ひげ脱毛

白髪ヒゲはメンズ脱毛NG?口コミ有りで最も重要な本質をお伝えします!

白髪ヒゲはメンズ脱毛NG?口コミ有りで最も重要な本質をお伝えします!

白髪ヒゲの人はメンズ脱毛ができないって聞いたのだけど、実際はどうなの!?自分も将来白髪になってから「できない」ってなるの、嫌だし知っておきたい!
そうだよね。先に知っておくと自分がいつするのか、メンズ脱毛の知識についてもかなり身につくから知っておくとかなり有益だね!

当記事では白髪ヒゲの人がメンズ脱毛できるか、またその理由や注意点などを徹底解説していきます。

「まだ若くて白髪ヒゲなんて無縁だな」
と思った方もメンズ脱毛の仕組みを理解するのに非常に良い機会です。

是非最後までご確認ください。

白髪ヒゲはメンズ脱毛できないって本当!?

まず結論ですが白髪ヒゲの場合、メンズ脱毛ができないのは本当です。

ただ、全く無理というわけではありませんのでご安心ください。
順番に解説していきます。

 

医療脱毛・光脱毛はNG!

白髪ヒゲがメンズ脱毛できるかできないかは方法によって違っていて

【医療脱毛・光脱毛】の場合、メンズ脱毛が出来ません!

理由の前に、メンズ脱毛の方法についておさらいしておきましょう。

メンズ脱毛の方法おさらい
■医療脱毛(医療レーザー脱毛)
医療機関のみで受けられるもので【毛根のメラニン色素をレーザーで破壊する治療】します。医師または看護師が担当する。

■光脱毛(フラッシュ脱毛)
医療機関ではなくクリニックで受けられることからサロン脱毛とも呼ばれ【肌にレーザーを当てる事でメラニン色素を少しずつ破壊する治療

なるほど!でもなんでこの二つは白髪ヒゲのメンズ脱毛ができないの!?
次に解説していくよ!この仕組みを理解できると納得して進めていくことが出来るからしっかり確認していこう!

白髪ヒゲはなぜメンズ脱毛できないの!?

 

光脱毛・医療脱毛がNGの理由

前章で解説した通り、白髪ヒゲの人は医療脱毛・光脱毛でメンズ脱毛ができません。
二つの寳保応に共通しているコトはいずれも【レーザーを活用して毛根のメラニン色素を破壊する方法】という事です。

この「レーザーを活用した脱毛」がポイント

■レーザー脱毛の仕組み

①レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応して毛根の細胞にダメージを与える
②毛が生える組織にダメージを与え、破壊された組織からは毛が生えてこない
③1.2週間ほどしたらぽろぽろと毛が抜ける(その毛穴からはもう生えてこない)
※ヒゲ脱毛後の変化・経過については
ヒゲ脱毛の効果や変化を回数別に解説!「何回行けば良いの」はもう解消!

①にある「黒いメラニン色素に反応」が白髪ヒゲの人がメンズ脱毛できない原因です!

白髪ヒゲは毛根内のメラノサイトがメラニン色素を作れなくなることで生えてきますので、白髪ヒゲにはメラニン色素がまったく含まれていないのです。

そのため、メラニン色素に反応する医療脱毛・光脱毛ではそもそもレーザーの熱が届かないため毛根にダメージを与えることが出来ないのです。

仮に太いヒゲであれば、レーザーの熱が吸収されていきますが、白髪ヒゲにメラニン色素が失われていればレーザーは反応してくれません。ですので、レーザー出力をいくら上げても、その白髪ヒゲを脱毛することは難しいのです。

白髪過渡期ヒゲであれば、部分的に色素が薄れて、ぽろぽろと抜けるレベルでの熱浸透は起こるかもしれませんが、永久脱毛ほどの「脱毛効果の持続」までは期待できないでしょう。

 

白髪ヒゲは美容電気脱毛(ニードル脱毛)なら大丈夫!

ニードル脱毛はOK

白髪ヒゲがメンズ脱毛できないと不安になっていた方。大丈夫です。

白髪ヒゲの人でもメンズ脱毛ができる希望の光、それが
「美容電気脱毛(ニードル脱毛)」です。
別名、「電気脱毛」「針脱毛」などと呼ばれたりもします。

先ほど解説したように、ニードル脱毛とレーザー脱毛を掛け合わすもよし、ニードル脱毛のみで脱毛するもよし、永久脱毛も可能な方法です。

ニードル脱毛はOKの理由

ではなぜニードル脱毛なら白髪ヒゲを脱毛できるのか。
先ほどの白髪ヒゲが脱毛できない理由である脱毛方法に関連しています。

メンズ脱毛の方法おさらい
■美容電気脱毛(ニードル脱毛)
医療機関・クリニックのいずれでも可能な方法で【毛穴に針を刺し電気を流す事で毛根に
1本1本にダメージを与える治療
】です。
抑毛も期待はもちろん、永久脱毛も期待できる脱毛法。

医療脱毛や光脱毛と違って、メラニン色素に反応する方法ではなく、毛穴一つひとつにに針を差し込むような形になるので白髪だろうが黒ヒゲだろうが脱毛できるという事です。

ニードル脱毛か!痛いっていう噂聞いたけど、なにか注意点とかある!?
そうだね。確かに痛みを伴う方法だよ。他にも注意点やデメリットについて解説していくね。

白髪ヒゲをニードル脱毛する際のデメリット・注意点

ニードル脱毛で白髪ヒゲのメンズ脱毛ができる事にうちては理解できたと思います。ここから解説するデメリットや注意点を抑えて少しでも楽に、脱毛効果を高められるようにしていきましょう。

ヒゲを伸ばしておくべき

いざ、白髪ヒゲを脱毛する際の事前準備として脱毛したい箇所は5mm~1cm程度は毛を伸ばしておいた方が良いと覚えておきましょう!

ニードル脱毛の方法としては、一本ずつつみながら施術していく手法ですのでヒゲが短すぎると強い痛みに繋がりやすくなるためです。

1.2週間程度はヒゲ処理をしないようにしておくことがオススメです。

痛みや料金について把握しておく

ニードル脱毛のデメリットでよく上がるのが、【痛みが大きい】【料金が高くなる傾向】があります。

痛みに関しては脱毛効果が高いからというメリットがあるからこそではありますが、一本ずつ着手していくため痛みを事前に覚悟しておくことは必要でしょう。

また料金に関しては、施術の仕組みに理由があります。

ニードル脱毛の場合は針を刺すため同じ針を使いまわすと感染症リスクがあります。ですので、針は買い取り型となっており、針の料金と施術(メンズ脱毛の費用)は別途となることが多く、高額になってしまいます。

白髪に対応してもらえる、永久脱毛もでき脱毛効果が高いというメリットがあると理解したうえで上記の注意点は抑えたうえで、メンズ脱毛していく必要があります。

※医療脱毛・光脱毛・美容電気脱毛のメリットデメリットについてはこちら
脱毛する人11.3倍増!ヒゲ脱毛のメリット・デメリットを徹底解説

白髪ヒゲのメンズ脱毛について【まとめ】

■医療脱毛と光脱毛は白髪ヒゲを脱毛ができない
※脱毛方法がレーザーでメラニン色素へ反応する方法であり、白髪にはメラニン色素が含まれない為、脱毛効果が得られないため

■美容電気脱毛(ニードル脱毛)は白髪ヒゲを脱毛できる
※一本ずつ毛に針施術をするためメラニン色素は関係ないため

白髪ヒゲの対策とは!?

ここまでの内容を見て、白髪ヒゲになりたく無いという人や、少し焦りを感じた人もいるのではないでしょうか?

ここまでは白髪ヒゲになった後の対策について解説してきましたが、ここからは事前対策についてお伝えしていきます。

結論、白髪ヒゲが生えにくくする対策はあります。
しっかりとこれを抑えておくだけで、メンズ脱毛の方法の選択肢が将来的に広がります。

医療脱毛・光脱毛・美容電気脱毛
すべての選択肢があり、メリットデメリットを鑑みて選択できるのか

白髪ヒゲが生えて美容電気脱毛しか選択できないのか
選択肢は多い方が良いですよね。そこで、どのようにしたら白髪ヒゲが生えにくくなるのか、解説していきます。

 

白髪ヒゲはいつから?

白髪ヒゲは基本的に30代から生えてくる人が多いようです。
個人差はもちろんありますので、20代40代から生え始める人はいるという事を覚えておきましょう。

また、原因でもお伝えしますが「遺伝」などもあるため、父親や祖父に聞いてみると、おおよその予測がつくかもしれません。

 

白髪ヒゲの原因

白髪ヒゲの主な原因は遺伝や加齢と言われています。
年齢を重ねるとそれだけ白髪ヒゲが生える可能性は高まります。

ただそれだけではなく

・睡眠不足
・ストレス
・栄養不足

などの生活習慣がホルモンに影響を及ぼし、早期に白髪ヒゲが生えてくることもありますので、覚えておきましょう。

親が白髪ヒゲ生え始めたの50代だったからって安心はできないということか・・・
そうだね!遺伝の重要度は確かに高いけど、やはりいろんな観点でも生活習慣は本当にデメリットが多い要因だね。

 

白髪ヒゲへの対策

では実際にどのような生活習慣のをすれば白髪ヒゲの対策となるのか、ここから解説していきます。

もしできていないと、選択肢のない白髪ヒゲへの道が開かれます。しっかりメモしながら確認していきましょう!

喫煙を控えよう

喫煙や受動喫煙によって、体内に取り込まれた有害物質は体内の活性炭素を増加させます。この活性酸素は体の廊下を進行させる物質で、白髪を加速させると言われているため、白髪ヒゲの対策になります。いきなり止めることはできなくとも、有害物質が少ない電子タバコに変更したり、タバコの本数を減らしたりするだけでも活性炭素増加の防止に繋がります。

食生活を見直そう

白髪ヒゲの事前予防に食生活=栄養バランスは非常に重要です。
特に【たんぱく質】がポイントです。

たんぱく質は毛の材料となり、たんぱく質が不足すると毛を作る細胞が不足し、白髪ヒゲが生えやすくなります。

・食事の際にたんぱく質を意識する
・成分表を見る癖をつける
・サプリメントを購入するようにする
などしてたんぱく質の摂取をしていくと白髪ヒゲの対策となります。

日焼けを避けよう

日焼けは皮膚に負荷がかかります。そうすると体内の活性酸素が増加してしまいます。先ほど解説したとおり活性炭素は白髪ヒゲの原因となるため、紫外線や日焼けを避けるためにもこまめに日焼け止めを塗ることや夏場の肌の露出をできるだけ控えるなどして対策するとよいでしょう。

一日5時間以上の睡眠をとろう

睡眠不足は、活性酸素が増加する原因となります。
睡眠時間の確保ももちろん大事ですがそれ以上に重要なのは
毎日決まった時間に寝る=生活の習慣を安定させる】ことです。
プライベート面、仕事面でなどの都合上、早起きをしなければいけない場面でも前日はいつもと同じ(もしくは近い時間)で睡眠をとっていれば問題ありません。
忙しいなかでも少なくとも毎日5~6時間は睡眠をとれるように心がけましょう。

白髪ヒゲを残す方法も考えられる?

ここまで、白髪ヒゲの原因や対策、そして具体的なメンズ脱毛の方法について解説してきました。

ただここで、一つ違う視点で解説しておくと
「そもそも白髪ヒゲは脱毛しなくても良いのでは?」という意見もあります。

そもそもメンズ脱毛の目的としては清潔感など見た目のメリットや処理の時間やコストを節約できるというものでした。

ただ白髪ヒゲはそもそもメラニン色素がなくなっている毛ですので
あまり通常のヒゲよりも汚さなどはないと考えてよいでしょう。

うまく活用することが出来ればダンディな大人ヒゲの演出もできる可能性があります。

もちろん日ごろの処理の煩わしささ、そもそもヒゲを好まないという方もいるとは思うのでここは目的によって行動を変えていく必要がある問題ですが視点を変えると上記のような考え方もできると覚えておくと良いでしょう。

白髪ヒゲになってからどうしてもメンズ脱毛したいかたへ

様々なメリットデメリットを考え、それでも白髪ヒゲをしたいという方もいると思います
ここでは二つのパターンに分けて、白髪ヒゲになったあとにどのようにメンズ脱毛すれば良いのか解説していきます。
1. 白髪ヒゲと黒いヒゲが混在して生えてきている人
2. 完全に白髪ヒゲしか生えてきていない人

白髪ヒゲと黒いヒゲが混在して生えてきている人

白髪ヒゲと黒ヒゲの混在の場合は、医療脱毛や光脱毛をしても脱毛効果があるのは黒ヒゲのみです。解説した通り、白髪ヒゲには脱毛効果がありませんので、黒いヒゲだけに効果があるという事を理解したうえで、医療脱毛・光脱毛をした後に白髪ヒゲにニードル脱毛で白髪ヒゲを脱毛する。という流れになります。

一見面倒くさそうに思われますが注意点でも解説した通り、ニードル脱毛は痛みや金額面が伴うものになります。

ですので、トータルで考えたときに全く無駄な方法ではありません。
白髪ヒゲと黒ヒゲの割合などもポイントにはなってくるため、担当者としっかり相談したうえで、決めていくようにしましょう。

完全に白髪ヒゲしか生えてきていない人

もう黒いヒゲが生えていない人・・・
この場合は、医療脱毛や光脱毛は諦め、ニードル脱毛するしかありません。白髪になってから考えという事後対策ではなく、白髪になる前からできるだけ白髪が増えないように事前対策することが重要です。

「まだ白髪がない人」は是非今一度見返しましょう。

その他白髪ヒゲを脱毛する際の悩みや口コミ

 

悩み|白髪ヒゲは抜いても良い?

白髪ヒゲを毛抜きで無理やり抜こうとする方もいますがこれはNGです!
肌トラブルの原因や、毛穴に炎症となり「毛嚢炎(もうのうえん)」や、毛が皮膚の下に埋もれる「埋没毛(まいぼつもう)」が発症してしまうリスクがあります。

 

口コミ|白髪ヒゲが脱毛できたことに感動

年 代 / 45才
職 業 / 会社員

VIOの白髪を中心に脱毛したかったので、最初に白髪の脱毛と残った時間で数本ずつ生えている各部位のニードル脱毛をしてもらいました
VIO(陰部)の白髪は目立つので最初に脱毛してもらいました。
いろいろなサイトで「ニードル脱毛は痛い」との口コミを見ましたが、想像以上に痛みは少なく耐えられました。
これなら十分継続して脱毛ができると思います。
睾丸と肛門の間の毛は少しチクっとしますが、他の部位は、痛みはそんなに感じませんでした。
VIO(陰部)は色素沈着しているためレーザー脱毛や光脱毛は思ったほど効果は感じられませんでしたが、ニードル脱毛は色素沈着していても脱毛ができるため最高ですね。
脱毛の本数は、1時間で200本前後やってもらいました。

白髪の脱毛が出来るってことに感動しました。
中途半端に残ったムダ毛も時間制のため複数箇所脱毛できて節約できた気分になりました。
予約する時にニードル脱毛の痛みが不安でしたが、施術してもらったら痛みは案外平気でした。
また、2ヶ月後を目安に来店したいと思います。

参考:https://mens-datsumo.jp/voice/1288/

白髪ヒゲが生える前に脱毛をしよう

いかがだったでしょうか。
白髪ヒゲが煩わしいという人も多いかもしれませんが、そもそも白髪ヒゲを悪く捉えない事からスタートして、メンズ脱毛したいと考えた場合にはしっかりと注意事項を確認したうえでニードル脱毛を中心にメンズ脱毛していきましょう。

また、まだ白髪ヒゲがないという方も、事前対策しておくことは自分自身の未来の選択肢や時間・お金の節約にもつながります。生活習慣の面で今からできる事に努めましょう

-ひげ脱毛

ゴリラクリニック