家庭用脱毛器

家庭用脱毛器のビフォーアフター:十分すぎる脱毛効果とメリット・デメリット

家庭用脱毛器のビフォーアフター

家庭用脱毛器は、自宅で手軽に脱毛できるのが魅力です。
でも本当に

  • 脱毛効果があるのか
  • ツルツル肌になるか

など、気になるのが正直な気持ち。

そこで

  • ビフォーアフターの経過写真と脱毛効果
  • 家庭用脱毛器のメリット・デメリット
  • 家庭用脱毛器の注意点

などを分かり易く解説します。
経過写真は、ワキやうなじ、VIOなど部位ごとに画像を掲載
家庭用脱毛器の脱毛効果がどの程度か、あなたが気になる部分で確認できます。

特にデリケートゾーンは、お店でスタッフに脱毛して貰うのは恥ずかしい部位ですよね。
家庭用脱毛器を使えば、あなたが自分でVIO脱毛できることが分かります。

写真で比較:家庭用脱毛器の脱毛効果と照射回数

写真で比較すれば、家庭用脱毛器の脱毛効果は簡単に確認できますよね。
照射回数も掲載するので、どのくらいで満足できそうか参考にしてください。
家庭用脱毛器なら、照射回数はあなた次第でいくらでも増やせるから便利です。

家庭用脱毛器を使ったビフォーアフター

両ワキ脱毛の経過と脱毛効果

写真1写真2写真3
照射回数はエピレタで16回以上照射回数はPHILIPSで16回以上照射回数はブラウンで16回以上

写真1~3は、まだ満足できていないビフォー・経過画像です。
ある程度はキレイになっていますが、まだまだ毛穴が目立つのが気になりますね。

写真4写真5写真6
照射回数はケノンで16~20回照射回数はケノンで11~15回照射回数はスムーズスキンで21~25回

写真4~6は、ワキ脱毛に満足できたアフター画像です。
照射回数にはバラツキがあるものの、キレイなツルツル状態になっているのが見て取れます★

両ワキは自己処理の頻度も多いけど、家庭用脱毛器でその手間は減らせるんです。
毛量などにもよりますが、回数的には20回前後の照射で満足し始めることが分かります。

腕脱毛の経過と脱毛効果

写真7
照射回数はミュゼプラチナム S.S.C.エピフォトスキンケアプロで9~10回

写真7は、腕脱毛の途中経過の画像です。
照射回数はまだ9~10回ですが、結構キレイになっていますよね。
あくまでも、少しだけ産毛が気になるかなぐらい。

写真8
照射回数はスムーズスキンで21~25回

写真8は腕脱毛に満足できた、アフター状態の画像です。
産毛も気にならず、ツルツル肌になっていることが分かります。
照射回数は25回程度ですが、腕のうぶ毛は家庭用脱毛器でもこれだけキレイになるんです♥
肌の色味も明るく見えるから、これなら自信をもってノースリーブなどが着られますね。

足脱毛の経過と脱毛効果

写真9
照射回数はエピレタで16回以上

写真9は家庭用脱毛器を16回以上照射した、経過段階の画像です。
うぶ毛もまだまだ気になりますし、毛穴が目立っていることが分かりますね。

写真10写真11
照射回数はケノンで6~10回照射回数はBRAUN シルクエキスパートで21~25回

写真10~11は、足脱毛に満足したアフター段階の画像です。
写真10は回数が6~10回ということもあり、部分的にうぶ毛が気になるかも。
だけど目立つ毛穴もなくなっているし、これだけツルツルになっていれば満足ですよね。

写真11は21~25回の照射後だけあり、更にキレイなツルツル肌になっています☆
このように家庭用脱毛器でも、30回もかからずに気になるすねの産毛はキレイになるんです。

うぶ毛脱毛が完了すると脚が細く見えますし、明るくなるから素足に自信が持てるようになります。
もちろんもっと毛の薄い太ももなども含め、脚全体がツルツル肌になるから安心してください。

うなじ脱毛の経過と脱毛効果

写真12写真13
照射回数はエピレタで16回以上照射回数はケノンで16回以上

写真12~13は、うなじの脱毛前~経過途中の画像になります。
回数的に16回以上照射した経過写真ですが、写真12はまだうぶ毛や毛穴が分かる状態。
このままヘアスタイルをアップにしておくと、首回りの印象がぼやけて太く見えますよね。

写真14
照射回数はケノンで5回以下

写真14は、うなじの脱毛に満足したアフター画像です。
家庭用脱毛器なので、デザイン的にきっちりとはなっていません。
でも余計なうぶ毛が無くなっているため、襟足が見えても気にせずに済む状態です。

自分で照射する家庭用脱毛器だと、部位によっては当てにくいことがあります。
だけど自然な形で良いなら、家庭用脱毛器でキレイなうなじに出来るんです。
ビフォーアフター写真を見れば、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通わなくても良いことが確認できます。

VIO脱毛の経過と脱毛効果

写真15写真16写真17
照射回数はエピレタで16回以上照射回数はミュゼプラチナム S.S.C.エピフォトスキンケアプロで11~12回照射回数はケノンで5回以下

写真15~17は、それぞれVIO脱毛の途中経過の画像です。
Vラインの周辺部はある程度薄くなっているものの、まだ自己処理で剃らないと気になる状態。

デリケートゾーンは太くて硬めの毛が多いため、家庭用脱毛器の脱毛効果に心配があるかもしれません。
だけど家庭用脱毛器でも、脱毛効果を実感出来ると、VIO脱毛に関するアンケート調査で確認できした。

りほ/40代
使用脱毛器:ケノン

VIOラインは1年経ってようやく少なくなってきたなと感じました。ほぼ自己処理しなくても良い状態です。

VIO脱毛は、脱毛店だと恥ずかしい部位。
無理に脱毛専門店に通わなくても、自宅でVIO脱毛は出来るので安心してください。

ボディ部分の脱毛の経過と脱毛効果

写真19写真20
照射回数はエピレタで16回以上照射回数はエピレタで16回以上

写真19~20は、ボディ部分の途中経過画像です。
どちらも16回以上の照射後だけに、既に殆どの産毛が気にならない状態。

そもそも男性と違い、女性の胸毛やデコルテなどは産毛ばかり。
まだ少し気になるとしても、背中も含めて満足しても良いほどの脱毛効果が見て取れます。

ボディ部分は範囲が広いだけに、シェービングをすると大変です。
でも産毛ばかりだから、家庭用脱毛器でもキレイなツルツル肌になるから安心してください。

家庭用脱毛器でも、キレイなツルツル肌になるんですね!

産毛はもちろん、Vライン周辺の剛毛もキレイにできるのよ。

家庭用脱毛器でも想像以上の効果

様々な部位で、家庭用脱毛器のビフォーアフター写真を比較してきました。
見て分かるように、どの部位でも想像以上に脱毛効果はあるんです!
毛穴の目立たないツルツル肌にしたいなら、わざわざ脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通う必要はありません。

そもそも

  • 脱毛ラボ:脱毛ラボ ホームエディション
  • シースリー:シースリーGT HOME
  • ミュゼプラチナム:ミュゼプラチナム S.S.C.エピフォトスキンケアプロ

のように、脱毛サロンからも家庭用脱毛器が発売されています。
しかもお店と同じ脱毛方式を採用しているのがウリの機種もあるほど。
だからわざわざお店に通わなくても、家庭用脱毛器でも満足できて当然ですよね♥

お店に通うとなれば、施術中や施術後に勧誘を受けることがあります。
でも家庭用脱毛器なら、勧誘の心配が無いから安心なんです。

ただし、家庭用脱毛器にも色々な機種があります。
その為、安い商品を選ぶと、期待通りの脱毛効果が得られない可能性があるので注意してください。
上述した脱毛サロンの機種や、口コミでの評価が高いケノンなどがおすすめです。

信頼できる商品を選ばないと、想像以上に照射回数が多くかかることも。
掲載したビフォーアフター写真には、その時点での照射回数も記載しています。
こういった情報も参考にして、家庭用脱毛器を選ぶことが大切。
上記脱毛完了までの照射回数などからも、イチオシはケノンです。

家庭用脱毛器も色々あるけど、信頼できるメーカーの機種がおすすめよ。

VIO脱毛も気軽に出来る!家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器には、メリットの他にデメリットがあります。
どちらとも理解・納得してから購入すると、後悔しなくて済むから安心です。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットには、

  • いつでも気軽に照射できる
  • VIO脱毛も恥ずかしくない
  • 照射回数を気にしなくて済む

などがあります。

いつでも気軽に照射できることは、仕事や育児で忙しいあなたに嬉しいメリットですよね。
空いた時間を使えるし、一度に全身脱毛する必要もありません。
何度かに分けるのも自由だから、無理なく気になる部分の脱毛が出来ます。

もちろん生理になっても、予約をキャンセルする必要なし。
次の予約が取れずに、途中経過のまま放置という心配がありません
VIO脱毛があなたの都合に合わせてできるから、生理が不安定でも安心です。

自分で脱毛器を扱うため、デリケートゾーンなどに照射する際も恥ずかしくないのもメリット。
VIO脱毛に関するアンケート調査でも、

かな/40代
VIOは家族やパートナー、親しい友人と温泉に行った時くらいしか見せたことのない部分なので、施術する際に長時間見られたり処理されるのが恥ずかしく固まってしまい、スタッフの方に緊張しないで(笑)と緊張をほぐすために優しくいわれてしまい、余計恥ずかしくなってしまいました。
こっちゃん/30代
スタッフさんは慣れているから何ともないのでしょうけど、VIOは本当に恥ずかしいです。
Oは特に2人がかりで箇所を広げてされるので恥ずかしく、反射的におしりに力が入ってしまい、力抜いてくださーいと言われるのが恥ずかしい。

といった意見もあるほど。
だけど家庭用脱毛器を使えば、VIO脱毛も気軽に出来ます。

そして家庭用脱毛器は、好きなだけ照射できるのがメリット。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックだと、契約回数で終わりです。
しかも部位ごとに決まった回数だと、毛深い部分だけ足りないということも。
追加照射には費用がかかります。
その為、毛が残っていても、プラン終了段階で我慢してしまう女性もいるんです。

家庭用脱毛器なら、照射回数に決まりはありません。
気になる部分に好きなだけ照射できるので、コスパの良さは大きなメリット!
毛深さなどは、個人差や部位によっても変わります。
家庭用脱毛器は自由に照射できるから、満足度の高い脱毛方法です。

生理になっても別日にすればいいだけだし、家庭用脱毛器は安心感がありますね。

予約の必要がないから、ペナルティ料金の心配もないのよ。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは、

  • 手が届かない部分が大変
  • 照射回数が多くなりやすい
  • 永久脱毛にならない
  • 粘膜部分には照射できない

などがあります。

自宅で脱毛できる手軽さは魅力ですが、その代わり手が届かない部位への照射が大変です。
家族や彼氏などに頼む必要があるため、背中なども含めた全身脱毛が難しいのはデメリット。
もし手伝う人がいないなら、脱毛サロンや医療脱毛クリニックが便利です。

医療脱毛クリニックとは違い、家庭用脱毛器の照射出力は弱くなります。
その結果、満足できるまでの照射回数が多くなりやすいのがデメリット。
家庭用脱毛器にも、一部レーザータイプがありますね。
だけど出力は弱いので、医療脱毛とは違うから勘違いしないでください。

ただ、医療脱毛クリニックも、通えなければ意味がありません。
家庭用脱毛器なら、ちょっとした空き時間で照射できます。
回数は多くなっても、脱毛完了させやすいから安心です。

出力が弱い為、永久脱毛にはなりません。
更にVIO脱毛は出来ますが、粘膜部分には照射出来ない機種が殆どなのもデメリット。
ただし、これはどちらも脱毛サロンも同じですよね。

家庭用脱毛器なら、もし毛が伸び始めて気になってもすぐに追加照射ができます。
手軽さを比較すれば、脱毛サロンに通うより便利
でもあなたがハイジニーナにしたいなら、医療脱毛クリニックがおすすめです。

自分でやるから、部位によっては手が届かないのよ。

背中ぐらいなら、家族にも頼みやすいから気になりませんけどね。

家庭用脱毛器ビフォーアフターの注意点

家庭用脱毛器を使用する際には、注意しておくべきことがあります。
購入して説明書を読めば、書かれていることも。
でも事前に知っておくとで、家庭用脱毛器が向いているかどうか判断しやすくなりますよ。

照射する前の注意点

照射前の注意点としては、しっかりと照射部位をシェービングしておくことが大切です。
サロン脱毛や医療脱毛も同じだから、家庭用脱毛器だけの注意点ではありませんね。
シェービングは、電気シェーバーを使うのもポイント。
普段の自己処理と違い、カミソリや毛抜きは使わないように。

照射部位は保冷剤などを使って、脱毛直前に冷やしてください。
業務用脱毛器には、照射ヘッドに冷却機能が搭載されているものもあります。
だけど家庭用脱毛器の場合は、あなたが自分で冷やさなければなりません。
冷えた肌に照射すると、痛みも抑えられるからおすすめなんです。

照射部位を直前に冷やすだけでも、痛みの感じ方が変わるのよ。

照射する際の注意点

照射時の注意点としては、照射漏れが起きないようにすること。
家庭用脱毛器は業務用脱毛器と違い、照射範囲が狭い機種が多いんです。
だから焦らずに、確認しながら脱毛することが大切。

脱毛サロンでも、スタッフの技術が低いと打ち漏れがあって部分的に毛が残ってしまうことがあります。
家庭用脱毛器の場合、打ち漏れがあっても追加照射が手軽にできるから安心です。

ケノンのエクストララージカートリッジのように、照射範囲が広いと短時間で効率的に脱毛できます

そして照射する際は、出力レベルは強めがおすすめです。
痛いのが苦手だと、出力を弱くしたくなりますよね。
でも出力を下げると、それだけ脱毛効果が実感しにくいのが問題。
我慢できる無理のない範囲で、出力を強めると短期間で脱毛効果が実感できます。

脱毛店と違って、照射漏れがあっても気軽にやり直せるから安心です。

照射した後の注意点

照射し終わった後は、また保冷剤などで冷やすことが大切です。
脱毛後の冷却は毛穴を引き締め、雑菌の侵入や炎症を抑える効果が期待できます。

その後は、肌の保湿をしっかりと行ってください。
家庭用脱毛器の出力は弱いものの、減毛・除毛効果があるレベル。
肌トラブルを抑えるためにも、保湿が大切です。

照射頻度は説明書通りにして、次の脱毛は毛周期を考えて行ってください。
同じ部位に毎日のように照射しても、脱毛効果が劇的に上がったりしません。

家庭用脱毛器には寿命があるので、照射回数は確認しておくこと。
機種によっては、交換カートリッジがあります。
ただし、家族全員で使ったり、中古で購入しなければ心配ありません。
なぜなら女性一人なら、全身脱毛を行っても寿命に余裕があるからです。

脱毛前後の両方で冷やすんですね。

脱毛後の冷却は、肌トラブルを避ける為にも大切なの。

家庭用脱毛器なら忙しくてもキレイな肌になれる

仕事や育児などがあると、忙しいから脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うのが難しいですよね。
だから諦めて、セルフケアでムダ毛を剃っていたかも。
でも家庭用脱毛器を使えば、空き時間を使って脱毛できるから便利なんです♡

医療脱毛と違い永久脱毛にはなりませんが、それは脱毛サロンも同じこと。
ビフォーアフター写真を見て分かるように、シェービングと違って毛穴が目立たなくなります
家庭用脱毛器でも、キレイなツルツル肌になるから安心してください。

家庭用脱毛器の種類が増えている中で、大切なのは信頼できる機種を選ぶこと。
脱毛サロンがプロデュースした機種もありますが、おすすめは口コミが多いケノンです。
ケノンは交換カートリッジの種類も豊富だし、VIO脱毛にも対応しています。
脱毛店だと恥ずかしいVIO脱毛が、自宅で出来るから満足度の高い脱毛方法です。

-家庭用脱毛器