家庭用脱毛器

アトピー、敏感肌でも家庭用脱毛器は使える?肌に嬉しいメリットや使用注意点

敏感肌の専用の家庭用脱毛器はどれ?肌のトラブルを回避する方法 アトピー肌の人は家庭用脱毛器で脱毛をすることができるのでしょうか?肌が乾燥しやすく、荒れやすい人でも、実は脱毛機器での脱毛は可能です。しっかりとケアをした上で使用すれば、肌荒れを防ぎながら脱毛することができます。

アトピー肌でも家庭用脱毛器を使用してもいいの?

結論から言うと可能です。家庭用脱毛器による脱毛は、毛の色素に反応して脱毛をしていくので、肌への負担は非常に少なくなります。ケノンなどのホームページを見ても、「アトピー肌の人は使ってはいけない」とは書いてありません。 金属に触れると肌荒れが悪化してしまうとい人も安心できます。金属部分が肌に触れないように作られているものが多いからです。 ケノンで採用されている脱毛方法はIPL方式と呼ばれるものです。これはサロンなどでも採用されている方法なので、アトピー肌の人でも安心して利用できます。

むしろカミソリなどでの自己処理は悪化させてしまう

アトピー肌の人には家庭用脱毛器や、サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。なぜかというと、カミソリなどによる自己処理では余計に肌を傷つけてしまうためです。 カミソリで体毛を剃るということは、肌の表面も傷つけてしまいます。そのため乾燥が悪化し、アトピーも酷くなってしまいます。かゆみが酷くなったり、色素沈着を起こす恐れがあります。 アトピーが気になる人はカミソリでの自己処理はやめておいたほうがいいでしょう。

アトピーを悪化させないために

アトピーを悪化させないためにできる対策としては、防ダニの寝具を使って、寝具を毎日天日干しすることをおすすめします。寝具を常に清潔にしておくことでアトピーの悪化を防ぐことができます。 洗濯の際には合成洗剤を使わず、無添加の石鹸を使ってください。また、下着の洗濯の際には柔軟剤を使用しないようにしましょう。アトピー肌は化学薬品に非常に敏感です。なるべく肌に触れないように注意してください。 食品添加物や着色料が使われていないものを普段から食べるようにしてください。オーガニック食材で作られたものを食べるようにするとアトピーの症状を緩和させることができます。口にするものに気を使うためにも、外食は控えたほうがいいでしょう。 このように工夫することでアトピーを悪化させるのを防ぐことができます。 かゆみがひどくてもなるべくかかないようにしましょう。どうしても寝ている間にかいてしまいそうになるようであれば包帯などを巻いて防いでください。かきむしってしまうと悪化させてしまいます。

アトピー肌の人が家庭用脱毛器で脱毛する際の注意点

アトピー肌の人でも家庭用脱毛器で脱毛をすることはできます。けれども気をつけなければならない点はいくつかあります。 まずはステロイド剤などを利用している人は、利用を一旦中止した上で脱毛をするようにしましょう。家庭用脱毛器で脱毛する1週間前くらいから使用を中止してください。 また、使用の前には必ずパッチテストを行いましょう。本当に使用しても肌に負担がかからないかどうかを調べた上で使用してください。体の目立たない部分に1回しようしてみて、時間が経っても異常がない場合は使用を続けても大丈夫です。

でも、100%安全とは言い切れない

ホームページなどでは「アトピーの人は使用しないでください」などとは書いていないし、アトピー肌の人でも家庭用脱毛器は使用できます。けれども100%安全とは言い切れません。 まれに、肌が光に反応してしまい、乾燥が悪化してしまうことがあります。家庭用脱毛器を使用すると肌が乾燥しやすくなるので、使用後はしっかりと保湿するようにしましょう。 また使用前には施術する部分をしっかりと冷やしてください。ケアを怠らず使用することで安心して利用できます。 家庭用脱毛器による脱毛はカミソリなどよりも安全にできます。アトピー肌の人が家庭用脱毛器で脱毛をする際には、必ずしっかりとケアをしましょう。薬の使用をやめ、使用の直前には施術する部分を冷やし、使用後には保湿をしてください。

敏感肌の専用の家庭用脱毛器はどれ?肌のトラブルを回避する方法

「家庭用脱毛器」は、優れたセルフ脱毛方法として有名です。 人に見られることなく、好きなタイミングでできるため、多くの女性が愛用しています。 しかし、敏感肌の人は脱毛するのも不安だという方が少なくありません。 脱毛クリームやカミソリなどを使用して、肌荒れしたことがある人は特に不安を感じているのではないでしょうか。 「家庭用脱毛器」は、すべてがどの人でも使えるというわけではありません。 しかし、敏感肌の方が安心して使用できる家庭用脱毛器もあります! それが、敏感肌専用家庭用脱毛器です。 敏感肌の人が家庭用脱毛器を選ぶ際に注意してほしい点が、「顔脱毛ができる」こと「詳細な設定ができる」ことです。 家庭用脱毛器は、全部が全部顔にも使えるわけではありません。 残念ですが、顔には対応していない家庭用脱毛器もあります。 顔に使用できないものだと、詳細な設定ができなかったり刺激が強い可能性があります。 顔に使えるということは、それだけ優しい家庭用脱毛器なのです。 「詳細な設定」は、光の出力をレベルで設定できる家庭用脱毛器がいいでしょう。 敏感肌の方は、肌状態も季節などで変わりやすい人が多いため、照射強度など微調整できる家庭用脱毛器がおすすめです。 敏感肌やアトピー肌など、肌の状態もさまざまですが、敏感肌の人が使うことができる家庭用脱毛器について、みていきましょう。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器には、さまざまな種類があります。 大きく分けると 「フラッシュ式家庭用脱毛器」 「レーザー式家庭用脱毛器」 「バルジ式家庭用脱毛器」 の3種類です。 肌への負担という点に注目すると「フラッシュ式家庭用脱毛器」が最も肌にやさしい家庭用脱毛器です。
フラッシュ式とは

脱毛サロンでも使っている光を使った脱毛方法を搭載しています。 光脱毛と呼ばれる方法で、痛みが少なく肌が敏感な方でも利用することが可能です。

レーザー式とは

レーザー脱毛と呼ばれるレーザーを使った脱毛方法です。 レーザー脱毛は脱毛クリニックでも使われている方法ですが、効果が高い分、痛みもあるため注意が必要です。 光脱毛よりも強力な脱毛方法です。

バルジ式とは

20万円ほどする高級な家庭用脱毛器です。 毛根付近にいるムダ毛を生成する組織自体に攻撃するため、根本的にムダ毛を処理できます。

このバルジ式は、高価という点も含めてあまりおすすめできません。 なぜなら、効果がはっきりしないためです。 それぞれいい点と悪い点がありますが、敏感肌の人におすすめなのは「フラッシュ式家庭用脱毛器」です。 この注意点に注目してみると、おすすめの家庭用脱毛器はいくらかしぼれてきます。 さらに、最初に案内したポイントも含めると、「顔脱毛ができる」「詳細な設定ができる」フラッシュ式家庭用脱毛器が、敏感肌の方にはおすすめです。 しかし、使ってみて自分に合わない場合には、使用を控えましょう。 販売されている家庭用脱毛器の中から、おすすめの敏感肌専用の家庭用脱毛器を調べてみると、「ケノン」が最もおすすめだということがわかりました。

敏感肌専用の家庭用脱毛器

家庭用脱毛器で、肌を傷つけないためにも「説明書は必ず読んで、説明書通りに使用」してください。 敏感肌におすすめの家庭用脱毛器ケノンは、肌の弱い人でも安心して使うことができる家庭用脱毛器です。 しかし、使いかたを守らなければ脱毛効果はでず、トラブルがおこる可能性はあります。 絶対に安全と過信し過ぎることなく、説明書通りの使用を心がけてください。 敏感肌におすすめの家庭用脱毛器「ケノン」は、家庭用脱毛器の人気ランキングでも上位に輝いている機種です。 敏感肌でも安心の「フラッシュライト式脱毛器」です。 交換式のカートリッジがあるため、部位に合わせたカートリッジでムダ毛の処理ができます。 顔への使用も問題なく使えます。 さらに、美顔スキンケアまで可能となっているので、スキンケアしながらムダ毛処理もできる家庭用脱毛器なのです。 価格は98,000円ですが、割り引きなどのキャンペーンも多いので、チェックしてみてはいかがでしょうか。 ケノンを安全に使うために、以下のポイントを守って安全に使用しましょう。
ケノンの使用ポイント

  1. 最初は低い照射レベルから使う
  2. 同じ場所への照射は一度だけ
  3. 使用前と使用後には脱毛箇所を冷却・保湿ケアをする
  4. 体長不良、日焼けなどがある際は使用しない

家庭用脱毛器で肌トラブルにあわないために

家庭用脱毛器は、便利なだけではなくわずかな危険性ももっています。 どの機械にも言えることですが、使用方法を守らないことでトラブルが発生してしまうこともありますよね…。 家庭用脱毛器で発生する可能性のあるトラブルといえば、
  • 火傷
  • かぶれ
  • 腫れ
  • 埋没毛
  • 毛穴の炎症
などがあげられます。 できるだけトラブルに遭遇しないためにも、使いかたをしっかりと守る必要があります! 最後に、家庭用脱毛器のトラブルに遭遇しないための回避する方法を紹介します。 基本的には、説明書通りに使用していれば危険はありません。 しかし、万が一…火傷などの肌トラブルが発生してしまったらどうすればいいのでしょうか。
火傷や腫れを予防するためにすること

照射レベルを自分の肌に合わせて調整しましょう。   照射レベルは、家庭用脱毛器の光やレーザーの強さです。   はじめて使う人は、一番低いレベルからあわせて少しずつ調整していくことで、トラブルは回避できます。   また、日焼けなどをした状態の肌に家庭用脱毛器は使うのは控えてください。

なぜなら、家庭用脱毛器の光やレーザーは、メラニン色素という黒い色などを狙っています。 つまり、日焼けした肌も攻撃を受ける可能性があるのです。
かぶれを予防するためにすること

使い方を守りましょう。   家庭用脱毛器は、同じ場所に使う回数は1回だけにしてください。   同じ場所に何回も照射すると、皮膚を過剰に攻撃してしまいます。   脱毛が終わったら、しっかりと肌をいたわってあげましょう。

脱毛行為自体が、皮膚に多大なダメージを与える行為です。 徹底的なスキンケアをすることで、予防することが可能です。 ムダ毛の処理で肌にかかる負担が大きいまま放っておくと、埋没毛が発生してしまいます。
埋没毛とは 肌の奥に埋まってしまった状態のムダ毛のこと。
脱毛後、赤いポツポツが出てくる場合は「毛穴の炎症」が原因です。 これは、皮膚のバリアー機能が光によって落ちてしまうことで、炎症する現象です。 発生してしまったら、放置することなく市販薬でまずは様子を見ましょう。 市販薬で改善が見られない場合や、不安があるときは、病院を受診してください。

脱毛クリニックおすすめランキング!
医療脱毛クリニックおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキング
脱毛サロンおすすめランキングTop10!人気18店を厳選比較&口コミ紹介
メンズ医療脱毛クリニックおすすめランキング
通い放題プランがサロン・クリニック
全身脱毛通い放題は料金で選ぶと失敗する!回数無制限プランがある5つの脱毛サロンを徹底比較
安いおすすめ医療脱毛クリニック!
医療脱毛はキャンペーンで体験できる?安く医療脱毛するコツを解説!

家庭用脱毛器『ケノン』の特徴や注意点
ケノンの特徴と効果
  • この記事を書いた人

のぞみ

大学時代はムダ毛を自己処理していたが、肌荒れなどに悩み脱毛に興味を持ち、就職後に脱毛サロンのキャンペーンで激安だったワキ脱毛を行うと、その後の快適さにとても感動しました。
他の部分も脱毛したくなりましたが、全身脱毛をする余裕がなかったため、手軽にできる家庭用脱毛器を色々と調べて使ってみることに。
セルフ脱毛を開始して肌荒れの心配が無くなると、他の美容法にも興味を持ち、話題の美容方法を実際に試す内に、社内で美容番長と慕われ始め、自然と同僚達に色々な相談をされて情報を教えるようになっていきました。
頼られることが嬉しくなり、更に脱毛や美容法などを調べどんどんと詳しくなったので、どうせならと、美容に興味がある女性達に向けた記事をスラリカで執筆しています。
初めての方にもわかるような記事を心がけて執筆しているので、読んでみてくださいね!

-家庭用脱毛器