それだけ施術時間が長くかかるので注意してください。
1回当たり10個程度として、多い場合には複数回に分けて施術を行うクリニックもあります。

水の森美容外科のように、10箇所以上は個数に関係なく110,000円だとまとめて除去する際にリーズナブルに済みお得です。
クリスティーナクリニック銀座では、54,450円~で5mm未満の顔のホクロ取り放題プランも。
取りたいホクロの数が多い場合は、料金が分かりやすい美容クリニックが安心です。
切開手術だと、ほくろ除去に時間がかかるの?
はい、炭酸ガスレーザーや電気メス(5~10分程度)と比較して、切開法の場合は施術時間が少し長くかかります。
それでも20分程度で終わるため、大きな違いは無いので安心してください。

大きなほくろについては、切開法の方が傷跡が目立ちにくいことが多くなります。
更に再発の可能性も低いといったメリットもあるため、除去方法はカウンセリングでよく相談して決めてください。
ほくろを取る際の痛みはどうですか?
ほくろ除去時は麻酔を使うことが多いため、痛みは気にならないので安心してください。
ただし、口コミ・体験談にもあるように、局所麻酔は麻酔そのものの痛みが気になる場合があります。
ですがメスで切るとしても、施術の痛みは感じなくて済むので安心です。

麻酔の痛みが心配なら、レーザーは表面麻酔で済む場合もあります。
西新宿杉江中央クリニックでは、エルビウムヤグレーザーでの施術にも対応。
炭酸ガスレーザーよりも麻酔をしなくて済む可能性が高いので、痛みが苦手なあなたにおすすめです。
ほくろ除去はレーザーの方が傷跡が小さくなるの?
ほくろの大きさなど条件によって、傷跡が目立たない施術方法が変わってきます。
レーザーで除去した場合、傷跡は除去したホクロとほぼ同じ大きさ。
ですが切開法の場合、縫合により傷跡が縦長になるのが違いです。
その為、ホクロよりも大きめに切ったとしても、幅が狭くなるから傷跡が小さく目立たなくなります。

例として直径10mmのホクロの場合
レーザー:直径10mmの円形
切開法:10mm+αの線形
となり、切開法の方が小さく目立ちにくくなります。
ほくろ除去は保険適用にならないの?
ホクロがあることにより、日常生活に支障がある場合は保険適用になります。
ホクロに似た病気の場合も、保険診療が可能です。
ですが単純な美容目的の場合は、自由診療となります。

詳しくはこちらで解説しているので、こちらも読んでみてください。

ほくろ除去は保険適用されるの?条件や医療費控除について徹底解説!

気になるほくろを除去して自信のある毎日に

気になるほくろを除去して自信のある毎日に 泣きぼくろのように、魅力的に見えるほくろばかりではありませんよね。 大きなほくろが顔にあると、それだけでコンプレックスに感じることも。 子どもでもほくろを気にしていることがあるので、親としても気をつけてあげる必要があります。 小さなほくろだからと隠せば良いと思っても、厚化粧になりやすく手間が増えるから面倒です。 ほくろ除去の施術時間は、10分程度と短時間で終わります。 それでいてコンプレックス解消など、嬉しいメリットが多いからおすすめ♥ 気になるホクロが無くなれば、自信のある毎日を過ごすことができます。 料金は大きさによって変わるけど、ハナビューティークリニックなら3mmまでは3,300円とリーズナブルに除去できるんです。 他の美容クリニックも症例写真を確認すれば、キレイに除去できることが分かるはず。 あなたがほくろを邪魔に感じていたり、コンプレックスになっているなら取ってしまうのがおすすめです。 ただ、評判のいい病院を探しても、あなたが満足できるとは限りません。 特に傷跡を残したくないなら、一般的な皮膚科よりも美容皮膚科が安心です。 美容クリニックでも、施術方法や料金が違ってきます。 だから後悔しないためにも、記事内で解説した選び方を参考に比較して選んでください。

脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!

家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
  • この記事を書いた人

みさき

大学在学中からショップの販売員として働き始めるも他の店員と比較して売上が上がらず、上司に相談すると「外見も大事」というきつい一言が。
そこで元々気になっていたホクロ除去を皮切りに、アイプチやスキンケアにハマり始めました。
美容にこだわり出すと売上も比例して上がってき、飲み会で男性ウケも大きく変わり、外見を変えたことで人生が大きく変わりました。
自分への投資はしっかり返ってくるので、その経験を活かし自分の隠れた魅力に気が付いていない人の助けになればと、美容系ライターとしてたくさんの記事を執筆しています。

-ほくろ除去