ほくろ除去

ほくろ除去直後はどう過ごす?当日の過ごし方&注意点をまとめて解説

ほくろ除去のあとは丁寧なアフターケアが大切です!
施術直後からどう過ごすかによって傷跡の治り方は変わります。

この記事では、レーザー法・電気メス法と切開法、それぞれの当日の過ごし方注意すべきポイントを解説しています。

治療法によって注意するポイントが少し変わるので、どの治療法にすべきか悩んでいる人も要チェックですよ。

記事後半では、当日施術ができるほくろ除去のおすすめクリニック3つも紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

ほくろ除去した直後は安静第一!

ほくろ除去はどんな方法でも皮膚にキズをつけるから、術後は安静にしておくのが大切よ。

術後は出血することもある

ほくろ除去は主に炭酸ガスレーザー電気メス手術による切除法で行います。

どちらもほくろを削り取る・切り取る方法のため、多少の出血があることは想定しておきましょう。

患部は2週間ほどテープで保護しますが、傷が完全にふさがるまでは出血する可能性があります。

もし出血があれば拭き取って軟膏を塗り直し、再度テープを貼りましょう。
術後は血流を良くする運動飲酒を避け、傷に影響がでないよう過ごす必要があります。

術後の注意点を守らないと跡が残りやすい

クリニックで施術後に言われる注意点は、傷跡をきれいに治す重要なポイントです。

これを守らずに適当に過ごしていると、施術した跡がシミになったり赤みが残ったりします。

また、切除手術後は傷口を清潔に保たないと合併症を起こす可能性もあるので、より一層注意が必要です。

ほくろ除去の傷跡を治すには、どれだけ皮膚の治癒力を高められるかが鍵となります。
傷が治りやすい環境を作るために、注意点をしっかり守った生活を心がけましょう。

【レーザー法】ほくろ除去した当日に注意すべきポイント4つ

レーザー法だと術後もいつも通りに過ごせるって聞いたんだけど、そんなことないの?

レーザー法は切除法と比べて出血も少ないし肌の負担も軽いんだけど、気をつけなきゃいけない点はもちろんあるわ。ここではレーザー・電気メス法の施術当日に注意したいポイント4つを紹介するわね。

患部の日焼けを避ける

ほくろ除去後に日焼けすると、色素沈着やほくろ再発の原因になります。

術後の肌はとても敏感なので、できるだけ低刺激な日焼け止めを塗ったり、肌に直接触れない帽子や日傘で紫外線対策をしましょう。

また、傷がふさがってかさぶたになっても、赤みがなくなって完治するまでは対策必須です。

洗顔や入浴時は傷を濡らさないようにする

傷が濡れて雑菌が入ると、治りが悪くなったり膿んだりする可能性があります。

施術当日の洗顔・入浴はなるべく避け、どうしても行いたい場合は絶対に濡れない範囲だけ行うなど工夫しましょう。

もし濡れてしまったら、患部を軽く拭いて軟膏を塗ってから新しい清潔なテープを貼ってください。

翌日からはシャワーで軽く流す程度なら可能ですが、湯船に浸かるのは患部の腫れがなくなるまで我慢するのがベターです。

メイクはテープの上から行う

レーザー法でのほくろ除去は、当日からメイクが可能です。
ただし、患部に直接するのではなく、保護テープの上からメイクする形になります。

患部のメイクは10日〜2週間くらいでできることが多いですが、影響が心配なときには医師へ相談してみましょう。

過度な運動は避ける

術後の運動は可能ですが、激しい運動はなるべく避けることをおすすめします。

これは血流が良くなりすぎると、赤みがひどくなったり傷口から出血する可能性があるためです。

また、汗をかいて患部が濡れると雑菌が繁殖することも考えられます。
施術当日は汗をかかない程度の軽い運動に留めておきましょう。

【切除法】ほくろ除去した当日に注意すべきポイント5つ

次は切除法の注意ポイントを5つ紹介するわね。メスでほくろを切り取るから、レーザーよりも傷口が深くて縫合する場合もあるのが特徴よ。レーザー法よりも気をつけることが多いから要チェックね。

湯船には入らない

切除法でほくろ除去をした当日は、湯船に浸からないようにしましょう。

シャワーを浴びるなら傷口を濡らさないよう十分注意してください。

クリニックにもよりますが、翌日から石けん・シャワーで洗っていい場合と、抜糸まで患部を濡らさないよう言われる場合があります。

手術後の患部はとてもデリケートなので、医師からの注意事項をしっかり守ることが一番大切です。

運動しない

ほくろを切除して縫合している場合は、傷口が開かないよう慎重に行動してください。

とくに運動は、縫合糸が引っ張られると傷口が開いたり出血したりする恐れがあります。

出血防止のためには、

術後1時間以内の激しい運動
48時間以内の運動

これらは避けましょう。

切除法はメスを使った手術なので、術後はまず安静にすることが大切です。

お酒を飲まない

お酒は出血・痛み・赤みの原因になるので飲まないように注意しましょう。

当日はもちろんNGですが、術後2日くらいは避けるのが無難です。

傷をきれいに治したいなら、それ以降も飲み過ぎはしないようにするといいですよ。

メイクや洗顔は患部を避ける

切除法の場合、メイク・洗顔・化粧水などのスキンケアは患部を避けて行います。

細菌の繁殖を防ぐため、テープの上からのメイクもなるべく行わない方がいいでしょう。

手術後の患部にとってまず重要なのは、傷口をしっかりふさぐことです。
「どうしても傷跡が気になるので隠したい」という場合は、医師と相談しながら対策しましょう。

抜糸まで術後の状態を保つ

切除法の患部は、術後1週間程度で行われる抜糸まできれいに保つ必要があります。

それまでに患部を石けんで洗うかどうかはクリニックによりますが、基本的には肌をこすったり負荷をかけたりしないようにしましょう。

抜糸までに飲酒や運動などを行う用事がある場合には、事前に医師に相談しておくのがお勧めです。

診察時の様子によっては「傷口がふさがっていないので抜糸できない」なんてこともありますよ。

治療方法によって術後の注意点が違うんだね!知らなかった!

特に切除法は抜糸までの期間にいろいろ制限があるから、治療前に知っておくといいわね。施術法以外にもクリニックによって注意ポイントは変わってくるから、これはあくまで目安として覚えておいてね。

当日にほくろ除去ができるおすすめクリニック3選

最後にほくろ除去でおすすめクリニックを3つ紹介するわね。ここでは当日施術も可能だから、思い立ったらすぐに治療を受けられるわよ。

品川美容外科

品川美容外科では、

・炭酸ガスレーザー(5院限定)
・電気メス
・切開法

この3つによるほくろ除去施術が受けられます。
施術は1回5,000〜10,000円です。

品川美容外科は、BMC会員(Beauty Members Club : 入会費550円)に入ると全メニュー20%OFFで受けられる特典があり、かなり低価格で施術できるクリニックとなっています。

電気メスの施術なら1年間の保証制度がついているので、再発しても無料で施術できて安心です。

炭酸ガスレーザー電気メス切開法
対応院品川本院・新宿院
渋谷院・表参道院・心斎橋院
全院全院
価格(非会員)5,250円5,250円9,450円
価格(BMC会員)4,200円4,200円7,560円
保証制度なし1年間の再発は無料施術なし
予約方法ホームページまたは電話(0120-713-900:受付10~22時)で無料カウンセリングを予約

東京美容外科

東京美容外科では、アブレーションという特殊な電気メスを使った方法と切開法によるほくろ除去を行っています。

東京美容外科の施術は美容外科・形成外科で3年以上経験を積んだ医師のみが行うので、初めてでも安心して任せられますね。

また、術後のどんなトラブルにも対応する「術後安心保証」がついているので、再発してもまた治療してもらえます。

1回5,500〜8,800円とリーズナブルな価格で受けられるのも魅力的です。

アブレーション切開法
価格(1回1mm)5,500円8,800円
別途料金薬代なし
対応院青森・秋田・仙台・大宮・銀座・新宿・赤坂・品川・横浜・名古屋・大阪梅田・広島福山・福岡・沖縄・山口下関・佐賀・長崎諫早
保証制度あり(他院修正は料金20%アップ)
予約方法ホームページ・電話(0120-658-958:受付9~21時)・公式LINEで無料カウンセリングを予約

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、

・電気凝固法
・炭酸ガスレーザー法(熱海院のみ)
・切除法

でほくろ除去を行っています。

施術価格は1回数万円程度です。

聖心美容クリニックは、安心できる美容医療をモットーに、術前の十分な説明と同意やコンピュータシミュレーションでの術後イメージ確認を行っています。

また、完全予約制で他の人と顔を合わせることはなく、待合室も個室・半個室でプライバシーにかなり配慮されているのが特徴です。

とにかく安心して施術を受けたいなら、ぜひおすすめのクリニックといえます。

電気凝固法炭酸ガスレーザー全院
対応院全院熱海院のみ全院
価格(1回)10,780円(1mm)10,780円(1mm)85,800円(大きさで変更あり)
保証制度なし
予約方法ホームページ・電話(0120-911-935:受付9時半~20時、0120-773-566:夜間20〜23時のみ)・公式LINEで無料カウンセリングを予約

ほくろ除去したあとの注意点をおさえてキレイに治そう

ほくろ除去は施術したら完了ではなく、きれいに治すためのアフターケアが重要です。

治療法によって気をつけるポイントは異なりますが、

紫外線対策をする
患部を清潔に保つ
血流をよくする行為は避ける

この3つは共通しています。

ポイントをおさえて、正しいアフターケアで傷跡のないきれいな肌を作りましょう。

-ほくろ除去

小顔注射(BNLS neo)1