ハイフ

ハイフ(HIFU)は何歳からがおすすめ?年齢別で効果が変わる理由とは?

リフトアップや小顔効果、小じわ、肌質改善など嬉しい美容効果たくさんあるハイフ。「気になっているけど、何歳から始めるのがいいの?」と疑問に持っている人も多いと思います。

そこで今回、ハイフは何歳ら始めたらいいのか、年齢別で見るハイフの適応ついてご紹介したいと思います。合わせてハイフを受けられるクリニックもまとめましたので、気になる人
はぜひチェックしてみてください!

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフの施術イメージ

ハイフとは熱エネルギーで皮膚組織にダメージを与え、傷を癒す身体の仕組み(損傷治癒)を利用してリフトアップや引き締め効果が期待できる人気の施術です。

糸やメスを使わずに自然なリフトアップができるので、若い世代からたるみが気になりはじめる世代まで注目されています。

ハイフの魅力を簡単にご紹介します。

「切らないリフトアップ」として人気

ハイフは別名「高密度焦点照射式超音波治療」と呼ばれ、その名の通り高密度の超音波をピンポイントに照射します。

たるみの原因になる筋膜のたるみに熱を与えることで引き締めるため以下のような効果が期待できます。

ハイフで期待できる効果

  • 小顔
  • リフトアップ
  • 顎やフェイスラインの引き締め
  • 目元の小じわ
  • エイジングケア

リフトアップや小顔の施術としては、糸リフトや針を使用した施術などがありますが、「メスや針は抵抗がある」という人にハイフはおすすめです。

また、熱エネルギーは皮下組織に照射するため、周りにある皮下脂肪にも影響を与えます。
熱ダメージで脂肪細胞が破壊されるので自然と脂肪が減る痩身効果も期待できます。

一部クリニックでは顔だけではなく、痩身メニューとしてハイフを導入している店舗もあるんですよ。

周りにハイフをしたことがバレることは、あるんですか?

いいえ。ハイフは時間をかけて自然とリフトアップしていくので、周りには気づかれにくい施術ですよ。

ハイフが受けられる代表的な機器

ハイフが受けられるのは機器として以下のようなマシンが代表的です。

  • ウルセラ
  • ウルトラセルQ
  • ソノクイーン
  • ダブロ
  • ダブロゴールド

ウルセラは「ハイフの先駆け」として最初に登場した機器です。
出力が高くアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)に認証されている安全性が認められた機器。

効果が高い分、他のハイフ機器より痛みを感じやすいというデメリットがあります。

ウルトラセルQやソノクイーンなどの後発機器は、施術時の痛みを軽減できるメリットがあり、痛みに弱い人はウルセラより施術を受けやすいかもしれません。

その分、効果はウルセラより若干劣ると言われています。

どの機器がおすすめですか?

どの機器にもメリットがあります。自分のニーズに合った機器選びが大切ですよ!

ハイフは何歳から受けられる?年齢別で見るハイフの適応

ハイフはリフトアップ治療して人気ですが、何歳から受けられるか知りたい人が多いのではないでしょうか?

ハイフはたるんだ筋組織を熱エネルギーによって引き上げる治療方法です。そのため、「たるみ加減」によって得られる効果が変わります。

ハイフの適応は年齢別に異なるので、理解した上で受けるかどうか判断することが大切ですよ。

未成年(10代)は保護者の「同意書」が必須

ハイフに限らず10代の人が美容クリニックで施術を受けるには保護者の同意書が必要です。店舗によって年齢別に対応が異なりますが、一般的には「同意書+親権者の電話確認」もしくは「同伴」が必要な場合もあります。

10代の人で美容クリニックでの施術を検討している人は注意しましょう。

ハイフの適応ですが、そもそも10代は肌老化が始まっていないので、ハイフを受けても効果を感じられない可能性が高いです。

あくまで筋組織に高出力の熱エネルギーを与えるため、健康な皮膚組織に影響がでるリスクもあります。

若い人(20代前半)にハイフは必要?

ハイフの先駆けである「ウルセラ」は非常に機器本体が高額なことで知られています。そのため、施術料金も高く設定されていました。

他機種が登場してからは以前に比べてハイフの施術料金が下がり、若い世代でも受けられる料金になっています。
ただ、若い人のハイフ治療に対しては賛否が分かれているのが現状。

反対の意見

  • 「肌老化は20代後半からのため、ハイフをしても効果が薄い」
  • 「かかる費用と効果が釣り合わない」
  • 「将来的に老けて見える可能性がある」
賛成の意見

  • 「早い段階からエイジングケアができる」
  • 「たるみが出る前に予防できる」

リフトアップや小顔、アンチエイジングなどメリットが多いハイフですが、そもそも
「たるんだ筋膜にアプローチする治療」
なので、たるんでいなければ効果が出にくくなります。

肌老化は20代を入ったころから徐々に進んでいくと言われますが、実際は20代前半ならまだまだ肌老化とは無縁。
そのため思ったような結果が出にくい可能性があります。

クリニックによっては20代前半の人がハイフを希望しても、他の治療をおすすめされる可能性もあります。

ただし、肌状態は個人差があります。
20代前半でも肌のたるみが進んでいるならハイフは効果的です。

20代の肌がたるむ4つの原因

20代でも以下のような理由で肌のたるみが進行してしまうことがあります。

たるみの原因

  • 肌の乾燥
  • 表情筋の衰え
  • マッサージや美顔ローラーの使い過ぎ
  • 急激なダイエット

美意識の高い人は10代からマッサージや美顔ローラー、美顔器などを愛用しています。
適切に使えば美肌づくりになりますが、使いすぎると「摩擦」によって逆に肌ダメージを与えてしまう可能性も。

摩擦は肌のたるみを進行させてしまう大きな原因です。

現代社会はスマホやPCを使用する時間が長くなり、表情を動かす時間が少なくなっています。
そのせいで若くても表情筋の衰えから、肌がたるんで見えたりフェイスラインがぼやけてしまうことがあります。

他にも、肌がたるむ原因としては「急激なダイエット」も考えられます。
短い期間で一気に体重を落としてしまうと、皮膚が余りたるんで見えてしまうからです。

このように、20代前半でも上記にあげたような理由で肌のたるみが出てきたしまう人もいます。

若い人は「自分に本当に必要なのか」見極めることが大切

ハイフは20代前半の人には積極的におすすめできる施術ではありません。
悩みを解消するなら他のアプローチ方法もあるからです。

ただし、若くても様々な理由で肌のたるみが進み悩んでいる人もいるでしょう。
本当に肌のたるみであればハイフを受けてみる価値はあります。

「ハイフが受けられるかどうか」は自分では判断しづらいため、無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

アゴ周りの脂肪でたるんでみえているだけということもあります。
ドクターに見極めてもらうといいですよ。

ハイフは20代後半~30代・40代が最も効果的

ハイフがおすすめできるのは肌老化が気になり始める20代後半~30代・40代です。

  • たるみや肌老化が気になってきた
  • フェイスラインがぼやけてきた気がする
  • 目元に薄い小じわが出てきた
  • 小顔になりたい

徐々に肌のたるみやゆるみ、小じわなどが気になって来る世代にもっとも効果が出やすいと言われていますよ。

20代後半はたるみの入り口。予防としての効果も期待できる

20代後半になると徐々に肌の衰えが気になってくる人が多いです。新陳代謝が低下し始めるため、今まで気にならなかった肌の衰えに気づき始める人も増えていきます。

まだまだ実際にたるみとなって現れることは少ないですが「肌がたるんできたような気がする」と感じる人もいるのではないでしょうか?

ハイフの最大の特徴は「リフトアップ」です。
たるみが大きくなる前に予防として受け始めるといいかもしれませんね。

フェイスラインの引き締めも可能なので「小顔効果」も得られるのは嬉しいポイントです。

即効性を実感しやすいのは30代

30代はしわやたるみが本格的に気になりだす年齢。
スキンケアでもエイジングケアを意識し始める世代です。

ハイフが向いているのは「たるみが気になり始めた段階」です。
30代は見た目にも徐々にたるみが出始める年齢なので、施術後の引き締め効果がもっとも出やすいと言われています。

肌のくすみや透明感がなくなり、肌の老化サインが気になりはじめる30代こそハイフの出番ですよ。

ハイフに即効性ってあるんですか?

はい。
照射直後に筋収縮が起きるので「引き締め効果」によって顔がシュッと見える即効性が待できます。

40代は出力が高い「医療用ハイフ」がおすすめ

ハイフはエステサロンでも受けられます、クリニックとは出力がまったく異なります。

40代は肌の衰えやたるみが顕著に出始める年齢。
しっかりとした効果を実感するなら医療用ハイフが受けられる、美容外科やクリニックがおすすめですよ。

「エステの方が安いから…」と思っても、同じ効果が出るまで照射すれば結果的にエステの方が高額になる可能性があります。
効果と費用のバランスをとるなら「医療用ハイフ」を検討してみましょう。

50代~60代はハイフが逆効果になる可能性も

ハイフの適応は30代~70代程度と幅広い年齢を対象にしていますが、実際は少し注意が必要です。

ハイフは脂肪組織にもダメージを与えるため、顔の脂肪が減ってきた世代は「コケて見える」デメリットがあるからです。

頬骨部分やこめかみはふっくらとある程度脂肪が残っていた方が若くみえます。
年齢を重ねると自然と顔の脂肪が減ってくるため、ハイフをしてしまうと逆効果になる可能性も。

そのため、ハイフを受けるならボトックスやヒアルロン酸と併用する治療や糸リフトをおすすめしているクリニックが多いです。
肌状態や骨格によってハイフが向いているかどうかは変わるのでドクターに相談してみるといいかもしれませんね。

継続が大事!アンチエイジングとして効果的な頻度とは?

ハイフの効果は1ヵ月程度たってから徐々に出始め、2~3か月後がピーク。
照射後は約3ヵ月を目途にコラーゲンやエラスチンの生成が活発化するため、ゆっくりと肌のハリや弾力が上がっていきます。

ハイフは照射後のリバウンドや効果がなくなるということはありません。
ただし、肌老化は常に起こるため効果を持続させるためには継続した施術が大切です。

一般的には3ヵ月~半年に1回程度の照射が推奨されていますが、20代やまだ肌老化が少ない人は半年~1年で十分な場合もあります。

ハイフは「気になり始め」がおすすめ!

ハイフはたるみきった肌や深刻なしわに対しては劇的な効果は望めません。
たるみや二重アゴなどが出始めたり、浅いしわなどを改善したい人に向いている施術です。

肌老化のサイン

  • 肌の衰えが気になりだした
  • フェイスラインがぼやけてきたような気がする
  • たるみが出てき始めた

上記のように肌の老化サインに気になり始めたときが、ハイフを始めるおすすめの時期ですよ。

早めにハイフを始めるとハリのある若々しい肌を持続できますね!

ハイフ(HIFU)を受けられるクリニック7選

ここからはハイフが受けられるクリニックを厳選した7選ご紹介します。
店舗によっては複数の機器を導入し、ニーズや目的に合った施術メニューを提供しています。

ハイフが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの特徴

  • 目的に合わせて3種類のハイフ施術から選べる
  • 顔全体650ショットで29,800円と比較的リーズナブル
  • ハイフ症例数が228,975件(2021年7月時点)と実績が豊富

湘南美容クリニックは全国に100店舗以上を展開する美容クリニックです。
1年間の来院数は300万人を超え、ハイフだけでも20万件以上の実績があります。

ハイフ施術は定番の「ウルセラ」を使用したメニューから、より痛みを軽減して気軽に受けられる「SBCハイフシャワー」など、提供している施術が多いのも利点です。

湘南美容クリニックのハイフの施術料金
「ウルセラ」顔(頬・頬骨・アゴ下)1回130,370円
「ウルトラリフトプラスHIFU」全顔1回29,800円
「SBCハイフシャワー」全顔1回19,800円

品川美容外科

品川美容外科の特徴

  • 国内最大級800万症例の実績
  • 次世代型ハイフ機器「タイタン」を導入
  • 開業から33年の歴史を持つクリニック

品川美容外科は国内最大級とある症例数を誇ります。
カウンセリングを重視、ひとりひとりに合った治療方法を提案します。

適正な料金で提供するため、余分な広告費や利益を削り比較的リーズナブルな施術料金を実現しています。

品川美容外科のハイフの施術料金
「第3世代タイタン」全顔1回29,800円
「ソノクリーン」全顔1回44,000円
「ダブロゴールド」※1 全顔1回(初回)105,840円

※1「ダブロ」を使用した施術は一部店舗限定のメニューです。

品川スキンクリニック

品川スキンクリニックの特徴

  • 肌悩みに特化した施術メニューを提供
  • 痛みが心配な人は表面麻酔を併用できる(有料)
  • グループ全体で37院を展開

品川スキンクリニックは品川美容外科と同じグループであり「美容皮膚科」に特化した店舗です。
美容皮膚科専門のドクターが所属し、肌悩みに重視した施術メニューを提供しています。

ハイフは使用する機器によって施術時の痛みが大きく変わる可能性があります。
「痛みが心配」という人は、麻酔成分が入ったクリームを併用しながら、痛みに配慮した施術が可能です。(麻酔は有料)

※ハイフの施術料金は「品川美容外科」と同じです。詳しくは店舗の詳細をご覧ください。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックの特徴

  • 施術時間が短い「ウルトラセルQ+」を導入
  • ハイフ施術は医師が担当
  • プライバシー確保を重視

聖心美容クリニックは開院から26年の実績がある「高品質な美容医療を」をテーマに様々な施術を提供しています。
ハイフは施術時間が短く、ウルセラより痛みに配慮できる「ウルトラセルQ+」を導入しています。

一般的にハイフの施術はベテラン看護師が担当する場合が多いですが、聖心美容クリニックでは医師がハイフ施術を担当する点も魅力のひとつです。

聖心美容クリニックのハイフの施術料金
「ウルトラセルQ+」全顔1回165,000円
「ウルセラ」全顔1回(初回)264,000円

東京美容外科

東京美容外科の特徴

  • 全顔でも10分程度で施術が完了
  • 痛みに配慮できるから麻酔が不要
  • トライアル料金で試しやすい

東京美容外科は従来のハイフ治療に使用されていたウルセラより、「早く」「痛みに配慮できる」機器を導入しています。
比較的短い施術時間で終わるので忙しい人にもおすすめですよ。

また、創業以来19年間医療事故ゼロの実績があり、熟練された技術を持つ医師のみがメスを握ることが許されています。
東京を中心に名古屋や大阪、東北地方にも店舗を展開しています。

東京美容外科のハイフの施術料金
「ウルトラセルQ+」全顔1回(トライアル)55,000円
「ウルトラセルQ+」全顔1回(2回目以降)77,000円
「ウルトラセルQ+」全顔+顎下1回(トライアル)77,000円
「ウルトラセルQ+」全顔+顎下1回(2回目以降)100,000円

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニックの特徴ト

  • 部位や症状に合わせたカスタマイズ施術
  • フェイスラインや目など気になる部位に特化した施術メニュー
  • 肌質改善や毛穴、美白ケアも可能

銀座よしえクリニックは銀座、品川、表参道、新宿、池袋などの東京都内に展開する地域密着型のクリニックです。

ハイフは悩みや症状に合わせて照射する層やパワー、位置を調整するカスタマイズ施術が魅力。
顔全体の浅い層に照射することで毛穴や美白、透明感アップなどの肌質改善も望めます。

銀座よしえクリニックのハイフの施術料金
「ウルトラフォーマー」全顔1回(目周りも含む)44,000円
「ハイフアイリフトシングル」目の周り+おでこ1回11,000円
「ウルセラ」全顔+顎下+フェイスライン1回352,000円

シロノクリニック

シロノクリニックの特徴

  • 目元のたるみにも対応できる
  • 引き締め作用が強いサーマクールと併用したリフトアップ治療を手何
  • レーザー治療・アンチエイジング専門のクリニック

シロノクリニックは開業以来レーザー治療を中心にエイジングケア専門クリニックとして様々な治療を提供しています。

従来のウルセラでは不可能だった目元のたるみにも対応できる「ハイフLTV」や、サーマクールと併用することでさらにリフトアップ効果を高めた「ウルトラWリフト」があります。

シロノクリニックのハイフの施術料金
「ハイフLTV」全顔1回(アゴ含む)66,000円
初回限定お試し10,000円オフ
「シノロ式ウルトラWリフト全顔1回517,000円
「ウルセラ」全顔1回352,000円

まとめ

今、リフトアップや小顔、エイジングケアして注目されているハイフ。たるんだ筋膜にアプローチするため、肌の衰えが気になる20代後半~30代・40代におすすめの施術です。

予防目的として20代後半から始めるといいでしょう。もっとも即効性が期待できるのは実際にたるみやしわが現れ始める30代です。

ただし、もともと脂肪が少ない顔の人や年齢によって脂肪が減っている人は、ハイフによって「老けて見える」こともあるので要注意。

ハイフの実績が豊富なクリニックなら症状や骨格にあった施術を提案してもらえますよ。ハイフが気になる人は一度カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

-ハイフ

エミナルクリニック 医療ハイフ