ひげ脱毛おすすめ人気ランキング

【ヒゲ脱毛の痛さの正体とは?】今後の通い方が変わる!痛み軽減方法最新版も徹底解説!

【ヒゲ脱毛の痛さの正体とは?】今後の通い方が変わる!痛み軽減方法最新版も徹底解説!

 ヒゲ脱毛の痛さって実際どれくらいなの?よく「痛すぎる」という事もよく聞くんだけど、どれくらい痛いとか詳しく知りたいな。
 わかった!僕もヒゲ脱毛に通って痛みを感じた一人だから、詳しく解説していくね。

ヒゲ脱毛の痛さは尋常じゃない、痛すぎるという口コミなども見たことがある人も多いと思います。

実際に人によって痛みの感じ方は違いますので一言では言えない部分ですが、痛いと感じる人が多いのは間違いない事です。

しかし、ある程度の痛みを事前に知っておくことや痛みの原因を知る事で事前に覚悟・事前準備ができますので痛みを軽減できる可能性もあります。

当記事では実際の痛みについて“利用者の声”を紹介しながら具体的にイメージできるように解説していきます。解決方法や治療方法別での痛みについても取り扱いますので。これからどこのなんの脱毛をするか悩んでいる方、通い始めて痛みを少しでも軽減したい方は是非最後までご覧ください。

ヒゲ脱毛の「痛さ」はどれくらい?

 

実際、どれくらい痛いのか

「ゴムで弾いた時に感じる痛み」
このようにヒゲ脱毛の痛さの例えを聞いたことがある人も多いと思います。

その他の例としても

・細い針で刺されたときの痛み
・静電気が走るときの痛み
・髭脱毛→タトゥー→踝骨折→ピアス→親知らずの抜歯。

のように感じる人もいるようです。

「耐えきれないほどではなさそう。」
「痛くなさそう。」
そう感じた方も多いかもしれません。ただ、実際は人それぞれ、肌の質(敏感肌など)や毛の量、毛の濃さ、肌色などによって痛みには個人差があるので、先ほど紹介した痛みどころではすまない強い痛みを感じる人も多いようです。

「ゴムで弾いた痛みというが、実際はそんなもんじゃない」
「涙が出るほど痛かった」
「悶絶した」

このようにヒゲ脱毛の痛さを表現している人も少なくないようです。脱毛の中でもヒゲ脱毛とVIO脱毛が最も痛いとされています。

ゴムで弾いたレベルらしいと軽く見過ぎると実際痛かった時の落差が大きくなってしまいますので、かなり痛いのかもしれないという覚悟を持っておくことが必要です。

もちろん痛い事に抵抗があるのは皆さん同じかと思いますが、それを乗り越えた時の脱毛のメリットをしっかり押さえておきましょう。「良薬は口に苦し」「何かを得るときは何かを失う」というように痛いということは何かを得ようとしているからです。

逆に言うとヒゲ脱毛の痛さが全くない方が脱毛効果が期待されにくい可能性があるという事!「ヒゲ脱毛の痛さ」は実は悪いことばかりではないのです!

 ヒゲ脱毛で大事なのは「ネガティブに捉えすぎない事」だね!
 そんなに痛さがあるのか~。少し抵抗はあるけど、事前に知る事ができて良かった。。。
 よかったよ!これから実際の声やなぜそうなるのかもう少し具体的に解説していくから、知るだけではなくてより良いヒゲ脱毛をするためにも参考にしてみてね!

 

「痛すぎる?」実際に脱毛した人の感想を紹介!

ここではTwitterにてヒゲ脱毛の痛さについてレポートがあったものを紹介します。

実際の声や、表現をそのまま使っていますので是非参考にしてみてください!

「ヒゲ脱毛効果すごいしまじで清潔感増すんだけど、照射されてる最中は来たことを後悔するくらい痛い。」

「ひと昔はレーザー脱毛が男が奴やるなんて物珍しいものだったけど、若い人中心に当たり前になってるのを見ると、時代だなぁ〜て感じますなぁ😌ということで時代を感じるためヒゲ脱毛に行ってきました笑
痛過ぎて涙目に😭」

「ヒゲ脱毛2回目終わり。1回目よりだいぶ痛くないわ。まだ痛いけど。」

引用:すべてTwitterより

やはり、「涙目になるほど」「後悔するほど痛い」というほどですので「ゴムで弾かれた時」というレベルで認識していてはギャップが大きそうです。

ヒゲ脱毛の「痛さ」特に痛い部位と特徴

同じ脱毛でも脱毛箇所によって「痛さ」は全く異なります。

理由としてはヒゲの密集度合や、皮膚の薄さによるもの。ヒゲ脱毛をするときも部位別にしてもらうこともあると思います。しっかりと特徴を捉えておくことで、対策に繋がるので要チェックです!

 

ヒゲ脱毛の痛さ第一位【鼻下】

ヒゲ脱毛で感じる痛さの第一位ともいわれる【鼻下】
ヒゲ脱毛の中でもかなり毛が密集していることに加えて、皮膚が薄い為痛みを感じやすいのです。皮膚の薄さは神経が刺激されやすいという特徴があり、とくに痛みを感じる部位とされています。

涙目になるほどの痛みの第一候補と言えるでしょう。

しかし、【鼻下】のヒゲ脱毛は密度は高いものの、範囲としては少な目です。ですので施術時間が短くなる事も多いため、長期的な痛みではなく短い時間の痛みとなるので、我慢しやすい部位でもあることも事実です。

 

ヒゲ脱毛の痛さ第二位【顎・顎下】

ヒゲ脱毛で感じる痛さの第二位ともいわれる【顎・顎下】
顎や顎下は他の部位よりも毛が太く・濃いといわれています。
脱毛の治療は、毛のメラニン色素にレーザーが反応して脱毛する仕組みですので、毛が太く・濃いことによってより痛みを感じやすいという仕組みになっています。

そのため、毛が太く濃いあごやあご下は強い痛みを感じる部位ですが、鼻下よりも痛くないといわれています。

また、顎や顎下は脱毛範囲が広く、痛みを感じる時間は長くなると覚えておきましょう。
 

ヒゲ脱毛の痛さ第三位【頬・もみあげ】

最後が【頬やもみあげ】人によってかなり毛の多さや濃さは違いますので痛みをほとんど感じないという人もいるでしょう。

頬は、鼻下や顎と比べて毛が密集していない為、ヒゲ脱毛の中では痛みの感じにくいほうです。しかしながら骨の近さによって熱さを感じることがあったり、ヒゲが濃く、密集している方は【鼻下】や【顎・顎下】と同様の痛みを感じます。

顎や顎下同様、脱毛範囲が広く、痛みを感じる時間は長くなると覚えておきましょう。

ヒゲ脱毛のランキング【まとめ】

ヒゲ脱毛の中でも、とくに痛みを感じやすい部位は、ヒゲとVIOです。
これと同様にヒゲ脱毛の中でも痛みを感じやすい部位とそうではない部位は存在します。これらは毛質や毛量、肌質など個人差はあるものの、事前に痛さ対策する参考となりますのでこれからヒゲ脱毛する人は必ず振り返るようにしましょう!

ヒゲ脱毛に痛さが伴う部位ランキング

ランキング部位理由
第一位鼻下毛が密集&皮膚が薄い
第二位顎・顎下毛が多く太い
第三位頬・もみあげ毛が密集する場合&熱を感じやすい
 部位の違いもあるのか。実際にお店に行くときはどんな順番でヒゲ脱毛するのかチェックしておくと良さそうだね!
 そうだね!わかっておくと事前に心の準備もできるよ!この後の脱毛方法別の痛さについても理解しておくと、より準備ができるようになるよ!

ヒゲ脱毛の「痛さ」脱毛方法別に紹介

これまでも紹介してきた通り、ヒゲ脱法の方法は大きく三つあります。

①医療脱毛(医療レーザー脱毛)
②美容電気脱毛(ニードル脱毛)
③光脱毛(フラッシュ脱毛)

■各ヒゲ脱毛の方法の効果と痛さについて

手法脱毛効果痛さ
医療脱毛高い
永久脱毛〇
痛さが強い
(麻酔などでの軽減が可能)
美容電気脱毛高い
永久脱毛〇
痛さがかなり強い
光脱毛薄い/抑毛痛さは軽い

これらは方法別で痛さにも差があります。ヒゲ脱毛の方法を選ぶ際でも、実際に自分が受けている施術についてより深く知る為にもご覧ください。

 

医療脱毛(医療レーザー脱毛)

医療機関でしか扱うことのできないもので、
毛根のメラニン色素を破壊する治療】をしますので、医師または看護師が担当します。レーザーで毛根にダメージを与えるため少ない回数で永久脱毛したい方にはおすすめです。

脱毛効果が高い分、痛みを感じやすい方法になります。

 

美容電気脱毛(ニードル脱毛)

こちらは【毛穴に針を刺し電気を流す事で毛根にダメージを与える治療】です。
抑毛も期待はもちろん、永久脱毛も期待できる脱毛法です。

器具を毛穴に挿入して電流で「発毛組織を低下」させる方法ですので脱毛直後から脱毛効果を感じやすいというメリットとともに痛みはかなり感じやすい方法。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

医療機関ではなくクリニックで受けられることからサロン脱毛とも呼んだりします。【肌に光を当てる事でメラニン色素を少しずつ破壊する治療】なので毛根への作用が弱い為、通う回数なども多くなってしまう分、肌への負荷も少なくて済むため痛みも少なくて済む方法です。

ただ、医療レーザーや美容電気脱毛のような永久脱毛効果はなかなか得られにくかったり、通い回数が多くなるという特徴があります。

 痛みをとるか、脱毛効果をとるかという事か。。。
 そうだね!全員がツルツルにしたいということでもないはず。痛みだけで方法を決めるのではなくて、自分がヒゲ脱毛をなぜしたいのかという理由(目的)が大事だね!

ヒゲ脱毛の「痛さ」を感じる理由は?

ここまで、ヒゲ脱毛の「痛さ」について、部位別や方法別に特徴を紹介してきました。ここからはそもそも「なぜ痛さを感じるのか」理由について解説していきます。

部位別のイメージ・方法別のイメージを湧かせた後だと、より理解が深まるので、まだ見てない方は少し前章を見てから参考にしてみてください!

ヒゲ脱毛の「痛さ」理由一覧

①顔には神経が密集しているから/緊張するから
②ヒゲは口の粘膜の周りだから
③ヒゲは他の体毛よりも太くて毛根も深いから
④皮膚が薄いから
⑤肌が乾燥しやすいから

すべて当てはまる人もいれば、一つのみ当てはまる場合でも痛さを感じやすいという事になります。一つ一つ解説していきますのでしっかりチェックしていきましょう!

 

ヒゲ脱毛が痛い理由①顔には神経が密集しているから

顔には脚や腕に比べて、細い神経を含む数多くの神経が通っています。その為ヒゲ脱毛時はレーザーの照射による痛さを感じやすくなっています。

また、施術時の【緊張】や痛みを意識すると、顔に神経を集中させてしまいます。
神経が集中した状態は通常よりも痛さを感じることになります。このようにメンタル面が原因となって、痛さを感じやすくなることも覚えておきましょう。

 

ヒゲ脱毛が痛い理由②ヒゲは口の粘膜の周りだから

ヒゲは口の粘膜の周りになるので、特に神経が集中しています。
よって他の部位よりも痛さを感じやすいという特徴があるのです。

 

ヒゲ脱毛が痛い理由③ヒゲは他の体毛よりも太くて毛根も深いから

三つ目はヒゲの濃さ・深さ。
男性の顔周辺は毛が濃く、剛毛の人が多い作りになっています。毛が濃く密集している場所は、とくに痛みを感じやすくなるため痛みを感じやすいのです。

もちろんヒゲが薄い人はいますが基本的に他の部位よりもヒゲは太く・深い毛であるからこそ痛みを感じると覚えておきましょう。

 

ヒゲ脱毛が痛い理由④皮膚が薄いから

4つ目は顔の皮膚が関係します。顔の皮膚は薄く、痛みやかゆみに敏感です。

薄く敏感だとレーザーや熱などの刺激が内部へ直接伝わりやすくなります
身体と同じパワーで脱毛をしたとしてもヒゲ脱毛の方が痛さをより強く感じるようになっているのです。

 

ヒゲ脱毛が痛い理由⑤肌が乾燥しやすいから

最後は「顔は乾燥しやすいから」です。
乾燥しやすいと外部ダメージを受けやすい状態になります。

ですので乾燥している状態だと、レーザーなどを受けた時、ダメージを受けている状態になるので、出力が強いほど痛みを感じやすいという事です。

 僕は乾燥肌だから痛みを感じやすそうだな。。。
 そうなんだね。たしかに痛みを感じやすいかもしれない!ただ、ここから解説する「痛さを軽減する方法」をしっかりチェックすれば少しは痛さを軽減できてリラックスして受けることができるよ!
 ありがとう!確認して実践してみる!

ヒゲ脱毛の「痛さ」を軽減する方法

ヒゲ脱毛の痛さを軽減する方法は様々な情報があると思います。ここでは様々な情報を網羅的にかつ具体的にお伝えしていきます!
他のサイトのものがまとまったのがこの章の解説ですので是非ブックマークなどいただけるといつでも見返せますので活用ください!

ヒゲ脱毛の「痛さ」軽減方法一覧

①お肌の乾燥対策をする
②日焼け対策をする
③麻酔を活用する
④ヒゲ処理を前日/当日に行う
⑤前日~お酒は控える
⑥サロンで光脱毛を受ける

それでは順番に解説していきます!

 

「痛さ」軽減方法①お肌の乾燥対策をする

先ほど解説した通り、乾燥が痛さの原因となる事がありますので、ヒゲ脱毛をする当日は特に化粧水などで保湿することを推奨します。

大事なのが、乾燥対策や事前の肌ケアは「化粧水や乳液」などの外からのケアはもちろんですが睡眠や食事、生活リズムなども肌への影響は大きいです。
内からもケアをすると痛みが軽減したり、肌荒れも減りますのでヒゲ脱毛にはかなり効果的なのです。

 

「痛さ」軽減方法②日焼け対策をする

二つ目は日焼けをしないという事。
日焼けはメラニン色素が肌に増えてしまいます。これによりヒゲの黒さと肌の黒さに脱毛器具が反応し、火傷になる可能性もあります。

結果的に痛さにつながる事がありますので、特に夏場は日焼けをしないように気を付けましょう!

ちなみに日焼けを防止することは乾燥肌を防ぐことや脱毛効果を高めることにもつながります。一石三鳥のこの対策、是非実践しましょう!

 

「痛さ」軽減方法③麻酔を活用する

クリニックの場合ですが、麻酔を購入することができます。
種類としては「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」などがあります。
(より麻酔が強いのは「麻酔クリーム」)
一時的ではありますが施術時の痛さはかなり軽減できますので痛みに敏感だったり大きな不安がある方は購入しておくと良いでしょう。

 

「痛さ」軽減方法④ヒゲ処理を前日/当日に行う

ヒゲが伸びている状態だと、レーザーなどが反応して脱毛効果が低くなったり、火傷する危険性があります。

ですので前日もしくは当日にはヒゲ処理を行ってからヒゲ脱毛するようにしましょう。
ちなみに肌を傷つけないようにこの時はかみそりでヒゲ処理をするのではなく電動シェーバーを活用するようにしましょう!

 

「痛さ」軽減方法⑤前日~お酒は控える

ヒゲ脱毛の前後12~24時間はお酒を控えましょう。

アルコールの接種は血行促進などの効果もあり
乾燥肌(肌荒れ)になりやすかったり、かゆみや赤みなどの原因ともなります。

お酒が好きな人は2~3日我慢となりますがそれが痛さや脱毛効果に繋がると覚えておきましょう!

 

「痛さ」軽減方法⑥サロンで光脱毛を受ける

こちらはそもそもになりますが、痛みの一番少なく光脱毛(フラッシュ脱毛)に切り替えるというのも一つの手です。

医療脱毛・美容電気脱毛はいずれも脱毛効果は高いというメリットがある一方で、痛みを伴います。

ですので、永久脱毛が良い。ツルツルにしたいという場合ではなく「ヒゲ処理を楽いしたい」や「毛の生えるペースを抑えたい」という方は光脱毛でもニーズにはあっています。

改めて自分がどの方法があっているのか、【自身のゴールや目的を理解したうえで判断】することが良いでしょう!

 最後に本日の内容をまとめるよ!

ヒゲ脱毛の「痛さ」しっかりと事前予防で軽減できる!

ヒゲ脱毛の「痛さ」解説についてはいかがだったでしょうか?
「耐えきれないほどではなさそう。」という人もいれば「涙が出るほど痛かった」という人もいますので基本的なもの以外は、個人差はかなり大きい内容です。

しかしいずれにしても「良薬は口に苦し」「何かを得るときは何かを失う」です。

「ヒゲ脱毛の痛さはとんでもない。耐えられない」というネガティブば情報が一人歩きすることが多々ありますが痛み伴うと脱毛効果もより得られているというポジティブな情報がある事も忘れてはなりません。

とはいえ我慢をするだけなくしっかり部位別・方法別の痛みというものを理解したうえで事前準備しておくことで痛みは軽減できます。

改めて理由・軽減方法についておさらいしておきましょう。

ヒゲ脱毛の「痛さ」理由一覧

①顔には神経が密集しているから/緊張するから
②ヒゲは口の粘膜の周りだから
③ヒゲは他の体毛よりも太くて毛根も深いから
④皮膚が薄いから
⑤肌が乾燥しやすいから

ヒゲ脱毛の「痛さ」軽減方法一覧

①お肌の乾燥対策をする
②日焼け対策をする
③麻酔を活用する
④ヒゲ処理を前日/当日に行う
⑤前日~お酒は控える
⑥サロンで光脱毛を受ける

軽減方法をそのまま実践いただくこともおすすめですが、なぜそれが必要なのか、も前段で解説していますので「仕組みを理解する」ということにも努めてみてください!

高い脱毛効果を得ながら、少しでもリラックスしてヒゲ脱毛に臨める人が増えることを願っています!

-ひげ脱毛おすすめ人気ランキング

湘南美容リニック